彼氏の飲み会が不安…女性100人の嫉妬や心配を克服した方法


【3位】ルールを決めた

ルールを決めた

お互いの飲み会に対する考え方の間をとった約束事を作った

飲み会の回数が多いことと、夕方から出かけたにも関わらず、帰宅も朝方だったりひどい時は昼頃なんてことも多く、行っているお店も女の子のお店がほぼでモヤモヤする事が多かったです。

付き合いもあるので仕方ないとも思っていましたが、加減がないので毎月の飲み会に使う金額を決めることと、2時を帰宅の目処としすぎる場合は2時までにかならず連絡を入れ、何時頃帰宅するのか必ず連絡するようにしてもらいました。

金額を決めたことにより飲み会の回数は減りましたし、帰宅の目処も分かるようになったのでモヤモヤすることが減りました。

30代前半/専業主婦/女性

飲み会の合間に連絡を貰うようにした

彼氏の飲み会はやっぱり不安なので、飲み会の合間合間にLINEをしてもらっていました。

「今店に着いたよー」「さっきの店出て今二軒目で飲んでるよー」など。飲み会が終わって家に着くと電話をしたりする事もありました、

どんな人がいてどんな話をしたのか、彼氏も話すのが好きなタイプなので、一つのコミュニケーションになっていました。

20代後半/専業主婦/女性

事前に彼のスケジュールを教えてもらう

私たちカップルは、結婚前提に真剣に交際しているので良い意味で気を遣わないほど仲が良いのです。

彼もスケジュールをちゃんと電話で伝えてくれるので、信用していないわけではないのですが、少ないとはいえもし女性が飲み会に参加していたらどうしようと不安になってしまいます。

彼が好きで絶対浮気しないと信頼しているのですが、好きすぎる故に体調面もですが、飲み会に行く回数が多くなってくると余計に不安になってきます。

でも、自分が心配しすぎなだけで、ちゃんと飲み会中も飲み会終わりも連絡くれる、不安なことを伝えても大丈夫だよと言ってくれるので安心できます。少しずつですが、気にならないようになっていきました。

20代後半/フリーター/女性

どんな飲み会なのかしっかり話しておき約束を決めておく

彼はお酒が好きなので飲み会に行くことが多いです。飲み始めると連絡がつかなくなることが多いので不安な気持ちが大きかったです。また、友人関係で女性がいて夜遅くなるのも心配でした。

そのため、どんな飲み会なのか、どのくらいの時間までには帰るようにする(終電ぐらいの時間)深夜遅くまではないようにと話し合いをし約束を決めておきました。

約束を決めておくことで、お互いを尊重して信頼するようになりました。

20代後半/メーカー系/女性

【4位】彼の立場になってみる

彼の立場になってみる

自分に当てはめて考えてみる

彼はお酒が大好きで、家でも毎日晩酌する人でした。一緒に飲む分には良かったけど、会社の方達とも毎月飲み会があったので、女の子のいるお店に行ってるのかな?とか、そのあと上司に誘われて。。とか考え出すとすごくモヤモヤしてました。それで、たまに不機嫌になってしまうこともありました。

でも、私が逆に飲み会で彼がそんなことで嫉妬したり不機嫌になられるとしんどいなと思うし、私もお酒が好きだし、飲み会もたまにありました。

その時はすごく楽しいし、ストレス発散出来るし、明日からまた頑張るぞ!ってなってたので、彼も同じだよなと思うようにしました。すると、自然と楽しんできてほしいなと思えるようになりました。

30代後半/専業主婦/女性

彼氏の飲み会も仕事のうちだと考える

彼氏が飲み会に行くと聞いた場合、遊んでいると思ってしまうと思います。

しかし実際は、付き合いや仕事である場合もあります。付き合いは心労も伴うんじゃないかと考えるようになりました。

そう思ってからは、彼氏が飲み会に行く時に、頑張ってねと声を掛けられるようになりました。その結果、彼氏との関係がより良好になれた気がしました。

彼氏に対し、必要以上に心配することはなかったと思いました。

30代前半/医療・福祉系/女性

彼の負担にならない程度に自分が行動する

初めは飲み会中もメールして!とわがままを言っていました。まだまだ若い頃ですが。

大学の先輩や、仕事の先輩との飲み会など様々でしたが、飲み会中にメールをしているのも失礼ですし、大人としてもいけないことだと彼氏と話をしました。

浮気なんてしないという彼の言葉を信じて、不安ではあることには変わりはありませんが、信じることにしました。迎えにいける場合は、私が迎えに行ったりできるだけ、早く彼氏に会うように工夫はしました。

30代前半/専業主婦/女性

「大丈夫」と言葉に出して自分に言い聞かせる

私と彼は予定共有アプリを使い予定を把握しているのでので、飲み会がある日は把握出来ています。

そのため彼が私に教えてくれてるということは、私に愛があることだと思っています。それにも関わらず自分が信頼しきれていないため不安になっていたと思うので、大丈夫大丈夫と言葉に出して自分に言い聞かせて乗り越えました。

20代前半/大学生/女性

彼の気持ちを共感してみる

彼はとても飲み会が大好きで、終電を逃したり、飲み過ぎて帰ってくることもとても多く、更に自分のことをあまり話さないので不安になることもあります。

ただ私も飲み会の楽しさやハメを外してしまう気持ちは経験から理解出来るので、自分も外の世界に出てみて気持ちを共感すると良いです。

30代前半/医療・福祉系/女性

【5位】正直に気持ちを伝えた

正直に気持ちを伝えた

不安な気持ちを伝えて対応してもらった

私はどちらかというと依存体質で、彼氏とはできれば毎日会いたい人でした。なので、彼氏が飲み会というと、不安な気持ちになるので正直にその気持ちを伝えました。

すると飲み会終わりの時間に、いくら遅くなったとしても連絡をくれましたし、飲み会の前には今日は誰と飲む、と情報をくれました。その2点でだいぶ安心しましたね。

さらに飲み会に行ったら、次のデートは埋め合わせでお昼をご馳走してくれることが条件でした。これはハードルが高いかもしれませんが私は安心材料になりました。

30代後半/医療・福祉系/女性

辛いと思っている気持ちを打ち明けた

彼は人付き合いが多い人で、男女大人数から時には女の人と2人で飲みに行ったりしていることは知っています。というより、きちんと彼が予定を教えてくれるので、知らないうちにということはありません。

きちんと言ってくれるので、ここでダメだと言うのはいい彼女ではないなと全て行くことを許していましたが、やっぱり女の人と2人で飲むのは話を聞くだけでも辛く、本当は言って欲しくなかったです。

このままではダメだと思い、ある時彼に「女の人と2人きりの飲みはやめて欲しい」と思い切って言いました。嫌な顔をされるかと思いましたが、彼はあっさり了承してくれて、こんなことで考え直してくれるならもっと早く言えばよかったと思いました。

それからは、彼に遠慮はせずに嫌なことは伝えています。きちんと意志を伝えることが大事なんだと学びました。

30代前半/医療・福祉系/女性

【番外編】その他

その他

男性心理学を勉強して対処した

私たちはマッチングアプリで知り合いました。彼は彼女に振られてから、街コン、婚活パーティ、合コン、マッチングアプリとあれこれ婚活を頑張っていたそうで、その過程で私と知り合いました。

私はお酒がまったく飲めませんが、彼はお酒が好きで飲み会もよく行きます。共通の友人もおらず、最初は不安でしたが、私は彼に出逢う前に何度も失恋して悔しい思いをしていたので、男性心理学を勉強済みでした。

飲み会で浮気などが心配だと男性に言っても、嬉しいと思われるより、重いと思われるか、信じてくれないと思われるか、俺ってイケてるなと思われたりと、いい結果を生まないと思いました。

なので、彼と付き合ってからは『いってらっしゃい!』『楽しかった?』『大事な体だから飲み過ぎだけは止めてね』と、何も疑わない無邪気な女性でいました。

自分を信じてくれて、飲み会にもいかせてくれて、そんな居心地がよい女性を失ってはいけないと思わせることができたようで、聞かなくても彼は飲み会の報告を必ずしてくれるようになり、飲み過ぎることもなく、帰りも必ず連絡をくれようになりました。

そして1年以内に結婚が決まりました。女性は不安になるけど、不安になっても辛いだけだし逆に悪い結果になる可能性が高まってしまいます(私も経験済みです)。

男性が書いている男性心理を読んで、気持ちを落ち着かせて、成功体験を積み重ねれば、不安になるという気持ち自体が無くなります。だって、女性が本気を出せば、男性は勝てないのですから。

30代前半/自営業/女性

彼を迎えに行って彼女アピール

心配で不安でモヤモヤしている時間が嫌なので、迎えに行っちゃいます。

飲み会では主導権を握るタイプの彼なので女性には積極的に仕掛けるのですが、私が迎えに行くことで彼の意識が私に向きみんなの前でベタベタしてきます。きっとお店の中でも女性に対してこんなことしてるんだと思います。

こちらも遅くまで起きてるのはキツいですが、ちゃんと私の所に戻って来てくれるのでそれで安心します。

何度目かで気づきましたが、どうやら彼は他の男性の前で優位にたちたいようです。飲み会でモテる俺、彼女とラブラブな俺を見せつけたいだけなのだとわかりました。

30代前半/フリーター/女性

飲み会の終わる時間に迎えに行った

彼は飲み会に行くと調子に乗って飲みすぎ、泥酔してしまうタイプでした。

飲み会の終わる時間は何度目かで分かっていたため、事前にお店の場所を聞いておきばっちり化粧をして迎えに行きました。

そこで酔った彼を介抱し、自分が彼女であることを見せつけたため、自信と余裕が生まれました。

20代前半/サービス系/女性

彼氏の飲み仲間に相談できる人を作る

彼氏は「男としか飲みに行かない。女性のいるところにはいかない」と言う人でした。全く信じてなかったので彼氏の一番仲のいい先輩に一度相談をしました。笑

すると、何かあると先輩が彼氏に話してくれているようで、直接ではないぶん彼氏とケンカになることもなく自分の不安も落ち着きました。彼氏側に相談する相手がいるのはおすすめです。

30代前半/専業主婦/女性

より成熟した関係を目指す

彼氏が飲み会に行くのを不安がるということは、まだ新鮮感のあるカップルの関係性であるということだと思います。

相手をまだどこか100%信じることができずに不安がっているということなので、より成熟、安定した関係まで愛を育めるように努めることが大切です。

不安にさせる原因は自分自身の気持ちの問題なのか、それとも彼の言動のせいなのか、お互いの気持ちに向き合うことで前に進むことが出来ると思います。

30代前半/流通・小売系/女性

彼氏に内緒でGPSを設定した

彼氏はお酒を飲むと浮気癖があった事で心配だったので、飲み会の前日にスマホのGPSを設定して居場所を確認出来るようにしました。笑

帰宅する前に電話を一本入れて頂いて不安な気持ちを解消したので、どうしても耐えられないときはGPSを設定することをお勧めします。

20代後半/医療・福祉系/女性

【参考記事】彼氏に不安を感じる時の解決法まとめ

以下の記事では、総集編として彼女に不安を感じる時の解決法をまとめていますので、是非あわせてご覧ください。

【総集編】彼氏に不安を感じたら読んで欲しい解決法まとめ

まとめ

今回は、女性100人による彼氏の飲み会を気にしない彼女になる方法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の男性編も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女の飲み会が不安…男性100人の嫉妬や心配を克服した方法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年02月11日~02月26日
回答者数:100人