彼女が好きかわからない…彼氏100人が乗り越えた方法とは

彼女,好きかわからない

彼女との付き合いが半年、1年と長くなれば、倦怠期を迎えた時や喧嘩をしたときなど「彼女が好きかわからない…」と、思う時期もあるものです。

普段は大好きな彼女だからこそ、例え今は好きかわからないという感情に陥っていたとしても、また付き合い始めの頃のように好きな気持ちを取り戻したい思う男性も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による彼女が好きかわからない時の乗り越え方を体験談と共にご紹介しています。

彼女が好きかわからない時の乗り越え方ランキング

まずは、彼女が好きかわからない時の乗り越え方ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女が好きかわからない時の乗り越え方』によると、1位は『彼女の大切さを考える』、2位は『距離を置く』、3位は『思い出を振り返る』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女が好きかわからない時の乗り越え方

男性100人に聞いた彼女が好きかわからない時の乗り越え方では、1位の『彼女の大切さを考える』が約21%、2位の『距離を置く』が約16%、3位の『思い出を振り返る』が約13%となっており、1~3位で約50%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女が好きかわからない時の乗り越え方を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】彼女の大切さを考える

彼女の大切さを考える

時間をおいて彼女の良い所を見直す

彼女の事が好きか分からなくなった時は少し距離を置いてみて考えないようにしてみます。

自分の気持ちが彼女に向いてきたら楽しく過ごせるように計画を立てたり、彼女の良い所や好きな所を見直してみたりして乗り越えています。

30代後半/医療・福祉系/男性

彼女がいなくなった時を想像する

彼女とスケジュールやデート内容を巡って言い争いが多くなり面倒に感じて彼女のことを本当に好きかわからなくなった時期がありました。

しかし、彼女がもしいなくなったらということを想像すると、相談相手や心のよりどころが無くなることにすぐ気づきました。

彼女がいてくれるからこそイライラだって感じられるとわかり、少しだけ寛容に慣れてそれからは関係も改善しました。

30代後半/メーカー系/男性

自分の気持ちが分からないからこそデートの内容を意識した

彼女を好きか分からなくなる時は必ずくるので、それはしょうがないことだと思います。

でも、それには原因があって、なあなあになってきている証拠なので普段はやらないような、少し刺激があることをしています。

一緒に料理をしたり、プレゼントをあげてみたり、旅行にいったり、普段は味わえないような体験をすることで好きという気持ちを再認識できます。

20代前半/フリーター/男性

一歩引いて彼女の大切さを客観的にみる

自分がまだ考えが子供だなと思っていたころ、彼女のことが好きかわからなくなり他の女性と飲み会に出かけたときがありました。

終電ギリギリでアパートに帰ったら、彼女が自宅前で寒い中を外で待っていたことがあり、自分の馬鹿さ加減に嫌気がさしました。それ以来、客観的に一歩引いて相手のしぐさなど見るようにしています。そうした時やっぱり好きだと感じれました。

40代前半/医療・福祉系/男性

【2位】距離を置く

距離を置く

時間を掛けて相手を許せる自分になる

付き合っていく中で不満が募り喧嘩もありますが、無理にそのことを追求したりせず相手が話してくれるまで待っていることにしています。

連絡はLINEが主ですが返信を強要するようなことはしません。意見をぶつけたりすることもなく相手の話を聞くようにしています。

30代後半/流通・小売系/男性

連絡を取らない等で距離を置く

相手のことが好きか分からなくなった時は自分の中で何か気になることが相手側にあることが多いので、まず自分の気持ちを落ち着いて整理する時間が取れるように相手に少し距離を置きたい旨を正直に伝えて連絡を取らないようにします。

ある程度自分の中で落ち着いたら冷静に考えることができるので、思ったことを伝えるようにしています。いっときの感情で後悔しないように冷静に対応することを心がけています。

20代前半/医療・福祉系/男性

会うペースを減らして彼女がいない時間を設けた

嫌いになった訳ではなく、ただ彼女との時間が一般的になり、飽きてしまった時期がありました。

そのため彼女と会う時間を減らし、彼女がいない時間が増えることで、彼女のありがたみを自身で痛感させるようにしました。

男は単純なので、単に会えない時間が続くだけで好きな気持ちが復活するものです。

20代前半/大学生/男性