彼女が重い…同じ経験を持つ男性100人が乗り換えた方法

彼女,重い

彼女との付き合いがある程度長くなれば、「彼女が重いかも……」と、思う時期もありますよね。時にはめんどくさいと思ってしまう事も…

一時は結婚も考えたり、決して別れたいわけじゃない彼女だからこそ、例え今は重いと感じてしまったとしても、また付き合い始めの頃のようなに好きな気持ちを取り戻したい思う男性も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による彼女が重いと感じた時の乗り越え方を体験談と共にご紹介しています。

彼女が重い時の対処法ランキング

まずは、彼女が重い時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女が重い時の対処法』によると、1位は『しっかり話し合った』、2位は『距離感を保った』、3位は『自分自身が変わった』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女が重い時の対処法

男性100人に聞いた彼女が重い時の対処法では、1位の『しっかり話し合った』が約22%、2位の『距離感を保った』が約19%、3位の『自分自身が変わった』が約16%となっており、1~3位で約57%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女が重い時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】しっかり話し合った

しっかり話し合った

落ち着いて話し合い、お互いの直してほしいところを伝える

私の彼女はあまり重たくはないのですが、たまに連絡の頻度など重いなと感じることがあります。

そんな時は一旦話し合い、お互いにどこをどう変わって欲しいかを本音で言い合います。そうすると、これからお互いがどう接して行けば良いかわかるので、彼女自身も客観的になれて落ち着いているような気がします。

20代前半/メーカー系/男性

二人でゆっくり話し合う機会を設けて、どれだけ愛しているかを伝えた

彼女は元カレに過去に浮気をされたことから、とにかく自分の目の届かない箇所に行ってほしくないようでした。

そのことから、どこに行くにもついてきたり、LINEをしていると除いてきたりと束縛が激しかったです。

あまりにも鬱陶しいので、二人でゆっくり話し合う機会を設けました。私は元カレとは違って、彼女の事を深く愛していて、彼女の事以外を考える事はできない、というような内容を伝えました。

その結果、安心してくれたのか束縛されることが少なくなり、自由な時間が増えました。

20代前半/メーカー系/男性

彼女が納得するように丁寧に説明した

私の彼女は毎日会って好きという気持ちを伝えて欲しい子です。しかし仕事が忙しく、毎日会うことは実際には出来ません。

そこで2人で話し合い、私が置かれている状況を説明して、彼女には納得してもらいました。会える頻度は少ないですが、小まめに電話をして安心して貰っています。

20代後半/サービス系/男性

【2位】距離感を保った

距離感を保った

相手に言わずに少し距離を取るようにした

彼女は自分でも自覚があるくらい恋愛人間なので、基本的に僕の事はお構いなしに会いたがってきます。ただ、僕は自分の生活ペースが乱れたりすると彼女との関係性などで負担に感じる事がありました。

自分のペースを整えるためにも彼女に言葉として伝えるのではなく、少し会うタイミングをずらしてペースを整えて彼女の存在感のありがたさを意識できるようにしました。

30代後半/自営業/男性

日にちを決めて連絡をした

彼女は何かあるとすぐにLINEを送って来ました。もちろん時間帯は問わず来ます。

さすがに仕事中や睡眠中はLINEに返信ができませんが、返信がないとすぐに不機嫌になる困った彼女です。

ですので、しっかりLINEをする日を決めました。そうすることで、自分的にも常にLINEに返信しなければという重さがなくなり、気が楽になりました。

20代後半/自営業/男性

会う回数を減らすが、毎日メールをした

車で1時間くらいの距離に住む彼女がいて、私は週に一度会うことでいいと思っていました。しかし、彼女は毎日会いたいと、ちょっと重い子でした。

さすがに毎日会うのは大変なので、彼女を思い毎日メールをし週に一度デートをすることを意識していたところ、毎日会いたいという重さは減ったような気がします。

30代後半/メーカー系/男性

【3位】自分自身が変わった

自分自身が変わった

自分がそれに順応できるよう努力をした

彼女は自分が会いたい時や連絡を取りたい時は、こちらの都合に関係無く自分の意思を突き通すような子でした。

何度もそれに嫌気がさしましたが、相手に求めるのではなく、自分がそれに順応できるよう努力すればいいのではないかと思いました。この子を受け止める器の大きな人になろうと意識すると、とても気持ちが楽になりました。

そして、相手のことをちゃんと理解しようという姿勢が彼女にも伝わり、いつもわがまま言ってごめんね、ありがとうと感謝の言葉を伝えてくれることも多くなりました。

20代後半/流通・小売系/男性

適度に流して自分自身が深く考えない

彼女がネガティブ思考で、事あるごとに「生まれた時から暗い性格」「本当の友達なんていないのかも」「あなたと別れたら生きていけない」とすぐ悲観的になってしまいました。

そんな彼女と付き合っている自分って一体…と引きずられて重くなりそうになった時期もありましたが、それはそれとして話を聞いて、「それはそうと、美味しいパスタを食べに行こうよ。」と気楽に接するようにしたら、重い会話も減ったしこちらも引きずられないようになりました。笑

30代後半/メーカー系/男性

自分が肩ひじを張らずに接した

重くなってしまうのは彼女が私の事を好きだからだと思います。だから、だらしない事をしたりダメな男だと思われるように、なるべく素でいるようにしてカッコつけないようにしました。

そうしたら向こうもあまりこっちに関心をもたないようになり、良い意味で適当な付き合いが出来るようになりました。

30代後半/メーカー系/男性

【4位】素直に伝えた

素直に伝えた

仲良くしたいが、正直に重いことを告げた

何をするにも、監視が必要、許可が必要、みたいな感じでした。

いわゆる束縛タイプの人だったのですが、さすがに窮屈になり精神的にも疲れてきたこともあり正直に伝えました。

しっかりとお互いが納得して妥協点もあってという話をしたところ、行き過ぎたところもあり反省しているを謝られました。

我慢するばかりではなく気持ちをしっかり伝えて話し合うことも、長く仲良くやっていくコツなんだなぁって思いました。

20代後半/不動産・建設系/男性

束縛は嫌いであると、最初から伝えておいた

自分の時間作りの大切さをキチンと話し合って、お互いの時間や友達を大切にしようと話し合いました。何故大切かをお互いに確かめ合う事で、思いやりや理解から優しく出来るようです。

また、重い体質の人は不安から重くなりがちなので、キチンと愛してるなど愛情表現を大切にしていく事を心掛けています。

30代後半/不動産・建設系/男性

少ししつこいよとしっかり伝えた

私が付き合っている彼女はとても重く、毎日「好き」と言われないと気が済まない人です。

毎日私はLINEで好きと言っていますが、時に人が多くいる場でも「好き」って言ってよと求めてくるので困っていました。

そこで私は「俺が何回も好きって言わないとわかんないの?いい加減しつこいよ」とキツめに言うと彼女も少し反省してくれました。

20代前半/大学生/男性

【5位】彼女の不安を解消した

彼女の不安を解消した

褒めてあげる機会を増やした

相手はそんなに能力が無い人ではないけれど、とにかく自分に自信が持てないタイプでした。

仕事を変えた時に、失敗したことがあるたびに、毎日「自分がダメかもしれない」と電話をし続けてきましたが、その中でうまくいったことが何なのかを聞いて、1つでも2つでも褒めてあげることで、立て直すことが出来ました。

20代後半/医療・福祉系/男性

必要以上にかまってあげて満足させた

LINEの頻度が異常に多かったり、10分既読がつかないだけでスタンプ連打で構ってほしいアピールをするなど、割とめんどくさい彼女。

一時期わざと返事を遅くしてみたりしましたが、機嫌が悪くなったりと逆効果でした。なので、ちょっとめんどくさかったですが、まめに連絡をとったり、1日1回電話してあげたりすると満足したようで、メッセージの異常な多さなどは減っていきました。

ちょっとしつこいくらい構ってあげるのが良かったみたいです。

20代前半/サービス系/男性

彼女が言いたいことをすべて聞いてしばらく時間をおく

私は週1でもいい会えればいいタイプであるが、彼女は普段は私と同じように週1回で問題ないが、ストレスが過剰にかかったり、しんどいことが起きると、すべて自分が悪いといったり、私に当たり散らしたりしてしまう。

すぐ別れ話になることが多く、その時は、私から何を話しても聞く耳を持つことがなかったです。5歳年下の彼女なため、思っていることや考え方が私とはまったく違っているのもあるかと思います。

その時は、彼女の言いたいことをすべて聞いて、言いにくいようであれば、時間を置くか、こちらから答えれるような質問、話し方をしています。難しい場合は、直接いくか、時間をおいて、落ち着いてから話すようにしています。

1〜3か月は時間がかかっていましたが、5か月目になった現在では、彼女も私を信頼してくれるようになったため、重くなることは少なくなりました。

20代後半/医療・福祉系/男性

【6位】少しだけ距離を置いた

少しだけ距離を置いた

少しずつ連絡する回数を減らした

昔に付き合っていた彼女なのですが、毎日毎日頻繁にメールや電話など連絡がきて、かなり重いと感じていました。

毎回の返事をするタイミングを少しずつ遅くしていって、自分の気持ちを遠回しに相手に伝わるように持っていったら相手も気付いてくれて、良い方向へ変わってくれました。

30代後半/メーカー系/男性

LINEや電話の回数を減らすようにした

彼女はいつも連絡を取りたがったり、LINEのスタンプもラブラブ系のものを多用したり、そうし合っていないと不安になってしまうタイプでした。

途中までは彼女に合わせるのですが、重くなった時は、その頻度を減らすことで息抜きをして対処しています。

30代後半/自営業/男性

【番外編】その他

その他

さりげなく重いことを伝える

過去に付き合った女の子の中に「5分以内に返事をしないと鬼電してくる」という女の子がいました。

重い感じの女の子は好きな時はとても一途で重くなるのですが、何かの拍子に好きじゃないと感じると一気に冷め、態度が急変します。

なのでストレートに伝えてしまうと彼女が傷ついてしまう可能性があるので、できるだけ穏やかに返事を返せなかった理由などを伝えるようにしてました。

20代前半/大学生/男性

まとめ

今回は、同じ経験を持つ男性100人による彼女が重いと感じた時の乗り越え方を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼氏が重い編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼氏が重い…同じ経験を持つ女性100人が乗り換えた方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ