彼氏が怖い…同じ経験を持つ女性100人が実践した対処法とは


本コンテンツはfamicoが独自に制作しています。コンテンツの内容は全て体験談・実体験に基づいており、ランキングの決定は独自のアンケート調査等によるデータを掲載しています。広告等が含まれるコンテンツの場合、広告主等はコンテンツの内容・ランキングの決定に一切関与していません。詳しくはfamicoコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事は2023/01/31時点でfamico編集部により内容の確認・更新を行い、最新の内容であるように努めています。

【3位】冷静になるのを待つ

冷静になるのを待つ

黙り込んで時間が過ぎるのを待った

彼氏が転職した際、忙しくいつもピリピリしており、毎週デートは喧嘩で終わるというのがいつも続いてました。

自分の休みをデートに割いてくれていることはとてもありがたかったのですが、ストレスが相当溜まっていたのか、少しでも運転などでスピードなど注意すると倍になって返ってくるという事が日常茶飯事になりました。

その日は特にひどくバーっとイライラをぶつけられ、落ち着いて!と喋ろうかと思った際に黙って。と言われ、怖さもあり黙ってと言われたので、初めてこちらからも黙ってみました。

黙ってと言われたのでなにを言われても喋らず、答えずです。彼氏も我に返ったのか、普段のように戻り謝ってきました。

車で出かけている最中だったので、家へ帰り、落ち着いて2人で話し合い、大きい話に聞こえるかと思いますが、彼氏の新しい職場での勤務状況もひどくストレスや疲労があったため、転職するという話になりました。

今はいつも優しい彼に戻り、楽しく過ごしています。

20代前半/サービス系/女性

少し距離と時間をおいて、冷静になる時間を設ける

友達を紹介して欲しいと言われ、彼氏と女友達の3人で飲みに出かけたのですが、友達の態度が気に食わないと後日喧嘩になりました。

友達の肩ばかり持つのかと電話越しに怒鳴られ、考えが変わらないなら別れるとまで言われましたが、彼のいうこと全てを肯定するような関係で今後もうまくいくとも思いません。

激昂する気持ちを落ち着けてもらおうと、まずは連絡を取らない時間を設けました。

今別れて、別の道を歩むのか、それともお互いが歩み寄って考えをすり寄せるのか、考える時間をしっかり設けたため、再会したときにはお互い冷静に話すことができ、別れることなく解決しました。

20代後半/医療・福祉系/女性

距離をおいて冷静に考えてみた

一緒に住んでいた彼氏が疲れからか機嫌が悪く、私がなにかした訳でもないのに無視をしてくるようになりました。

理由を聞いても答えないしこちらもイライラとストレスが溜まってしまい、家出を敢行。友達の家に3日ほどお世話になりました。

友達といることで気も紛れましたし、沢山話しを聞いてもらってスッキリした頃、冷静になった彼氏から「ごめん。戻ってきてほしい、ちゃんと話すから」と連絡が来たので、家に帰り話し合いをして解決しました。

20代前半/不動産・建設系/女性

【4位】話し合う機会を設けた

話し合う機会を設けた

お互いが冷静に話し合える場を設けた

彼は金銭にルーズなところがあり、嫉妬深く独占欲が強い人でした。

結婚も視野に入れていたようでしたが、私はそういったことがイヤになってきて別れたいと思うようになりました。

ですので、そう伝えたのですが納得できなかったようで少し彼が感情的になり、これは話し合いにならないと思い、後日、最後の話し合いを設けました。

彼も取り乱す自分の性格に問題があること、直したいと思っていることなどが分かり、改善するという意思を尊重して付き合いを続けています。

30代前半/公務員・教育系/女性

彼氏とじっくり話し合って考えていることを聞いた

付き合い初めて5か月の彼の家に行くようになった時のことです。

彼に料理や洗濯をして欲しいと頼まれ料理や洗濯をしたところ、料理や洗濯の仕方がに入らないと、すごい剣幕で怒られてしまい怖かったです。

彼からの指摘は、料理に関しては味付けが好みじゃない。洗濯に関しては俺と同じやり方じゃないと言うものでした。

彼から指摘を受け、私も彼に好みや洗濯の仕方を聞かなかったし、彼も言わなかったからこうなったんだ、コミュニケーション不足だったんだなと反省しました。その後よく話し合うことにしました。

彼が落ち着いた頃に話し合いをしたところ「俺は1人暮らし歴が長くて(10年)かなり、こだわりがあるけど、それを話せていなかった。ごめん」と謝っててもらえました。

それ以来、お互いコミュニケーションを大切にするようになり、関係もうまく行くようになりました。

20代後半/医療・福祉系/女性

納得する話し合いをして妥協点を見つけた

長く付き合っていたので彼に対して気持ちがマンネリし、距離を置こうと私から言いました。それからというもの大量に連絡がくるようになり、何も言わずに私の家にきていたこともありました。

さすがに怖くなったので、ちゃんと話し合い、彼が納得する結果を出しました。彼は以前、前の彼女に自然消滅されたことがあったみたいで、トラウマになっていたみたいです。

彼のそういった理由を聞きもせずに一方的に距離を置いた自分にも落ち度があると感じました。

30代前半/専業主婦/女性

【5位】1人の時間を持った

1人の時間を持った

お互いに自分の時間を設けるようにした

学生時代、付き合って数年目のときに彼氏からの束縛が強くなりました。それまでは、半同棲状態で学校もバイトも同じ、常に一緒にいる状態でした。

バイトをやめて就職活動を始めると自分の交友関係も増え、彼氏との時間も減りましたが、彼はそれが不満だったようで、今日は何をしたのか、どんな人がいたのか、男性はいたのか、などと細かく聞いてくるように。

今まであまりにも近すぎたのも良くなかったと思い、徐々に彼氏との時間を減らしていき、お互いに自分だけの時間や友達との時間を増やすようにしていきました。

それからは強い束縛もなく、良い状態での付き合いができたと思います。近すぎる関係はちょっと距離を置くのも大事だと思いました。

40代前半/IT・通信系/女性

お互いが1人になれる環境を準備しようとした

彼が仕事が忙しくイライラするようになってしまい、夕飯のメニューに文句を言ったり、部屋の掃除が行き届いてないと注意してきたり、普段全くしないようなことをしてくるようになりました。

始めは献身的に支えようと言われたことに対して改善するようにしたり、謝るようにしました。しかし状況はよくなりませんでした。

1回離れた方がいいのかもしれないと実家に帰る準備をしました。荷造りされた荷物を見ると彼は「何これ」と不機嫌そうに言われたため、「少し距離置こうか。一緒に暮らしてるとなかなか1人の時間取れないし、お互い自分の時間をゆっくり取ろう。」と話すと彼は慌てました。

話し合ってみると仕事でイライラしてしまい、心を許しているからこそ私にきつくあたってしまったとのこと。しかし、それは私自身も傷つく。これが続くなら一緒にいられないと話すと彼は私にきつくあたることは無くなりました。

仕事でイライラした場合は家に帰ってくる前に精神状態が少し良くないと私に報告してくれるようになり、私自身も楽になりました。

20代後半/医療・福祉系/女性

【6位】距離を置いた

距離を置いた

しばらくは一定の距離感を保って見守った

付き合い初めの頃、夜景を観に連れて行ってくれることになりました。

車での移動だったのですが車に乗る前、駐車場の場所は知らされておらず、強引に腕を引っ張られたことが怖かったです。まだあまり彼のことを知らなかったので、優しく見えて実は強引な面もあるのかもしれないと思いしばらくは一定の距離感を保ちました。

その後はそういったことは全くなく、優しい彼です。あの時、距離を保っていなかったら逃げ出していたかもしれません。

20代前半/医療・福祉系/女性

ごめんと連絡を入れて距離を置いて様子を見た

私が忙しくて1週間ほど会えていなかった時のことです。

2時間も離れたところに住んでいたので、偶然ということはないと思うのですが、偶然近くにきたから、最寄り駅の本屋にいるとラインが来ました。

私は大学に残り、やらなければならないことがたくさんあったので、悪いけど今日はやることが多くて会えないと連絡をしました。

すると彼は、せっかく来たのに何で?本屋で待ってるから。と送ってきました。私は1週間会わなかっただけでそのようなことを言われたことで、怖くなってしまいました。

その日はごめんとだけ連絡を返して、距離を置きました。数日後に連絡をとってお互いに正直に話し合い、納得することができました。

その頃から素直に思ったことをお互いに伝えあうようになりました。

20代前半/大学生/女性

【7位】素直に伝えた

素直に伝えた

対面で指摘するのが怖いので、メールや手紙で伝えた

私がお付き合いをしていた男性に怖いと感じたのは、「すぐに大きな声で威圧してくる」点でした。

暴力や物を投げることはないのですが、少しのすれ違いなどでケンカに発展しそうになると「文句あんのか?」といった言葉を大きな声で言うのです。

すると、私は恐怖で何も言えなくなってしまい自分の意見を伝えられなくなってしまいました。このままではダメだと、対面では伝えられない想いを文章にまとめて手紙にして渡しました。

彼は自分が大きな声になっていたことを気づいてなかったようで、素直に反省して改善してくれました。

30代前半/サービス系/女性

電話で素直に感じたことを伝えた

私が電話に出なかったら、彼氏が何度も続けてかけてくることがありました。

「ストーカーっぽくって怖い」と思ったので、正直に電話でその気持ちを伝えてみました。すると、彼は全く気づいていなかったようで、「本当に俺ってストーカーみたいだったね」と笑いながら言ってくれました。

それからは私がかけ直すまでは待ってくれるようになりました。

20代後半/サービス系/女性

【8位】友達や家族に相談する

友達や家族に相談する

少し距離を置いて友達に相談してみた

機嫌が悪いときに物を叩いたり雑に扱ったりするので、怖いと思っていました。

しかし、段々それで気持ちのコントロールをしているんだと思い込み始め、怖いという気持ちが麻痺していました。

友人に指摘され、それは暴力で威嚇だと気付き、少し距離を置いて冷静になり、自然と離れることができました。こういう面は直らないと思うのでよかったと思います。

30代前半/法律系/女性

【番外編】その他

その他

悲しげ寂しげな表情をして冷たくする

彼はイライラしたり思い通りにならないと態度や言葉が荒くなることがあります。不機嫌にもなります。

そういったことが続いたとき、耐えきれなく今まで涙ひとつ見せなかった私が大号泣。それでも荒さ不機嫌さは変わらないものの、少し冷たくすると、自分の行いが悪かったと反省するようになりました。

20代後半/医療・福祉系/女性

まとめ

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏が怖い時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女が怖い編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女が怖い…同じ経験を持つ男性100人が実践した対処法とは

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2023年01月11日~01月26日
回答者数:100人