彼氏と別れたい時こそ冷静に!経験者の女性100人の対処法

彼氏と別れたい時

彼氏と喧嘩をしたときや倦怠期に陥った時期など、どうしても前向きになれずに彼氏と別れたい時もありますよね。

普段は大好きな彼氏だからこそ、今は別れたい時だとしても、出来ることならば別れないで対応する方法を知りたい女性も多いのではないでしょうか。

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏と別れたい時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

彼氏と別れたい時の対処法ランキング

まずは、彼氏と別れたい時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏と別れたい時の対処法』によると、1位は『距離を置いて考えた』、2位は『距離感を変えた』、3位は『自分の気持ちと向き合った』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏と別れたい時の対処法

女性100人に聞いた彼氏と別れたい時の対処法では、1位の『距離を置いて考えた』が約22%、2位の『距離感を変えた』が約13%、3位の『自分の気持ちと向き合った』が約11%となっており、1~3位で約46%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼氏と別れたい時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】距離を置いて考えた

距離を置いて考えた

半月ほど距離を置いて1人で考える時間を作った

彼は独占欲が強く、私のスケジュールを細かく知らないと不安なようでした。しかし私が息苦しく感じてしまい、「少し一人の時間が欲しい」と距離を置くことに。

彼はすごく動揺していましたが、彼自身の行動を見直して欲しかったため、距離を置きながらもLINEで私の気持ちを伝えました。

すると彼は私を信じることが出来ていなかったかもしれないと話していました。少し冷却期間をとることで、彼の行動も落ち着いていました。

20代後半/医療・福祉系/女性

距離を置いて冷静になって考えるようにした

彼が海外赴任になるのを機に海外で同棲を始めたのですが、まさかの彼のご両親が2ヵ月遊びに来ることになり、しかもご両親とも同棲することとなりました。

ご両親はとても良い方達だったのですが、親の前で見せる彼の身勝手さや、私に対する配慮が欠けていたりと私も1人の時間が全くない状態だったのでストレスが溜まりました。

はっきり怒ったこともありましたが、その際は一度外へ出て行き、自分の気持ちを落ち着かせ、考える時間を作り、それからうちに戻って話をして解決しました。それでストレスも解消できました。

20代後半/公務員・教育系/女性

1週間ぐらい距離を取って冷静になるまで待つ

現在は彼氏と同棲していて部屋が1つしかないので、お互い1人の時間はない状態でした。

私が生理になった時にイライラして短気になるタイプなので、彼氏の1つ1つの行動になぜかイライラしてキツくあたります。時には何で付き合っているんだろうと別れすら考えることも…

そんな時は彼に当たらないようにするためにも、私が外に出て近くの公園で数分頭を冷やしたり、それでも落ち着かない時は実家へ帰ったりと距離を取るようにして解決させていました。

20代前半/サービス系/女性

自分の気持ちが落ち着くまで会う回数を減らしてみた

当時付き合っていた彼と半同棲のようになり、ダラダラと私の部屋で一緒に過ごす時間が増えて、きちんと同棲しようと受け入れた訳じゃなかったので不満が溜まり別れたいと感じていました。

会う回数を減らし、少し落ち着いてから彼と話し合いをして正式に同棲する事になり不満も一つ一つ解決できて以前より仲も深まりました。

20代前半/専業主婦/女性

彼に相談して距離をおいて大切さを実感した

同棲していた彼との話です。

お互いに仕事が忙しく、すれ違いの生活に。なんのために付き合っているのかわからなくなって、彼に相談したところ、一度距離を置こうということになりました。

同棲を始めていたのですが、彼が一度家を出てくれて別々の生活を送りました。仕事で帰ってきた後、自分一人では部屋の片付けもろくにせず、そのままベッドへという生活が続きました。

そんな生活を続けていった結果で思ったのが、彼がいたからこそ家事や自分の身の回りのことにもちゃんと気を支えていたんだなと思いました。

それを伝えたところ、また一緒に住み始めることができました。お互い一緒にいられる時間が短いですが、今では、短い時間だからこそ大切にしたいと思うようになりました。

30代後半/IT・通信系/女性

毎日のメールや電話を減らして距離を置いた

付き合った当初から毎日メールや電話をするようになり、最初は新鮮で良かったのですが、だんだんと苦痛になってきました。

そのうち別れたいなと思うようになり、彼自身のことはとても好きだったのでこれではいけないと思い、毎日のメールや電話を減らして週末のみに連絡をするようにしました。

すると一週間ぶりに連絡を取る楽しみが出来て、前のように楽しく過ごせるようになりました。

30代後半/医療・福祉系/女性

逢う回数を減らして冷静になる時間を作った

徒歩10分ほどのところに住んでいて、毎日のように私の家に来ていましたが、縛られているように感じ苦痛でした。

そのため、1週間ほどの用事を入れて留守にし、距離をとって冷静に考える時間を作りました。冷静に考えた時に、別れる必要性は感じなくなり、相手の良いところを見ることができるようになりました。

30代前半/自営業/女性

【2位】距離感を変えた

距離感を変えた

毎日の連絡をやめて、相手に夢中になり過ぎないようにした

私と彼の性格は、もともと正反対でした。

彼からのもうアタックで付き合いましたが、こまめな連絡が苦手な私と頻繁に連絡を取りたい彼では、衝突することが多くなりました。

だんだんと鬱陶しくなり、次第に彼への返事をしなくなりました。それでまた喧嘩と繰り返しているうちに好きな気持ちもなくなってしまい、別れるために正直に今の思いを話しました。

すると私の態度で察していたのか、彼なりに考え私にのめり込むのを止めてくれたのです。サプライズプレゼントや旅行などやっぱり楽しい事がたくさんあった彼なので、私にあわせてくれる彼のことをまた好きになれました。

付き合う前に、きちんと自分の性格を話しておく事と相手にのめり込み過ぎない事はとても大切だなと思いました。一定の距離感を保つことが長続きする秘訣だと思いました。

30代前半/流通・小売系/女性

会わない・考えない・連絡取らないで別れの選択肢を消した

私の場合、付き合う方と遠距離になる確率が高く、最初は近くに住んでいても転勤になったりとなぜか離れる事が多いんです。

それで寂しくなって「こんなに辛いなら別れちゃおうかな…」とくだらない理由で別れを考えてしまうことも多いです。

楽しい事を思い出しても、何してるのかななんて彼の事を考えても寂しくなるし、連絡しようとしても別れる方向に持っていきそうになるのが嫌で、彼から連絡が来るまでほっといて、来てもそれに返事をするだけにして自分の思いはひた隠しにするようにしていました。

その場しのぎになるけど、寂しくて別れるなんてバカバカしいので、そうやって別れを回避しています。

30代前半/流通・小売系/女性

連絡などを控えて気持ちのコントロールをした

毎日電話やメール、LINEなどで連絡を取っていて、他愛のないことでも話をしていました。

お互いに義務ではないのに、段々と義務的になってきてしまい、お互いの日常を知り尽くさないといけないみたいな感じになってしまっていた。

連絡することは嫌じゃないけど、束縛しているような気持ちになり、こちらからは出来るだけ連絡しないようにしてみることで不満を溜め込まないようにしていました。

40代前半/サービス系/女性

【3位】自分の気持ちと向き合った

自分の気持ちと向き合った

会う頻度を少し減らし、客観的に相手の事を考えられるようにした

彼はとても優しいのですが、頼りなかったり、弟的な面が出すぎており、女々しい部分も…そんな彼に嫌気がさし、会う頻度を一旦減らし、他の友人などと過ごす機会を増やしました。

距離を少し置く事で客観的に相手の良さが見えるようになり、やはりこの人と付き合い続けたいな、という結論に至りました!

20代後半/メーカー系/女性

距離を置き自分の気持ちを確かめた

価値観が自分と違うと感じ、このまま一緒にいてうまくいくのかなと感じたことがありました。

人から何か言われたことに対してネガティブに捉えてしまったり、相手に悪意があるという前提で物事を考えてしまうような部分が彼にはありました。

そこで、しばらく連絡をとらず会わず、自分の趣味をしたり友達と過ごす中で会いたいと思う瞬間があるか自分の気持ちを整理しました。

落ち着いてから話してみると、すべてにおいてネガティブな考えをしていないこと、彼なりの考えがあったことなどが見えてきて、自分がちゃんと彼の考えを聞かずネガティブに捉えている、という偏見を持ってしまっていたことに気づきました。

20代後半/金融・保険系/女性

相手とこのまま付き合うべきか、一人で一定期間じっくりと考えた

彼氏がそろそろ自分に興味がなくなってきたのを感じて、このまま付き合い続けてもいいものか悩んだ時期がありました。

私は彼とメールなどでコミュニケーションを図り、彼氏自身の今の気持ちを探りました。その後、自分の気持ちについてもよく掘り下げ、結果的に自分はもう彼と付き合うだけの感情や気力がないことに気がつき、別れを告げました。

20代前半/医療・福祉系/女性

【4位】自分の考え方を変えた

自分の考え方を変えた

マイナスの事は考えずにプラス思考にした

デートの計画や彼氏の方からの連絡が少なくストレスを感じた時期があり、別れたいと思った時期がありました。

そうなった時に、彼からの連絡はこないと割り切ったり、デートの時は自分の好きなところへ連れて行ってもらったりと、プラス思考に考えるようにしたら別れようという気持ちが薄れました。

20代後半/医療・福祉系/女性

相手とは敵対関係ではないと自分の意識を変えた

彼は真面目すぎるあまり、私の気持ちよりも理論的に行動することを好みます。そのせいで、あまり大切にされていないと感じ喧嘩になることが多かったです。

あるとき、読んだ本に「男性は未熟なところがあるから10年待て!」と書いてあり、性別に関わらず人は変わっていくものだから…と少し気が楽になりました。

そして、私たちはパートナーであって決して敵対関係にあるものではない…と思うようになり(これが意外と気付くのが困難でした)、どうすれば互いにより良く生きていけるか…ということを模索し続けています。何だかんだで15年経ちました。笑

30代前半/自営業/女性

育った環境が違うから、性格や好みが違うのも当たり前だと思うようにした

彼と食の好みが合わないのが悩みでした。彼は濃い味付け、こってり系、辛いものが大好きで、わたしは薄味、あっさり系、辛いものが苦手と真逆です。

外食の際はお互い好きなものを食べられるので良かったのですが、同棲を始めてからは食事を作るのに困り、なかなか進んで食べてもらえないこともありました。

食の好みの違いはこれからずっと生活していく上で重要だし、あまりにも真逆の為、別れたいと感じたこともありました。

私は、この問題を解決するため、「育ってきた環境が違うから、食の好みが違うのも当たり前」と思うようにしました。カレーなら甘口と辛口を買って鍋2つで作る、あとから七味など調味料をかけてもらうようにする、など、料理を工夫することで乗り越えることができました。

30代前半/流通・小売系/女性

【5位】不満を打ち明けた

不満を打ち明けた

連絡の頻度を多くしてもらうように改善してもらった

私は恋人と連絡をこまめに取りたいタイプなのですが、彼はあまりマメなタイプではありませんでした。そこでふとした時に寂しくなったりして無意識にストレスが溜まっていました。

それを解決しなければ別れてしまうと感じたので、素直に彼に打ち明けると以前より私と連絡をマメにとってくれるようになりました。

話し合い時は感情に任せて喧嘩腰で話すのではなく、冷静になりお互いの良くないところ、直して欲しいところを話し合うことを大切にしていました。

20代後半/サービス系/女性

自分の思っている気持ちを正直に伝えた

高校の時に付き合っていた人で他校だったのでなかなか会える機会がなかったのですが、デートの約束をしたのにドタキャンや遅刻という事が多かったです。

そんな事が何回か続き、本当に好きでいてくれてるのかと不安になり相手に対する気持ちを確かめるために、一旦距離を置くことを決意しました。

距離を置きたいと伝えるとそれは嫌だと返事がきて、元々ルーズだった彼も反省したみたいで気持ちを伝えてからはドタキャンや遅刻がなくなりました。自分の気持ちを伝えるのは大切だなと思いました。

20代後半/専業主婦/女性

彼に対する不満をきちんと言葉にして伝えた

彼氏と別れたいと感じるということは、彼氏に不満を持っているということなので、その自分が持っている不満を彼氏にきちんと言葉にして伝えました。

男性は女性の気持ちを汲み取ることが苦手な人が多いようで、気持ちをきちんと言葉にして伝えないと、女性の気持ちが分からないようでした。

不満を伝えたことによって彼氏の振る舞いが変わり、仲良く過ごせるようになりました。

20代前半/大学生/女性

【6位】彼の良さを考え直した

彼の良さを考え直した

昔のラインや写真を見返して新鮮な気持ちを思い出した

付き合って4年半で、段々と一緒にいるのが当たり前になり家族同然のようになりました。

それはいいことではあるけれど、どんどん私自身もわがままになり、なぜ私が思っているような返しをしてくれないのかとムカつくことが増えていきました。

心配をしてくれないこと、愛情表現がないことが特に不満でした。新鮮な関係でなくなり、愛情表現も薄れて行く中で別の人であれば新鮮な気持ちで付き合えるのではないかと思うようになってしまいました。

新鮮な頃を思い出すためにも昔のラインや写真を見返しながら、イライラをおさめて昔は自分自身もわがまま過ぎずに愛情表現も自分からしていたなと反省して、最初の頃の気持ちを取り戻しました。

彼にも正直に気持ちを伝えることで、2人とも初心にかえり今では最初の頃のような新鮮さを取り戻しました。

20代後半/医療・福祉系/女性

彼の好きになったところを思い出した

彼はいつも我が道を行くという感じの人で、そのこだわりの強さに惹かれて付き合い始めました。

でも、いざ交際を始めてみると、自分勝手なところが目につくようになりました。言ったことも直してくれなかったり…。

でも、それは彼の意志の強さの裏返しなので、彼のそういうところを好きになった自分の気持ちを思い出すことで、彼の意志を尊重できるようになりました!

20代前半/大学生/女性

【7位】話し合いを繰り返した

話し合いを繰り返した

お互いの今の本音を直接会って話し合い、好きなところも言い合った

年下の彼に、私と同じ年の彼の友達を紹介され「同じ年だから仲良くなって」と言われ、彼との恋愛相談を話すようになりました。

でも、その彼の友達は私の事を好きになってしまいに告白されました。彼が勧めてきた友達であったので会って遊ぶ仲でしたが、私は彼一途のままでした。

しかし、その友達が私のことを好きだと知った彼は「浮気」と勘違いし、友達とも縁を切り私とも別れる寸前に…ですが、それでも好きって想いを伝え続け仲直りし、今は婚約中です。

20代後半/サービス系/女性

自分の気持ちを伝えて、相手と話し合った

私は年下の彼氏と付き合っていて、相手のわがままに振り回されて自分の意見を中々言えずに我慢する事が増え、別れたいと感じた事がありました。次第に連絡を取る回数も、会う回数も減っていきました。

私はこの状況を変えたいと思い、思い切って彼に連絡し、直接会って沢山話し合いをしました。そうすることで自分の思いがやっと相手に伝わり、相手も行動を改善することを約束してくれて、お互いに一緒に過ごしやすい環境を作る事ができました。

20代前半/大学生/女性

【8位】コミュニケーションを取った

コミュニケーションを取った

会う回数を多く増やして彼への気持ちを取り戻した

お互い仕事で忙しくなかなか会えずにいた頃は、本当に彼氏のことが好きなのかわからなくなって別れようか悩んでいました。

そんな時、彼氏が体調を崩してから忙しい中でも頻繁に看病しに行くようになって、やっぱり好きだなぁと感じました。単純接触効果というみたいですが、何度も会うのは効果的だと思いました。

私の場合は偶然の重なりですが、コミュニケーションで解決することも多いのかもしれません。

20代前半/IT・通信系/女性

【9位】他の男性と比べた

他の男性と比べた

昔好きだった人と彼を比べてみた

付き合って3年、喧嘩などもなく仲良く過ごしていました。

しかし、ちょっと倦怠期のような感じで、、、そんなとき、昔好きだった人と再会したんです。久々の胸のドキドキ感で少し気持ちが昔好きだった人にいきました。

だけど、彼氏に不満はないし結婚も考えていたので冷静に考えて、やっぱり私にはこの人が一番合ってるなと確信。少し彼氏に申し訳ないと思いながらも、さらに彼氏を大切にしなきゃと思いました。

30代前半/メーカー系/女性

【10位】別れたい理由を改善した

別れたい理由を改善した

別れたいと考える原因を突き止めて対策した

彼のお酒のくせがあまり良くなく、仕事で酔って帰ってくることも多々あったのですが、その度に何かなくして帰ってきたり次の日起きなかったりと、その度に当たられるのが嫌で離れたいと思いました。

同棲ではなかったのですがよく家に来ていたので、自分の家に帰って貰うようにして酔った時に会わないようにして乗り切りました。

もともと生活の時間にズレがあったので、いい事ばかりで気持ちに余裕が持てました。

30代後半/IT・通信系/女性

【番外編】その他

その他

友人に彼と別れたい理由を相談し、客観的な意見求めた

言葉数が少なく自分の思っていることや感情を口に出すのが苦手な彼とは認識の齟齬が起きやすく、ささいなことで喧嘩をしたり傷つけられることが多くありました。

過程より結論を重視する理系タイプの彼、結論に至るまでの経緯をきちんと話したい私では話し合いをうまくすることすら出来ず、別れるか悩んでいました。

この問題を解決するために、同じタイプの旦那さんを持つ友人にアドバイスを求めたところ、自分が求めている結論を先に伝えて理由を後から説明するとわかってもらえるよと言われました。

実際にアドバイス通りに話し合いをしてみると、ぶつかり合いながらも話し合いを最後まですることができ、二人の納得する答えを出すことができるようになりました。

話し合いができるとより仲が深まり、自然と喧嘩も減り仲良く過ごせるようになりました!

20代後半/専業主婦/女性

まとめ

女性100人に聞いた彼氏と別れたい時の対処法では、1位は『距離を置いて考えた』、2位は『距離感を変えた』、3位は『自分の気持ちと向き合った』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏と別れたい時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女と別れたい時の対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女と別れたい時こそ冷静に!経験者の男性100人の対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2019年12月27日~01月11日
回答者数:100人