彼女に飽きるのを防ぐ!同じ経験を持つ男性100人の対処法


【3位】彼女への興味を絶やさない

彼女への興味を絶やさない

彼女の意外な一面を探る努力をする

自分から変わろうとしなければ相手も変わらなくて、どっちも飽きてしまって倦怠期になってしまうので、なるべく自分が変わることを意識しています。

例えば、いつもはエスコートしてる側だけど、今日は甘えてみたりとかすると彼女の意外な一面を知れたりしますね。

飽きたと感じていても彼女の知らない一面はたくさんあるので、彼女の全てを知りたいっていう気持ちが大切です!

20代前半/大学生/男性

1日1回最低ライン、メールでも電話でもやり取りをする

付き合い始めた時に比べて時間が経つと慢心、すっかり安心しきって、連絡を取るのをサボりがちになってしまいます。

そうなると興味も減ってきてしまうので、必ず彼女のことを思い出す時間をつくり、連絡するようにしています。

ラインやメール、留守番電話にでもメッセージを入れるようにする毎日の習慣が続く関係に大切なもの。そのメッセージも「風邪ひかないでね」「暑いから水分忘れないで」とか相手のことを思いやるもの一つ入れることを心掛けます。

彼女を常に気遣って想うようにしていないと飽きてそのままになるので、彼女のことを想い、それを行動に連絡しつながり続けることが大切だと思います。

30代後半/医療・福祉系/男性

普段の生活から彼女の行動に興味を持つ

彼女と付き合っていく時に飽きないようにする方法ですが、僕は普段の生活を大事にすることかな?と思っています。

目新しいことをするのではなく、普段の生活の中で彼女の行動やくせなどを見つけるようにしています。良いところも悪いところありますが、それを見つけることであまり飽きたと思ったことはないです。

40代前半/IT・通信系/男性

【4位】距離感を意識して付き合う

距離感を意識して付き合う

最初の年にイベントを盛り込みすぎない

恋人に飽きるのを防ぐ方法は、付き合い始めて1年目にいろんなイベントを盛り込みすぎない事です。

僕も久しぶりにできた彼女と最初の年にディズニー、国内旅行、海外旅行などいろいろ盛り込み過ぎてしまい2年目以降は熟年カップルの様にマンネリになってしまいました。

「いつか海外旅行いこうね。」ぐらいにして一つずつイベントを味わうほうが飽きないです。

30代後半/メーカー系/男性

【5位】付き合い初めの頃を思い出す

付き合い初めの頃を思い出す

付き合い始めた頃のことを真似てみる

付き合い始めて1年も経つと、普段の関係に慣れてしまい飽きると言うかマンネリ化というかそういった状態になってしまいました。

彼女と話し合って、付き合った後に初めていった旅行先と同じ場所へ旅行に行きました。流石に観光の内容は変えましたが、初心に戻れた良い出来事だったと思っています。

30代前半/不動産・建設系/男性

【6位】感謝の気持ちを忘れないでいる

感謝の気持ちを忘れないでいる

「ありがとう」や「行ってきます」といった言葉を口にする

付き合い始めて暫くすると、初めは相手のリクエストに応えることに喜びを見出していたにも関わらず、次第に自分のリクエストや期待に応じてもらえないと「何故?」という気持ちになることがあります。

一度、すれ違いを感じてしまうと不満はあちらこちらから噴出し、次第に相手の「良さ」(存在)に感謝することを忘れがちになってしまいます。

言葉を発することが出来るのは「相手の存在がそこにあるから」です。人にとって一番辛いのは無視されることでも、馬鹿にされることでもないと思います。「無関心」を装われること…。

相手の存在を認め、感謝することができればもっと人を愛して慈しむことができますし、飽きることのない、毎日新発見の新鮮な気持ちを維持していくことが出来ると思います。

40代前半/医療・福祉系/男性

まとめ

男性100人に聞いた彼女に飽きるのを防ぐ方法では、1位は『彼女と新しいことにチャレンジ』、2位は『デートの内容を意識する』、3位は『彼女への興味を絶やさない』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ男性100人による彼女に飽きる時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の「彼氏に飽きることを防ぐ方法編」も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼氏に飽きるのを防ぐ!同じ経験を持つ女性100人の対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年02月11日~02月26日
回答者数:100人