彼氏の実家を初めて訪問!女性100人が教えるアドバイスとは


【3位】事前にご両親の性格を聞いておく

事前にご両親の性格を聞いておく

事前にご両親がどんな人かを聞いておく

ご両親、特にお母様の好きな物を聞いておいて、それを手土産に選びました。

彼氏に、”ご両親はどんな性格をしているか””ご両親の趣味や好きな物は何か”を聞いておくと、いざ会った時に話しやすいと思います。

自分のことも、彼氏からご両親に話しておいてもらうとスムーズかな、と思います。

20代前半/マスコミ系/女性

事前に彼のご両親の好きな物や趣味を知っておくこと!

初めて彼の実家に伺った際、ワンピースにカーディガンを羽織るぐらいの服装で伺いました。

彼の両親がお酒が好きということだったので、お酒のおつまみに合う手土産を持参しました。

仕事の話や家族の話で盛り上がり、とても気に入られ、その後も何度かお邪魔させて頂きました。

事前にご両親の好きな物や趣味などを聞いておけば、会話が膨らむと思います。

30代前半/金融・保険系/女性

手土産を喜んでもらうために相手の好みをリサーチする

まず手土産は必須です。相手のご両親の好みの物を、事前にリサーチして購入しました。手土産が喜ばれると、それだけで好印象な気がします。

また、気に入ってもらうために、普段はあまり着ない綺麗めな恰好をしました。爪はしっかり切り、髪の毛は明るすぎない方が好感を持たれます。

もしかしたら、後に結婚することになるかもしれない相手なので、最初の印象はとにかく大事です。

30代前半/マスコミ系/女性

彼氏と相談した上でご両親の好みに合いそうな物を持参する!

彼のお母様は、複数の食べ物にアレルギーがあるということを事前に聞いていたので、手土産に食べ物を持参することは避けました。

ご両親共通の趣味だという、パッチワークの素材になりそうな布地をあちらこちらで探し集めて、私自身が手作りしたポーチ風の袋にラッピングして渡しました。

そして、「私もパッチワークに興味があるのですが、不器用なもので・・・」と正直に伝え、教えを請いました。

そうすることで、ご両親の既存の作品を拝見させて頂いたり、私達が差し上げた布地を生かした作品づくりに参加させて頂くことができ、心の距離がぐっと縮まりました。

彼氏の実家に初めて伺う際は、ご両親のことについて彼氏と情報を共有することが、良好な関係を築く第一歩です。

40代前半/IT・通信系/女性

事前に彼の家族をリサーチ!

彼氏(今の旦那)は知りませんでしたが、実は私にはお母さんの友達で仲の良い人がいました。

その方にお願いし、実家にお邪魔する前に彼氏のお母さんと女子会を開いてもらいました。

彼氏に尋ねるなどして、事前に家族の好みや雰囲気をつかんでおくと、訪問に自信が持てると思います。

手土産は、彼の両親の田舎の物で、好みが分かれにくい物を選びました。

手土産は特別な物でなくても大丈夫ですが、家族の苦手な物は事前に調べて避けたほうがいいでしょう。

どちらも初対面は緊張すると思うので、何か話のきっかけになる物があればいいと思います。

話を盛り上げようとしなくても大丈夫です。話しにくかったら、相槌と笑顔を忘れないようにしましょう。

初めて訪問した時に、彼氏のお父さんから結婚の話をされました。

40代前半/金融・保険系/女性

話題づくりのため地域の特徴を調べておく!

初対面である事を重点的に考え、地域の特徴や手土産のお菓子の由来、お天気の話など当たり障りのないお話をした事を覚えています。

そして、相手方が答えに困るような会話にならないように注意しました。

又、穏やかなニュースの話もいいかもしれませんね。

20代後半/医療・福祉系/女性

【4位】挨拶や言葉遣いに気を付ける

挨拶や言葉遣いに気を付ける

しっかりと挨拶することを心がける

初めて伺ったので、まずはしっかりと挨拶しました。

「〇〇さん(普段呼んでいるあだ名は駄目)とお付き合いさせて頂いております、△△と申します」と、しっかり丁寧に挨拶することを心がけました。

親戚や友人の家ではなく、これから家族になる可能性の高い方々の家へお邪魔することになるので、服装や言葉遣い、仕草など日頃と比べて少しでも丁寧に・・・を心がけると良いと思います!

20代後半/IT・通信系/女性

挨拶はしっかりすること!

初めて彼氏の実家に行くのは緊張すると思いますが、挨拶はしっかりすることが大切です。

私は緊張と恥ずかしさがあり、挨拶をちゃんとできず、怒られてしまったことがあります。

礼儀を知らない子だと思われてしまいました。

20代後半/IT・通信系/女性

仲良くなりたい気持ちを込めて丁寧な言葉遣いで愛想良く!

これから長いお付き合いになる可能性が高いので、仲良くなりたい気持ちを込めて話をしてみるといいと思います。

丁寧な言葉遣いで愛想良く、良いイメージを持ってもらえるように話をしましょう。

自分のことばかり話すのではなく、相手にも質問をして、言葉のキャッチボールを大切にした方が良いと思います。

20代後半/不動産・建設系/女性

日頃のお礼をきちんと伝えた!

初めて行った時は百貨店で手土産を買い、服装な清楚なファッションで行きました。

会う前から彼氏を通して色々な物を頂いていたので、「いつもお世話になっております。ありがとうございます。」という形で挨拶に行きました。

20代前半/医療・福祉系/女性

丁寧な言葉遣いを心がける

初めてお付き合いしていた方の実家へ行った際、お土産を持って行きました。

厳しいご両親だったので、まずは言葉遣いにだけは気を付けようと思い、略語や若者言葉をなるべく使わないようにしました。

ついでに笑顔で話すと、向こうも受け入れてくれました。

20代前半/メーカー系/女性

基本の挨拶と明るい笑顔を忘れないこと!

地元が彼と同じだったので、手土産はあらかじめ彼に両親の好む物を聞いて準備しました。

ご両親の好きな物が全国展開しているドーナツだったので、何種類か購入し、何の飾りっ気もなく持っていきました。

”何のドーナツが好みか”など他愛もない会話から始まり、会話はどんどん広がっていきました。

彼のお父さんが時々冗談、いわゆる親父ギャグを言って、彼の家族をしらけさせていましたが、私はとにかく笑顔を絶やさず明るい雰囲気でいました。

始めは緊張して伺いましたが、会話が弾んだおかげで、あっという間の時間になりました。

30代前半/公務員・教育系/女性

第一印象が一番大事!

初めて彼の実家に行った時は、地元のお菓子を持参して行きました。

挨拶程度であまり会話はしておりませんが、最初の印象が良かったらしく、それからは度々お邪魔するようになり、晩御飯などを一緒に食べるようになりました。

人と関わる上で最低限のマナーさえあれば、悪い印象なんて与えません。

服装は、あまり派手な恰好はやめておいた方がいいですね!

30代前半/流通・小売系/女性

【5位】会話の内容に気を配る

会話の内容に気を配る

会話のペースはご両親に合わせる!

初めて彼の実家に行った時、菓子折りを持参しました。(礼儀?かなと思ったので)

しかし、彼のご両親はとてもフランクな方だったので、「いいよいいよ」と気を使わせてしまいました。(笑)

こういうシチュエーションは初めてだったので、とても緊張しました。

普段、彼のことはあだ名で呼んでいましたが、その時はあだ名のことは忘れ、自己紹介は「〇〇さんとお付き合いさせてもらってます」から入りました。

その後は、彼の家族のお話を諸々聞いていました。

事前に彼氏さんが、自分の家族に彼女さんのことをある程度話しておいてくれると、彼氏さんの親御さんも緊張なさらないと思います!

20代後半/IT・通信系/女性

目を見て頷きながら話を聞きしっかり受け答えをする!

初めて彼の実家に伺う時はとても緊張しましたが、前日までに服装を決めたり手土産を用意したりと、準備は万全にしました。

私はとても緊張しがちな性格なので、”会話が止まらないようにしなければ”と頭がいっぱいでしたが、”どんなに緊張しても下を向くことだけはしないようにしよう!”、と決めていました。

会話をする中では、ご両親の話をしっかり目を見て頷きながら聞き、それに対して自分なりに返答をすることで、沈黙になることなく会話が弾みました。

頷く私に、嬉しそうに話をしてくれたのが嬉しかったです!

20代後半/メーカー系/女性

自分の方から話しかけてみる!

初めて彼の実家を伺った際は、結婚の挨拶という形ではなかったので、カジュアルな服装で行きました。

その日は彼の妹家族も揃っていたので、皆で食べれるように小分けのアイスを持って行ったのを覚えています。

彼のお母さんが私と同じ町出身ということで、とても会話が弾みました。

また、自分から話しかけると緊張も和らぎ、自然と話すことができますよ。

30代前半/マスコミ系/女性

とにかく落ち着いて話すこと!

最初は緊張してしまうので、喋って良いことを彼と打ち合わせしておくといいと思います。

お菓子は高価な物にこだわらず、安めの物でもいいので彼に何がいいか聞くと買いやすくなります。

友達のお母さんとお話をしているような感覚でいいと思います。

30代前半/流通・小売系/女性

はっきり喋るように心がける

初めて彼氏のお宅にお邪魔した時に、現在のお姑さんに「初めて会うんじゃないみたいだね」と言われました。

お土産は持って行ったように思いますが、何を持って行ったかまでは覚えていません。

主に、お父さんのお仕事の話などを話してくださったので、興味深く聞かせて頂きました。

40代前半/サービス系/女性

【6位】喜んでもらえる手土産を持参する

喜んでもらえる手土産を持参する

自分の出身地のお菓子を持参する

初めて彼氏のご実家を伺った際、私は滋賀出身なのでクラブハリエのバームクーヘンを持って行きました。なぜ自分の出身地のお菓子にしたかというと、話す内容が広がるからです。

初めて会う時は、彼のご家族も緊張して何を話そうか迷うものだと思います。

そこで、「私の出身地のお菓子なのですが、すごく美味しいのでみなさんで召し上がってください」と一言添えて渡すことで、彼氏のご家族も「出身地はどこなの?」と質問してくださり、会話が広がりました。

そこからお互いの地元の話で盛り上がり、彼の家族に自分をしっかりアピールできたと感じてます。

「つまらないものですが」と手土産を渡す人もいますが、ここはしっかり何かエピソードを話せるような、自分と関わりがある手土産を選び、持って行くのが一番だと思います。

20代前半/医療・福祉系/女性

手土産をきっかけに会話を膨らませる!

初めて彼のご実家に伺った際、私の出身地の名物のお菓子を持って行きました。

家族全員で食べられるよう、ある程度数が入っている物をセレクトし、出身地のお菓子であることをアピールしました。

そうすることで、私の実家の話や地域の情報等、どんどんと話が膨らみ、会話が途切れず楽しい時間になりました。

会話のきっかけになるお菓子や、ご両親の好きなお菓子を持って行くといいですよ。

20代前半/公務員・教育系/女性

ケーキやプリンなど甘いスイーツを持っていく!

初めて彼の実家に伺う時は、とても緊張しますよね。それは彼のご両親も同じです。

そこで、お互いの緊張をほぐすために重要なアイテムが、甘いスイーツです。私の場合は、美味しいプリンをお土産に持って行きました。

彼のお母さんは甘い物が好きだったので、とてもニコニコしてくださいました。

甘いスイーツで彼のお母さんの好感度をアップさせることが出来るので、オススメですよ。

30代後半/金融・保険系/女性

【番外編】その他

その他

お母様を一番に優先すること!

手土産を持っていくこと、事前にお手洗いを済ませておく事、好みを聞いておく事、などは当たり前の話で、もっと大切な事があります。

それは、全ての会話にお母様を絡ませる事です。

お母様から質問をされた時は、そのまま返す。お父様から質問をされた時は、回答してお母様に質問で返す。彼氏から雑談された時は、お母様に振る。これが本当に大切です。

どこのご家庭でも、お父様はお母様に嫉妬しません。むしろ、「女性同士仲良くできそうだ」と思われます。

お母様は、少なからず息子を奪われたような気持ちになります。お母様から、「この子は私に懐いているのね!」と思われたら勝ちです。

お母様の連絡先をゲットし、「困った時は連絡していいですか?」と言えたら最高です!

20代後半/金融・保険系/女性

【参考記事】彼氏の実家に行く前に読んで欲しい記事5選まとめ

以下の記事では、総集編として彼氏の実家に行く前に読んで欲しい記事5選まとめていますので、是非あわせてご覧ください。

【総集編】彼氏の実家に行く前に読んで欲しい記事5選まとめ

まとめ

女性100人に聞いた彼氏の実家を訪問する際のアドバイスでは、1位は『笑顔で愛想よくすること』、2位は『好印象な服装を心掛ける』、3位は『事前にご両親の性格を聞いておく』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏の実家に伺う際のアドバイスを体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女の実家に伺う際のアドバイス編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女の実家を初めて訪問!男性100人が教えるアドバイスとは

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年02月11日~02月26日
回答者数:100人