彼氏に冷める時はどんなとき?女性100人の正直な理由と本音


この記事はfamicoが独自に制作しています。記事の内容は全て体験談・実体験に基づいており、ランキングの決定は独自のアンケート調査等によるデータを掲載しています。詳しくはfamicoコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事は2023/01/31時点でfamico編集部により内容の確認・更新を行い、最新の内容であるように努めています。

【3位】あまりにも細かすぎる時

あまりにも細かすぎる時

神経質すぎて一緒にいるのが辛い!

几帳面でしっかりした彼に惹かれて、付き合いました。

しっかり者の彼を尊敬していたので、基本的には彼の言う通りに何でもしていましたが、几帳面とは違う一面が見えるようになりました。

例えば私が「食べれた」と言うと「『食べられた』が正しいよ」と指摘してきたり、電車のつり革を握っただけで汚いと言われたり…。

彼のそんな神経質な言動に、一緒に過ごす時間が長くなればなるほど、息苦しくなっていきました。

一緒に過ごす時間が苦痛に感じるようになり、冷めてしまいました。

20代後半/メーカー系/女性

一円単位での割り勘

デートの時、一円単位で割り勘されました。

しかもレジで、携帯電話付属の電卓を使ってしっかり÷2されました…。

彼が友人から彼氏におごってもらった話を聞いて、端数や小銭分を出してくれるようになったのですが、それを「おごってあげる」という一言を添えられて出されたときに冷めました。

20代前半/サービス系/女性

お金に対してケチな一面を見せつけられたとき

彼の見た目も明るい性格も好みで、会話はいつも盛り上がり一緒にいてすごく楽しかったのです。

でも旅行に行く計画を立てていた時、彼がスーツケースを持っていないようで、当然新しく買うと思っていたら「スーツケース会社で借りれるからいい」と…。

持っていないなら買えばいいのに、わざわざ会社で借りるケチな行動にドン引きしました。

30代後半/自営業/女性

他の女性の話が多かったり割り勘にしてくるとき

私は彼に冷めるポイントが2つあります。

1つ目は、彼が他の女性を褒めたりあきらかに気に入っている雰囲気を感じた時。

2つ目は、何かにつけて割り勘をされることです。

この2点は本当に冷めるので、新しい彼氏にはまずこのことを伝えて未然にいざこざを防いでいます。

30代前半/医療・福祉系/女性

【4位】将来性が見いだせない時

将来性が見いだせない時

自分の家族を大事にしていないとき

彼氏の実家に遊びに行った時に、お母さんに対してぶっきらぼうな態度だったり感謝の気持ちを言わなかったりしているのを見ました。

「将来家族になって長い時間一緒にいるようになったら私にもこんな態度をとるのかな」と思い、冷めてしまいました。

20代後半/商社系/女性

初めて彼のご家族に会った時に放置された

つい最近、年末に同棲中の彼氏の家族に初めて会いました。

彼自身も家族に会うのが久々だったのですが、初めてご家族と会い緊張している私のことをほぼ放置で、自分ばっかり家族やその親戚と話して盛り上がっていました。

その時の不満を彼に言うと、私とは一緒に住んでいて毎日会えるけど、家族とは一年に一度しか会えないのだから優先して当然、と考えていたようです。

私に対しての気遣いのない彼に、冷めてしまいました。

30代前半/マスコミ系/女性

結婚前提に付き合っていた彼がマザコンだった

結婚前提でお付き合いしていた彼。

お父さんを早くに亡くし、ご兄弟がすでに家から出ていたため、長男であった彼とお母さんが二人暮らししていました。

彼にとって私が久しぶりにできた彼女だったこともあって、お母さんも私のことを大事にしてくれました。

しかし毎週末のデートの夕飯は彼の実家で、お母さんも一緒の3人での食事。

テーマパークへのデートでは、お母さんが握ってくれたおにぎりを持って来る。

泊りに行ったときには、彼と私が寝ている部屋にお母さんが黙って入ってくる。

お父さんが亡くなっていることもあって、ある程度お母さんの干渉は我慢していました。

でも結婚前提のお付き合いを始める際に「同居はできない」と伝えていたのに、結婚直前になって彼から「結婚後には同居する」と言われました。

他に結婚式のことでも彼の嫌な面が見え始め、結局婚約破棄しました。

30代前半/メーカー系/女性

彼のだらしない姿に結婚出来ないと感じた時

年下だけど落ち着いていて優しい彼に惹かれて、付き合うようになりました。

交際開始から4年後に同棲を始める時、「家事はお互い助け合いながらしよう」と約束しましたが、末っ子長男の彼なので実家では何もしていなかっただろうなとは思っていました。

基本的に仕事のある日は、疲れて家のことは何もしない彼。

休みの日ぐらいは頑張って家事をする姿勢を見せてくれるかな?と思ったら、休みの度に昼まで寝て漫画を読んでまた寝てのグータラ生活…。

お互い家事をする約束をしていたのに一切しない彼にイライラが溜まって、涙を流しながらめちゃくちゃ説教しても、彼の態度が変わることがありませんでした。

そんな彼に「このままだと、結婚して子供が出来たとしたら100%ワンオペ育児になる」と危機感を抱くようになりました。

彼の頼りない姿が弟のようにしか見られなくなり、だんだんと気持ちが冷めてしまいました。

30代前半/サービス系/女性

【5位】非常識な言動があった時

非常識な言動があった時

天然ではなく非常識だと気づいてしまった

少し天然なところがある彼。

付き合いたてで相手の何でもよく見えるあの時期には、彼が「御徒町」を「おとちょう」、「著しく」を「ちょしく」なんて読んだりしても、「また変な間違い方してる、かわいい(笑)」と思えていました。

ところが付き合って半年くらい経ったある日、また彼が読み間違えたとき「こんな簡単な漢字も読めないの?常識がないな…」と突然今までのようにかわいく思えず、スーッと冷めてしまったのです。

他にこれといって彼の気になるところはなかったのに、なぜだか急に魔法が解けたように、そう思ってしまったんです。

最初は気にならなかったことなのに急に嫌になってしまったことが、彼には少し申し訳ないですが…。

「恋は盲目」の期限が切れて冷静なジャッジを下せるようになり、どうしても彼のその部分が受け入れられなかったので別れました。

20代後半/IT・通信系/女性

周囲を思いやれない態度に愕然…

彼と満員電車に乗っていた時のことです。

立っている乗客全員が息をするのもやっとなほどの混雑の中、彼は混雑から私を守るように見せかけてイチャイチャしたがりました。

混雑のため否が応でも体がくっついてしまう状態のため、そのような気分になったのかもしれませんが、すぐ横には背の低い人や立ち位置が悪く苦しそうにしている人もいる状況…。

その人たちにスペースを空けることなく自分の欲を満たそうとする態度を見て、周囲を思いやれない彼が恥ずかしくなり冷めてしまいました。

30代後半/IT・通信系/女性

ふとした言葉遣いが悪くて冷めた

彼はいつも穏やかで優しい雰囲気な人だと、周りの人からも評判でした。

バリバリ仕事が出来るタイプではなかったけれど、ネガティブなことも言わず笑顔を絶やさないので先輩や上司から可愛がられていたように思います。

ですが、彼との会話で私が「さっき隣にいた女の人さー」と話し始めたところ、彼からは「あのババア?」という言葉が…。

いつもはそんな事言わない人だけど「もしかしたらすごく裏表があるんじゃ…?」と不安になり、一気に冷めました。

30代前半/マスコミ系/女性

【6位】一般常識に欠けていた時

一般常識に欠けていた時

勉強ができても一般常識を知らない

彼は頭が良く勉強ができる人で、私にないものをたくさん持っているところに惹かれました。

私が困っているといろんなアドバイスをくれたのですが、生活していく上での「一般常識」の部分が彼に欠けていることにだんだん気づき始めました。

一緒にいて恥ずかしい思いをすることも多々あり、年齢に対してあまりにも常識外れだったため、冷めたことがあります。

20代後半/医療・福祉系/女性

年齢の割に一般常識に欠けていた時

一緒に食事をしていて、「これ何だろう?」「これも見たことない!」を連発されると一気に冷めます。

食の知識や経験がない人とは人生を共に楽しめないと思うからです。

フランス料理店に行った時、彼がカトラリーを外側から順番に使うことを知らないことが発覚しドン引き…。

ドン引きしている私に彼が幻滅し、間もなく別れました。

当時その男性は40歳だったのに、結婚式にも呼ばれたことがないのかと思ってしまいました。

30代前半/流通・小売系/女性

【7位】マンネリやすれ違いが続いた時

マンネリやすれ違いが続いた時

マンネリから抜け出せなくなってしまった

すごく好きで、一緒に居たいからと頻繁に会っていた彼氏がいました。

最初は楽しく幸せでしたが、段々デートも同じ所ばかりになりマンネリ化してしまい「このままじゃダメだなぁ」と、私が新しいデートスポットを調べて出かけるようにしていました。

でもそうやって頑張っているうちに疲れてきてしまい、彼もマンネリ脱出のための努力を何もしようとしないので、冷めてしまいました。

20代前半/マスコミ系/女性

新しい趣味ができてすれ違うようになった

彼と私はスノーボードが趣味で、とても頼り甲斐のある彼とはいつもどこへでも行動を共にするほど仲が良かったです。

でも私が友達との沖縄旅行でやったダイビングにはまってしまい、沖縄も好きでよく行くようになりました。

彼はこの趣味には共感してくれなかったのですが、私は構わずダイビングに明け暮れ、さらに遊ぶお金全てをダイビングに注ぐために彼とのデートも断ることが増えました。

そのうちどんどん彼への気持ちも冷めていき、結果別れてしまいました。

30代前半/マスコミ系/女性

【8位】優柔不断で疲れる時

優柔不断で疲れる時

優しい人だと思っていたけど実は他人任せの優柔不断な人だった…

付き合い始めのころは、私が行きたいところややりたいことに付き合ってくれていて、私の希望に合わせてくれる彼をすごく優しい人だなあと思っていました。

だけど彼にはとても頼もしいお姉さんがいて、昔からいつもお姉さんに相談したり言うことに従っていたりしていたようです。

そのためなのか、彼は何事も自分では決められません。

普段からどこにデートに行きたいとか意見がないし、付き合いが長くなっても結婚のことをどう考えているのかはっきりせず、いつも私が考えて決めていかなければならないので、冷めてしまいました。

30代後半/医療・福祉系/女性

彼の優柔不断なところに気づいたとき

彼がとても優しい温和な人だと感じ、好きになりました。

でも付き合い始めてしばらくすると、それが勘違いだと気付きました。

今まで私の意見を尊重してくれていると思っていた部分は、ただ単に自分の意見がないだけで、彼は優柔不断男だったのです。

彼の優柔不断さが、だんだんとだらしなく思うようになり、冷めてしまいました。

30代後半/IT・通信系/女性

【9位】嫉妬や束縛が激しい時

嫉妬や束縛が激しい時

彼の束縛が激しかった

彼とは高校の頃からの付き合いで、大学も同じところに進みとても仲良しでした。

しかし大学で新しい出会いがたくさんあり、そのころから彼の束縛が激しくなっていきました。

サークルはそれぞれ気に入ったものに入る予定だったのに、彼が同じサークルに入ろうと提案してきたり、私が大学でできた女友達と出かけるとあからさまにヤキモチを妬いたりするようになりました。

私と出かける相手が男性だったら妬くのもわかるけど、女性としか出かけていないのにそんな態度を取るので、だんだん嫌気が差して冷めてしまいました。

30代前半/流通・小売系/女性

まとめ

女性100人に聞いた彼氏に冷める時の理由と本音では、1位は『男性としての魅力を感じなくなった時』、2位は『大切にされていないと感じた時』、3位は『あまりにも細かすぎる時』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、女性100人による彼氏に冷める時や理由を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女に冷める時や理由編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女に冷める時はどんなとき?男性100人の正直な理由と本音

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2023年01月11日~01月26日
回答者数:100人