彼氏から連絡ないと冷める…女性100人が実践した対処法


【3位】返信を待つことをやめる

返信を待つことをやめる

連絡を待つことをやめる

付き合い始めはマメに連絡をしてくれていたのに、年末から急に「おはよう」と「おやすみ」しか来なくなり、私も「好き好き大好きー!!」という気持ちから徐々に冷めて、連絡を待つという行為をやめました。

あとになって、ちょっと拗ねた感じで尋ねたところ、「仕事が忙しくなってしまって、ごめんね。いつも来てた連絡が急に少なくなったら悲しいよね?」と、私の気持ちを理解してくれていたので、良しとしました!

年齢的にも大人にならなくてはいけないし、この件で距離感のとり方について勉強になって、私生活も恋愛に左右されなくなり良かったです。

20代後半/公務員・教育系/女性

無い物と考えて一回放置する

私は普段、基本スマホを持ち歩いているので、すぐに返信をしていたため、逆に放置されることが何度かありました。

そんな時は、軽い女と思わせない為にあえて放置します。そうすると男性は、「ごめん、何かしちゃった?」と急に下手に謝ってきます。

それを一度やると、その後しばらくは返信が早くなりました。

20代前半/サービス系/女性

連絡について期待しない

友達期間があまりなく付き合ったので、彼の連絡頻度はあまり知りませんでした。

付き合ってから、彼なりに返してくれていましたが、会った後にラインをするのは毎回自分だったり、1日に1回しかラインが来ない日もありました。

でも、彼はもともとそんなにラインする人ではないことがわかり、不安になりながらも、彼なりには返してくれてるんだろうなと思っていました。

連絡が少ないことは割り切るしかないと思い、彼はそういう人なんだから仕方ないと、期待しないようにしました。

そうすると、自分自身も余裕が出て、モヤモヤもそのうちスッキリします!

20代前半/サービス系/女性

こっちから攻めるのでなく一歩引き下がる

結婚前の話なんですが、当時の彼氏はかなりのプレイボーイで、三度の飯より女が好きな人でした。

なので、なかなかメールの返事がないことも何度かありました。

こっちから攻めると向こうもうざがるだろう、と思い、一旦こちらも引き下がり、メールも既読をつけない作戦にしました。

すると、向こうも焦れったくなったようで、会いたい、という返事がきました。そんな当時の彼氏は現在は旦那になり、今はメールが来なくても気にならなくなってます(笑)

40代前半/金融・保険系/女性

謝るもしくは応援して放置する

彼は常に忙しい人なのですが、普段はまめに連絡をくれるほうでした。

返信が来ないときは、怒らせてしまった時か、忙しい時が殆どなので、心当たりを謝るか、お仕事の応援と体調を労るメッセージを送って、後は待つようにしています。

そうはいっても、待ってる間は不安ですけどね。でも、不安な時に「何してるの?」などと送っても逆効果で、返信は来ないし自分ももっと不安になってしまうので、なるべく連絡しません。

そうすると大抵1週間、長くても3週間で返事が来ます。

40代前半/不動産・建設系/女性

【4位】素直に伝えて話し合った

素直に伝えて話し合った

会って話すことが解決策になる!

同棲している彼氏ですが、喧嘩してLINEで話し合っていると、急に返事が遅くなり、冷めた気持ちになることがあります。

付き合いたての頃は、頻繁に連絡を取り合っていたのに、長く付き合って同棲まですると、普段の連絡すら返信が来ないこともありました。

男は安心感があると連絡がマメでなくなるのかな、とそこまで気にしていなかったのですが、喧嘩や話し合いの時も返信がないのは、気持ちがどんどん冷めてしまいます。

ただ、その時に私がする対処法は、返信のことは気にせずに、会って話すことです。連絡は後回しにできても、会って目の前にいる相手は後回しにできないと思ったからです。

この対処法のおかげで、遅い返信も気にならなくなり、彼ときちんと話し合いができるようになりました。

20代後半/IT・通信系/女性

素直な気持ちを伝えてみる

もともと職場の同僚で、同じ時期に入社した彼がいました。

同い年ということもあってすぐに仲良くなり、それから約1年後に付き合うことになりました。

付き合う前はマメに連絡をくれていたのですが、付き合った途端、電話はおろか、LINEすら来ないことも増えました。

職場で会えるとはいえ、部署も違うためモヤモヤが止まりませんでした。

仕事が忙しいのは分かりますが、「じゃあ付き合う前のあの早さは!?」と1人で悩みました。

しばらくは気にしないように過ごしていましたが、知り合いへの連絡はマメに返していると分かり、「我慢せずに彼にはっきり言おう!」と決意しました。

彼も悪気があったわけではなく、「付き合えた安心から甘えていた部分があった。」と気持ちを聞くことができました。

それからは多少返信が遅くなっても、「仕方ないな」と思えるようになりました。私自身も彼ばかりになるのではなく、変わろうと決意し、ジムに通ってリフレッシュしています。

我慢せずに、素直な気持ちを伝え合えて良かったと思っています。

30代前半/IT・通信系/女性

直接、彼の気持ちを聞いてみる

付き合う前は頻繁にやり取りしていたけど、付き合うと連絡が少しずつ減りました。

直接、連絡が減ったことをさりげなく聞いてみると、「忘れていた」と言われ、冷めました。

でも、よく話し合ってみたところ、彼はマメな方ではなく、付き合う前までは無理していたことがわかりました。

それからは、連絡が頻繁でなくても気にならなくなりました。大切な連絡の時は、遅れてでも返信してくれることも分かったので、普段は連絡が遅くても、自分の趣味のヨガに集中できるようになって良かったです。

30代前半/公務員・教育系/女性

我慢せずに寂しい気持ちを伝えた

彼と付き合い始めて2年くらい経った頃から、だんだん連絡のやり取りが少なくなっていきました。

彼はそのことについてあまり気にしてなさそうな雰囲気だったので、もしかして浮気でもしているんじゃないかと思っていました。

ある日、我慢できなくて、「連絡取れない時って浮気してるの?」と聞いてみました。すると、彼はかなり驚いて、「結婚に向けて働いてお金貯めてるんだよ!」と話してくれました。

「疑ってごめんね」と笑うと、相手も「勘弁してくれよー」と笑ってくれました。

30代前半/流通・小売系/女性

【5位】スマホを見ないようにした

スマホを見ないようにした

なるべく携帯は見ないようにする

彼氏から連絡が来ないと不安で、常に携帯にかじりついていました。

しかし、それだと他のすべてのことがおろそかになってしまったので、なるべく携帯を見ないようにしていました。

どうしても気になってしまうときは、携帯を別の部屋に置いたり、持ち歩かないようにしました。

20代後半/メーカー系/女性

なるべくスマホを自分の目の届かない所に置いておく

元々、彼は返信が頻繁ではない人なので、すぐに来なくても2日は待つようにしていました。

でもさすがにそれを過ぎると、そわそわドキドキしてしまい、スマホを見る回数がどうしても増え、返信がないとわかると落ち込んでいました。

そんな自分が嫌で、わざと部屋にスマホを置いて、リビングでくつろいだり、電源を落としておいたりしました。

3日過ぎたあたりに、この返信がなかったら諦めようと、当たり障りのないメールを送ったところ、そういう時に限って返信が来ました。

そんなことが続き、最終的には結婚しました。

30代後半/サービス系/女性

考えると腹が立ってくるのでスマホを視界から消す!

その彼は、今まで付き合った人とは違うタイプで、ケンカをしたときには一向に返事をしてくれない人でした。

「どうして返事をくれないの!?」って考えれば考えるほどイライラしてしまい、でもこちらからアクションを起こすのもシャクなので、スマホを視界から消して、考えないようにしていました。

返信が来ていないか、結局はチラっとみてしまうんですがね(笑)

でも、自分ばかり気にしていてバカみたいと気づいて、途中からは気にする事がアホらしくなりました。

30代後半/医療・福祉系/女性

しつこくしないで返信が来るまで待つ

いつも返信が早い彼氏だったのですが、急に返信が来なくなって、不安になったことがありました。

夕方から夜中のいつも返信が来る時間なのに、数時間たっても返事が来ないと、不安でたまらなくなりました。

「もう一回送ってみようかな」とか、「電話してみようか」など、いろいろ考えましたが、しつこくするのもどうかと思い、あと1時間我慢しようと決め、グッとこらえました。

気を紛らわす為に溜まっている掃除をしていると、返信が来て、「ちょっと残業してた」との事でした。

彼は、「起きて待っててくれてありがとう」とも言ってくれたので、しつこくしなくて良かったです。

我慢することも大切だなと思いました!

30代前半/マスコミ系/女性

【6位】連絡が欲しいことを察してもらう

連絡が欲しいことを察してもらう

Instagramのストーリーで友達といることを投稿する

彼は学生でアルバイトをしていましたが、終われば連絡をとれるはずなのに、なかなか返ってこないこともありました。

しかし、Instagramのメッセージ画面を開くと、「オンライン中」となっており、携帯は見ていることがわかります。

そのため、私もあえてInstagramを使い、ストーリーで自分の今やっていることやお酒を飲んだりしていることを投稿し、「返信しなきゃ」と彼に思わせています。

20代後半/医療・福祉系/女性

気遣うメールをする

付き合っていた彼氏はマメな人ではなく、すぐに返信されることはめったにありませんでした。

仕事も忙しい人でしたので仕方ないと諦めていましたが、どうしても寂しくてしょうがないときは、「今、忙しいかなー?」と、気遣う感じでメールしてました。

30代後半/法律系/女性

寂しいとストレートに伝えてみる

「今日はどうしたのかな、お仕事が忙しいのかな」と伝えます。

「お仕事お疲れ様!忙しいとは思うけど、返信くれたら嬉しいです。私は寂しがり屋だからすぐにラインしちゃうけど、あなたのことが好きだからラインは大切にしたいです。」と、素直な気持ちを伝えるようにしています。

30代前半/法律系/女性

寂しいなぁ〜と一言伝える

いつも返事をマメに返してくれる彼ですが、たまにどうしたのと思うくらい来ないときがあります。

そういうときは、「寂しいなぁ〜」と一言送ります。私は別にせっかちではないのですが、当たり前に来ていた返事が急になくなると、冷めてしまいます。

結局、送った後は放置するのが一番だし、自分も楽になります。そのうち相手の方から、「どうした?」と来るので、意外といい方法だと思います。

40代前半/商社系/女性

【7位】連絡のペースを彼に合わせる

連絡のペースを彼に合わせる

こちらも連絡するのはやめる

昔付き合っていた彼は、私にやきもちを妬かせるのが好きでした。

「女の子と今日はこんな話をした」とか、「こんな連絡がきてるから返さなきゃ」などと、わざわざ伝えてくる男性でした。

他の女の子には連絡を返すのに、私には連絡を返してくれないのかと思うと、なんだか冷めてしまいました。

結局、やきもちを妬かせることでしか、自分を魅力的にみせる方法がこの人には思いつかないのかなと思いました。

そこで私は、彼が上になっている関係を変えたくて、これ以上こちらから連絡するのも、会った時に話しかけるのもやめました。

冷めていたので、寂しくなることはほとんどありませんでした。LINEも既読スルーしていた5日目の夜、彼から電話が来ました。

連絡がなかったことが寂しかったようで、それからは、私に対して他の女の子の話をしなくなり、とてもスッキリしました。

20代後半/サービス系/女性

浮気している可能性もあるので注意しつつ様子を見る

付き合いたてのときは頻繁に連絡していたのに、すぐに少なくなりました。

「そういうスタンスでいくのか」と思い、こちらもあまり早く返信せずにいると、なぜか彼は怒っていました。

だからといって、自分からまめな連絡をするわけでもなく、相変わらず遅い返信なので、何となく嫌な予感がしていました。結果、思ったとおり、彼は浮気していました。

自分は浮気に忙しいので連絡はしないものの、私の行動は把握しておかないとバレると思ったのでしょうね…。トホホでした。

30代後半/IT・通信系/女性

メールは必要事項のみにする

高校生の頃にできた初彼のときは、とにかく「好き!」の感情が爆発していました。

直接言えばいいこともメールで送ったり、「なんで返信くれないの〜?」と催促したりと、可愛いらしい(?)こともしていました。

しかし、社会人になり、自分が忙しい身になってくると、頻繁に連絡が来たり、すぐに返信をくれる人のほうがむしろ面倒くさいと思うようになりました。

重大な話ならともかく、たわいのない連絡のやりとりなら、しばらく返信がなくても「相手も忙しくしているんだなぁ」ぐらいにしか思わなくなりました。

恋愛初心者だった高校生時代は、『メールで大切なことを言い合って、気に入ったメールは保護する』というパターンでしたが、恋愛玄人になった社会人時代は、『必要事項をメール(ライン)で、世間話などは直接会ったときに』というパターンに落ち着きました。

ですので、彼から返信が来ないときの対処法は2つあります。

1つめは、「この人は必要事項しかメールでやりとりしたくない人なんだな」と察して、自分が合わせてあげることです。

2つめは、自分の真剣な悩み事などの、大事な話の返信を何日もスルーしてくるような場合は、相手は自分のことを本気で好きではないので、別れて次の男を探す、ということです。

この2択だと思います。

30代前半/自営業/女性

【8位】自分の気持ちと向き合った

自分の気持ちと向き合った

なぜ冷めるのかを考える

私は過去に何回か、連絡の頻度の価値観の違いを体験した事があります。

初めのうちは、「もっと連絡して」と相手に訴えるのみだった為、うまくいくはずもなく、耐え切れずに別れてしまったこともあります。

しかし、その経験を活かし、「自分がなぜ冷めていくのか」を考えました。

ただ寂しいだけなのか、相手が何をしているのかわからなくて不安だからなのか、優先順位が低い気がしてしまうからなのか、考えました。

そして私の場合は、不安が原因で冷めていくのだと気が付きました。

それからは、「長時間返信ができなくなる場合には、事前にどこへ誰と出かけて帰宅時間は何時頃になるのかを教えて欲しい」と、彼にお願いしてみました。

すると、「今、彼は●●しているから返信がこなくても仕方ないんだ」と理解できるようになった為、自然と喧嘩や不満は薄れていきました。

30代前半/商社系/女性

【9位】会う時間を増やした

会う時間を増やした

一緒にいる時間を増やす

彼は元々、LINE等の連絡が面倒で嫌いなタイプでした。

要件があったら電話でさっさと済ませたいらしいのですが、私は逆に何かなくてもだらだら連絡取っていたいタイプなので、ちょっと寂しく思いました。

離れていると連絡したくなってしまうので、そもそも一緒にいる時間を増やせばいいじゃないかと考えた私は、半同棲して彼と一緒の時間を過ごすようになりました。

すると連絡の有無が気にならなくなり、穏やかに過ごせるようになりました。

20代後半/IT・通信系/女性

【参考記事】彼氏に冷めた時に読んで欲しい記事10選まとめ

以下の記事では、総集編として彼氏に冷めた時に読んで欲しい記事10選をまとめていますので、是非あわせてご覧ください。

【解決法】彼氏に冷めた時に読んで欲しい記事10選まとめ

まとめ

女性100人に聞いた彼氏から返信が来なくて冷める時の対処法では、1位は『自分のことに集中して気長に待つ』、2位は『自分なりのストレス発散をする』、3位は『返信を待つことをやめる』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏から連絡がこなくて冷める時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女から連絡がこなくて冷める時の対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女から連絡こないと冷める…男性100人が実践した対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年04月04日~04月19日
回答者数:100人