彼氏が好きと言わない…男性100人の正直な理由や心理とは


【3位】言うのが恥ずかしいから

言うのが恥ずかしいから

いつも一緒にいるのが当たり前になると言うのが恥ずかしくなってしまった

付き合ってからはいつも一緒にいるようになり、それが当たり前のようになっていました。

やがて「好きだ」と言うことがとても恥ずかしくなり、言えなくなってしまいました。

しかし、記念日や大切な日にはしっかり好きだと伝えることで、現在も良好な関係を保っております。

20代後半/メーカー系/男性

恥ずかしくてなかなか言えないけど記念日には言うようにしている

好きと言えることはとても大事だと思いますが、彼女の前で言うのは恥ずかしいと感じてしまい、なかなか言えないです。

ただ、記念日など特別な時には、機会があれば言うようにしています。言われて悪い気はしないと思うので、できれば言えるようにはしたいと思っています。

20代前半/大学生/男性

恥ずかしいし言わなくても態度で気づいてほしい

言うのが恥ずかしい気持ちはあります。改めて言わなくても、態度で気付いてほしいという気持ちもあります。

恥ずかしいですが、全く言わないと不安にさせるということも知りました。なので良好な関係でい続ける為にも、最低限、特別な日などには伝えるのも大事だと感じました。

20代前半/商社系/男性

照れくさいし言葉よりも行動で伝えたいと思っているから

最初の付き合い始めの時は、彼女に対して「好き」という表現を言葉で伝えます。

ただ、だんだん付き合いが長くなってくると「好き」という言葉はかなり減ります。

それは言葉以上に行動で伝えたいと思っているからです。もちろん照れくさいという気持ちもあります。

でもそれ以上に、自分は行動で女性に気持ちを伝えたいし、伝わると思っています。これからも背中で語っていきたいです。

30代前半/公務員・教育系/男性

【4位】それほど好きなわけではないから

それほど好きなわけではないから

本当は好きじゃないので自分の感情に嘘が付けないから

好きじゃないのに勢いで付き合ってしまったことがありました。

相手に「好き」と言われたら、以前は同じように返すことが多かったのですが、デートを重ねるごとに自分の気持ちに気づき、だんだんと好きじゃないという感情に逆らえなくなりました。

しかし、好きじゃないと相手に言うのも怖くて、いろいろな思いがあって、何も言えないことがありました。

結局、恋人は私の気持ちに気づき、話し合った結果、別れました。

20代前半/大学生/男性

【5位】重いと思われて嫌われるのが嫌だから

重いと思われて嫌われるのが嫌だから

言葉にしてしまうと自分にも相手にも重荷になるから

好きということを思っているうちは、お互いフランクな形で重荷にならないと思います。

しかし、言葉に出して「好き」という感情を伝えるということは、相手に対しても自分自身の感情に対しても、重荷となるためです。言葉に出すということは重いと思います。

40代前半/公務員・教育系/男性

【参考記事】彼氏を好きだけど悩んだ時に読んで欲しい記事16選

まとめ記事

famicoでは、この記事以外にも【解決法】彼氏を好きだけど悩んだ時に読んで欲しい記事16選のまとめ記事も公開しています。

お悩みに役立つ体験談や対処法などが見つかるかもしれませんので、是非あわせてご覧ください!

まとめ

彼氏100人に聞いた彼女に好きと言わない理由では、1位は『言い過ぎると意味が薄れてしまう気がするから』、2位は『わざわざ言葉にする必要はないと思うから』、3位は『言うのが恥ずかしいから』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、彼氏100人による好きと言わない理由や心理を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女100人による好きと言わない理由や心理編』も気になる方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女が好きと言わない…女性100人の正直な理由や心理とは

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年02月11日~02月26日
回答者数:100人