彼女と距離が縮まらない…同じ経験を持つ男性100人の対処法

彼女,距離,縮まらない

せっかく彼女と付き合っているのに、いつまで経っても彼女との距離が縮まらないと辛いですよね。本当はもっと仲良くしたいのに変に気を遣ってしまう事も。

これからたくさんの思い出を作っていきたいからこそ、なるべく早く彼女との距離を縮めたいと思っている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による彼女との距離が縮まらない時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

彼女との距離が縮まらない時の対処法ランキング

まずは、彼女との距離が縮まらない時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女との距離が縮まらない時の対処法』によると、1位は『自分から積極的に歩み寄る』、2位は『言葉以外の方法を試す』、3位は『コミュニケーションを増やす』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女との距離が縮まらない時の対処法

男性100人に聞いた彼女との距離が縮まらない時の対処法では、1位の『自分から積極的に歩み寄る』が約19%、2位の『言葉以外の方法を試す』が約17%、3位の『コミュニケーションを増やす』が約11%となっており、1~3位で約47%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女との距離が縮まらない時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】自分から積極的に歩み寄る

自分から積極的に歩み寄る

少し強引なくらいに引っ張ってあげる

私の彼女は大学生で、彼女が高校生の頃から付き合っている間柄になります。どうやら私が初めての恋人だったようで、何かと知らないことが多くてそれ故にかなりの奥手ぶりでした。

そのせいでデートに行くことはおろか、手をつなぐことさえそこそこの時間を要しました。

そこで、今では少し強引なくらいの勢いで彼女を引っ張ることにしています。そのおかげか、まだ恥じらいや抵抗は見せるものの、デートに行くことや手をつなぐことも今ではなんとか実現することができています。

20代前半/自営業/男性

自分から積極的に誘ったりして、彼女と接する機会を増やす

会う、電話する、連絡を取る(line)などして彼女と接する機会を増やしましょう。ストレートに聞きすぎるのは人によっては嫌がるので、彼女の表情や仕草などから、感情を察せられるように努力することも必要です!

私が高校生の時の彼女ですが、人見知りが激しく、男性に苦手意識があったため、付き合う前も付き合ってからも距離を縮めるのに苦労しました。電話やデートも誘うのはすべて自分からで、彼女から積極的に来てくれたことはありませんでした。それが不安要素になることもあったし、自信が持てなくなった時もありました。

でも彼女はそのような性格で受け身な女の子として受け入れ、自分から積極的に誘ったりしていたら徐々に心を開いてくれました。

結局は受験シーズンにお互い心が離れていき別れてしまいましたが、この恋愛のおかげで相手のことを受け入れて、気持ちを伝えることの大切さを知りました。

20代前半/大学生/男性

自分の得意な料理を作って御馳走した

趣味でソバ打ちをしていたので「ソバを打ったんだけど、試食してもらえないだろうか?」と自宅に誘いました。

彼女の来る時間に合わせて、ちょうどソバを打ち終わるように設定しました。

作務衣姿で額の汗をぬぐう姿に惚れ直したのではないでしょうか?いつもよりキラキラした目で僕をじっと見つめていました(笑)。

味にも自信があったので、それからの親密感は言うまでもありません。以後、定期的にソバを御馳走するようになりました。

50代前半/不動産・建設系/男性

まず機嫌をとってから本題を話して距離を近づける

やはり付き合いはじめは、些細なことで喧嘩になったりすることが多いと思います。そこから仲が悪くなり破局したり、距離が縮まらず進展なし、といったパターンは多いと思います。

そんな場面で、私はとにかく相手の機嫌を取ります。物で釣るもよし、ご飯で釣るもよし(笑)。尽くされて嫌な人は、あまりいませんからね。

そして向こうがある程度気分がよくなり満足した所で、喧嘩の謝罪をしたり、二人の今後について話したりします。

やはり満足した状況からだと、人は気分良く色んなことを話せます。私はこうして彼女との距離を縮めています!

20代前半/IT・通信系/男性

自分だけの秘密や子供時代の思い出など話し合う

人は打ち明けた相手にはぐんと親しさを感じます。でも引っ込み思案や警戒心の強い相手に「今、何考えてるの?」とか「なんか問題あったら言って!」とか迫っても逆効果。

ですから私は相手との距離を感じた時、「朝、何食べたの?」とか相手が話しやすいことから聞いていくようにしています。そこでパンを食べたと返事があれば、「そのパンに何かつけたの?何パンが好きなの?」とか、いくらでも話は広がります。

気持ちがちょっぴりくだけてきたら、「ここだけの話だけど」とか言って自分のちょっとした秘密を明かします。

私の場合はカフェでお茶をしていた時、「実は俺、思ってることすぐに顔に出ちゃうタイプなんだ」と言いながら前髪かきあげて、あらかじめトイレでおでこに書いておいた“スキ”という文字を見せました(笑)。

幸い、彼女は笑い転げてくれたので、「じゃあ次は君だけの秘密教えて!」と言って次につなげました。

この流れで一気に距離も縮まるかと思います。

50代前半/サービス系/男性

【2位】言葉以外の方法を試す

言葉以外の方法を試す

公園でスポーツをするなど、一緒に体を動かして自然とリラックスさせる

私は今の彼女と付き合って間もない頃、お互いシャイな性格のせいか、ぎこちない会話しかできず、なかなか手を繋いだり、自然な会話などができず打ち解けられていませんでした。

そんな時に自分が好きなスポーツをしたらどうだろうと思い、思い切って公園デートに誘ってバドミントンやキャッチボール、サッカーをしたりしました。

するとお互い汗をかき、一緒に体を動かしていると、自然と笑顔が増え、リラックスしていました。

お互いに会話も増えて、そこから少し関係が良い方向に進展した気がします。そのため、スポーツはおすすめです。

20代前半/サービス系/男性

スキンシップを大切にする

喧嘩したりした時に、どう仲直りするかがとても難しいことがありました。一度距離ができてしまうと、なかなかその距離を縮める事は難しいと思います。

そういう時こそ、同じソファーに座るなど、スキンシップが大切になると思います。

そうする事で、なぜ言い合いになってしまったのか、今後どういうことに注意すれば良いかを話すことができ、距離が縮まると思います。

30代前半/医療・福祉系/男性

その日の最後に必ずハグをする

今の彼女に対して、自分がやきもちをやくことが多く、ストレスがすごい溜まることが多々ありました。それは彼女の仕事が夜の仕事であることと、家族に僕と付き合っているということを報告できないというせいでした。

そんな状態で喧嘩も増え、僕が八つ当たりをすることも多々ありました。

そんな時に彼女に言われたことが、「どれだけむかついても、ストレスがあっても、その日の喧嘩はその日のうちに解決しよう。その日の最後に必ずハグをしよう」ということでした。

喧嘩になるとなかなか難しいですが、最後にハグをすると意外と落ち着いて仲直りができることがわかりました。

ストレスや苛立ちは大切な人のぬくもりで軽減できるものかもしれませんね。

20代前半/不動産・建設系/男性

安心して距離を詰められるようなボディタッチを試みる

恋人関係にある以上、全くスキンシップがないというのも、逆に距離を離し続けることにも繋がりかねません。

しかし真面目な彼女の場合、「女性からベタベタと仕掛けていくのはふしだらだ」と考えている場合もあります。

過度なボディタッチは厳禁ですが、自然な感じで、さわやかに手を引いたり、安心して距離を詰められるようなボディタッチがあっても良いかもしれません。

20代後半/公務員・教育系/男性

【3位】コミュニケーションを増やす

コミュニケーションを増やす

お互い、感じたことは言葉に出していこうと提案した

現在は嫁ですが、国際結婚のため、国籍が違います。なので、育ちも習慣も、文化も違います。

何もかも違うので、お互いわからないことだらけで付き合っていました。

正直に「僕はあなたの考えてることはわからないし、あなたも僕の感じていることを100%理解できていないと思う。できるだけ、お互い感じたことは言葉に出していこう」としたことによって、お互いの距離が縮まった気がします。

30代後半/メーカー系/男性

好きなものに共感したり、悩みに親身に答えて信頼感を育む

彼女との距離がなかなか縮まらない時は、向こうも一歩踏み出せないと思っているからかもしれません。

そんな時はいつもと違う自分を彼女に見せる事で、違う印象を抱いてくれる可能性があります。

なかなか心を開いてくれない場合は、まだ信用されていないのかもしれません。彼女の好きなものに共感したり、悩みに親身に答えていると、信頼感が増して一歩先に進むと思いますよ。

50代前半/流通・小売系/男性

Lineなどを使い、会わなくてもいいから会話をしてみる

彼女の好きなことがわかっていないことが多く、とてもしゃべり辛かったことがあります。

あまりLineなどもしていなかったので、勇気を出して雑談のようなことをしてみました。

すると、面と向かって話した時でも、相手との会話が弾みやすく盛り上がります。会話をするのが苦手でもとりあえずLineで会話することで話題が生まれました。

20代前半/大学生/男性

【4位】友人の力を借りる

友人の力を借りる

友人カップルとダブルデートをして打ち解ける

僕はなんでも話すタイプでしたが、彼女の方は全く自分のことを話さず、何をするにも「任せるよ」とかばかりで付き合っている実感がありませんでした。

色々彼女と話し合ったり、2人で出かけたりしましたが進展がなく、僕の友人カップルに相談をしてみました。

友人の彼女から、「なら今度ダブルデートをしよう」となり、ダブルデートを何回かしてもらったところ、友人の彼女と僕の彼女が仲良くなり、親しく交流するようになりました。そして、友人の彼女経由で「距離が縮まらないのは、僕の彼女の過去の恋愛が原因」だとわかりました。

その悩みを解決するまでには時間はかかりましたが、解決し結婚できました。

20代後半/サービス系/男性

彼女の友達と友達になり、雰囲気を和らげる

友人の紹介で彼女と付き合うようになりましたが、年上という事もあって、なかなか敬語から抜け出せずにいました。

そのせいか、彼女も私を彼氏というよりは後輩を相手にするような話し方で、傍から見ても付き合っているようには見えなかったと思います。

ある日、彼女の家に行くと、彼女の友達が遊びに来ていました。その友達が冗談をよく言う人で、楽しい話を続けるうちに、敬語ではなくなっていました。

彼女の友達の話題も話の種になり、自然に距離が縮まりました。

30代後半/サービス系/男性

友人に聞いてもらう

友人に聞いてもらうことがいいと思います。恋人との距離が縮まらないことについて、どのように思っているのか、どんな不満があるのか、本人には言えないことがたくさんあると思います。

なるべくなら本人に直接聞くことが一番だと思いますが、雰囲気が悪くなってしまったり不仲の原因になってしまったりする原因にもなると思います。

普段から彼女の周りのコミュニティを構築しておけるといいと思います。

20代後半/自営業/男性

【5位】食事を楽しみながら会話する

食事を楽しみながら会話する

相手の好きなご飯を食べに行って、互いに思っていることを話し合う

まずは相手が喜びそうなことをします。例えば、美味しいご飯を食べに行ったり、好きなデザートを買って帰ったり。

そして、少しでも和やかな雰囲気になれたところで、本題に入ります。

話し合いはできるだけ、互いに思っていることを打ち明けながら、嫌だったことがあれば謝ったり、今後どうしたらよいのかを話し合います。

30代前半/IT・通信系/男性

宅飲みしてゲームをする

彼女はあまり異性と付き合った経験がなく、どう距離を詰めたらいいかわからないと過去に言っていました。

そこで僕は宅飲みを企画して、負けた方が小さい秘密を打ち明けるゲームをやることになりました。

お互い酔っ払っていき、ゲームをしていくうちにお互い相手に対して素をさらけ出せるようになりました。

何度か行ううちに距離も縮まり、また仲も深まっていき、今でも仲良しです。

20代後半/商社系/男性

【6位】あえて距離を置く

あえて距離を置く

わざとこちらから距離を取り、相手の出方を見る

私は自分から距離を取りました。「なぜ、彼女は私から距離を取るのか?」を直接聞いて答えてくれる女性はほととんどいませんでした。

それなら、あえてこちらから距離を取ることで、彼女から私に問いかけがあるかどうかを待ってみることにしました。問いかけがない場合は、すでに気持ちが冷めていると判断し、そのまま自然消滅が多かったです。

少しでも、私に対して愛情があるなら何かしらのアクションがあります。例えば、メールやLineなどで「最近、どうかしたの?」とか「前より連絡がないね?」とか。

そういうアクションがあれば、あとは行動あるのみです!!そこから、彼女に対して今までの思いをぶつけ、メールから電話、そして直接会って話をしてと距離を一気に縮めていきました。

一回離れてみることで、お互いの良さを再確認するいい機会だったのではと思います。

40代後半/サービス系/男性

【7位】非日常を経験する

非日常を経験する

旅行に行く

距離が縮まらない時は旅行に行くことが良いと思います。

遠出をすると一緒にいる時間が増え、それに伴って話す機会も自然に増えるので、より仲良くなれるきっかけになると思います。

お土産の話や旅行先で行きたい場所など、様々なイベントが旅行にはあるので、確実に仲良くなっていくと思います。

旅行に行く前のプランでも盛り上がれます。

20代前半/マスコミ系/男性

環境を変えてみる

高校2年生の時に同じクラスになった彼女に一目惚れしました。

僕の方から告白し、付き合い始めたのですが、初めの頃は僕は緊張して学校でもあまり喋りかけられず、彼女の方も恋愛経験があまりなかったので、お互い会話がぎこちなかったです。

部活で忙しいこともあって距離がなかなか縮まらない中、初めて休みを合わせて、近くのカフェで会うことにしました。

いつもと違う環境が功を奏したのか、段々とお互いが思っていたことを話せるようになりました。

たった3時間のデートでしたが、あの時以来、彼女とは学校でも自然な会話ができるようになりました。

いつも行かないような場所に行ってみたり、違うシチュエーションで会ってみるのはいいかもしれません。

20代前半/大学生/男性

【8位】本音で話し合う

本音で話し合う

本音でざっくばらんに話し合う

気まずくならない雰囲気を作り、本音でざっくばらんに話し合ったらどうでしょう。お互い生まれも育ちも違うため、価値観が違うのは当たり前ということを理解しあえれば良いと思います。

今年結婚した妻との話です。私が兵庫在住、妻が大阪在住の中距離恋愛をしていました。

毎週末、二人の住まいの中間辺りで会って楽しい時間を過ごしていたのですが、ある日妻の不満がちょい爆発(笑)。どうやら移動時間や交通費が重なり、負担になっていたとのこと。

女性はお化粧の時間もあるため、次から考慮し僕が妻の自宅の近くに行くようになりました。

この時本音を話し合い、笑って仲直りしたおかげで仲も深まりました。更に、これを機にお金の負担のことも話せるようになったので、結婚生活もほぼほぼ順調です。

30代前半/メーカー系/男性

言いたい事を伝える

以前お付き合いしていた彼女と遊びに行く度に、私自身が毎回遠くまで迎えに行っていました。その際にゆっくり支度などされると、あまり気分が良くなくイライラしてしまう事がよくありました。

そのイライラが顔に出て言い合いになった際、お互いの思っている事などを全て吐き出して喧嘩をしたら、少し落ち着いて冷静になれました。

20代前半/サービス系/男性

【9位】自分磨きに精を出す

自分磨きに精を出す

自分を磨き続ける

もともと友達の紹介で付き合うことになりましたが、彼女が私と付き合った理由が「彼氏がいないし、顔もそこまで悪くないから」という簡素なものでした。

そんな理由で付き合ったせいか、デートに誘っても断られることも多々あり、ラインの返信もものすごく遅かったです。

でも私はめげずに自分を磨くことにしました。近所にあるフィットネスジムにいき、体をものすごく絞り見た目も中肉中背から細マッチョといってもいいくらい鍛えました。

その結果、彼女も見直してくれたのか、今では嫁さんになりました!

20代後半/流通・小売系/男性

【10位】相手を思いやる

相手を思いやる

聞きたい事は聞くが、回答を急かさないで焦らず待つ

なんでも気になることは聞いてしまう自分と、その答えに毎回無言になってしまう相手とで距離が出来たり、時にはケンカをすることも多々起こりました。

こちらが聞いても答えない=相手が隠し事をしているのだと、どんどん疑っていきました。

しかしある時、相手の真似をして、質問してからずっと黙ってみたのです。すると5分以上経って、「お待たせ、まとまったからしゃべるね。いつもごめんね」と話しだしてくれました。

彼女は話せないのではなくて、どう言ったらうまく伝わるかとか、話す前にいっぱい考えてくれてたそうです。テンポを重視する自分との性格の違いで、気づくのが遅くなってしまいましたが、気づけて良かったです。

相手に合わせてゆっくり考えることが、お互いの距離を縮めるためには必要だと思いました。

30代後半/サービス系/男性

【参考記事】彼女との距離感で悩んだ時に読んで欲しい記事7選

まとめ記事

famicoでは、この記事以外にも【解決法】彼女との距離感で悩んだ時に読んで欲しい記事7選のまとめ記事も公開しています。

お悩みに役立つ体験談や対処法などが見つかるかもしれませんので、是非あわせてご覧ください!

まとめ

男性100人に聞いた彼女との距離が縮まらない時の対処法では、1位は『自分から積極的に歩み寄る』、2位は『言葉以外の方法を試す』、3位は『コミュニケーションを増やす』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ男性100人による彼女との距離が縮まらない時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼氏との距離が縮まらない時の対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼氏と距離が縮まらない…同じ経験を持つ女性100人の対処法

 

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年05月04日~05月19日
回答者数:100人