彼氏が細かい…同じ経験を持つ女性100人が実践した対処法


【3位】ギブアンドテイクで付き合う

ギブアンドテイクで付き合う

お互いに補い合う関係だと考える

私が大雑把な方なので、細かいことを指摘されたりすると、自分では気づかなかった事に気付くことが多かったです。

最初は少し心が疲れる時が有りましたが、彼の良い所でもあると思えるようになりました。

逆に彼が細かいことばかり気にしていて疲れてしまいそうな時は、私が大雑把になることで場が和むことがありました。

相手を尊敬、大切にすると考え方や行動も変わるのかなと思います。

20代後半/サービス系/女性

お互いの悪いところを認め合って補う

私の彼氏は性格が細かく優柔不断で、何でもすぐ口を挟んできます。私が大雑把な性格なので彼との性格は真反対!

しかしここまで上手く続けられてるのは、お互いの悪いところを認め合って補っているからです。

それぞれの得意分野を活かして、彼が細かいお掃除をし、私は短時間でご飯を作ったり、デートのプランは優柔不断な彼に代わって私がざっくり立て、細かい彼に朝起こしてもらったりとか。

お互いの短所を長所に変えていくことで、上手く付き合っていけると思います!

20代前半/大学生/女性

私が大雑把でも彼が細かく見てくれるからいいチームになると考えた

以前付き合っていた彼氏はとにかく細かく、何かするときも細かく調べ尽くしてからじゃないと行動しないタイプでした。

私はすぐに決めて行動したいタイプなので、イライラすることも多かったのですが、あらかじめ自分の興味がある事を複数彼に伝えておいて、調べる時間を与えて、しばらくしてから誘うようにして、うまく二人の時間のギャップを埋めることができました。

30代前半/サービス系/女性

一長一短だと割り切る

自他共に認める賢い彼でしたが、とにかく細かくて理屈っぽいタイプです。

例えば、他の人から聞いた話やドラマの会話でも、辻褄が合わないと感じると重箱の隅をつつくように指摘をします。場合によっては本当にメンドクサイ!

気持ちに余裕があるときならともかく、忙しい時期には彼の言動にイライラすることもありました。

一方で見落としていたことに気づいてフォローしてくれる面倒見の良いところもあったので、一長一短かと思います。

30代後半/医療・福祉系/女性

自分の足りない部分を補ってくれていると考える

彼は頭の回転が速くて要領も良く、頼りがいがある人でした。それは見方を変えると細部まで観察し、必要によっては指摘し訂正するということ。

それは、「準備したからあとはなんとかなる!精神」で大雑把な私に対しても同じで、たまに「そこまで気にしなくて良いのに…それ言わないほうがいいよ…気にしすぎじゃない…?」と思うこともありました。

しかし、助けられることもしばしばです。準備不足で時間がズレてしまうことや、非効率を嫌う彼に相談すると、的確な答えが返ってきて、改めてその細かさから来る用意周到さに驚きました。

もうお別れしてしまいましたが、私みたいなタイプとは相性が抜群でした!(笑)

20代前半/サービス系/女性

【4位】ある程度は合わせる

ある程度は合わせる

無理のない範囲である程度は合わせる

細かいということはきれい好きという事だし、悪いことではないと思います。そちら側に合わせられるなら、きれいに部屋も整頓できるし、彼も自発的に動くはずです。

なので自分もできるかぎり彼に合わせて、これ以上は無理となれば、そこは彼が自発的にやるのを見守るという事ができればと思います。

自分のできる範囲で、自分も細かくなりつつ、おおらかな心を持って接することができれば一番いいと思います。

30代前半/メーカー系/女性

ストレスが溜まらない程度に合わせる

大学時代の彼は、少し潔癖症気味なところがあり、私の部屋に来るやいなや「今日は床の拭き掃除した?」や「このクッション洗ったのいつ?」などと自分が触れるアイテムについて、いちいち質問をしてきました。

「細かいなぁ。」とウンザリしつつも、そこ以外は大好きな彼だったので、うまく付き合うために「ストレスにならないレベルで合わせる」ことにしたのです。

学業やバイトに支障がない程度には掃除を心がけますが、ストレスになるほど徹底はしません。そして、たとえ彼が来る日に床の拭き掃除ができてなくても「拭いたよ?」と嘘をついて合わせるようにしたのです。

嘘をつくことには若干罪悪感がありましたが、誰かを不幸にするものではないので自分を許すことにすると、細かい彼とも上手くお付き合いできましたよ。

30代前半/サービス系/女性

自身がストレスを感じない程度に受け入れる

年上で優しくしっかり者の彼は、最初は安心感を与えてくれる存在でした。

しかし月日が経つうちに細かさが出てくるようになりました。大雑把な私は、細かい性格の彼と合わず最初は悩んでいましたが、自分が正しいと思い込むのではなく、彼の指摘している細かい部分にも少しずつ目を向けるようになりました。

そうすると、違う考え方や視点に気づかされ、自分の価値観が広がるような気持ちになりました。

もちろん何でもかんでも彼に合わせるということではなく、自分が正しいと思ったときは貫くことが大切です。

ストレスを抱えない程度に耳を傾けるのが大切だと思います。

20代後半/不動産・建設系/女性

否定せずある程度合わせる

細かい人は、自分のこだわりが強い人です。こちらが、「細かいなー」と思っていても、当の本人には全くその自覚がありません。むしろ、何故そうしないのか不思議に思われているでしょう。

そんな彼は「細かすぎる!」とか「これはこうした方がいい!」とか指摘や否定をするのではなく、一旦受け入れましょう。

彼にある程度合わせられるようになれば、心を開いてくれるので、多少は目を瞑ってくれるはずです。

30代後半/専業主婦/女性

【5位】自分の気持ちや意見を伝える

自分の気持ちや意見を伝える

ギリギリまでは流していたが、これ以上は無理だとハッキリ伝えた

もともと神経質な彼でしたが、付き合ううちにどんどんエスカレートして行きました。私の箸の上げ下ろし、ファッションや言葉使いなどから始まり、私の友達のことまで細かい指示をするようになりました。

最初は流していましたが、段々受け入れられなくなり、ある日私は「これ以上は無理。細かい事を要求するなら別れる」とハッキリ言いました。

彼は自分が神経質で、細かい事を人に押し付けてしまう癖があることを自覚しており、それをハッキリ言われたことで反省してくれました。

今は以前のように細かな指示は無くなりました。

30代前半/サービス系/女性

細かい彼氏のメリットを考えるとともに、どこまでなら合わせられるかを相手に示す

私の彼の長所は優しくて清潔感があるところですが、その分掃除や料理の仕方に人一倍厳しく、大雑把な私とは正反対です。

ですが、彼の細かさがあってこそ部屋をきれいに保てたり、美味しい料理を食べられたりするので、足りないところを補い合っていると考えると気が楽になりました。

また、ある程度は彼の細かさを受け入れつつも、自分がどこまで合わせられるかを相手に示すことも必要だと思います。

20代前半/大学生/女性

冷静に「私の考えはこうである」と話す

普段は温厚な彼なのですが、真面目さ故か、ときどき人の態度にものすごく厳しい見方をすることがあります。

細かいところを気にしたり、言葉の裏を探ろうとしているので、気疲れしないか心配です。

しかしそれは「自分だったらこうはしない」という厳しい考えがあるからだと思っていて、長所でもあると考えています。

なのでいつか、私に厳しさが向く日が来てしまった時は、冷静に「私の考えはこうである」と話をできたらいいと思っています。

20代後半/専業主婦/女性

【6位】目には目を作戦

目には目を作戦

彼氏のちょっとしたミスに気づき、指摘する

普段から何かと細かい彼氏を黙らせる方法を見つけました。その方法は、彼が失敗した時に「あなたがちゃんと守らないと、人に言えなくない?」と突っ込むことです。

このままでは仲が悪くなるのでもちろんフォローは必ずします。私の場合は、続きに「お手つき1回なんだから、私のミスは1回は許してね!」と言ったり「意識しててもこうなっちゃうことあるよね!だから私の時もちょっとは許してね!」と笑顔で可愛らしく言います。

私の場合は、これがストレス発散にもつながるし、彼も「やられた〜」となって、結構仲良くやっています。

30代前半/サービス系/女性

彼と同じ行動をし、指摘する

何かと細かい彼。特に車には細かく、ドアの閉め方、足下のマットレスのズレ、冷房の風向きも自分設定があり、少しでも触ると不機嫌になります。

初めの数年は我慢していましたが、私も徐々に車に乗ることが億劫になってきたので、彼が私の車に乗った際、彼と同じ行動をしました。

すると、自分がされて初めて気付いたようで、少しではありますが細かさが軽減しました。

相手の気持ちに立つことで、自分の細かさを感じ取ったようです。

30代後半/医療・福祉系/女性

相手の細かさを指摘しつつネタにする

細かい所を指摘されると、大雑把な私はイライラしてしまいます。

それでケンカしてしまうと埒が明かないですから、それを彼に指摘しつつネタにしちゃいます。

「そういうところあるよね〜」と馬鹿にしたような言い方をして笑っていると、馬鹿にされたことが気に食わないみたいで、同じことは言ってこなくなりました。

20代後半/専業主婦/女性

【7位】受け流す

受け流す

そういう人だから、と受け流す

私の彼は、賞味期限をくまなくチェックする人でした。私は特に調味料なんかは「少しくらい賞味期限が切れていても大丈夫でしょ」と思っているので、冷蔵庫に賞味期限の切れた物があるとけんかになりました。

私は今でも、「少しくらい賞味期限が切れていても大丈夫でしょ」と思っていますが、彼から指摘を受けたときには受け流すようにしていました。

余計なけんかをしなくなったことで良い関係を築けたと思います。

20代前半/大学生/女性

【8位】納得するまで話し合う

納得するまで話し合う

一度、お互いが納得するまで話し合う

普段は優しくて清潔感があり、穏やかな彼でした。

ただ、少しのビビり症と神経質なところがあり、同棲を始めた後、何度も家事のやり方、整理・掃除、いろいろなことで注意ばかりを受けていました。

黙って言う通りに合わせていたのですが、ある日私が爆発、「もう言う通りにできない!そんなに言うなら自分で全部やればいい!」となってしまい、とことん腹を割って話し合うことになりました。

それからは彼も押しつけではなく、私のやり方も受け入れ、少しずつ彼なりに譲れるところを見つけてくれました。

細かい彼には一度、お互いが納得するまで話し合い、彼は彼・私は私というスタンスも提示することが大切だと思っています。

30代前半/サービス系/女性

まとめ

女性100人に聞いた細かい彼氏と上手に付き合う方法では、1位は『ポジティブに考える』、2位は『相手のこだわりを理解する』、3位は『ギブアンドテイクで付き合う』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏が細かい時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女が細かい時の対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女が細かい…同じ経験を持つ男性100人が実践した対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年04月04日~04月19日
回答者数:100人