彼氏が仕事で辛そう…男性100人が嬉しかった彼女の行動とは


【3位】わざわざ会いに来てくれた

わざわざ会いに来てくれた

体調不良の時、職場に薬などを差し入れてくれた

私は自営で飲食業をやっていますが、すべて一人で賄っているのでいろんな相談とか愚痴とか言える人もおらず、毎日黙々と仕事をしています。

ある日、無理が重なったのか、重い風邪を引いてしまいました。しかしそんなときに限って、大事なお客様からの予約もあり店は開けることにしました。

やっとの思いで仕事を終わらせ、お店の片隅で仮眠をとろうとしていたら、玄関から彼女が入ってきました。そして果物とジュース、それに風邪薬が入った袋を渡してくれたのです。

彼女は次の日仕事で朝も早いのに、私の仕事が終わる時間に合わせて来てくれたことがうれしかったです。今でも忘れず感謝しています。

50代前半/自営業/男性

夜遅くに家まで差し入れを持ってきてくれた

会社の寮で生活しているとき、仕事も忙しく、精神的にも参っていて体調を崩してしまいました。

外に出る気力もなく寝込んでしまっていたところ、彼女は「どうせ何も食べてないんやろう?」と、スポーツドリンクや栄養のある食事を夜中にわざわざ持ってきてくれました。

寮生活とはいえ、男の一人暮らしで、ろくに栄養のある食事なんて取ってなかったし、心配してくれる気持ちが嬉しかったです。

40代前半/メーカー系/男性

【4位】気晴らしに連れて行ってくれた

気晴らしに連れて行ってくれた

旅行を計画してひと時の心の休暇をくれた

派遣業務の常駐先の上司は非常にきつい性格の方でした。そのため仕事に馴染めず、鬱一歩手前ぐらいの状態まで落ち込んでいました。

その時に、パートナーが状況を察してくれたからか、突拍子もなく小旅行を計画してくれたのです。

当時の自分は特に意識することもなく、単純に小旅行を満喫していたと思いますが、後から思い返すとあの時のことがあったから、今の自分があるといっても過言ではありません。

業務以外のことが頭になかった時期だったので、非常にリフレッシュできた良い思い出です。

30代前半/IT・通信系/男性

仕事場の最寄り駅まできてくれて飲みに連れて行ってくれた

新入社員時代に繁忙期で毎日遅くまで残業をし、あまり遊ぶ時間も作れない時期がありました。

ノー残業dayの日に彼女が仕事場の最寄り駅まできてくれて、そのあと飲みに連れて行ってくれました。また、僕の家に泊まってくれて、その日は2人で久しぶりにゆっくり過ごせました。

飲んでいる時にたくさん愚痴も聞いてくれました。

20代前半/自営業/男性

【5位】逃げ道を作ってくれた

逃げ道を作ってくれた

「頑張らないことを第一にして欲しい」と励ましてくれた

職場で重い仕事ばかりを任されていた頃、心身共に疲れきって、彼女にもその辛い気持ちを隠しきれなくなりました。

そんな時、彼女は「悩まないで辞めても良いよ」と言ってくれました。先のことを考えて踏ん張り続けていたのですが、彼女に見抜かれていたようです。

また、彼女は「頑張らないことを第一にして欲しい。自分が働いても良いし」とまで言ってくれ「なんか食べに行こう」と誘い出してくれました。久しぶりに気持ちが楽になり、「自分が辞めたら彼女が困る」という重責から解き放たれた気持ちでした。

1年後に転職しましたが、あの時の言葉は大きい励ましでした。今はその当時の彼女が妻として支えてくれています。

40代前半/流通・小売系/男性

私の好きなご飯を作って優しい言葉をかけてくれた

仕事で自信をなくして落ち込んでいる時期がありました。

毎日、彼女に愚痴をこぼしていたのですが、週末に私が落ち込んでいるのを見て、「少しでも元気になって欲しいから」と、好きな夜ご飯を作って待っててくれました。

それに、「本当に嫌だったら辞めても良いよ、それよりもいつも笑っていてくれた方が嬉しいから」とか、「あなたはあなたのできることをすれば良い、ありのままで良いよ」など優しい言葉をかけてもらい、元気が出ました。

30代前半/公務員・教育系/男性

【6位】さりげなく気遣ってくれた

さりげなく気遣ってくれた

さりげなく栄養ドリンクをくれた

慣れない仕事で疲労が重なり、体調を崩したとき、「しんどいときこそ頑張らなきゃ」と気を張っていました。

でもやっぱりしんどくてふらふらで休憩に入ると、当時社内恋愛をしていた彼女が、栄養ドリンクを買ってきてくれていました。

直接渡さずに冷蔵庫に入れてくれていて、すぐに私の体調に気づいてくれたことがとても嬉しかったです!

20代後半/サービス系/男性

世話を焼きながら何も言わずそっとそばに居てくれた

異動した部署で、人間関係が上手くいかず、また仕事自体もミスが続き落ち込んでしまったことがありました。

そんなとき、彼女は職場に迎えに来てくれ、料理を作り、私が話を始めるまで傍で待っていてくれました。

私は自分自身のことを話すのが苦手にも関わらず、人に話すことでストレスを解消するややこしいタイプ(笑)なので、焦らせずにゆっくり優しく待ってくれたのがとても嬉しかったです。

20代後半/医療・福祉系/男性

【7位】家事をこなしてくれた

家事をこなしてくれた

代わりに家事をやってくれた

残業ばかりの毎日で、帰宅しても寝るしか出来ず部屋が散らかり放題になっていた時の事です。彼女には「落ち着くまで会えない」と伝えていました。

ある日、休日出勤となり仕事に行くと、彼女からLINEが来ました。なんと、掃除や洗濯などの家事を全てしてくれて、更に料理まで作ってくれていたのです。

どうしているかと私の部屋を訪ね、仕事が忙しくなっているというのはすぐにわかったようで、やれなかった家事をやってくれていました。

そんな彼女に申し訳無いという気持ちが込み上げ、落ち着いたらプロポーズしようと思い、それまで以上に仕事を頑張る事が出来ました!

30代前半/IT・通信系/男性

【参考記事】彼氏の仕事関係で悩んだ時に読んで欲しい記事10選

まとめ記事

famicoでは、この記事以外にも【解決法】彼氏の仕事関係で悩んだ時に読んで欲しい記事10選のまとめ記事も公開しています。

お悩みに役立つ体験談や対処法などが見つかるかもしれませんので、是非あわせてご覧ください!

まとめ

男性100人に聞いた仕事で辛い時期に助かった彼女の行動では、1位は『優しく話を聞いてくれた』、2位は『美味しいものを食べさせてくれた』、3位は『わざわざ会いに来てくれた』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、男性100人による仕事で辛い時期に彼女にして貰って嬉しかった行動を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女が仕事で辛い時期に嬉しかった行動編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女が仕事で辛そう…女性100人が嬉しかった彼氏の行動とは

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年04月04日~04月19日
回答者数:100人