彼氏に大事にされてない…同じ経験を持つ女性100人の対処法


【3位】恋人以外のことに時間を割く

恋人以外のことに時間を割く

彼にべったりとせず他のことに忙しくなってみる

私の彼は一人の時間を大切にする人なので、私が彼にべったりとなっていると疲れてしまうようでした。

なので私自身も彼以外のことに時間を割いていると、自然と彼から寄って来てくれるようになりました。

お互いの時間を尊重し、べったりとしすぎないのは、一緒に暮らすパートナーとしても大切なことなのだと思いました。

20代後半/サービス系/女性

自分の時間を持つ

彼氏が連絡をしてくれなかったり、愛情表現をしてくれなかったときは、頭の中が彼のことでいっぱいで考えれば考えるほど不安になっていました。それが余計に関係を不安定にさせたのだと思います。

そういうときは、新しい趣味を見つけたりして自分一人の時間や、友達との時間を楽しむようにしていました。そうすることで、彼のことで不安になる時間は減りました。

20代前半/大学生/女性

自分の生活を充実させる

当時お付き合いをしていた彼とは、滋賀と東京での遠距離恋愛でした。

月に一度会えるか会えないかといった頻度で、ほぼ毎晩電話していましたが、だんだん「忙しいから」と頻度が減っていってしまいました。

最初はとても寂しく、不安でたまりませんでしたが、「常に繋がっていることだけが良好な関係を築く手段というわけでもない」と自分に言い聞かせ、自分の生活を充実させるよう心掛けました。

すると、自分から連絡する頻度も減りましたが、電話で話したり、実際に会った時にこれまでより密度の濃い時間を過ごせたように感じます。

相手に依存しすぎず、自分自身の生活を楽しむことが、二人で過ごす時間をより楽しくする秘訣かもしれません。

20代後半/公務員・教育系/女性

自分の好きな時間を持つようにした

彼に大事にされていないと感じた時は、彼に依存して磨耗するよりも自分で自分を大切にする方がよっぽど楽だし良いと感じ、自分にご褒美をあげるようにしました。

例えば二人では行きづらいスーパー銭湯などでリラックスしたりすることで、「別に彼なしでも大丈夫じゃないか!」と割り切れるようになったのでよかったと思います。

30代前半/IT・通信系/女性

彼に費やしていた時間を減らし自分のために使うようにした

当時付き合っていた彼は、俗に言う「釣った魚にはエサをやらない」タイプの人でした。

付き合う前までは、これでもかというほど優しく紳士的なふるまいを見せていたんですが、付き合ってからは徐々に私に対して雑な態度を取り始めたんです。

それを友達に相談したら、「あんたは優しすぎるからナメられてるんだよ」と言われたので、彼に仕返しのつもりで連絡を最小限にし、彼よりも自分を優先したライフスタイルに変えてみたんです。

そうしたら彼はいつもと違う私の行動にビックリしたのか、「次の休みは(私)の好きなところに行こう!」と付き合う前のような恋愛に積極的な姿勢を見せるようになりました。

私の素っ気ない態度が彼には効いたようです。

30代前半/専業主婦/女性

仕事や趣味など他のことに意識を向ける

当時、私と彼氏は学生で、東京と大分での遠距離恋愛中でした。彼はパイロットになるため、向こうで暮らしながら訓練を受ける日々でした。

2ヶ月に1度くらいのタイミングで会いましたが、彼氏は疲れていたのかなんだかあまりうれしくなさそうな雰囲気でした。ラインの返信も少なく、内心「facebookやtwitterを更新している余裕があるなら、私に返信してよ!」と思いましたが、あまり責めても仕方がないので、彼氏のことはあまり意識をしないようにしていました。

その後は音信不通になり、自然と別れる方向に行きました。

今回の恋愛を通して、彼氏が忙しかったり疲れているときに、彼女側から執拗に連絡があるのはただウザいだけなので、連絡を控えすぎて向こうが心配になるくらいの勢いで調整をした方が良いなと学びました。

20代後半/サービス系/女性

【4位】理由を考え、言動を変えてみる

理由を考え、言動を変えてみる

自立した女性でいること

彼からなめられているような、バカにされているような気分になったことがあります。

男性の言いなりになる大人しい素直なよい子でいるより、時には喧嘩をしてでも言いたいことは言わせてもらい、後日謝るところは謝ることも大切かなあと思います。

相手にもよりますが、主人はいつも偉そうにしているので、彼を立てることはもちろん必要ですが、指示される前に行動するようにして、衝突を回避しています。

50代前半/IT・通信系/女性

甘えを減らし、ありがとうを伝えるようにした

主人との生活も長くなると、お互いに甘えが出てきます。大事にされてない!と思う時は、大体「やってくれて当然、という甘え」が原因になっています。

ですので、まずは自分が相手に頼りすぎていないかを見直します。例えば家事などの仕事だけでなく、気持ちの部分も見直します。

そして、家事なら任せず自分でやってみる、やってくれたらありがとうをきちんと伝える。大事にして欲しいなら、まず自分が自分を大事にして心地よい状態にすることを意識しました。

何もかもを相手に求めるのではなく、まず自分で自分をケアしていくと自ずと笑顔にもなりますし、笑顔になれば、また大事にしてくれる日が戻ってきます。

相手にも、気持ちの浮き沈みはあります。求めてばかりではなく、適切な距離感をもって関わることが大事な気がします。

40代前半/専業主婦/女性

彼から大事にされていないと感じるのはどんな時か考える

私は愛情表現はしっかりとしたいし、相手からもして欲しいタイプなのですが、私が「好き」と伝えても彼はそっけない態度を取ることが多くて悩んでいました。

もしかしたら私と彼の価値観が違うので、「私がやることに対して彼は本当にうんざりしていて、大事にできないのかもしれない」と思い、彼が冷たい時に私が何をしているのか考えてみました。

そして、いつもしていたことを変えて、彼に対しても「好き」と言い過ぎないようにし、彼から大事にされているか不安だということを伝えないようにしました。また、一緒にいるときに構いすぎるのもやめました(笑)。

すると、彼が私に対してそっけない態度を取ることが減りました。私が誘っても断ることがなくなったので、私と一緒にいるときの居心地は良くなっているように見えました。

30代前半/サービス系/女性

怒らず悲しむ素振りを見せる

大切にされてないなぁと思ってしまうと、その不満を打ち明けてしまったり、怒ってしまったり、イライラしてしまったりするのが常でしょう。

しかし、クレームを入れられた方は、余計にあなたに冷たく接するようになってしまうかもしれません。なぜならめんどくさいからです。

そのため、彼の方から自然に改心させる必要があります。

そこで、こちらは笑顔で健気に彼に接します。しかしどことなく寂しい表情をちらつかせてください。

そのうち彼は、自分がひどいことをしているんだという認識になり、反省することでしょう。

30代前半/流通・小売系/女性

【5位】さっさとお別れする

さっさとお別れする

もっと大切にしてくれる人を探す

今まで付き合ってきた元彼の何人かは、私を大事にしてくれないと言う理由でお別れさせてもらっています。

付き合い始めはみんな優しくても、だんだん愛情が薄れてきたり、「大事にされていないな、適当に扱われているな」と私が感じた時点で、自分の貴重な時間を無駄にしたくないので私から別れを切り出すパターンが多いです。

もっと自分を大事にしてくれる可能性がある男性が、外の世界にはわんさかいると思うので、そちらを探しにいきます。

20代後半/サービス系/女性

様子を見て別れる

当時、付き合っていた6歳上の彼は、付き合いたてのうちは優しかったけれど、1ヶ月を過ぎてから私を見下すようなモラハラっぽい発言が増えました。

彼は人生の大半をアメリカで過ごした帰国子女で、私は1年のカナダ留学経験があるものの人生の大半を日本で過ごしました。

そんな彼と家ですごろくゲームをしていた際、現地人しか知らないようなアメリカの大手企業の話になり、私が「初めて聞いた」と言ったら、「え、こんなのも知らないの?高校生の妹だって知ってるのに。世間知らずだなあ」と言われました。

彼は自己中心的で思いやりがないことがわかり、別れました。

20代前半/サービス系/女性

思いきって別れてしまうのもアリ

学生時代に付き合っていた彼氏は、割と自分中心な人でした。付き合いたての頃は、それなりに大事にされていると感じていましたが、長くは続きませんでした。

そこであまり彼氏中心の生活にせず、自分からは人として最低限の優しさだけを表現するように対処していました。

でも、ある年の私の誕生日プレゼントが中古というか、投げ売りされているようなものだった時、自分からはそれなりの物を贈っていたので一気に冷めてしまいました。「もうこの人と一緒にいても、自分がみじめになるだけだ」と気づき、私から別れを告げました。

ダラダラ付き合っていましたが、別れるとスッキリし、その後ちゃんと自分を大事にしてくれる人と付き合うことができました。

あまりに自分がみじめというか、悲しい思いをすることがあるのであれば、思いきって別れてしまうのもいいと思います。

30代後半/専業主婦/女性

【6位】相手の魅力を再認識する

相手の魅力を再認識する

彼の良いところを書き出してみた

付き合いが長くなるにつれ、返信が次の日、3日後、1週間後とだんだん遅くなり、大切にされていないと感じていました。

しかし、彼にも仕事が忙しいなどの理由がある事はわかります。

なので催促する事はせず、今まで彼が私にしてくれた事や、彼の長所をスマートフォンのメモ機能に書き出してみました。

連絡がなくて少し悲しい気持ちになり、再度連絡してしまいそうな時は、メモを見て一旦気持ちを落ち着ける事ができ、感情的にならず気長に待つという気持ちに変える事が出来ました。

20代後半/サービス系/女性

まとめ

女性100人に聞いた彼氏に大事にされてない時の対処法では、1位は『気持ちを伝える』、2位は『素っ気なくする』、3位は『恋人以外のことに時間を割く』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏から大事にされてないと感じた時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女から大事にされてないと感じた時の対処法編』も気になる方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女に大事にされてない…同じ経験を持つ男性100人の対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年04月04日~04月19日
回答者数:100人