彼女が大事にしてくれない…経験がある男性100人の対処法


【3位】依存せず自分の時間を楽しむ

依存せず自分の時間を楽しむ

彼女に尽くしすぎず自分の時間を大切にする

付き合いが長くなるとマンネリ化したり、新鮮味がなくなってしまうので、今まで通りにいかないです。

そんな時は彼女に尽くしすぎず、自分の時間を大切にするといいと思います。自分磨きをもう一度頑張ってみたり、新しい趣味を作ったりすることで、彼女に新しい自分を見せることができます。

そうすれば彼女に新しい刺激を与えることができ、また大事にされるかもしれません!

20代前半/サービス系/男性

お互い友達と出かけるなどして一緒にい過ぎないようにした

当時、彼女とは毎日のように一緒にいたのですが、それが続いていくうちにお互いに好きなことは好きなのだけど、どこか窮屈に感じることが増えてきてしまいました。

そのため、彼女も私もそれぞれ友達と遊びに行くなど、お互いが干渉し合わない部分を設けるようにしました。

それからは、窮屈に感じることはお互いに減っていき、前よりも仲良くなれたような気がしています。

20代前半/大学生/男性

彼女に依存しないように自分の趣味に打ち込む

当時の彼女が愛情表現に波のある人だったので、その差に落ち込むことが多かったです。

そこで、自分の気持ちやどうしてほしいかを具体的に細かく伝え、連絡頻度を減らしたり、自分の趣味に没頭し、彼女に依存しないようにしてみました。

そうすると彼女の方も寂しくなったようで、連絡が増え、私がどうしてほしいか言ったことを実践してくれるようになり、以前より仲が良くなったような気がしました。

20代後半/メーカー系/男性

【4位】機嫌を取る

機嫌を取る

お金と言葉を駆使して彼女の機嫌を取ること

私はいつも恋人を外見で選ぶので、最初はわくわくして会っているのですが、だんだん彼女の性格がわかってきて、腹の立つことや面倒な事が増えてきます。

こちらのテンションが下がってくると、彼女の方もそれがわかるみたいで、徐々に不満を感じるようになります。

対処法は、言葉で「好き」の気持ちを伝えることと、彼女に贅沢をさせること、この2点に尽きます。誕生日とクリスマスはもちろん、何でもない日にアクセサリーと花束をプレゼントして機嫌を取ったり、彼女から予定を聞き出して旅行を提案します。

そして言葉で「好きです」「愛しています」と伝える回数を増やすと同時に、手紙でも愛を伝えます。

お金と言葉を駆使して、彼女にいい気分になってもらうことがポイントです。

40代後半/IT・通信系/男性

【5位】相手の良いところを探す

相手の良いところを探す

パートナーの良いところを探してポジティブに受け止める

私は何事もバランスだと思っているので、人によって良いところもあれば悪いところもあり、得意なものもあれば不得意なものもあると思います。

なので、もし自分が大切にされていないと思うのであれば、”ではパートナーの良い点はどこだろう?”と考えてみる必要があると思います。パートナーとして好きなのだから、例えば料理がうまいだとか、外見が美人だとかイケメンだとか、恐らく良い点はいくつかあると思います。

そして良い点と悪い点(例えば、自分を大切にしてくれない)を比較して、良い点が悪い点を上回っているのであれば、その良い面をポジティブに受け止めて納得した方が良いと思います。例えば、”この人あんまり親切ではないけれど、顔が良いからいっか”とか、”この人はちょっと冷たいけれど、料理が上手だからラッキーだ”など、不満な点はあるけれども、幸せならそれはそれで良いと思います。

ただし、もしも自分にとって”自分を大切にしてくれる人が一番重要”というのであれば、そのままそのパートナーと一緒にいるべきかどうか、もう一度良く考えてみる必要があると思います。

50代前半/自営業/男性

まとめ

男性100人に聞いた彼女が大事にしてくれない時の対処法では、1位は『少し距離をとる』、2位は『気持ちを伝え、話し合う』、3位は『依存せず自分の時間を楽しむ』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ男性100人による彼女が大事にしてくれない時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼氏が大事にしてくれない時の対処法編』も気になる方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

彼氏が大事にしてくれない…経験がある女性100人の対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年04月04日~04月19日
回答者数:100人