彼女はヤキモチ焼き!彼氏100人が実践する上手な付き合い方


【3位】他の異性を見ないようにする

他の異性を見ないようにする

街を歩くときはなるべく女性を見ないようにして彼女だけ見る

家では何気なく過ごし、外では彼女のしたいようにさせていました。たぶん彼女は周りから「彼氏に大切にされている特別な女性」に見られたい願望があったようだったので、多少のわがままも受け入れてあげる気持ちでいました。

街を歩くときはなるべく女性を見ないようにして、彼女だけ見るようにして機嫌を損ねないようにしていました。

40代前半/流通・小売系/男性

他の女性の話をしない

彼女以外の女性の話は絶対よくないと思います。それが例えば親友だったとしても、他の女性であることには変わりないからです。

たまには彼女以外の女性の話になることもあるけど、さらっと話す程度で、あんまりその話題に時間をかけたり、必要以上に深く話したりすると機嫌を損なうので、話題にも気を遣うようにしてます。

40代前半/自営業/男性

【4位】コミュニケーションに気を遣う

コミュニケーションに気を遣う

自己開示を繰り返し相手の言うことを聞き流さずにちゃんと聞く

ヤキモチを焼かれるのは彼女に心配されすぎているか、自分の事を理解されていないせいだと考えています。

そこで相手を心配させないようにし、自分を理解してもらえばいいと思います。

そのために自己開示を繰り返し、相手の言うことを聞き流さずにちゃんと聞いておけば良いと考えています。

心配でなくなったり理解されるようになれば、彼女のヤキモチもマシになると思います。

30代後半/メーカー系/男性

安心するような言動をとる

だんだん彼女がちょっとした事でもヤキモチを焼くようになりました。

私は特に何も意識せず異性と話したりしていたのですが、彼女にとっては嫌な事なんだなと思いました。

だから彼女には、安心出来るように言動に注意して接していこうと思いました。すると、彼女の対応もよくなりました。

40代前半/サービス系/男性

【5位】それだけ愛されていると捉える

それだけ愛されていると捉える

自分の事を好きだからヤキモチを焼いていると思うこと

妻は付き合った当初からとてもヤキモチ焼きでした。元彼女などの痕跡があると凄く嫌がり、付き合って間もない時は問い詰められ何度も喧嘩しました。

初めは煙たい気持ちがありましたし、いくら気持ちの整理が出来ていることを言っても理解はしてもらえませんでした。

何度も同じ喧嘩を繰り返してわかったことは、「彼女はそれだけ私のことを好きでたまらないから、ヤキモチを焼いているんだ」ということでした(笑)。

それからは妻の思いをありがたいと思える様にして、今は可愛らしく思えるようになりました。

40代前半/メーカー系/男性

【6位】まずは恋人を優先する

まずは恋人を優先する

まず先に彼女に対して優しくする

彼女は自分が一番大切にしてもらえないとへそを曲げるタイプの、やきもち焼きの典型でした。

そこで他の人に優しくする機会があったら、その前にまず十分、彼女をチヤホヤしておきます。その後に、本来優しくしてあげるべき人に優しくしてあげるようにしています。

この時、気を付けなければいけないのは、同程度のことを二人にしてしまうと、それもまた彼女の機嫌を損ねる原因になるので、彼女の方は本気でやり、もう一人は少し手を抜くなど、強弱をつけて差をアピールしています(笑)

30代前半/メーカー系/男性

【7位】事前に細かく説明する

事前に細かく説明する

出かける前に正確に情報を伝える

専門学校の同級生に女性が多く、必然的に友人も女性の割合が高くなります。また仕事柄、女性との付き合いが多い為、出かける時は「どの友人といつ、どこで、何の目的で行くのか」を事前に伝えます。

妻は心配症な性格なので、出かける時間は1、2時間程度にし、帰る際に連絡を入れるようにしています。

共通の友人と出かける場合は、一緒に出かけたりしています。その後は、留守番等をしてくれていた妻の為の時間を作ってあげます。

20代後半/専業主婦/男性

まとめ

男性100人に聞いたヤキモチ焼きの彼女と上手に付き合う方法では、1位は『常日頃から愛情表現する』、2位は『こまめに連絡する』、3位は『他の異性を見ないようにする』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ男性100人によるヤキモチ焼きの彼女と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『ヤキモチ焼きの彼女と上手に付き合う方法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼氏はヤキモチ焼き!彼女100人が実践する上手な付き合い方

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2023年09月09日~09月24日
回答者数:100人