彼氏は不器用な人!彼女100人が実践する上手な付き合い方


【3位】フォローする

フォローする

察してあげる

とにかく不器用で真面目で融通が利かない彼は、人の言い間違いや勘違いが許せないようで、会話の途中でも些細な言い間違いを厳しく指摘したりすることがあります。

「そういう時は察してあげた方が会話もスムーズに進むんだよ」と言っても、機嫌を悪くするだけで聞いてくれません。

私に対してならいいのですが、第三者がいるときなど、ハラハラする場面もあります。

そんな時は彼が言い間違いを指摘する前に、察して先に「それってこういう事だよね」と話が逸れるのを阻止します。

40代後半/サービス系/女性

彼の抜けている部分をフォローしながら付き合う

私の彼氏は基本的に真剣ですが、たまに抜けている部分があります。例えば、私の言ったことに対してすぐ忘れて行動してしまったりで、悪気は一切ないのです。

最初は彼のことをあまりわかってなくて、「本当に私に興味があるのかな」と不安でしたが、付き合い続けていると、「私がフォローしていけばいいんだ」という思考になり、今では彼の抜けている部分をフォローしながら付き合い続けています。

20代前半/大学生/女性

出来る範囲でフォローし、お互いが嫌な気分にならないように過ごす

私の夫は不器用だと思います。相手の気持ちを考えたりすることが苦手です。一つのことを考えると、他のことは何も考えられなくなることもあります。これはさすがに察してくれるだろうと思うようなことも、察してはくれません。

なので、して欲しいことは言葉で伝えるようにしています。

あと、夫は短気なので、怒っているときは極力話さないようにしたり、彼の苦手分野(他人と話すとか、探し物をするとか)は私が代わりにやってあげて、お互いが嫌な気分にならないようにしています。

とにかく相手が不器用だろうがなんだろうが、自分が無理をしない、気を使いすぎない、それが一番です。

30代後半/専業主婦/女性

いつでも彼のサポート役に回れるように努力する

昔付き合っていた彼は、とにかく何をするにも不器用な人でした。女性と付き合った経験もほぼゼロで、男女関係の心得を全く分かっていませんでした。

その為、私は必死に彼のサポート役に徹することにしました。

彼の取る行動に気分を害されたとしても「彼は恋愛初心者だから、悪意はないから」と自分自身に言い聞かせることで、少しずつ一緒に成長していくことができました。

20代後半/サービス系/女性

足りないところは自分が補えばいい

夫と知り合ったときのイメージは、真面目そうで清潔感もありさわやか、物腰も柔らかくて硬派そうだなという印象でした。

結婚した今も根本は変わっていませんが、実はすごく不器用な人だということに気づきました。

まず、超がつくほどの方向音痴。デートではかっこよく見せるために、道を暗記して挑んでいたそうです。また、女性との会話もすごく苦手だったようですが、友人や上司、恋愛本が背中を押してくれて、頑張れていたとのことでした。

今となっては笑い話ですが、当時の夫はすごく必死だったと言います。

彼に足りないところは自分が補えばいいと思っているので、今は無理のない関係でいられています。

30代前半/専業主婦/女性

【4位】優しく前向きな言動をする

優しく前向きな言動をする

喜ぶようなことを言って機嫌を良くする

彼はとても傷つきやすい性分です。なので、少しでも彼に対して、冷たいことやテンションの下がるようなことを言うと落ち込んでしまうので、冗談もあまり言えない状況です。

でもそれほど私のことが好きなのかと思うと、愛おしく思えます。

落ち込んでいる時は、テンションが上がるような一言を言うだけで元通りになるので、そこまで面倒くさいと思ったことはないです。

あとは、後ろからギュッと抱きしめてあげたり、「冗談だよー」と明るく言うとそれでテンションが戻ります。

40代前半/医療・福祉系/女性

優しく抱きしめてあげる

感情を出すのが苦手な彼は、何か嫌なことがあったりお腹がすいたりすると機嫌が悪くなります。

最初はどう対応すればいいのか分からずに困っていましたが、優しく抱きしめてあげることにしました。

「大丈夫?今日もよく頑張りました。」などと声を掛けて抱きしめてあげると、落ち着いて嫌なことなど話してくれるので、対応が楽になりました。

20代後半/専業主婦/女性

母親のような気持ちで甘えられる側に徹する

彼氏は年上ですが甘えたがりで、少し子供っぽい所があります。年上というと包容力があるイメージでしたが、彼はこちらが甘えると素っ気ない態度で、少し寂しいと感じる事もあります。

最初は態度の違いに戸惑いましたが、こちらが母親のような気持ちで甘えられる側に徹すると、「仕事の疲れも吹っ飛ぶ」と、デレデレな彼氏が見られます。

思う存分、甘えさせて、彼にとって癒やしの存在になってあげられるようにしています。

30代前半/サービス系/女性

相手を立てつつ感謝の言葉を忘れない

彼氏は内弁慶の気分屋で、何か頼みたいことがあっても、うまく言わないと受け入れてもらえなかったり、物事が途中で頓挫することがあります。

そこで「〇〇してくれたらすごく助かるんだけどいい?」という伝え方をするようにして、そのあといっぱいお礼を言うようにしています。

「〇〇して!」などと、命令のようになると話を聞きたがらないけど、その言い方なら角が立たないし、お礼を言われると嬉しいみたいで、前よりもやりとりがスムーズになりました。

20代前半/サービス系/女性

拗ねた時はひたすら褒めまくり機嫌を直してもらう

私の主人は大人しくて優しいですが、主人が担当してくれている家事に「もっとこうしてほしい。」「それは止めてほしい。」と注文をつけると、途端に拗ねます。いわく「俺には俺のやり方がある。」だそうです。

面倒臭いですが、拗ねてもうやってくれなくなるのは困るので、ひたすら褒めまくり機嫌を直してもらうように仕向けます(笑)。

30代後半/専業主婦/女性

【5位】思っていることを伝える

思っていることを伝える

不安に思っていることを伝える

旦那は付き合っている時から「好き」と伝えたり、態度で示す事はほとんどありませんでした。

なので、「好きならこうするよね?普通ならこうしてくれるはずなのに、付き合ってるのに不安…」という状態がしばらく続き、一人で悶々と考える事も多かったです。

しばらくして、その事を思い切って伝えると、「ちゃんと好きだけど、愛情表現が苦手。どうしていいのかわからない」と本人の気持ちを確認出来ました。

一人であれこれ悩むより、思い切って本人に聴いてみる事も大切だったと思いました。

自分と他人では「当たり前」「普通」の感覚が違うんだということも実感しました。

30代後半/メーカー系/女性

時々、自分の考えを伝える

前付き合っていた人はあまり連絡をとらない感じの人でした。

最初の方は嫌だったけど、お互いの温度に合うように気を遣いました。

でも、時々「もっと連絡してほしい」とか、「声が聞きたい」とか自分の考えを伝えるようにしたら、向こうからも連絡が来るようになりました。

自分だけ一方通行にならないように気をつけました。

20代前半/大学生/女性

自分のやりたいことをハッキリと伝える

私の彼氏はいわゆる理系で、私の気持ちはハッキリ伝えないと分かってくれません。

デートで長時間歩いたとき、私が「ちょっと休憩しない?」と言って「疲れたアピール」をしても、彼は「んー、大丈夫だよ!次の目的地への移動時間も考えると、あんまりのんびりしてられないし。」と言って気づいてくれませんでした。

後になって、彼に「あの時、歩き疲れてすごくしんどかったんだよ?どうしていつも気づいてくれないの?」と聞いたところ、彼は「ごめん!それが俺の悪いところだ。」と言ってしょげてしまいました。

かわいそうですし、言葉が足りない私にも問題があると思ったので、もう察してもらうのは諦めて、何でもハッキリ伝えるようにしました。そうするといつでもお互いにノンストレスでいられます。

20代後半/金融・保険系/女性

【6位】相手に合わせすぎない

相手に合わせすぎない

待つ、焦らない、焦らせないことが大切

彼氏は仕事等で疲れていると、連絡が遅くなります。そんなときにメール、電話の催促をすると機嫌が悪くなるので、なるべく催促しないようにするのですが、同じ時間だけ待たせて返信します。

そしたら向こうも「心配したよー」と言ってくれるので、イエスマンにならないように気をつけています。

お互い喋り下手なので、ドライブに行ったり、花火を見たり、海に行ったり、会話がなくても景色を楽しめるところに一緒に足を運んでます。

30代後半/金融・保険系/女性

機嫌が悪い時は話題を変えるか距離をとる

彼は機嫌が悪いと、昔の嫌なことを次々と引っ張り出してきて、更にヒートアップすることがあります。

そんな時は、早めに自然な流れで話題を変えることで、イライラを抑えることが出来ます。

でも気づかれて機嫌を逆なでしないように、話題を変えるタイミングとその内容は慎重さが必要です。

それでもダメな時は、トイレに立つなどして少しその場を離れると、戻った時には少し機嫌が直っていることが多いです。

40代後半/医療・福祉系/女性

【7位】一緒に楽しめることを探す

一緒に楽しめることを探す

無口な彼氏と共通の趣味を作る

元彼がとても無口でした。付き合い始めは、自分に興味がないのかと不安に思いましたが、そのうち、ただ単に言葉数が少ないだけの人だと分かり、可愛く思えました。

それからは、無理をして話題を探したりせずに、お互いの好きなものを共有するようにしたら、自然に会話が弾むようになりました。

おかげで私の趣味も増えて、無口な彼氏に感謝しています。

20代後半/医療・福祉系/女性

相手の趣味や好きな事を一緒にやる

相手の趣味や好きな事を一緒にやると良いと思います。自分が苦手だと思っていた分野でも、一緒にしていると楽しくなってくる事もあります。

自分も楽しくなれば、共通の趣味として道具を揃えたり、出かけたりできて楽しみも増えると思いますよ!

自分の中で、「これならできるかも」と思うことをお互いやってみる事が一番だと思います。

30代後半/専業主婦/女性

【8位】長所だと捉える

長所だと捉える

不器用全てがあえて可愛いポイントなのだと思ってみる

彼は何をするにも一言足りず、察してもらえなかったら機嫌が悪くなります。

知り合った当初は「付き合うと変わるのかな?」と思っていましたが、直るわけではなく、変わらずに不器用です。

一言言葉を付け加えるだけで思いが伝わるのになと思い、彼に話してみましたが、彼はどうすればいいかわからないみたいで、一生懸命「どうしたらいいかわからない」と相談された時に不器用さが可愛いなと思いました。

30代前半/商社系/女性

不器用な姿を「嫌だな」ではなく「可愛いな」と前向きに見守る

私が不器用な彼とお付き合いする上で意識をするのが、「不器用な言動をポジティブに見守ること」です。

彼の不器用な一面を見て「はがゆい!」などとネガティブにとらえると、愛情は冷めてしまいます。

そうならないよう、「頑張ってくれていて、可愛いな。」と成長する息子を見守る母親のような広い心で受け止めましょう。

すると、ほんの少しの「彼の積極性」を見つけるだけで、とっても幸せな気持ちになれますよ。

30代前半/サービス系/女性

まとめ

女性100人に聞いた不器用な彼氏と上手に付き合う方法では、1位は『こちらから働きかける』、2位は『同意・共感・肯定してあげる』、3位は『フォローする』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による不器用な彼氏と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『不器用な彼女と上手に付き合う方法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女は不器用な人!彼氏100人が実践する上手な付き合い方

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年04月04日~04月19日
回答者数:100人