彼氏の性格が暗い!彼女100人が実践する上手な付き合い方


【3位】あれこれ提案し、挑戦させる

あれこれ提案し、挑戦させる

いろんなものを提示して、どんどん引っ張ってみる

彼はとても消極的なのですが、その理由が「経験がないことは、自信がないからやりたくない」というものだったので、まずは苦手だと思い込んでいる食べ物を美味しいと言ってもらうところから始めました。

手料理だけでなく、私が行ったことのある美味しいとわかっているお店に連れて行ったりして、苦手な食べ物を「食べれば美味しいんだ」と思ってもらうことに成功!

その後は、私自身が未経験な事でも前向きに取り組むようにし、彼にもいろんなものを提示して、どんどん引っ張ってみることにしました。

最近では嫌いな食べ物の話は出ませんし、なんでも美味しそうに食べています。さらに、やったことのないことでも「やってみよう、行ってみよう」と前向きな言葉が出てくるようになりました。

20代前半/IT・通信系/女性

自分から外でのデートに誘う

もともと内気で引きこもりがちな彼氏で、初めは外に出ることがあまりありませんでしたが、自分から外でのデートに誘うようにしました。

彼はいつもテンションが低めで落ち着いている人でしたが、こちらからイベントに誘ったところ、「今まで経験したことがなかった」と、とても喜んでくれるようになり、会話も弾むようになりました。

20代後半/IT・通信系/女性

もし「変わりたい」と思っているなら協力して変えていく

まず暗い性格の原因をそれとなく聞いてみます。自分に自信がないのか、他人とかかわるのが苦手なのかなど、分かると思います。

もしかするとそもそも一人でいるのが好きなだけとか、そっとしておいてほしいと思っているかもしれないですよね。そういう方には無理やり明るく振舞おうとするほうがストレスだと思います。

本人が変わりたいと思っているなら、彼の長所などいいところを褒めるようにします。外見を変えたい人にはまず同じような状況だった人のお手本ビフォーアフターなど見せて、「こんな風に変われるんだよ」と教えてあげるのもいいでしょう。

旦那も自分の髪質(天パ)がコンプレックスでしたが、美容室を一緒に探してついて行ってあげてからは、おしゃれな髪型になり、コンプレックスも自信に変わったように思います!

30代後半/専業主婦/女性

相手の好きなイベントに誘う

学生時代にお付き合いしていた彼は、「飲み会に自分が参加すると場の空気についていけないし、空気を悪くするから行きたくない」と頑なに断り続けてきました。

そんな彼ですが、スポーツは得意だったので、私からスポーツイベントに誘い、参加することになりました。

あれほど飲み会を頑なに断り嫌がっていた彼でしたが、スポーツでは自然と他の方ともコミュニケーションをとり、盛り上がることが出来ました。

20代後半/専業主婦/女性

【4位】一緒に改善を図る

一緒に改善を図る

悩みの原因や解決法を自分で見つけ出せるように話を聞き引き出す

思い通りにならないと落ち込んだり不機嫌になる彼ですが、問題が起きているときはそっとしておき、彼から話したくなるような空気を作っています。

彼が話し出したら彼の考えを肯定し、悩みの原因や解決法を自分で整理し見つけ出せるような問いかけをしています。

私は保育士で、子どもや保護者の相談にはたくさん乗ってきたので、彼が悩んでいるときは仕事モードのスイッチを入れ、ひたすら聞き手になり、自己肯定感を高められるようにしています。

元々、彼は親にも弱みを見せられない性格なのですが、私には弱音を吐いてくれているようで、少しオープンな性格になったように思います。

30代前半/専業主婦/女性

常に笑うことを意識して一緒に練習していく

もともと暗くていつもネガティブな発言ばかりの彼が、「こんな俺でよければ付き合ってください」と告白してくれました。でもほとんど笑ったことのない彼だったので、私は「この人と一緒にいて、大丈夫かな」と少し不安になりました。

その日からなるべく毎日会うようになったのですが、やっぱり笑ってくれず「笑い方がわからない」と言われました。

そこで、一緒に笑う練習をしました。「声出して笑う必要ないから、口だけでも笑ってほしい」と伝えると、どうにかできるようになりました。

私はちょっとしたことで笑える人間だったので、事あるごとに大きな声で笑うようにしたら、彼氏もつられて笑うようになってくれました。

次第に笑うことに慣れてくれた彼氏。笑顔が増えてよかったです(笑)

30代前半/自営業/女性

【5位】共通の趣味を楽しむ

共通の趣味を楽しむ

一緒に楽しめる共通の趣味を見つけて楽しむ

元彼は暗かったのですが、いろんなジャンルの音楽に詳しく、彼に解説をして貰いながら一緒にたくさんの音楽を聴いていました。おかげで私もすっかり音楽通になりました。

私はピアノを習っていたので、「2人で演奏してみない?」と誘ったんです。そしたら彼はギターを少し弾けるということでしたので、2人で音楽ごっこをしました。

下手くそ同士なので、コード表を買ってきて音を出して鼻唄を歌ったりする程度でしたが、楽しかったです。

それで自信がついたのか分かりませんが、彼から挨拶などを積極的にするようになり、嬉しかったです。一緒に楽しめる、共通の趣味が大事なのかなと思いました。

50代前半/サービス系/女性

彼の好きなことを自分も一緒に楽しみ共有していく

以前、お付き合いをしていた彼は、人付き合いが苦手なタイプでした。自分からコミュニケーションを取る事もなく、一人の世界で淡々と仕事をして孤独でとても寂しそうでした。

彼は休憩中に本を読んでいたのですが、何を読んでいるのか気になり声をかけると、本に対しての情熱を語りだしたのです。

それをきっかけにおすすめの本を教えてもらったり、一緒に本屋にいったりするうちに、彼の笑顔を見る機会が増え、どんどん惹かれていきました。

結局、別れてしまうことになりましたが、きっと相手にも何か好きなことがあると思うので、それを一緒に楽しむことから始めてみるといいのではないかと思います!

30代前半/IT・通信系/女性

【6位】考え方を変えてみる

考え方を変えてみる

彼は現在「ネガティブ担当」だと捉える

ネガティブ思考の人も必要ですよね。すべての人が、何でもかんでも常に前向きに考えていればいいというものでもないと思います。過去を振り返って反省したり、最悪の事態を想定して対策を練るのも大切なことだからです。

なので私は「自分がポジティブに偏りすぎているんだ」ということを気づかせてくれたのが、彼氏のネガティブさなんだと捉えるようにしています。

ポジティブとネガティブは表裏一体だと思うので、自分がネガティブ思考になれば、彼はポジティブさを取り戻していくようにも思いました。

30代後半/専門コンサル系/女性

まとめ

女性100人に聞いた性格が暗い彼氏と上手に付き合う方法では、1位は『ポジティブな対応を心がける』、2位は『相手に合わせる』、3位は『あれこれ提案し、挑戦させる』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による暗い彼氏と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『暗い彼女と上手に付き合う方法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女の性格が暗い!彼氏100人が実践する上手な付き合い方

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年04月04日~04月19日
回答者数:100人