年下彼氏が敬語を使う…同じ経験を持つ女性100人の対処法


【3位】軽くからかう・指摘する

軽くからかう・指摘する

「次、敬語になったら罰ゲーム」と言う

彼はただ「年上に敬語を使うことは当たり前」と思っているだけだと思うので、そこまで深い意味はないと思います。

こちらが何か言わないと敬語は無意識に使ってしまうと思うので、「次、敬語使ったら罰ゲームね」と言って一緒に楽しめるようにしながら、自然とタメ口で話してもらえるようにします!

20代後半/医療・福祉系/女性

可愛く怒ってコミュニケーションをとり親しみを深めて敬語を減らしていく

年下の彼が敬語を使ってしまうのは、まだ年上の彼女の存在に慣れきっていないからだと感じます。

なのでうっかり敬語を使ってしまった時に指摘することも、コミュニケーションの1つとして利用しましょう。

私は、彼が「〇〇ですよね」と敬語を使ったときに、彼のこめかみを軽くゴリゴリしながら「こらー!敬語は悲しいぞー!」とかわいく叱りつつコミュニケーションを意識しました。

このように可愛く怒るようにすると、徐々に距離が縮まって早く敬語を卒業してくれることでしょう。

30代前半/サービス系/女性

敬語が出てきたら「また敬語だよ(笑)」と軽く注意する

素直に「敬語はやめよっか!」と伝えるのが一番てっとり早いです。それで大体の男性はやめてくれると思います。

それでも最初は敬語が出ることもあるかもしれませんが、気長に話しているうちにそれもなくなってくると思います。

もし、敬語が出てきたりしたら「また敬語だよ(笑)」と軽く注意すれば、「あ!ごめん!(笑)」という感じになると思います。

40代前半/専業主婦/女性

敬語を使う度に注意し、言い直しさせた

3つ下の彼からアプローチされ、付き合うことになりました。

最初のうちは、敬語で話されるのが可愛らしくてなんとも思わなかったのですが、だんだんと気になるようになりました。

そこで、彼が敬語を使う度に「タメ語で!」と注意し、言い直しをしてもらううちに、向こうもだんだんと慣れてきて、自然と敬語を使わなくなりました。

30代前半/公務員・教育系/女性

「なんだか彼氏というより後輩の男の子と話してるみたいだな」と優しく伝える

3つ下の彼氏とマッチングアプリで付き合ったときに、付き合うまではお互い敬語でした。

付き合ってから私はタメ語にしましたが、彼は敬語のままでした。理由は「好きな映画のなかで、旦那さんが奥さんを呼ぶときに下の名前でさん付けで呼んでるから」ということでした。

私は嫌だったので「彼氏というより大学の後輩みたい」と伝えると、男として見られていないのが嫌だったのか、タメ語で話してくれるようになりました。

30代後半/マスコミ系/女性

「敬語かいっ」と軽く突っ込む

私たちの場合は、普段はお互いため口なのですが、彼が敬語になるときは決まって「怒っているとき」か、「何か理由があって機嫌が悪いとき」です。

これは私もそうなので、お互い察して「あ、なんか地雷踏んだんだな」と感じることができます。

確実に自分に非があるときは、正直に謝ります。原因がわからないときは自分も敬語を使い、相手にも何かしら考えさせます。

相手の性格や関係性にもよりますが、「敬語かいっ」と軽く突っ込むのもお勧めです。こうすると雰囲気が和んで仲直りしやすくなります!

30代後半/サービス系/女性

【4位】相手に合わせる・無理をさせない

相手に合わせる・無理をさせない

無理に矯正せず名前だけは「さん付け」で呼んでもらう

「敬語じゃなくて大丈夫だよ!」と伝えたものの、名前だけは呼びづらいらしく、お互い下の名前に「さん」付けで呼ぶことになりました。

無理に合わせてもらうのではなく、こちらも相手に合わせるのもいいかもと思いました。

あとは一緒にいる時間を増やしていくことで、彼も私もタメ口に慣れてきた感じでした。

30代前半/IT・通信系/女性

「LINEのトーク、電話で少しだけ敬語なしで話そう」と言う

「敬語はお互いやめようね」と話したのですが、なかなか直りませんでした。

無理をさせたくはなかったので、「じゃあLINEのトーク、電話で少しだけ敬語なしで話そう」と言いました。

そしたら徐々に敬語は少なくなり、気を使わずに話せるようになってきました。

20代前半/専業主婦/女性

【5位】敬語の理由を聞いてみる

敬語の理由を聞いてみる

どうして敬語で話すの?と聞いてみる

彼はいつも敬語で話してきていました。私はいつもため口で話しているので、なんとなく寂しくなりました。

そこで「どうして敬語で話すの?私のこと怖いの?」と聞いてみたら、ただ緊張していて敬語になってしまっていたみたいです。

原因がわかってからは、慣れてくれるまで見守ることにしました。

するとそのうち、気がついたら敬語は消えていました。

30代後半/専業主婦/女性

理由を把握した上で、はっきり気持ちを伝える

遠慮して敬語を話しているのか、尊重して敬語を話しているのか、色々と理由はあると思います。

その理由を把握した上で、はっきり気持ちを伝えた方が良いです。「寂しい」や「もっと仲良くなりたい」とはっきりと伝えます。

また自分も相手に近づけるように、話題を研究したりします。流行っているものは食べ物からファッション、人気スポット、グッズなどテレビやネット検索したり、若い人と話をよくするようにしたりします。年相応という言葉があるように、年上好きな人には無理に若者っぽくしない方が好まれると思います。

あとは二人っきりの時に弱い自分を見せたり、無防備な姿を見せて反応を見るのもお勧めです。弱さを見せても態度が変わらない人もいるでしょうが、「俺が守らなきゃ、俺がいなきゃこの人はダメなんだ」と思わせられたらこちらの物です(笑)。

30代前半/サービス系/女性

【6位】可愛いあだ名をつける

可愛いあだ名をつける

「あだ名を決めて呼び合おう」というルールを作った

自分自身もフランクな感じで接して、気を使わせないように「あだ名を決めて呼び合おう」というルールを作りました。

あとは、「仕事上でも後輩に慕われることはプラスになるから、肩の力を抜いて親しみやすい感じでいたほうがいい」とアドバイスしました。

すると、距離は少しずつ改善されてきました。

劇的じゃないですけど、彼が努力したぶん、褒めるようにしています。

30代前半/医療・福祉系/女性

まとめ

女性100人に聞いた年下彼氏が敬語を使う時の対処法では、1位は『タメ口で話して欲しいと伝える』、2位は『心を開ける雰囲気づくり』、3位は『軽くからかう・指摘する』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人の年下彼氏が敬語で話すときの対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『年下彼女が敬語で話すときの対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

年下彼女が敬語を使う…同じ経験を持つ男性100人の対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年04月04日~04月19日
回答者数:100人