年下彼氏とのデート成功法!彼女100人が教える秘訣&注意点


【3位】無理せず、気楽な雰囲気作り

無理せず、気楽な雰囲気作り

気を遣わせないように気をつける

もともと彼は後輩だったので、プライベートでは気を遣わなくていいように気をつけています。

仕事の話はしないようにしたり、でも相手が聞いて欲しそうなことは仕事のことでも話を振ってみたり、その時々の空気を読んでどんな話題がいいか考えています。

また、出かける場所もあまり気を遣わなくていい公園などにして、「デート=お金がかかる」というイメージを持たれないように、場所や食事するお店選びは気をつけています。

20代後半/マスコミ系/女性

肯定する言葉をかけて相手に自信をつけさせる

デート前は「こういうのが好き」など自分の好みを伝えるようにします。

デート中は「こういうところいいよね」、デート後は「とても楽しかった」など、気持ちは言葉にすることが大事だと思います。そうやって自信をつけさせることで、付き合う前であれば彼に「告白する勇気」を持たせることができると思います。

もしデートがうまく進まない場合は「こういうのもいいよね」と寛容に楽しむこと。そうできるのが年上女性の魅力だと、彼も自然と気付いてくれると思います。

20代後半/商社系/女性

「年齢は関係無いんだよ」という事をさりげなく伝えて不安を取り除いてあげる

意外と彼のほうが、年下である事を強く意識している場合もあります。

初デートの時、彼がプランを考えてくれたのですが、不安そうに「大人の女性はこういう所って来ないですよね…」と言っていました。

そこで「年齢関係無く好きな人もいるし、こういう所を知らない人もいるよ!私はこういう所来るのは初めてだけど、自分じゃ選ばないから新鮮ですごく楽しい!また連れてきてほしい!」と言ったら喜んでくれたように思います。

「年齢は関係無いんだよ」という事をさりげなく伝えてあげると、自然と会話が出来るようになります。

30代前半/サービス系/女性

相手に過剰に気を遣わせないよう心がける

彼は年下だから、変にがんばったり、力が入りすぎてしまうことがあるかもしれません。

だからこそ、彼女には「笑顔」「無邪気さ」「妹っぽさ」が必要なのかな、と思います。

こちらが変にお姉さんぶったりしてしまうと、相手も必要以上にがんばってしまうと思うので、ナチュラルでいられるように心がけるのがいいと思います。

30代前半/自営業/女性

彼氏が年下ということを気にしないで楽しくデートをする

年齢は恋愛において関係はないと思いますが、少しなりとも気にすると思います。

彼女である自分は、彼氏が年下ということを気にしないで、楽しくデートをするのが一番良いと思います。

ただ気にする人も少なからずいると思うので、慣れるまでいろんな場所に行ってデートをしたり、電話やメッセージを重ねていけばいいと思います。

20代前半/専業主婦/女性

出来るだけ年下の彼のペースに合わせて楽しむこと

年下の彼は年上の彼女に対して「しっかりエスコートしなきゃ」と力んでいたりするので、まずは彼が「彼女に頼られたいタイプ」か「甘えることに抵抗が無いタイプ」かを、会話の中から探ってみると良いです。

その傾向に合わせてあげればデートはうまくいくと思います。

あと、出来るだけ「年下だから」とか「年上だから」といったワードや考え方をせずに、お互いフラットに接するようにするのが一番の気遣いだと思います。

40代前半/自営業/女性

【4位】子供扱いしない

子供扱いしない

年下扱いをせず対等に接すること

年下であっても男性なのは変わりないので、年齢を意識させることなく接するようにしていました。

例えば、「〇〇くんは年下だから、私が奢るね」とか「年下なんだから別に理解できなくてもいいよ」とか言うと、彼のプライドを傷つけてしまいます。

なので、対等に接することで彼のプライドを傷つけることなく一緒に居る事が出来ました。

20代後半/専業主婦/女性

年下という事を問題にせず一人の男性として接する

年下だからと言って、女性のほうがお姉さんのように接していると、だんだん甘えが出てくるのではないかと思います。

年下の男性でも自分でデートのプランを立ててもらった時など、出来るだけ相手の希望を聞いて協調していくことも大切だと思いますし、自分の考えも話し、お互いに尊重しあうことで年齢差は感じなくなるのではと思います。

50代後半/専業主婦/女性

年上の男性と比べるような反応をしない

今までの年上の彼と比べるような反応をしないように気を付けていました。

年下ならではの、少し驚くようなことがあっても、びっくりした反応をせず、「そうなんだ」と優しく反応するようにしていました。

自分の方が詳しい街でも、ぐいぐい仕切らないように注意し、彼の幼い面を見ても「かわいいー」と言わないように気を付けていました。

20代後半/金融・保険系/女性

年上ぶらず彼を男の人として立てる

年下であっても彼は男の人なので、ちゃんと男性として対応していました。

デートの時も「年下だから」とか年齢でリードする側を決めるのではなく、彼に「あなたは男性」という考えを刷り込んでリードしてもらっていました。

なので代金の支払いやエスコートなども男性らしくなっていき、私は彼女としてデートを楽しむことができたと思います。

20代前半/専業主婦/女性

年齢を意識せず、お互いひとりの男性と女性としてお付き合いする

変に年上ぶったり、無理して甘えることなく、年齢を意識せずお互いひとりの男性と女性としてお付き合いした方が続く気がします。

2歳下の彼氏より10歳下の彼氏のほうがリードしてくれましたが、若すぎたせいもあったのでしょうが、発言と行動がマッチしてませんでした。ただそういうところが可愛くて魅力ではありました。

男性は年齢にかかわらず、基本的に「頼られたい」という気持ちが強い方が多いと思うので、外では引き立ててあげるのは上手くいく秘訣だと思います。

40代後半/専業主婦/女性

【5位】相手の好みを尊重する

相手の好みを尊重する

彼の好みに合わせたデートプランを立てる

年下の彼とデートをするときは、彼の好みに合わせたデートプランを立てます。そうすることで彼はとても喜んでくれて、彼の喜ぶ顔が私の最大の楽しみなので、いつも彼に合わせるようにしています。

彼とは趣味も考え方も一緒なので、一緒にいるととても楽しいです。

いろいろなことを一緒にできるということがとても嬉しいです。

50代後半/自営業/女性

自分の趣味だけでなく相手の趣味にも興味や共感をもつ

年下扱いではなく対等な関係になれるよう注意したり、甘えさせてくれる時は素直に喜ぶようにしていました。

あまりお金をかけずに楽しめる方法を考えたり、自分の趣味だけでなく、相手の趣味にも興味や共感をもち、教えてもらったりしました。

また、彼が悩んでいる時は上から目線すぎないように気をつけながら相談に乗ったり、あとは自分の弱い所を隠さず見せ、頼る事も大事だと思いました。

20代後半/専業主婦/女性

【6位】出来る限り尽くすこと

出来る限り尽くすこと

お金以外の面で尽くしてあげる

年下は甘えたがりが多いと思うので、会ったときは出来るだけ尽くしてあげるといいと思います。

お弁当を作ってあげたり、料理を作ってあげたり、膝枕をしてあげたりするといいと思います。

でもお金の面では甘えさせないこと。お金まで出してあげると、彼をダメ男にしてしまいます。

なので最低でも割り勘がいいと思います。

40代前半/専業主婦/女性

まとめ

女性100人に聞いた年下彼氏とのデートのコツや注意点では、1位は『適度に頼る・お願いする』、2位は『お金の出し方に注意する』、3位は『無理せず、気楽な雰囲気作り』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による年下彼氏とのデートを楽しむ方法&注意点を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『年下彼女とのデートを楽しむ方法&注意点編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

年下彼女とのデート成功法!彼氏100人が教える秘訣&注意点

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年04月04日~04月19日
回答者数:100人