片思いのアプローチ方法は?女性100人が実践するテクニック

片思いをしていると、上手に距離を縮めることが出来ずに悩んでしまう事もありますよね。気持ちを伝えることが出来ず、諦めてしまった経験がある女性も多いのではないでしょうか?

恋愛においては多少のテクニックやセオリーが存在しているからこそ、効果的なアプローチの方法があれば知っておきたいかも多いはず!

この記事では、女性100人による片思い中のアプローチ方法を体験談と共にご紹介しています。

片思い中のアプローチ方法ランキング

片思い中のアプローチ方法ランキング

まずは、片思い中のアプローチ方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた片思い中のアプローチ方法』によると、1位は『積極的に働きかける』、2位は『少しずつでも接触し続ける』、3位は『感じの良い言動を心がける』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた片思い中のアプローチ方法

女性100人に聞いた片思い中のアプローチ方法

女性100人に聞いた片思い中のアプローチ方法では、1位の『積極的に働きかける』が約21.6%、2位の『少しずつでも接触し続ける』が約18.1%、3位の『感じの良い言動を心がける』が約16.7%となっており、1~3位で約56.4%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で片思い中のアプローチ方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】積極的に働きかける

積極的に働きかける

なるべく会う機会を逃さない事

なるべく会う機会を逃さない事を意識していました。「願い事が叶うお寺があるんだけど一緒に行かない?」とか、さり気なく行きたいところを伝えるのがおススメです。

そして会った時には、素直に嬉しい楽しいという気持ちを相手に伝えます。

また、話したい事や印象付けたいことは電話やラインではなく、実際に会った時に話すようにします。

あとはハンカチとかティッシュとか、最低限のものはきちんと用意して相手が不便でないように気を配るのも良いと思います。

30代前半/自営業/女性

遠回しな表現は使わず直球でデートに誘う

気になる異性に「飲みに行こうよ!」と直球で誘って、最終的に向こうから告白され付き合えたことがあります。

変に斜に構えたり世間体を気にせずに、ストレートな表現を使うのが1番だと思います。

「飲みに行こうよ」と口頭で誘って好意を示しておいて、向こうから改めてお誘いのラインが来たら、かなり脈アリでとんとん拍子に進むと思うので、恥ずかしがらずに声をかけるのは大事です。

20代前半/大学生/女性

都合をつけて会いにいく

彼が会えると言った日は、自分の帰りが遅くなったとしても、都合をつけて会いにいきました。

こちらから電話やメールはしませんでした。迷惑がられるといけないので、彼がこちらの方に向いてくれるまでは、ほどよい距離感で親交を深めていきました。

仲良くなったところで、好きだと告白をしました。

でも、相手からの返事はその時貰えなかったので、「もしお付き合いが無理でも、今の友達の関係を続けたい」と言ったところ、その後、付き合えるようになりました。

30代後半/専業主婦/女性

先ずは連絡先を聞くなど積極的にコミュニケーションを図っていくこと

本当に好きになったら、女から行動するのも全然アリだと思います。確かに、自分からデートに誘ったり告白したりするのは照れ臭いし、もし失敗したらと思うととても怖いです。でも、相手から何もアクションがない以上、自分から行動をしないと始まりません。

だから、とにかく先ずは連絡先を交換するように持っていくことが肝心です。出来なければ自分から聞きましょう!

あまり好き好きオーラを出さないようにしつつ、最初のデートは恥ずかしくても自分から誘ってみるといいですよ!

私は思い切って彼(現夫)をデートに誘い、その後、私から告白しました!やはり、ストレートに告白するのが1番相手に響くと思ったので「好きです、付き合ってください」と直球で行きました。その結果、付き合う事が出来ました!

やがてストレートにお互いの気持ちを言い合う事が増えてきて、それがとても居心地の良い、安心できる落ち着いた関係になり、結婚に至りました。

30代前半/専業主婦/女性

連絡して会える時は会う

当時はLINEはなかったので、メールをして連絡を取ることをしていました。

思っているだけじゃ何も進まないと思い連絡して、会える時は会うようにしていました。

待っていても何も起きないので、少しは自分から動くのも大事だと思います!

ただし動きすぎても引かれるので注意です(笑)

40代前半/専業主婦/女性

積極的に会う予定を決めて感謝と好意を伝える

彼(現旦那)はラインのペースやテンションが合ったので、ライン上で自分の話をしたり写真を送りあったり、積極的に会う予定を決めるようにしました!男性は割と女性から誘われると気が楽みたいです。

直接会う時は、相手の目を見て相手の本気度を分析しました。血液型や兄弟構成等から分析したりもしました。この分析がハマれば相手に何を言ったら喜ばれるかが分かるので効果抜群です!

バイバイした後は必ずラインでお礼と楽しかったことを伝え、次も会いたい気持ちを伝えるのは絶対です。

後々聞いたのですが、旦那はラインを聞くのもデートに誘うのも死にそうなくらい緊張したようなので、女性から積極的になるのも良いと思います!

20代後半/専業主婦/女性

変なプライドを持たず積極的にアプローチをする

片思い中は変なプライドを持たず、周りから陰口を言われても積極的にアプローチをしました。

告白は私からしました。たぶん、あの時私からしなかったら、今こうして夫婦にはなっていなかったと思います。

告白は男からされるのが理想の女性は沢山いると思います。デートも男性主体が理想でしょう。確かに相手が全部リードしてくれたらこちらは楽ですが、負担をかけさせてばかりではいけないと思います。

私の友人(女)も、完全に両思いの相手がいたにもかかわらず、告白を待っているうちにタイミングを逃し、慌てて告白したけれど相手は冷めてしまっていたということがありました。

男性側から連絡が来ないとそれで終わりとなる恋は、高校生までだと思います。変なプライドは捨てて、女性も積極的にアプローチをするべきです。

20代後半/IT・通信系/女性

自分から誘い相手に好きだと気付いてもらう

私は小学校から好きだった男の子に、卒業してから10年ぶりに偶然出会い、自分からご飯に誘いました!

そこから一緒にご飯に行き、2、3回で付き合う事ができました。

私は小学校の頃は恥ずかしくてなかなか話せなかったのですが、再会した彼には沢山話が出来てうれしかったです。

とにかく自分から、相手に好きだと気付いてもらうのがポイントだと思います。

20代後半/流通・小売系/女性

【2位】少しずつでも接触し続ける

少しずつでも接触し続ける

適度に連絡をとっていき慣れてきたら好きなことを態度と目で訴える

相手を嫌な気持ちにさせたら終わりなので、最初からしつこくせず、適度に連絡をとっていくようにします。

皆で会話したり遊ぶのも良いと思います。グループで仲良くなればあだ名で呼んだり、何か接近することがあれば照れてみたり、他の人達に対する態度とはすこーし違うことに気づかせるようにします。

相手が好意を持ってくれたかも?と思えたら、好きなことを態度と目で訴えるようにしていきます。

ただしべったりすると嫌われるので、他の人とも普通に仲良くして、相手に意識させるように振る舞います。

30代前半/不動産・建設系/女性

相手の状況を考慮しつつ頻繁に連絡をとる

片想い中には、自分のことをたくさん知ってもらうようにします!LINEでは、友達とご飯に行ったことや新しく購入した物など、積極的に写メをつけて送ってます。

あくまでも相手の状況を考慮しつつ頻繁に連絡をとっていると、相手からも今何をしてるか写メつきで送られてくるようになり嬉しいです。その時点で「脈があるな」と感じることができて、距離が縮まる気がします!

また、2人で出かけるときには、思いっきりおしゃれをしていき、「この服買ったばかりなんだ」などとアピールをすると、あなたは特別!というアピールもできて良いです。

相手の服装を褒めたり、仕事ぶりなども讃えるといいと思います!

20代後半/不動産・建設系/女性

会う時間を増やすより短い時間でも会う回数を増やす

会う時間を長くとりたいと思うものの、それだとその一回で満足してしまって次になかなか繋げられませんでした。

会う時間を増やすよりも、名残惜しいくらいで一旦切り上げて、「次、また」というように次の約束に繋げます。

接触する回数が増えると、無意識に好感度が上がりやすいという心理テクニックを利用しています。中途半端に感じると、続きが気になってしまいますよね。そういう感じで、次の約束を引き出して距離を縮めていきます。

30代前半/メーカー系/女性

気になったらとりあえずたわいもない連絡をする

私は、とりあえず連絡型です。出会った日に、必ずお礼と「これからも宜しくお願いします!」と送ります。

返事が来なくても、次の日もメールを送りました!内容はたわいもないメールです。そして必ず質問しました。

例えば「今日のランチメニュー」の話をしたら、最後に相手の好きな食べ物を尋ねます!質問は一つだけで、本当に単純な内容です。

気を持たれて悪い気がする男性は中々いないので大体成功しますよ!

30代前半/医療・福祉系/女性

挨拶だけでもいいから毎日少しでも会話する

学生の時に片思いをしていたので、毎日顔を合わせていました。

何もない毎日を過ごしていると、ただのクラスメイトで終わってしまうので、自分から挨拶や世間話だけでも、毎日話ができるようにしてアプローチを続けました。

30代後半/流通・小売系/女性

1日1回は会話をするなど気負わず無理なく続けられるアプローチをする

私が片思いの男性へアプローチをするときに意識するのが、「自分と相手の負担とならない、無理なく気負わない長続きするアプローチ」です。

具体的には、「1日1回は会話をする」といった本当にシンプルなものです。

というのも、無計画に「さぁ、アプローチするぞ!」と意気込んでしまうと、相手にとってウザく感じるしつこいアプローチになってしまう可能性があるのです。

片思い中は、相手への気持ちがいっぱいで焦ってしまいがちですが、大好きな相手の受け止め方を想像するくらいの心の余裕は持っておきましょう。

30代前半/サービス系/女性

相手の返信ペースに合わせた連絡を、こまめに取る

まずは連絡先をゲットするところからスタートです。相手の返信ペースに合わせた連絡を、こまめに取るのがいいと思います。

LINEの頻度や内容が濃くなってきたら、食事に誘ってみましょう。その食事で次の1日デートに誘ってみてはいかがですか?「最近、なにか気になる映画ありますか?」が一番誘いやすいと思います。

ドライブや夜景を見ると、告白されるかもしれません。

デートで一番重要なことは、自分が楽しむことです。素敵な笑顔を心がければ、彼もきっと振り向いてくれると思います。

30代前半/専業主婦/女性

【3位】感じの良い言動を心がける

感じの良い言動を心がける

会話の中で相手の尊敬するポイントを具体的に伝える

趣味のSNSで出会った男性と意気投合し、お付き合いして満3ヶ月になります。初めは私の片想いからスタートでした。

北陸と東北の遠距離でしたので、基本的にコミュニケーションは「LINE」か「電話」。私は相手の好意を確信しないと告白ができない性格だったので、とにかく今の環境で好きになってもらう手立てを考えました。

LINEか電話と言うことは、言葉でアプローチするしかありません。そこで私は、一回の連絡で必ず相手の尊敬するポイントや好きな所を具体的なエピソード交えて伝えるようにしました。

しばらく続けていると、相手も私の好きな所や尊敬するポイントを話してくれるようになり、お互いの好感度が上がっていることを感じました。

その後、告白をして相手も同じ気持ちだと分かり、今も遠距離でお付き合いしています。付き合ったあとも、この習慣は続けており、中々会えなくても関係は深まっています。

遠距離の方、告白する勇気を持てない方は、ぜひこのやり方で自信をつけて挑んでいただきたいです!

20代後半/IT・通信系/女性

会話中は相手の目を見て笑顔で話す

職場に告白されたい相手がいたので、仲良くなるためにまずは笑顔で挨拶を心がけていました。仕事中でも話をする際は明るく元気良く笑顔で接します。

それらの事を続けていると、最初はこちらからアクションを起こしていましたが、次第に相手から寄ってきてくれるようになります。

プライベートでなかなか会いにくい場合は、仕事の中で好印象を持ってもらうのが鍵になるのだと思います。

30代後半/流通・小売系/女性

誠意を持って接する

旦那はみんなで飲みに行くメンバーの一人でした。ずっと片思いをしていたのですが、ひょんな事がきっかけで2人で会うことになりました。

ドライブやランチを通してたくさん喋って、職場とはまた違った一面が見られました。

いろんな話をしましたが、「この人は女性に対して慣れていない部分もあるけど、とても純粋でマメで大事にしてくれる人だ」と思い、改めて好きになりました。

私も誠意を持って接したところ、絆が深まり、告白してもらえました。

30代前半/専業主婦/女性

とにかく会話の機会を設けて聞き上手になる

以前、一目惚れで好きになった相手が居て、その彼は普段忙しくなかなか電話も出来ない状況が続いてました。

やっと電話出来るようになった時、私は話したかった事が沢山有り、これでまた暫く電話出来ないかもしれないと言う焦りから、彼の話を聞く事よりも自分の話ばかりして彼の貴重な時間を奪ってしまいました。

その頃、私は彼の仕事の大変さもわかっていませんでした。もっと彼の話を聞いたり癒してあげればよかったです。

積極的なのも良いですが、相手の気持ちや様子を知った上で行動に移せたら、良い恋愛が出来たのにと思います。

40代後半/サービス系/女性

あまり相手の事ばかり考えず自分も楽しく笑顔でいられる時間をたくさん作った

片思い中は「相手が何をしてるか、どこにいるのか、返事はいつくるのか、次はいつ会えるのか」など、つい相手の事ばかり考えてしまいます。

しかし考えすぎると不安になったり、会えた時に冷静でいられなくなったりし、自分の良い点のアピールが出来なくなったり、付き合ってからギャップがあると思われたりするので要注意です。

片思い中はなるべく相手の事を考えず、不安になりすぎないようにして、自分も楽しく笑顔でいれる時間をたくさん作った方が良いと思います。

30代前半/専業主婦/女性

会話の中で相手の名前を入れるようにする

人間は自分の名前を呼ばれるのが潜在的に好きだと聞いたので、気になる相手と会話するときにはなるべく相手の名前を入れながら会話するようにしています。

例えば質問する際、「なんの食べ物がすきですか?」ではなく、「〇〇さんはなんの食べ物がすきですか?」というような感じです。

また、好きな食べ物などが分かった時には、「私も好きで気になっているお店があるので、付き合ってくれませんか?」というように行きたいお店に付き合ってもらう体でご飯に誘うようにしています。

その際には対面だと緊張するので、なるべくカウンターで予約するようにして、膝などを触れさせてみて相手の反応を見ます。逃げられずそのままの場合は、高確率でうまくいくことが多いです。

20代後半/専業主婦/女性

【4位】まず相手の好みをリサーチする

まず相手の好みをリサーチする

相手の友達やSNSで女性の好みや趣味をリサーチ

片思い中はいきなりアプローチせず、まずは相手の友達やSNSなどで女性の好みや趣味などをリサーチします。そしてその情報をもとに自分磨きに力を入れたり、勉強をしておきます。

その後に相手に笑顔を向けたり、よく挨拶をしたり、相手に印象をつけるようにします。もしここで相手が自分に話しかけてくれたら、リサーチしていたワードを出したりして、会話が盛り上がるようにしていきます。

この段階まで来ると、連絡先が交換できたり、食事に行く約束ができて親密になり、恋人になれる可能性が出てきます。

まずは友達としての絆を強くすることを目標にして、恋愛に発展させるようにするといいかもしれません。焦らずに段階的に相手と関わっていくと上手くいくと思います。

20代後半/サービス系/女性

好きな人の好みの女性を聞き出して合わせてみる

初めから恋愛対象として仲良くはならず、友達になってから好きな人の好みの女性を聞き出してみて、近づけそうなら好みの髪型や服装を取り入れてみるといいと思います。

もし相手に既に恋人がいる場合でも、諦めるのは早いです!手始めに好きな人の恋人との話を良く聞いて、上手くいってなさそうなら相談に乗ってみます。

悩みの内容が「中々忙しくて会えない」なら、「自分は相手に合わせる」とさりげなくアピールします。上手くいけば、自分に振り向かせることも出来るかも知れませんよ!

30代後半/法律系/女性

彼の好きなアーティストを調べてCDを貸して会う機会を作る

私は片思い中に、彼が好きなアーティストを事前に調べました。そして、そのアーティストのCDを持ってることを伝えて、敢えて彼にCDを貸しました。

すると彼から「CD聞いたよ!よかった!ありがとう。返したいんだけど会えるかな?」と連絡がきました。結果CDを口実に会えたし、そのまま何度かデートすることができて付き合えました。

「あげる」ではなくて「貸してあげる」ことにするのがポイントです。それもすぐに返してもらえそうなものの方がいいと思います。

自然な流れにもっていけるからオススメです。

30代後半/自営業/女性

相手が好きな食べ物を買ってそばで食べたり差し入れをする

以前、片想いをしていたときは、相手が好きな食べ物を買ってそばで食べたり、差し入れをするなど、話しかけてもらうきっかけを作っていました。

まずはリサーチが必要ですが、好きな人なら自然と会話の内容も耳に入って来るし、目で追ってしまうので意外に簡単かも(笑)

そのあとは自分に興味をもってもらえるよう、頑張ってアプローチします!

30代後半/流通・小売系/女性

彼の好きなことや趣味などを調べて、それを話題にして場を盛り上げる

片思いをしているときは、相手の負担にならない程度で、さりげなく自分をアピールしていました。

彼の好きなことや趣味などを調べて、それを話題にして、場を盛り上げるようにしました。

そうしているうちに、彼と色々な意味で意気投合して、一緒に食事に行ったり、彼の趣味を一緒にやったりすることで、二人の距離が縮まりました。

50代後半/自営業/女性

彼がどういう事が好きでどういう事が嫌いなのか聞いた

私は主人に片思いをしていました。グループで会う事が多かったので、都合が合う日は行くようにしていました。

2人っきりになった時は色々と話題を振って、彼がどういう事が好きでどういう事が嫌いなのか聞いたりしていました。

あとはLINE交換をしていたので1日1回は必ず送っていました。

しばらくして相手から「遊ぼう」と言われる事が多くなり、どんどん距離が縮まっていきました。

30代後半/専業主婦/女性

【5位】共通の趣味を探す・作る

共通の趣味を探す・作る

一緒に盛り上がれる話題を探す

以前、数ヶ月片思いした相手と両思いになった経験があります。学校が同じでしたが、クラスが違ったので放課後の塾で顔を合わせることが多かったです。

彼はおしゃれな人で、私も洋服が好きだったので服の話で盛り上がりました。元々好きなことが一緒の場合は、その話題で会話がしやすくなると思います。

また、自分の知らないことでも、相手に質問したり、興味をもって話を聞くと好印象だと思います。

相手にもよりますが、自分ばかりが連絡したり誘ったりする状況よりも、バランスがとれていた方がいいと思うので、奥手な相手には、自分から誘ったあとには、「また連絡してね!」や「次は誘ってね!」というような相手からの誘いを促すような言葉をかけていました。

それで連絡があれば、自分からももっとアプローチしてみていいのかな?という参考にもなるのでおすすめです!

30代前半/専業主婦/女性

相手の趣味に合わせて話題を振ったり接点を多く持つ

とにかく好きなことを言葉に出さずにアピールします!

LINEの頻度を高くしたり、「遊びに連れてって」とお願いしたり、相手の趣味に合わせて話題を振ったり、接点を多く持ちます。

あとは相手との共通の友人を味方につけて、アドバイスをもらったり、それとなく好意を伝えてもらったりすることで意識してもらいます。

20代前半/サービス系/女性

趣味などを一緒に楽しんだり、相手と共有できる時間を作る

こちらからの一方通行にならないように、適度な距離を保ちつつもジワジワと攻めていきます。

ある程度、距離が縮まったら、相手から連絡が来るのを待ってみます。引いたり押したりのバランスが大切です。

また、相手の興味があるものや、趣味などを一緒に楽しんだり、相手と共有できる時間を作ることをしてました。

趣味が一緒だと自然と出かけることが多くなりました。1つでも多くの共通点をみつけることが大切だと思います。

40代前半/医療・福祉系/女性

共通項を見つけて一緒に楽しむ

バイト先で知り合った方に片思い後、しばらくお付き合いしました。

最初は挨拶程度でしたが、シフトをお互いにチェンジして休みを調整したり、同じ日にシフトを入れてもらう事で仲良くなり、持ち物や何気ない会話から自分の趣味との似た部分や共通項を見つける事で、一緒に出かける様になりました。主に音楽のイベントやライブに行きました。

どんな小さな事でも話した事を記憶しておく事や、自分の好みを伝えて置く事で、お互いを意識出来た事が成功ポイントだと思います。

40代前半/医療・福祉系/女性

相手の趣味を調べて同じ趣味を持つ

相手の趣味を調べて、同じ趣味を持つようにしたことがあります。

当時好きだった人は映画、特に洋画が好きでした。それまで私は洋画をあまり見なかったのですが、相手と話したいために洋画について多少研究しました。

その甲斐あってか、相手と洋画について話すことが多くなり、それからほどなくして一年ほど付き合いました。

50代後半/サービス系/女性

【6位】緩急をつける・焦らす

緩急をつける・焦らす

あまり連絡せず、会えた時に直接、素直な思いを伝える

今まで片想いが実らなかったことはありません。

LINEの頻度は1日1、2往復程度で、あまりせず直接会った時に想いや自分のアイデンティティを表現できるように努めています。

会う頻度は相手のペースにあわせつつ、1、2週間に一度、直接会う時間を大切にしています。

会った時には、「会うのが楽しみで、1週間前から服を決めてきた」など、少し恥ずかしい本音トークも伝えるようにしています。

20代後半/流通・小売系/女性

笑顔で思い切り良い印象を与え、あえて会えない時間を作ること

彼とは友人の結婚式で出会って、あまりにもタイプだったので友人経由で紹介してもらいました。

向こうから「ご飯に行こう」と言ってくれたので、その時は思い切り感じよくして、お気に入りの服を着て、とにかく笑顔でたくさん笑って、「おもしろい、楽しい」と明るいフレーズをたくさん口に出しました。

その結果、彼から「またすぐに会いたい、今週末は?」と連絡がきたのですが、とりあえずわざと1週間はあけて焦らして、その時にまたとびっきりの笑顔で対応したら、彼はもうぞっこんになってくれて、その日の帰りに告白されました。

やはり笑顔で思い切り良い印象を与え、その後あえて会えない時間を作ることが大切だと思います。

30代前半/サービス系/女性

【7位】信頼できる人に力を借りる

信頼できる人に力を借りる

信頼できる友人に手伝ってもらう

彼と共通の友人や、同じ部活・部署に所属している友人に手伝ってもらいます。

1つ目は、共通の友達にそれとなく彼のタイプや、自分のことをどう思っているか聞いてもらいます。他の人(女友達やクラスメイト)の名前も挙げてもらえば、自分のことを聞きたいとは気付かれないはずです。

2つ目は、帰る時間が被るようにしました。私の場合、彼とは部活が違いましたが、彼の部活に友人がいたので、友人と帰る口実で彼と一緒に帰ったり、おしゃべりできたりしました。

友人に好きな人を伝えることは、それはそれでとても勇気がいると思います。友人が口の軽い人であったり、上手く立ち回れる人でなかったりする可能性もありますので、信頼できる友人に頼むといいですね。

もちろん、告白は友人に後押ししてもらってもいいですが、代行を頼むことは絶対ダメです。自分の言葉で伝えましょう!

20代前半/大学生/女性

共通の知り合いを通じて連絡先をゲットする

私が片思いしたときは一目惚れみたいなものだったので、連絡先も最初は知りませんでした。

しかし同じ職場の相手だったので、共通の知り合いに仲を取り持ってもらい、無事連絡先をゲットすることができました。片思いはやはり周りの協力も大事だと思います。

連絡先を聞いた後はやりとりをし、食事に行ったりなどして無事交際まで漕ぎ着けることができました。

20代前半/流通・小売系/女性

まとめ

女性100人に聞いた片思い中のアプローチ方法では、1位は『積極的に働きかける』、2位は『少しずつでも接触し続ける』、3位は『感じの良い言動を心がける』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、女性100人による片思い中のアプローチ方法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『【男性編】片思い中のアプローチ方法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

片思いのアプローチ方法は?男性100人が実践するテクニック

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年10月30日~11月14日
回答者数:100人