片思いの相手に会いたい!女性100人が実践する方法とは

片思いをしている時は、相手の男性のことを考えるだけで「会いたい!」を思ってしまうものですよね!しかし、会いたいとストレートに伝えるのはなかなか勇気が必要になるものです。

会いたい気持ちは募る一方だからこそ、効果的なアプローチの仕方や連絡方法などを知りたい方も多いはず!

この記事では、女性100人による片思い中に会いたい時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

片思いの相手に会いたい時のテクニックランキング

片思いの相手に会いたい時のテクニックランキング

まずは、片思いの相手に会いたい時のテクニックランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた片思いの相手に会いたい時のテクニック』によると、1位は『積極的に誘う・声を掛ける』、2位は『何らかの手助けを依頼する』、3位は『食事に誘う・食べ物で釣る』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた片思いの相手に会いたい時のテクニック

女性100人に聞いた片思いの相手に会いたい時のテクニック

女性100人に聞いた片思いの相手に会いたい時のテクニックでは、1位の『積極的に誘う・声を掛ける』が約35.2%、2位の『何らかの手助けを依頼する』が約20.1%、3位の『食事に誘う・食べ物で釣る』が約8.8%となっており、1~3位で約64.1%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で片思いの相手に会いたい時のテクニックを体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】積極的に誘う・声を掛ける

積極的に誘う・声を掛ける

なにかしら理由を見つけて会ってもらう

片思いをしている時は、なにかしら理由を見つけて会ってもらうようにしていました。

自分からはなかなか「好き」と言えず、かといって嫌われてしまうのも嫌なので、彼の好きな趣味のことをこっそりと調べて、それを話題にして話を盛り上げるようにしたり、彼との会話の時には常に笑顔で「うんうん」と同調することを心がけました。

50代後半/自営業/女性

相手の休みを聞いて「空いてる日に一緒に遊びに行こう」と誘う

当時、片想いの相手が学生で東京に住んでいて、私も自分の夢を追って東京に通っていたので、相手の休みを聞いて「空いてる日に一緒に遊びに行こう」と言っていました。

水族館やプラネタリウムなど行ってみたいところや、クリスマスシーズンだとイルミネーションなどに誘って会いに行ったりしてました。

結構頑張って自分なりに会う機会を増やしたり、一緒に過ごす機会を増やしてました。

連絡も途絶えないようにとか考えたりしてました。

20代前半/専業主婦/女性

LINEを送って、それとなく誘ってもらいたいアピール

片思いの相手に会いたい時には、まずはLINEを送ってみて、相手から誘われるような言い回しを考えていました。

決してこちらから会いたいとは言わず、””次の休み暇なんだよね?””とか””新しく出来たショッピングモール行ってみたいなぁ””とか、それとなく誘ってもらいたいアピールを出しちゃいます。

ダメそうな時は、相手が住んでる地域や周辺に行く予定があると連絡して、「時間あれば案内して!」と依頼します。

20代後半/専業主婦/女性

振り向いてもらいたいならダイレクトに誘う

口実は作りません。日々自分を磨いて内面も外見も美しくなり「この人に誘われたら断れない」と思ってもらえるように努力します。

ボーッとしていて振り向いてくれるなんて嘘です(笑)。ありえません。

だから振り向いてもらいたいならダイレクトに誘うし、自分から会いに行ってしまったりしたこともあります。

ただ相手の好意が少しでも見えたらですよ。でないとストーカー扱いされる恐れもあります。

30代後半/専業主婦/女性

デート時に次回会う約束をすること

片思いの相手に会いたいと思ったときは、デート時に次会う約束をすることです。

デートしたあと次会う約束がないともう会えないかもと思って不安になってしまうので、自分から「次回は〇〇へ行こう!」と理由を付けて会う約束を決めてしまいます。

次回の会う日を決めてしまえば、また会えるので不安にならず、その日まで楽しみに待ってられるので良いです。

30代前半/専業主婦/女性

「2人で会いたいんだけど…だめ?」と少し恥ずかしそうにおねだり!

私の場合、仲の良い人やよく知っている人を好きになる傾向があるようで、会えるのはみんなで遊ぶ時がほとんどでした。

なので、片思いの彼が飲み物を買いに行ったりして少し輪から離れた時に、「みんなじゃなくて、2人で会いたいんだけど…だめ?」と少し恥ずかしそうに見上げておねだりします。

オッケーをもらったら「恥ずかしいから、みんなには内緒にしてね」といって退散し、ダメだったら露骨に残念そうにするまでがセットです。

引き際をあっさりさせることで、こっちに気を向けさせる作戦です。

20代前半/流通・小売系/女性

定期的に自分から「会いたい」と伝える

とても忙しい人に片思いをしていたときは、定期的に自分から「会いたい」と伝えていました。会いたいと言えば彼も「そろそろ会いたいな」と思ってくれて、いくつか会えそうな日を教えてくれていました。

ただ、あまり私に興味がなかったのか、本当に忙しかったのか、変更も多かったですが…。

でも彼から日程を言ってきた以上、代案も教えてくれていましたし、結果的に会える日が多くなっていきました。

30代後半/サービス系/女性

相手の趣味に合わせた理由をつけて会う口実を作る

片思いの相手に会いたい時は、何かしら理由をつけて、相手を誘うようにしていました。

正直にアプローチしてしまって相手との関係が悪くなるのが怖いので、「相談があるんだけど・・・」とお願いしたり、相手の好きなジャンルのイベントを見つけて「これ気になるんだけど、よかったら一緒にいかない?」などと誘います。

特に、相手の趣味に合わせた誘い方はOKをもらいやすいのでおすすめです。

30代前半/専業主婦/女性

お酒が好きだったら居酒屋に、歌うのが好きだったらカラオケに誘う

片思いの相手と会いたい場合は、こちらから積極的にお誘いしなければ、待っているだけでは何も始まらないと思います。

私の片思いの相手は健康に気をつけていたので、彼の誕生日が近づいていたこともあり「誕生日だから健康食をプレゼントするね」と言って二人でご飯に行く機会を設けました。

プレゼントなのでご飯代はこちら持ちになってしまいますが、一つの方法だと思います。

30代後半/医療・福祉系/女性

相手の好きなものやイベントごとを理由に誘う

私は積極的な方で、時間と質を重視しているので、主に丸一日時間が取れる時を狙って誘います。

相手の好きなものや、普段の会話の延長で誘います。

仕事終わりやなにか他愛のない話をした時に出てきた内容に合ったイベントなどを利用して、LINEまたは直接誘います。

なるべく金銭や時間、気持ちに余裕があるときにそういったことをするのが効果的です。

20代前半/不動産・建設系/女性

好きそうな映画やご飯に誘う

私が片思いしているときに、どうしても我慢できなくて彼に会いたいときがありました。

その時は彼が好きそうな映画を「一緒に見に行こうよ!」とか、「時間が合えばご飯いこー」など、どうにかして会う機会を作る事で一緒にいる時間を増やしてみました。

それから私が誘うのではなくて、彼からも「今日これからそっちの方に行く予定あるから、用事終わったら会おうぜ!」など連絡が来るようになりました!

20代後半/専業主婦/女性

お土産や渡したいものがあると言う

私が片思いをしていて、まだ親密になれていないときは、お土産など渡したいものがあることを理由にし、会う約束をしていました。

私は会ったときに、より仲が深くなれるようにたくさん話しかけたり質問したり、会話を楽しいと思ってもらえる雰囲気を自分から作りにいっていました。

そしてその日のラインで「今日ほんとに楽しかったから、また会って話したいな」という魔法の言葉を入れます笑

そうすると自然なまま片思いの状態でも好きな相手にアプローチでき、会いたいときにも会いやすくなると思います!

20代前半/大学生/女性

相手が興味ありそうな口実を作って会う

私が片思いしている時は、ラインで毎日連絡していました。

会いたい時などは、相手の趣味などに合わせて「この映画見たいね〜」と話題になったら「一緒に見に行こう」と誘ってました。

そして映画が終わったら「ご飯どうする?」とか、長く一緒にいたい為、さり気なく誘っていました。

週に何回も会いたいと言うと鬱陶しがられる恐れがあるので、2週間に1回ぐらいのペースで誘うのが効果的かなと思います。

30代前半/不動産・建設系/女性

可能な限り一緒に過ごして彼にとって他の女の子より気楽な存在になる

学生の頃はクラスが違ってもそのクラスにふざけた振りして会いに行ったりしていました。彼にとって他の女の子より気楽な存在でいられると次のステップに進みやすいと思うので、まずはふざけあえる関係作りから始めていました。

何人かのグループで友達を巻き込んで遊んだり、テーマパークに行ったりしやすいように、仲のいい友達に協力してもらったりを繰り返していました。

社会人になってからは彼との共通の趣味を探したり、趣味に合わせて私も知識をつけたり話が合うように努力していました。一般教養はしっかりと身につけるようにして、「一緒にいて恥ずかしくない人」であり続けると、結婚までのイメージが湧きやすいように感じました。

とにかく笑顔で明るく、彼が落ち込んでいても包み込める包容力を持ちたいと思っていました。明るい女性には男性だけでなく女性も惹かれると思います。

20代前半/医療・福祉系/女性

とにかく都合をつけては会ってもらう

私の場合は共通の友達がいたので、その子たちにも協力してもらったり、とりあえずメールは嫌がられない程度に送っていました。

メールだけだとやっぱり自分の良いところを知ってもらえないので、とにかく都合をつけては会ってもらいました。

そうして話していく中で、共通の趣味だったり好きなものがわかったので、そのあとからは距離が縮んでいつしか付き合うことになっていました。

とりあえず行動あるのみです。

20代後半/専業主婦/女性

「気になるお店があるので付き合ってください」と誘う

「気になるお店がいくつかあるんですけど、どこか付き合ってくれませんか?」とか、好きな食べ物がわかっているときには「おいしいお店見つけました!よかったら行きませんか?」とお店に行くことを名目に会う口実を作っています。

実際にご飯に行った際には「実は会いたくて誘いました。お店はその口実です。」とストレートに好意を伝えるようにしています。

その際に相手の反応を見て、脈がありそうか判断するようにしています。

20代後半/専業主婦/女性

【2位】何らかの手助けを依頼する

何らかの手助けを依頼する

用事をするから来てほしいと誘う

私の場合は「今週末ここに買い物行こうと思ってたんだけど、一緒に来てほしい!」と言います。用事をするから来てほしいと言われたら、まぁデートとは思わないと思うんですけど、嫌な気持ちもしないかなぁと思います。

用事を済ませたら、ご飯に行ったりして帰宅する流れにしていました。フランクに会えるのはとても良かったです。

あとは私の住んでる地域は車社会なので、夜とかに「いまドライブしてるんだけど、良かったら一緒にドライブする?」みたいなことを言ったりして会っていました!考えるだけでキュンキュンしちゃいますね(笑)

30代前半/サービス系/女性

何かしらの理由をつけて一緒に行動する

同じ大学内の好きな人だったのですが、相手が大学近くで一人暮らししてたので、少し遠い実家から通っていた私はよく「明日早い授業だから」とか「バイトの時間が早くて」と言った理由で泊まらせてもらっていました。

あとは「勉強で分からないところがある」と言って教えてもらったり、両親へのプレゼントの買い物に付き合ってもらったりと、何かしらの理由をつけて一緒に行動しました。

20代前半/公務員・教育系/女性

何かの理由をつけて会うきっかけを作る

片思いの時は、会いたいけれどストレートに「会いたい!」と相手に伝える自信はありませんでした。

そのため、例えば学生時代なら、「宿題のわからないところを教えて」とか、「板書出来なかったところがあるから見せて欲しい」と頼んだりして、何かと会うきっかけを作っていました!

社会人になったら、「接待や忘年会で使いたい気になるお店があるから、下見に付き合って欲しい」などと言うのもアリだと思います!

20代後半/メーカー系/女性

共通の友達の誕生祝いの準備に協力してもらう

私の場合は同じバイト先にその人と仲がいい人がおり、バイトが終わった後などに公園でみんなで話をしたりして、好きな人と話して仲良くなれるように頑張りました。

お互いの共通の仲のいい友達の誕生日を一緒に祝ったりして、一緒にその材料を買いに行く約束を立てたりして、強引に誘うのではなく何か会う理由を探してバレないように心がけていました。

20代前半/サービス系/女性

相談を持ちかける

何も困っていることや悩みごとがなくても、「相談がある」と言って直接会えるようにアプローチします。そうすることで相手との会う約束を自然に作ることができ、相手の考え方なども知ることができます。

また、相談ごとなどは距離を縮めやすい事柄なので、その後、相手に悩みなどができた場合に頼ってもらいやすくなり、一気に発展させることができます。

30代前半/サービス系/女性

丁寧な文章で「時間があれば相談したい」と連絡する

相手にもよるので、なかなか難しいのですが、相手が興味を持ちそうな話題を選び、その人が忙しくなさそうな時間を選び、メールなどで「時間があるときに、こういうことで相談したいのですが」と連絡します。悪い印象を持たれないために、できるだけ丁寧な文章で書くよう、心がけます。

片思いだと、とにかく会いたいという気持ちが先行しがちですが、できる限り、相手の状況や立場などに配慮し、相手の都合が悪ければ、時期をずらすようにします。焦りは禁物だと思います。

50代後半/自営業/女性

何か相談事を考えて会う

片思いだと「好きだから会いたい」と言う勇気はなかなかでません。

何か相談事を考えて、「電話ではなく会って相談したい話がある」と相手に伝えます。

その他、「スマホの使い方でわからないところがあるから教えてほしい」とお願いをして会いに行くとか、「美味しいものを見つけたから買って行くね」と言って会いに行きます。

50代前半/医療・福祉系/女性

「ラーメン食べたいけど1人だと行けない!」と言って一緒に行ってもらう

私は友達がほとんどいませんし、当時の職場は飲食業で仕事が終わる時間も人によって違うため、仕事終わりに職場の人とご飯にいくとかも出来ませんでした。

彼もそんな私の事情を知っている人だったので、仕事が早く終わったり急な休みができたりしたら「ラーメン食べたいけど1人だと行けない!」と言って一緒に行ってもらっていました。

一応女性なのでラーメン屋さんに1人で行きづらいのは本当ですし、相手も「ラーメンくらいなら」と一緒に行ってくれます!

20代後半/専業主婦/女性

「勉強を教えて欲しい」と頼む

その人に電話をして「勉強を教えて欲しい」と言って、ファミレスで何時間も勉強を教えてもらいました。

その人は「親友の彼の友人」だったので、親友にダブルデートを企画してもらったりしました。

ショッピングの時は片思いの彼に相談をして化粧品を選んでもらったり、口紅やイヤリングなど「似合うかな?」と言ってじっと見つめてもらえるようなシチュエーションを作って、友達以上を目指すテクニックを使いました。

40代後半/専業主婦/女性