片思いの相手に会いたい!女性100人が実践する方法とは


【3位】食事に誘う・食べ物で釣る

食事に誘う・食べ物で釣る

好きなご飯を作ったと連絡する

以前片思いしていた彼が、食べることが好きだったので、材料を買っておいていつでも好物を作れるようにしていました。

「餃子作ったけど食べる?」と連絡すると、嬉しい返事が返ってきたので、仕事帰りの彼と待ち合わせて渡しました。

準備は大変でしたが、この方法で何回か会うことができて、お付き合いすることになりました。料理の腕もアップして一石二鳥です!

30代前半/IT・通信系/女性

「食事の予約を友達にドタキャンされたので、一緒に行けませんか」と連絡する

断られても大丈夫な内容で、まずは連絡をします!

私は「ご飯屋さんの予約をしており、一緒に行く友達にドタキャンをされてしまったので、もし良かったら一緒に行けませんか?」と連絡しました。

もちろん、相手の好みをリサーチしており、好きそうなお店を予約しておきます。

断られたら別の子と行けばいいですし、1度連絡できれば、「また行きましょう」と伝えることができますし。

30代前半/専業主婦/女性

選択肢をいくつかあらかじめ用意してご飯に誘う

私は直接会いたいとは恥ずかしくて言えないので、ご飯に誘ってました。

その時、「〇日」と送るよりも、「〇日と△日のどっちか」のように、選択肢をいくつかあらかじめ用意しておいた方が断られにくかったように思います。

あとは、気になってるお店とかが話の中で出たら、「私も気になってた!よかったら来週付き合って(笑)」と、その場で約束していましたね。

20代前半/流通・小売系/女性

「ネットで見たお店が美味しそうだから付き合って欲しい」とご飯に誘う

私が片思いしているときはご飯に誘うようにしていました。「給料が入ったから飲みに行こう」、「ネットで見たお店が美味しそうだから付き合って欲しい」など色々理由をつけていました。

月に1、2回くらいのペースでご飯を食べに行ったりカフェに行ったら、自然と仲も深まり、無事に付き合うことが出来ました!

私は一緒にご飯を食べている時の雰囲気を付き合う上で重視しているので、ご飯に誘うのはぴったりだと思います!

20代前半/サービス系/女性

アピールもかねて「作りすぎちゃった。食べてくれる?」作戦!

私が片思いの彼にどうしても会いたいときに行うのが、「作りすぎちゃった。食べてくれる?作戦」です。

ポイントは力を入れすぎないメニュー(肉じゃがやカレー)の「普通の家庭料理」を作ることです。

また、自信があるメニューにしましょう。

彼と会う口実となるだけでなく、自分の手料理をアピールすることができ、彼の印象に残ることは確実です。

30代前半/サービス系/女性

【4位】偶然を装って会う

偶然を装って会う

相手の行動履歴を確認して「よく会う人」という認識を持ってもらう

偶然を装ってバッタリ会うように、相手の行動履歴を確認して待ち伏せします。例えば、どの会議室で何時まで打ち合わせか等を調べておいて、終了時間を狙ってそのあたりをうろうろするとかですね(笑)

そのようなことを積み重ねていき、「よく会う人」という認識を持ってもらうことからスタート!

あとは、相手の仲良い人と仲良くなって、一緒に飲みに行く機会を作るなど、周りから固めていくといいと思います。

30代前半/メーカー系/女性

偶然を装って彼の職場近くへ行く

仕事が忙しい彼と付き合う前、分刻みのスケジュールで都内を動き回る彼と少しでも良いから会いたくて、「私もその日新宿に行くんだよねー!」と嘘をついて、会える確証もないのにとりあえず新宿に行って時間を潰したりしました。

そうしたら彼から「仕事が早く終わったんだけどまだ新宿にいる?」と連絡が来て、まんまとお茶をすることに成功しました(笑)!

20代後半/専業主婦/女性

偶然鉢合わせたみたいにして会う

相手の仕事が終わる時間と、自分の仕事が終わる時間が近いのもあったのですが、なんとなく相手の仕事が終わるであろう時間を予測して、自分も職場を出て、偶然鉢合わせたみたいにして「あれ、今帰りですか?お疲れさまです♪」と挨拶をしていました。

相手も「あ、お疲れさま!雨が降ってきたみたいだね?」とか、たわいのない挨拶をやり取りするだけで嬉しかったです。

こうやってたまに偶然を装って、駅まで5~10分くらいの道を一緒に帰ったりしていました。あまり頻繁にやるとさすがに気持ちが悪いので、たまにですけどね(笑)。

40代前半/流通・小売系/女性

【5位】相手がして欲しいことを見抜く

相手がして欲しいことを見抜く

相手が求めていることを見抜き、それに応える

すでに知り合いであるとか、片思いである場合には、相手のメリットになることを考えるようにします。

たとえば、意中の相手が「相談にのって欲しい」というなら相談に乗るなど、相手が求めていることを見抜き、それに応えることができれば、会うことも実現します。

プレゼントを届ける、風邪を引いたから面倒を見るなど、理由はいろいろとあるはず。

相手が必要なタイミングを見計らって、行動するようにすると自然です。

40代前半/専門コンサル系/女性

会話や行動から推測して会いたくなりそうな言葉をちらつかせる

自分から会いたいと言ってしまえばそれまでですが、本当に自分のものにしたい男性なら、今後も向こうから会いたいと言ってくるように持っていけば、恋の手綱を握ったも同然です。

男は追いかけたい生き物です。その本能を満たしてあげればいいだけなのです。

彼が追いかけたくなる材料は何でしょうか。会話や行動から推測して、好きなもの、会いたくなりそうな言葉をちらつかせるのです。「チラ」が重要です(笑)。

30代前半/サービス系/女性

【6位】誘われるようアピールする

誘われるようアピールする

やんわりと好意を伝えて誘われるように仕向ける

私の性格上、相手を誘うことができません。ですので、相手に誘ってもらえるように仕向けます。

やり方としては、相手に好意があることをわかってもらえるくらい好きなオーラを出します。ですがこのとき、「好き」と言うのではなく、「あなたの〇〇なところが好き」や、「あなたが恋人だったら幸せになれるのにな」というように好意を伝えます。

すると相手は、私が好意を持っていることを把握するので、私のことを意識してくれます。

20代前半/大学生/女性

「行ったことないー楽しそうだなー」と連絡の時に伝える

普段している連絡の中で、友達が行っていた所や、彼が行った所やしているアクティビティに対して「行った事ないですー!楽しそうですー!行ってみたいー!」と明るく自然に言います。

男の人は「女性を行ったことのない所に連れて行ってあげたい」と思いやすいので、仮に既知でも知らないフリをしてその話をしている時に目をキラキラさせるようにします。電話やメールでも目のキラキラは伝わるはずです(笑)。

すると、「じゃあ今度一緒にやってみる?」という流れがやってくるはずです。何度もそれでデートにつながりました。

30代前半/医療・福祉系/女性

【7位】友達に協力してもらう

友達に協力してもらう

彼の友達に協力してもらう

私は奥手で、直接本人に会いたいとは言えなかったので、彼の仲の良い友達に協力してもらい、「今週の日曜日は一緒に出かけるよ。」と彼の行動を教えてもらっていました。

あまり頻繁に会いに行くとばれてしまうので、たまに偶然を装って友達と一緒に会いに行ってました。

その頃は学生で学校でも毎日会えていたので、休日にたまに会えるだけで満足でした。

20代後半/医療・福祉系/女性

まずは友達とグループデートから

私が片想いをしている時は、友達に好きな人のことを相談して、数人で遊べるようにセッティングしてもらい、彼と会うまでの流れに不自然さを無くすようにしています。

そして、その後に友達に2人きりになる時間を作ってもらったり、ペアで遊べるゲームをしたりして、仲を深めていきます。

だんだんと彼と仲が深まっていったら、2人きりで会えるか誘い、自分が彼のことが好きであると言うことをアピールします!

20代前半/大学生/女性

【8位】何かを依頼し、お礼を名目に誘う

何かを依頼し、お礼を名目に誘う

旅行や出張の際にあまり日持ちしないお土産を買ってきてもらう

彼が出張や旅行に行くと聞くと、あまり日持ちのしないお土産を伝え「大好きで食べたいから買ってきて!」とお願いしていました。

日持ちしないので帰ってきたらすぐに連絡をくれるし、「お礼に一杯ご馳走するから、ちょっと飲みにでも行こうよ」と誘うキッカケになると思います。

好きなお土産だとわかるとその場所に行く時には必ず買ってきてくれるようになったりするので、会う機会が増えると思います。

40代前半/サービス系/女性

まとめ

女性100人に聞いた片思いの相手に会いたい時のテクニックでは、1位は『積極的に誘う・声を掛ける』、2位は『何らかの手助けを依頼する』、3位は『食事に誘う・食べ物で釣る』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、女性100人による片思い中に会いたい時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『【男性編】片思い中に会いたい時の対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

片思いの相手に会いたい!男性100人が実践する方法とは

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年04月04日~04月19日
回答者数:100人