片思いが楽しい瞬間はどんなとき?男性100人の理由と本音

片思いをしている最中が恋愛の中で最も盛り上がると感じる男性も多いですよね!相手の気持ちが分からないからこそ、デートや連絡も夢中になって楽しめることもあるのではないでしょうか?

片思いをしていれば辛い瞬間もあるものの、それ以上に楽しい時間や幸せな時間が存在するものです!

この記事では、男性100人による片思いが楽しいと感じる瞬間を体験談と共にご紹介しています。

片思い中の楽しい瞬間ランキング

片思い中の楽しい瞬間ランキング

まずは、片思い中の楽しい瞬間ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた片思い中の楽しい瞬間』によると、1位は『見ているだけで』、2位は『自然と自分磨きに繋がっている時』、3位は『あれこれ空想している時』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた片思い中の楽しい瞬間

男性100人に聞いた片思い中の楽しい瞬間

男性100人に聞いた片思い中の楽しい瞬間では、1位の『見ているだけで』が約18.4%、2位の『自然と自分磨きに繋がっている時』が約16.1%、3位の『あれこれ空想している時』が約15%となっており、1~3位で約49.5%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で片思い中の楽しい瞬間を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】見ているだけで

見ているだけで

ただ話したり見ているだけでとても幸せだと感じる時

想いを伝えなかったので片思いだったかどうかはわかりませんが、今となっては片思いが最高に相手を愛せる恋だと思います。

好きだから自分の物にしたいという願望は少なからずあったと思いますが、その頃の自分は本当に見ているだけで心が何よりも癒されていたんだと思います。

お互い歳を重ねても、未だに友達関係が続いているし、それだけでも僕の宝物だと思っています。

50代前半/流通・小売系/男性

見ているだけで癒されて力になりたいと思う時

片想いしているときは、見ているだけでかわいく思えたり、なにがあっても助けてあげたいと思えるときです。

笑顔を見ると安心したり癒されたり、困ってるときがあると心配もしてしまいます。

ついつい相手のいろんなところを意識して見てるのは「片想いしているからだなぁ」と感じてしまいます。

癒されるのが一番いいですよ。

30代前半/サービス系/男性

とにかくその人が気になってしょうがない、ずっと見ていたくなる状態

僕が片思いをしていて楽しいと思うときは、好きな人を中心に自分が生きている状態です。

どういうことかというと、いつも明るい人がちょっと暗い顔をしていたら自分も不安になったり、その人が笑っていたら自分も楽しくなったり。

とにかくその人が気になってしょうがない、ずっと見ていたくなる状態が一番楽しいです。頭の中がその人でいっぱいになる感覚ですね!

20代後半/自営業/男性

彼女の姿を見られるだけで一日の活力になっていると感じる時

毎朝の出勤で同じ電車に乗ってくる子がとてもかわいくて、片思い中です。

なかなか話しかけることはできませんが、一方的に見ているのが現状です。でも、朝、彼女の姿を見られるだけで、一日の活力になってます。

いつか声をかけられたらなとは思いますが、難しいでしょう。

たぶんこの恋は、朝の通勤で出会う回数が少なければ少なくなるほど冷めていくのかなと思います。

30代前半/専門コンサル系/男性

【2位】自然と自分磨きに繋がっている時

自然と自分磨きに繋がっている時

自分に対する妥協もなくなるので生き生きしていると実感できる

片思いをしている相手と、どんな些細なことでも関われた日は幸せになると思います。なんでもない1日だったはずが、その一瞬があるだけでよかった日、明るくなれた日になります。

同じ空間にいるといつ見られても大丈夫なように姿勢を正しますし、身だしなみにも気を遣います。自分に対する妥協もなくなるので、生き生きしていると実感できるほどに変化があります。

ラインひとつにしても自分から送ったあとは、ずっと返信を気にしています。着信音が鳴ったときに別の人からの着信だったときと、意中の人からだったときのテンションは雲泥の差です。笑

実際に会った時もラインをしている時もポーカーフェイスを気取っていますが、内心はテンションマックスでニヤけています!笑

20代前半/不動産・建設系/男性

自分が日々進化しているような気分になる

私は学生時代に先輩に片思いをしていたのですが、やはり片思いをしていると身だしなみや言葉遣いや相手を思いやる心に磨きがかかって、日々、自分がよりいい方向に進化している感覚になります。

そして毎日が楽しく感じます。楽しみ事が増えてそれに対し自分もスキルアップするので、良い経験だったかなと思います。

そしていい意味で人生が楽しくなると思います。

20代前半/IT・通信系/男性

良い印象を与えられるように筋トレに励んでいるとき

年甲斐もなく、同じフロアの年の離れた若い女性に片思いをしてしまっています。

このご時世で運動する機会が減り、かなり太ってしまいましたので、中断していたジムが再開されたのを機に、体型改善を期待して通い始めました。効果も出てきてひとりで喜んでいる今日この頃です。

彼女とはたまに社内で話すことがあるのですが、体型とこの心境の変化など知る由もなく(おそらく気付いてもおらず)です。ただ、こちらは勝手に自己満足に浸っています。

相手から見られたときに少しでも良い印象を与えられるように、筋トレに励んでいるときは何とも楽しい気持ちになっています。

50代後半/メーカー系/男性

【3位】あれこれ空想している時

あれこれ空想している時

きっかけを作ることを画策する瞬間

片思いの時はどうやって相手を誘うかなど、あれこれと考える事が多いのが楽しいです。

どうやって片思いの相手と一緒の時間を過ごすかと考えている瞬間はとても楽しいです。

色々と気を使うけれど、アプローチの仕方やどこまでを予定して誘うかなど妄想し、どう実践するかなどのわくわくを楽しめるのが片思いの時の楽しみです。

30代後半/IT・通信系/男性

相手と一緒にいろんなことをしている時を想像してる時

高校2年生の頃の体験談ですが、僕は同じクラスの女子を好きになりました。

きっかけはクラスでいろいろな委員を決めて、その女子と一緒に作業することになったことです。

僕は普段から女子と話をしたことがなくて2人きりの時は少し緊張していたのですが、その女子は話しやすくて、片思いをしました。

家に帰ったあともその女子のことを考えてしまったり、教室でも気になって見てしまったりして、その頃は学校がいつもより楽しかったです。

20代後半/サービス系/男性

いろいろなことを想像しながらメールの返信を待っているとき

思い切ってメールをしてから返事が来るまでの時間は、何とも言えないドキドキがあります。

メールが来なければだんだん不安になったり、落ち込んだり、何かまずかったかな?と反省してみたり。いろいろなことを想像しながら返信が来るまでの時間を待っています。

メールが来れば有頂天になってみたり、ワクワクしながらメールを開きます。このやりとりがとても楽しいです!

30代後半/自営業/男性

【4位】相手が気にかけてくれた時

相手が気にかけてくれた時

「一緒に帰ろ」と誘われた時

高校時代、彼女とは帰る方向が同じでよく一緒に帰っていました。嬉しくて帰り道が楽しみでワクワクしていました。

勝手な想像ではありますが、周りから見れば私たちはカップルに見えますし、結構仲良しだったので笑い合っている姿を見て、付き合ってると誤解されることが多かったです。私はそのように言われるととても嬉しかったです。笑

今でも「一緒に帰ろ」と言われたあの瞬間はいい思い出です!

20代前半/メーカー系/男性

彼女が優しくしてくれた時

中学の頃、やけに私に強気で口調の悪い女子がいました。私は彼女が苦手で関わらないようにしていました。

しかし私が落ち込んでいて、いつものように明るくいられない日があったのですが、その時の彼女は優しく、そこから惹かれるようになりました。

そして、よくよく見ると美人だということに気づき、意識するようになりました。

そうすると彼女もやけに優しくなり、時々顔を見にきたりするので、好きという気持ち強くなり、今日も話せるかとワクワクしていました。

20代前半/大学生/男性

相手から好印象を受けていると感じた時

片思いしたのは同じ学科の高校2年生です。最初は「可愛い後輩だな。」と思っておりましたが、やがて私は彼女のことが好きだと分かりました。

それが分かったあとに彼女から声をかけられるとドキドキしましたが、嬉しく思いました。

やがて彼女から「先輩は思いやりがあって、話しやすい。だからこれからはタメ口でもいいですか。」と聞かれて私はOKしました。何より嬉しかったです。これまでは先輩後輩の壁がありましたが、彼女から好印象をもらえたからこの壁を無くすことができました。

片思いしているときの自分は、明るく前向きに学校生活を過ごしておりました。恋は普段の生活まで楽しくさせることができる魔法のように感じました。

20代後半/自営業/男性

【5位】少しずつ距離が縮まっている時

少しずつ距離が縮まっている時

相手との会話が少しずつ増えて距離が縮まっていく過程が楽しい

知り合ったときはあいさつ程度で、雑談もないままに遠くからあこがれのまなざしを向けるだけの存在でした。

だけど、勇気を出して何気ない会話をつけ足していって、少しずつ会話の幅が広がり、相手の興味や関心も分かってきて、お互いの距離を縮めていく過程が楽しかったです。

相手の興味があることを夜な夜な調べたり見たりして、次の日の会話の準備をしたり、デートにこぎつけたり。

学問的な勉強は出来ないけど、恋愛に関する勉強や知識を深めることは出来るんだと自分に感心しました(笑)。

30代前半/医療・福祉系/男性

相手のこと(趣味や嗜好、振る舞いなど)を知れる過程が楽しい

とにかくその人のこと(趣味や嗜好、振る舞いなど)を観察したり知ったりするのが楽しいです。

その人がどんな人で、どのような言葉を使うのか。他人に対してどのような接し方をするのか。そしてその人のあり方を通じて、自分のあり方を見つめ直すことができます。

私の場合、特に言葉遣いに注目します。その人が口癖のように使う言葉だったり、人への配慮(言いまわし)だったり。

言葉って、やはりその人を彩っているもの、その人をそのまま映し出しているものだと思います。それを知るのが、とにかく楽しいです。

30代後半/自営業/男性

【6位】目が合ってドキドキする時

目が合ってドキドキする時

ふと目が合う瞬間

想う人のことはついつい目で追ってしまうものです。その人のことを1秒でも長く見ていたい、ふとした仕草を見ていたいという気持ちがありますから。

大学生の時、片思いをしていた女性がいました。サークルが同じだったので、大人数ではありましたが行動を共にすることが多くありました。

私はいつも視線のどこかでついついその人のことを捉えて、見ていました。ふと目が合った時は、それだけで幸せでした。

その時にちょっと微笑んだりできたら、恋は成就したかもしれませんが、その時はそこまで考えられず、ただ視線が重なる瞬間に幸せを感じていました。

30代後半/公務員・教育系/男性

視線が合った時のドキドキがやばい

部活をしている時や勉強をしている時に、ついつい彼女のことを考えてしまう時です。しっかりと集中はしていますが、視界が輝いて見えるのです。今でも不思議です。

そしてついつい意識していないところで考えてしまっている時に、彼女と目線が合ってしまうんですよね。特に部活をしていたり、勉強していたりと集中している時にそうなってしまうと、ドキドキが治らないです。「自分はやっぱり彼女のことが本当に好きなんだなぁ」と実感することが出来ます。

ふと我に返って、自然と目で追ってしまっている自分に恥ずかしくなる一方で、もしかしたら仲良くなることができるのではないかと、浅はかな考えをしてしまっている時は幸せになれますね。

20代前半/大学生/男性

【7位】会えるかどうか分からない時

会えるかどうか分からない時

約束はしていないが今日も会えるかな?と思うとき

いつも通っているバーで出会った女性と、何気ない会話が楽しくて、ついつい「今日も会えるかな?」と思ってバーに向ってしまいます。

当然、約束をしているわけではないので、会える日もあれば、会えない日もあるのですが、それも楽しいものなのです。

会えればなお楽しいです。会えたら、なんの話をしようかと考えている自分に気がつくと、片思いしていることに気がつきます。

連絡先を聞いたら負け、それは片想いだから・・・。片思いは、思いが爆発しない限り続きます。

30代後半/自営業/男性

【8位】胸が高鳴る・キュンとする

胸が高鳴る・キュンとする

その人に会うと胸が高鳴る瞬間

私に会うと、ある女性は話しかけてくるのです。冬の寒い夜に出会ったとき、手を温めてあげたら、相手の女性は嬉しそうでした。

更にその女性とLineの交換をして、お互いの近況を報告し合っていますし、ある時には相手の女性から花火の動画を送っていただきました。本当にきれいな花火の動画でした。

ごく普通の女性ですが、本当に明るくて、楽しくなる女性です。

50代後半/公務員・教育系/男性

まとめ

男性100人に聞いた片思い中の楽しい瞬間では、1位は『見ているだけで』、2位は『自然と自分磨きに繋がっている時』、3位は『あれこれ空想している時』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、男性100人による片思いが楽しいと感じる瞬間を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『【女性編】片思いが楽しいと感じる瞬間編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

片思いが楽しい瞬間はどんなとき?女性100人の理由と本音

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年10月31日~11月15日
回答者数:100人