片思いで失恋…同じ経験を持つ女性100人が立ち直った方法

片思いが失恋に終わった時は言葉では言い表せないくらいに辛いですよね。何もやる気が起きず自暴自棄になってしまうことも…

時間が解決してくれるとは思っていても、何か行動をして立ち直るきっかけを探している方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による片思いで失恋した時の立ち直り方を体験談と共にご紹介しています。

片思いで失恋した時の対処法ランキング

片思いで失恋した時の対処法ランキング

まずは、片思いで失恋した時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた片思いで失恋した時の対処法』によると、1位は『泣くだけ泣いたら、切り替える』、2位は『失恋(恋愛)ソングを聞く・歌う』、3位は『新しい恋を見つける』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた片思いで失恋した時の対処法

女性100人に聞いた片思いで失恋した時の対処法

女性100人に聞いた片思いで失恋した時の対処法では、1位の『泣くだけ泣いたら、切り替える』が約18.7%、2位の『失恋(恋愛)ソングを聞く・歌う』が約15.6%、3位の『新しい恋を見つける』が約15.1%となっており、1~3位で約49.4%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で片思いで失恋した時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】泣くだけ泣いたら、切り替える

泣くだけ泣いたら、切り替える

泣けるだけ泣き、どんな自分になりたいか考えてみる

高校時代、好きな人から振られた時に、「やはり美人でないと無理なのだな」と思いました。

家では失恋ソングを聴いては泣き、感動する小説を読んで泣きましたが、その分学校では部活や勉強に集中しました。

また、美人になるにはどうしたらいいのか、本や雑誌を読んで、大学生になったらどういった人になりたいのかも考えました。

失恋をきっかけに、学校という狭い世界から出た時にどうありたいのかを考えられたので、とてもいい経験となりました。

20代後半/自営業/女性

泣くだけ泣いたら忘れるように努力する

片思いの人に告白するのはとても勇気の要ることです。ダメ元で告白したとしても、はっきり振られてしまったら傷ついてしまいます。

とても辛くて泣いてしまうと思いますが、どうしても無理なら諦めるしかありません。泣くだけ泣いたら忘れるように努力します。

自分に自信を持つ事も大切です。「自分はこんなにいい女なのだから、もっといい人が見つかるに違いない」と考えてみます。

「私の魅力が分からない人は、きっと縁のない人だ」と思って忘れるようにします。

50代後半/専業主婦/女性

落ち込むとこまで落ち込んで相手を後悔させるべく行動を開始する

振られた時はとことん落ち込みます。ご飯も喉を通らないぐらい落ち込んで、体重も減りました。

落ち込むとこまで落ち込んだら、あとは這い上がるしかありません。そうなると、このままじゃダメだ!と、どこからか力が湧いてきます。

「振ったことを後悔させてやる!」と、メイクやファッションを勉強したり、自分磨きを頑張りました。

そのうち、彼を後悔させるためにしていた自分磨きが楽しくなり、徐々に彼のことは忘れていき、新しい恋に向けて1歩踏み出せるようになりました。

30代後半/公務員・教育系/女性

思いっきり悲しい気持ちを味わった後、仕事に打ち込み忘れる

辛すぎて、親友の慰めも心に響かなかったです。

彼とデートした場所に一人で行って、思い出に浸り、すれ違う人に彼の面影を追い求めたり、失恋ソングを聴いて涙したり・・・。

違う人とデートしてもダメだったので、仕事に打ち込み、「もう恋愛はしない」なんて決めて生活しているうちに、片思いをしていた彼より優しく浮気をしない人に出会えました。

恋愛をすれば、彼を忘れられるかもしれないと思い込んでいたときは、ずっと引きずってしまっていましたが、「もう恋なんていらない!」と気持ちを切り替えた途端、吹っ切れたし良い出会いに恵まれ、その人と結婚しました。

40代前半/専業主婦/女性

まずは涙が枯れるまで泣きまくる

片思いで失恋したときは、かっこつけないで、まずは思いっきり泣いた方が良いです。泣くことで気持ちが楽になります。

友達に相談するのも良いかもしれませんが、逆に落ち込んでしまうこともありました。

しかし友達がグループで楽しく遊ぶ機会を作ってくれて、気持ちが少しずつ落ち着きました。

でももし最初に泣くのを我慢していたら、いつまでもモヤモヤを引きずって、友達の好意も楽しめなかったかもしれないと今でも思います。

40代前半/専業主婦/女性

どん底まで到達した後、女友達に電話して失恋の一部始終を話す

まずは自宅で一人っきりになって思いきり泣きます。大声を出して泣いても気にしません。

そのときに悲しい歌、落ち込むような曲などをBGMにすると悲しみが増します。とにかく「自分は世界で一番不幸な女」と感じるまで続けます。

そして悲しみがどん底まで到達した後、女友達に電話し、失恋の一部始終を話します。女友達は第三者的な立場で私の話を聞いてくれます。そして私の話が終わった後の「彼だけが男じゃないよ」という彼女の言葉を聞く頃には、不思議と私自身の心も落ち着き始めます。

多分1日だけでは収まらないかもしれません。その場合は翌日も同じことをします。前の日より涙の量が減り、悲しみも薄れていることに気がつきます。

そしてこれを2、3日繰り返す頃には出る涙もなくなり、失恋の相手のことを考える時間も減ってきます。

50代後半/マスコミ系/女性

悲しい旋律の音楽を聴くなどして枯れるまで泣く

極論を言えば、時間の経過でしか解決出来ないと思いますが、取り敢えずは、自分と類似したあらすじの映画や小説を嗜んだ経験があります。

涙が出てきたら流したいだけ流し、ついでに悲しい旋律の音楽を聴くなどして、枯れるまで泣くくらいのつもりでとことん泣き腫らします。

そうすれば、自分の感情に素直になれた分、案外スッキリします。

30代後半/サービス系/女性

「何日までは落ち込む!」と決めて、とにかく泣く

私は一人暮らしだったので自宅で気が済むまで泣きます。失恋ソングを聴いたり、ネットで同じ境遇の人の体験談を読んだりして泣きます。

ずっと泣き続けても気が重く暗くなってしまうから「何日までは落ち込む!」と決める事がポイントです。

あとは欲しかった服や鞄を買ったり、好きな物を食べて、とにかく自分を甘やかすことで立ち直るようにしています。

自分で自分を満たしてあげる事が大切だと思います。

30代前半/メーカー系/女性

【2位】失恋(恋愛)ソングを聞く・歌う

失恋(恋愛)ソングを聞く・歌う

前向きになるまで失恋ソングを聞いて過ごす

当時、お付き合いしていた方と結婚を考えていたのですが、将来の方向性のすれ違いから別れることになりました。

大好きだったので暫く辛く、失恋ソングを聞きながら彼との思い出に浸っていました。

しばらく引きずっていたのですが、新しい人との出会いを見つけようと前向きに思うようになり、新しい出会いの中で過去の恋愛を整理することができました。

30代前半/専業主婦/女性

前向きになる曲を聞く

失恋ソングを聞いたらどんどん落ち込んでいったので、「これから恋が始まる」と前向きになる曲ばかり聴いていました。

ミスチルのシーソーゲームなど、失恋しても立ち直れるメッセージ性が込められている曲をリピートしていました。

すると「次はこんな人と出会いたい!」という希望が生まれて、次の恋が楽しみに感じ、立ち直ることができました。

20代後半/IT・通信系/女性

失恋ソングを聞いて泣きまくる

友達以上恋人未満な関係が続き、私はクリスマスの日に告白をしようと決めて彼に「伝えたいことがあるので〇〇で待ってます」と送信。

「わかった」と返事が来てほっとしたものの、一時間待っても来なかったので帰ろうとした時、大好きな彼が楽しそうな顔をして女性と二人で歩いているのを見てしまいました。

ショックと怒りで走って逃げて、失恋ソングを聞いて泣きまくって、泣き疲れてそのまま寝てしまいました。

泣いてすっきりしたのか、次は怒りがこみ上げてきて吹っ切れました。

20代後半/専業主婦/女性

失恋曲を聞いて良かったこと悪かったことを思い出す

わざわざ感情を抑える必要ありません。泣きたいなら泣いても良いと思います。

失恋曲を聞いて良かったこと、悪かったことを思い出して、スッキリ気分を発散しましょう。

こうしてどんどん自分を納得させ、自分の欠点を出来るだけ改めてもっと立派な人になるよう、頑張りました。

30代後半/IT・通信系/女性

ひたすら失恋ソングを聞いたあと新しい恋を見つける

好きな人から振られて凄く傷つきました。もう何をしても楽しくないし落ち込むし、食欲もなくなるくらい何もしたくなかったです。

そんな時、私はひたすら大好きな失恋ソングを聞いて歌って沢山泣きました。

少しずつ傷が癒えてきたら、新しい好きな人を見つける為に色んな男性と話す機会を増やして、好きだった人を忘れるようにしていました。

20代後半/専業主婦/女性

カラオケに行って熱唱する!

振られたときはモヤモヤしてしまいがちでした。

そんなときは一人カラオケに行って、声が枯れるくらい歌いました。ちょっと涙する曲も気にせず歌い、友人の前では恥ずかしくて歌えないような失恋の歌も歌って、終わる頃にはなぜかスッキリして帰ることができました。

一人カラオケは何度同じ曲を歌ってもいいので、ここで未練を全て出し切っていました。

30代後半/サービス系/女性