片思いで失恋…同じ経験を持つ男性100人が立ち直った方法

片思いが失恋に終わった時は言葉では言い表せないくらいに辛いですよね。何もやる気が起きず自暴自棄になってしまうことも…

時間が解決してくれるとは思っていても、何か行動をして立ち直るきっかけを探している方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による片思いで失恋した時の立ち直り方を体験談と共にご紹介しています。

片思いで失恋した時の対処法ランキング

片思いで失恋した時の対処法ランキング

まずは、片思いで失恋した時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた片思いで失恋した時の対処法』によると、1位は『誰かに会う・話を聞いてもらう』、2位は『予定を詰め込む・何かに没頭する』、3位は『美味しい物を食べ、ゆっくりする』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた片思いで失恋した時の対処法

男性100人に聞いた片思いで失恋した時の対処法

男性100人に聞いた片思いで失恋した時の対処法では、1位の『誰かに会う・話を聞いてもらう』が約26.2%、2位の『予定を詰め込む・何かに没頭する』が約21%、3位の『美味しい物を食べ、ゆっくりする』が約16.2%となっており、1~3位で約63.4%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で片思いで失恋した時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】誰かに会う・話を聞いてもらう

誰かに会う・話を聞いてもらう

異性の友達に電話をして話を聞いてもらう

大好きだった人に告白するも、「元カレと似ているから、結末が見えるから付き合うことが出来ない」と言われました。

なんともやりきれない思いになったのですが、彼女から「別に嫌いではないから、友達としてなら続けたい」と言われ、ついついその言葉を受け入れてしまいました。

失恋はしたものの、会社帰りに待ち合わせをして、2人で食事に行ったり、休日にお出かけしたりと、なんとも奇妙な期間を1年ちょっとも続けてしまいました。

仕事のストレスを彼女で定期的に癒されていたので、それで気持ちも落ち着いて立ち直ったといえば立ち直りました。

私のケースは特殊ですので、異性の友達に話を聞いてもらうのが現実的な解決法だと思います。

40代前半/自営業/男性

友人との時間を増やしてカラオケで熱唱したりする

私は失恋してツラかった時期、友人との時間を増やして、飲みに行ったり、カラオケで熱唱したり、なるべく思い出さないようにしました。そうしている間に、吹っ切れて立ち直りました。

今にして思えば、当時の彼女を大切にできていない部分も多かったので、次の恋愛の際に気を付けていき、今は結婚して幸せな家庭を築けています。

30代前半/メーカー系/男性

仲の良い友人と飲みにいく

大好きだった職場の先輩に意を決して告白したところ、「今は彼氏とかいらない。」と言われ振られてしまいました。

相当ショックだったので、自分から友達を飲みに誘い、話を聞いてもらい吹っ切れました。

仲の良い友人と飲んで、お互いの近況を話したり聞いたりすることでスッキリしました。

20代前半/自営業/男性

一番仲のいい友人と外で買い物や食事をすること

私は失恋したらすぐ次の人に進んだほうが立ち直れますが、タイミングによっては次に進みたいけど相手がいないということもあると思います。

そんな時は、一番仲のいい友人と外で買い物や食事をすることで忘れることができると思います。

好きなものを沢山食べて、好きなものを沢山買うことでモチベーションにも繋がると思います。

20代前半/大学生/男性

友人を誘い居酒屋で失恋話を聞いてもらう

サークルの仲間だった女性に片思いしていたのですが、同じサークル内の先輩と付き合い始めたことを知り、大きなショックを受けました。

週末、私は友人を誘い、居酒屋で失恋話を聞いてもらいました。その晩は居酒屋からスナックへとハシゴをして、泥酔するまで飲み明かしました。

そして、1か月位サークルの集まりを休んで、仕事に集中したのです。

久しぶりにサークルの定例会に出た時は、彼女を直視できませんでしたが、時間が経つにつれて、会話もできるようになって行ったのです。

今も思い出すと胸がキュンとしますが、若い頃の良い思い出になりました。

50代前半/サービス系/男性

友達に相談して笑い飛ばしてもらった

片思いしていた人に彼氏ができたと聞き、喪失感のようなものでいっぱいでした。

そこで共通の友達に相談し、笑い飛ばしてもらいました!鉄板ですが、相談って助けになることもあります。

相談する人がいなかったら、とにかく気を紛らわせることを見つけるかと思います。

20代前半/サービス系/男性

【2位】予定を詰め込む・何かに没頭する

予定を詰め込む・何かに没頭する

考えないために予定を詰め込み友達と遊ぶ

とりあえず考えないために、予定を詰め込み友達と遊ぶようにします。

可能なかぎりお酒を飲みながら楽しいことを考えるようにして、立ち直るようにします。

あとは友達や知人に女の子を紹介してもらい、新しい恋愛を始められる環境を積極的に作るように行動します。

時間が解決してくれるのを待ちながら、前向きにいろいろアクションを起こすに限ります。

30代前半/商社系/男性

相手のことを考えられる余裕がないように予定を詰め込む

大好きだった人に恋人ができて、何もできないまま失恋しました。

最初はめっちゃ泣いていました。当時は高校生だったので学校にいる時間が苦痛でしたが、バイトを増やして放課後は予定を詰め込みました。

学校にいるときはひたすら勉強に没頭していたおかげで、学年一位が取れました。

お金も貯まったし、ある意味良かったのかと思っています。

20代前半/流通・小売系/男性

勉強やスポーツに没頭する

好きな人に告白して断られた時は本当にショックで、何もする気が起きませんでした。

学生時代だったので、これから会った時の対応の仕方も分からないし、クラスも同じだったので気まずくなるのが怖かったです。

実際は相手も優しく素敵な人で、普通の関係を続けることが出来ましたが、少しでも忘れるために、勉強や部活動に今まで以上に頑張って打ち込みました。

勉強を頑張ったおかげで、学力も上がったので感謝しています。

20代前半/自営業/男性

何かに打ち込んだり挑戦したりする

高校生の頃、大好きになった人に告白するも断られたことがありました。

そのときは「仕方ないよね」と感じていましたが、しばらく経ってクラスが変わり、交流がなくなると、心にぽっかり穴が開いて、彼女のことを思い出して泣いたこともありました。

しかし、大学入試の時期だったので、他のことを何も考えずに勉強に打ち込んだ結果、その一年間は彼女のことを忘れることができました。

また、大学に入学してからも新たに予備校講師のバイトや、様々な人と交流するサークルに挑戦したり、常に新鮮な体験をすることで気が逸れ、失恋を忘れることができたと思います。

20代前半/大学生/男性

仕事・趣味で多忙な日々を送ること

とにかく趣味に没頭することを考えました。仕事以外の時間は、健康に気を使いながら、趣味の時間を増やすことを実践しました。

自分が好きだと感じる物に片っ端から取り組むことで、仕事・趣味で多忙な日々を送ることができます。

失恋の際は、悔しさからの立ち直りが必要です。相手を後悔させるくらいの気持ちで、自分の人生を思いっきり楽しみます。

20代後半/サービス系/男性