片思いで勘違い…同じ経験を持つ男性100人のエピソード

片思いをしていると「もしかして相手も自分の事が好きなのかな?」と、両想いを期待したのに勘違いだったということもありますよね。絶対に恋人関係に発展すると思っていたのに辛い経験をした方も多いのではないでしょうか?

両思いだと勘違いをして焦ってしまいたくないからこそ、よくある勘違いのエピソードを知りたい方も多いはず!

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による片思い中の勘違いエピソードを体験談と共にご紹介しています。

片思い中に両思いだと勘違いした行動ランキング

片思い中に両思いだと勘違いした行動ランキング

まずは、片思い中に両思いだと勘違いした行動ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた片思い中に両思いだと勘違いした行動』によると、1位は『思わせぶりな態度をとられた』、2位は『関心を向けられた』、3位は『デートに誘われた・応じてくれた』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた片思い中に両思いだと勘違いした行動

男性100人に聞いた片思い中に両思いだと勘違いした行動

男性100人に聞いた片思い中に両思いだと勘違いした行動では、1位の『思わせぶりな態度をとられた』が約30.3%、2位の『関心を向けられた』が約13%、3位の『デートに誘われた・応じてくれた』が約12%となっており、1~3位で約55.3%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で片思い中に両思いだと勘違いした行動を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】思わせぶりな態度をとられた

思わせぶりな態度をとられた

その気があるようなLINEをしてきた

「私のようなタイプは、彼女からは絶対に好意を持たれないであろう」と確信していたため、彼女のことは友達としか見ていませんでした。

そんなある日、突然その子からLINEがきました。どうやら同じLINEのゲームをしていたみたいで、その事でメッセージが来て、それからゲームランキングが変わる度にお互いのやり取りが盛り上がりました。

すると彼女は段々甘えるような発言をし始め、私も嬉しくなり、最終的にはまるでカップルのようなやり取りにまでなったのですが、それから数日後、友達の一人が彼女と付き合うようになったと知り、ただの勘違いだったんだなと我に返りました。

20代前半/大学生/男性

「今度ドライブ連れてってください」と手を握りながら言われた

仲のいい年下の女の子に「今度ドライブ連れてってください」と手を握りながら言われました。

もしやと思っていたのですが、その子のインスタを見ると彼氏と映っている写真がありました。

なぜ彼氏がいるのに誘ってきたのか調べてみた結果、その女の子は大きい車が好きみたいで、私の大きい愛車に興味を抱き、ドライブしたり、写真を撮りたかったようでした。

20代前半/サービス系/男性

一緒にいると楽しいと言われた

コンパで出会った女性と意気投合し、一緒に遊びに行くうち、「〇〇さんと一緒にいると楽しいし落ち着く」と言われるようになりました。私は完全に付き合いたいと思っており、いつ告白しようと考えていました。

そんな中、遊びに行った際に途中で疲れて眠くなってしまった私に、彼女は「休んでいいよ」と言って肩を貸してくれました。この時、「ああ、彼女は絶対自分のことを気に入ってくれている」と思い、次回告白しよう!と考えていました。

しかしその日の帰りにメールを送ると既読にならず、そのまま連絡が取れなくなってしまいました。

その時に自分が舞い上がっているだけで、相手はそんな気がなく、多分こちらに気があるのを感じ取って、距離をとったのだなと気づきました。

30代後半/メーカー系/男性

毎日、自分の自転車の隣に彼女の自転車が駐車されてた

高校生のとき、クラスメートの女子に片想いをしていました。

当時、私は自転車通学をしていたのですが、毎日私の自転車の隣に、ピンクと紫のツートンカラーの自転車が必ず置いてあることに気づきました。

誰の自転車だろう?と思っていたある日、その自転車の持ち主が、片想いをしている女子だとわかりました。

その日以降も私の自転車の隣には彼女の自転車がずっと置かれていたのですが、結局進展はありませんでしたね。

あれは単なる勘違いだったのか、それとも両思いのすれ違いだったのかはいまだに不明です。

40代前半/専業主婦/男性

間接キスになるようなペットボトルの勧め方をしてきた

新発売のペットボトルを飲んでいた彼女に「それ新商品だよね?美味しい?」と聞いたら、間髪入れず「飲んでみます?」と勧められました。

「えっ?」と思いつつ、一口もらって「美味しいね」とペットボトルを返すと、彼女はそのままグビグビ飲んで、「ねっ、美味しいでしょ!」とニッコリするので、コレって脈ありかなと思ってたんですよ。

その後も会社の帰りに食事や飲みに行ったりしてましたが、休日にデートに誘うと、「明日から彼氏と旅行なんで、また誘ってくださいね!」だって。

彼氏居たのかよ(笑)!勝手に期待したのはこっちだけど、間接キスとか彼氏が知ったら暴れるぞ?と思いました。何も考えて無い無神経な女性って怖いです。

20代後半/自営業/男性

一目惚れしたと言われて何度かデートを繰り返した

彼女とは学生の頃、Twitter上で「友人の友人」として知り合いました。

彼女はTwitterで私の写った写真の投稿を見て、「かっこいい」と一目惚れをしてくれたそうで、友人を通して連絡先を求められました。

その後連絡を取り合い、デートを幾度が重ねて手を繋ぐまでになりました。

クリスマスの日に彼女のバイト先まで迎えに行って告白をするも、フられてしまいました。どうやら彼女に気に入ってもらえたのは、私の外見だけだったようです・・・。

20代前半/医療・福祉系/男性

【2位】関心を向けられた

関心を向けられた

好きな人が他のメンバーとの会話中、自分の名前をあげてくれた

学生時代の話です。当時親しかった女友達はよく仲良し三人組でいるのですが、僕はその中の一人に片思いしていました。でも女友達以外の二人とはほとんど話したことはありませんでした。

そんなある時、女友達がいつものように三人で駄弁っていたところ、話の中で片思いの彼女が僕の名前をあげたというのです。話したことがほぼない僕の名前がなぜ出たんだろうと思いました。

僕は「仲良くなれるんじゃないか?気があるんじゃないか?」と思ってしまいましたが、よく話を聞いてみたら「遊びに行く人数を増やすため」と「リスペクトしているからあげた」ということでした。

名前があがっただけで、その後は結局、音沙汰ありませんでした。

20代前半/自営業/男性

頻繁に目が合う

高校生の頃、同級生に気になっている子がいました。通学バスが一緒で、気になるのでチラチラ見ていました。

そのうち、頻繁に通学バス内などで目が合うようになりました。これはもしかして、彼女もこちらに気があるからなのでは?と思って期待してしまいました。

でも後になって、向こうは「なんでチラチラ見られるんだろう」と、怪訝な感じで私を見ていたということを友達づてに聞き、恥ずかしくなりました。

30代前半/金融・保険系/男性

距離感が近いし、すごく話しかけてくる

高校生の頃、ずっと片思いをしていた人がいました。その子は学年で一番かわいい女の子で、いつかこの子のハートを撃ち抜こうと必死でした(笑)

当時はなぜだか、自分には撃ち抜けるという自信しかなかったのです。何故なら、彼女のほうからいつも話しかけてくるし、ボディタッチしてきたり、顔の距離も近いし、「絶対、彼女は俺のことが好きだ!」と思っていました。

「よし、もう両思いだから告白して付き合える!」と思って、放課後、学校の階段で「たぶん君も僕のこと好きだと思うけど、僕も好きなんだ」と告白しました。すると、彼女は「隣の席だから話してるだけだし、お前話してるとき顔近いよ」と強めの口調で振られました。

この瞬間、完全に自分の思い違いだということに気が付き、それから高校生の間は彼女が作れませんでした(笑)恥ずかしくて情けなくてたまらなかったですね…。

20代後半/サービス系/男性