片思いを実らせる方法は?男性100人が実践するテクニック

片思いをしていると「なんとかこの恋を実らせたい!」と誰もが思いますよね!それにも関わらず、上手に距離を縮めることが出来ずに悩んでしまう事もあるのではないでしょうか?

恋愛においては多少のテクニックやセオリーが存在しているからこそ、片思いを実らせる方法があれば知っておきたいかも多いはず!

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による片思いを実らせる方法を体験談と共にご紹介しています。

片思いを実らせた方法ランキング

片思いを実らせた方法ランキング

まずは、片思いを実らせた方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた片思いを実らせた方法』によると、1位は『こまめに会う・話す』、2位は『相手のペースや好みに合わせる』、3位は『さり気なく距離を詰める』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた片思いを実らせた方法

男性100人に聞いた片思いを実らせた方法

男性100人に聞いた片思いを実らせた方法では、1位の『こまめに会う・話す』が約21.5%、2位の『相手のペースや好みに合わせる』が約20.8%、3位の『さり気なく距離を詰める』が約19.3%となっており、1~3位で約61.6%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で片思いを実らせた方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】こまめに会う・話す

こまめに会う・話す

積極的にメッセージを送って話す

私の片思いした相手は、同じ大学で同じ学科に所属していた女性でした。

連絡先を交換した私は、彼女に積極的にメッセージを送って話すようにしました。何かあるたびに「今日、こんなことあったよ!」と伝えたり、夜、時間があったら電話に誘ってみたり、登校時間が同じ時は一緒に行かないか誘ってみたりしました。

すると、初めは連絡が遅かった彼女も、段々と早く返してきてくれるようになり、親密度が増していったように思いました。

そんなある日の帰り道、彼女の方から告白してくれました!

片想いの相手や気になっている相手には、とにかくメッセージを送って距離を縮めていくといいと思います!電話は、特におすすめです!

20代前半/大学生/男性

相手が通りそうな場所にいて話すきっかけを作った

相手は同じサークルの後輩の女の子でした。なかなか声をかけるタイミングが掴めなかったのですが、サークルの練習場所から帰路に着くにはホールを通らなければならないと気づいたので、ホールにあるベンチでケータイを見ながら待機し、彼女が通ったら「おつかれさま」と言うようにしてました。

そのうち、会話するようになり、付き合うまでに至りました。

相手の通る場所に自然にいるというのは有効です。

30代前半/金融・保険系/男性

毎日連絡を取り続け、お互いの事をLINEで知っていく

マッチングアプリで知り合った相手でした。毎日連絡を取り続け、お互いの事をLINEで知っていきました。

徐々に仲良くなってから、お互いの写メを送りあったりもしました。

1番はお互いの価値観が大事だと思います。初めて会った時は恥ずかしかったですが、必ず相手の目を見て会話し、相手に「私と付き合ったらこんな感じ」とイメージしてもらえるようなやりとり意識してみました。

20代後半/商社系/男性

同じ時間を大切にした

高校に入学してすぐに一目惚れしてしまった女の子がいました。私はすぐにその女の子と同じ委員会に所属し、毎日「一緒に帰ろう」と提案していました。

幸い、会話に花が咲き楽しい時間を過ごせていましたし、帰路が同じ方面だったのがよかったのかもしれません。電車内では隣り合って座ったときに肩がふれ合うだけでドキドキしていたのを覚えています。

入学から一ヶ月後の5月、その日も彼女の乗換駅まで見送りしていたんですが、彼女から「わたし、◯◯くんのことが好きかもしれない」と言われたのです。丁度、通過した電車の音に掻き消されながらも、その声は僕の心に届いていました。

そのときは動揺して聞き返してしまい、彼女も「なんでもない」とはぐらかしたので、後日、僕の方から告白をし、晴れて付き合うこととなりました。

片想いだと思っていたので、まさか相手から告白されるとは思ってもみませんでしたが、短い期間の間にしっかりと相手と時間を共有したことが功を奏したのだと思います。

20代後半/流通・小売系/男性

積極的に声を掛けたりお願い事をしたりして距離を縮める努力をする

私がやっていたテニスの同好会に初めて来た彼女に一目ぼれしました。

彼女はほとんど初心者だったので、私は積極的にコーチを申し出て、少しずつ彼女との距離を縮めました。

グループで宿泊を伴う合宿などを計画したときも裏方をお願いし、買い物などに付き合ってもらいながら少しずつ私の気持ちに気づいてもらうよう努力し、タイミングを見計らって告白しました。

最終的に彼女と結婚し、間もなく23年となります。

50代前半/専業主婦/男性

【2位】相手のペースや好みに合わせる

相手のペースや好みに合わせる

相手のペースでアプローチ

片思いの時なので、相手が自分のことを好きかわからない状態で不安だと思いますが、あまりに強引なのは相手にとって居心地がよくないと思うので、相手のペースに合わせて連絡をとるようにしました。

LINEなども返信がないことを前提に送り、期待しすぎないようにします。ただし相手からのLINEにはちゃんと返信するなどをしているうちに、会ってもらえる機会が増えました。

もちろん自分のペースも考えながら相手に合わせてはどうでしょうか。

30代後半/IT・通信系/男性

話の聞き役に徹すること

彼女(今の妻)とは同じ職場の同僚でした。彼女には当時、付き合っている相手がいたのですが、どうやら恋人に対して悩みを抱えていて、よくその彼氏の愚痴を話していました。

初めはとにかく話を聞いてあげようと思い、聞き手に徹していたのですが、やがて彼女は私に対して好意を抱いてくれるようになりました。

結果、付き合うようになり、結婚にまで至りました。

なので、とにかく聞き役に徹する事がおすすめです!

40代後半/医療・福祉系/男性

彼女の悩みをとにかく聞いた

彼女は同じ職場の同期でした。同い年で、お互いによく話すタイプてしたので、同期会と称してよく二人でご飯にも行ってました。

最初は片思いだったのですが、常に彼女の悩みを聞いてあげることで次第に距離を近づけることができました。

そして、「二人でクリスマスを過ごさない?」と聞き、いいと言われたことで告白に踏み切り、無事に付き合うことができました!

20代前半/メーカー系/男性

とにかく彼女を大切にすること

片思い相手はシングルマザーでした。きっかけはネットゲームで知り合って、何度か連絡を取っているうちに居心地が良いと気づいたからです。

それから何度か時間をかけて話をしているうちに、彼女から悲惨な過去を持っていることを打ち明けられました。

だから私は「自分は彼女の本当の彼氏でいよう!そして彼女に本当の「彼女」というものを教えてあげよう!」と思い、可能な限り彼女のやりたいことを叶えてあげて、彼女の笑顔を見るためなら何でもしました。

そうしたら向こうから好意を伝えられ、年の差14歳ではありますが、カップルが誕生し、その後、夫婦になりました!子供も私になついてくれていて物凄く可愛いです!

30代後半/IT・通信系/男性