片思い相手を振り向かせる方法は?男性100人が実践した方法

片思いをしていると「なんとか彼女を振り向かせたい!」と誰もが思いますよね!それにも関わらず、上手に距離を縮めることが出来ずに悩んでしまう事もあるのではないでしょうか?

恋愛においては多少のテクニックやセオリーが存在しているからこそ、片思い中の彼女を振り向かせる方法があれば知っておきたいかも多いはず!

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による片思い中の彼女を振り向かせる方法を体験談と共にご紹介しています。

片思い相手を振り向かせた方法ランキング

片思い相手を振り向かせた方法ランキング

まずは、片思い相手を振り向かせた方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた片思い相手を振り向かせた方法』によると、1位は『相手に寄り添う・支えになる』、2位は『しつこくアタックし続ける』、3位は『こまめにアプローチする』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた片思い相手を振り向かせた方法

男性100人に聞いた片思い相手を振り向かせた方法

男性100人に聞いた片思い相手を振り向かせた方法では、1位の『相手に寄り添う・支えになる』が約30.3%、2位の『しつこくアタックし続ける』が約20.1%、3位の『こまめにアプローチする』が約18.7%となっており、1~3位で約69.1%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で片思い相手を振り向かせた方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】相手に寄り添う・支えになる

相手に寄り添う・支えになる

彼女の相談相手になった!

片思いしている相手がバイトの後輩だったので、バイト中にとにかくたくさん話をするようにしました。

するとその子には彼氏がいることがわかりました。どうしようか悩んだ結果、私はその子の恋愛相談に乗ることにしてチャンスを待ちました。

2ヶ月後くらいにその子から、「彼氏と別れた、寂しい」と相談があり、寂しさを紛らわすため一緒にいることが多くなり、タイミングをみて告白すると、「私も好きだよ」と言ってくれました!

20代前半/大学生/男性

相手の意見に同調しまくった

とりあえず相手の意見に同調し、悩みがある場合などは自分が何をどう思おうと、とりあえず共感しまくりました。

片想い中の子に彼氏ができても、態度を変えたりせず、むしろその彼氏を思いっきり誉めました。

誉め続けていると彼氏の不満がちょいちょい溢れてくるので、それにも共感し「自分はそんなことしないけど」的なことを遠回りに言ったりしていったらうまくいきましたね(笑)。

20代後半/サービス系/男性

相手の気持ちや行動を考えて接する

私は相手の気持ちや行動を考えて接するようにしていました。

具体的には、一緒に歩く際には彼女に歩道側を歩かせるとか、ベンチや長椅子に座る時は、砂や汚れを振り払ってから座らせる、突然雨が降ってきたときに瞬時に傘を差し伸べるなど、相手のことを一番に考えていました。

その結果、さりげない優しさが伝わったおかげか、相手の方から好意を寄せてもらえて、無事にお付き合いができました。

20代前半/大学生/男性

彼女が参加するイベントを見に行って応援したり感想を伝える

片思い相手は同じ高校のクラスメイトでした。容姿端麗でクールな彼女は近寄りがたい雰囲気でしたが、ミュージカルの養成所に通っていて、歌やダンスをいろいろな場所で披露していたので、私はその都度、会場に足を運び応援しました。

ある時、公演会で準備中の彼女と話す機会があったのですが、本番前だからかとても緊張した面持ちでした。私は「君なら大丈夫。いつも通り楽しんでね。いつでも君を応援している」とエールを送りました。すると彼女は今まで見せたことが無いほどの笑顔を見せてくれました。その後の公演会は大成功で、この一件以降、彼女とのLINEのやり取りも砕けた感じになり、距離が縮んでいきました。

そして卒業式の後、私は満を持して告白しました。彼女は喜んでくれましたが、「本格的なミュージカルの養成所に行くから恋愛はできない」と振られてしまいました。

しかし彼女とは今でも良き友人で、公演会を見に行く仲です。交際が出来るか否かという点では失敗だったかも知れませんが、高嶺の花であった彼女と絆を深められたことは私にとって大きな成功体験でした。

片思いの彼女が何か大会やイベントに参加するときは、それを見に行って応援したり、感想を伝えるのは相手にとってうれしいし貴重な話のネタになるので良いと思います!

20代前半/大学生/男性

頻繁に彼女の相談を受ける

片思いのきっかけは、高校の時、最初の席が隣でよく話すようになったとこから「いいな」と思うようになりました。

しかし恥ずかしくてなかなか好きだと言えなかったため、彼女の元気が無さそうに見えた時に、積極的に「どうしたの?大丈夫?」と声をかけることで交流を図っていました。

そして、普段から「俺、自分から好きとか言うの苦手なんだよね・・・」等、アピールした上で、最後は相談にのりつつ勇気を出して告白しました。

やはり親身になって相談を受けること、普段絶対に言えないことをアピールしておきギャップを生むことは大切だと思いました。

20代前半/大学生/男性

彼女のピンチを救った

仕事で細かいミスは殆どない彼女ですが、その日は女の子の日で体調がすぐれなかったらしく、いつもより顔色も悪かったので、プレゼンを休んでいるように伝えました。ところが彼女は「自分の案件だから」と気丈にふるまい、先方との取引へ向かいました。

それから10分程して、彼女がプレゼン用の資料の一部をデスク上に置き忘れて行ったことに気づき、資料を持って後を追いかけました。

私が到着した頃、彼女は既にプレゼンを始めており、資料を探している様子でしたので、私は何食わぬ顔をして、初めから持ってくる指示を受けていたかのようにふるまいながら入室し、そのままプレゼンに加わり、2人で見事に成功を収めました。

そのことがきっかけで、彼女も私のことが気になり出したらしく、ランチやディナーに出かけるようになり、私から告白しOKをいただきました。

普段から相手の様子を気にかけ、いざという時は支える姿勢こそが結果につながったと信じています。

30代前半/サービス系/男性

あまり自分の主張はせず聞き役に徹した

とにかく「良い人」と思ってもらえるように行動することを心がけていました。

連絡を頻繁に取っていたのですが、あまり自分の主張はせず聞き役に徹して、「何でも相談しやすい、言いやすい」と思ってもらえるようにしました。そうすることで結構濃密な連絡も取れますし、かなり相手のことも知れると同時に、距離感も縮めることができます。

何回かごはんにいき、さらに仲良くなり告白したら成功しました。

聞き上手になることが有効だと思いました。

20代前半/自営業/男性

【2位】しつこくアタックし続ける

しつこくアタックし続ける

しつこいと思われる程猛アプローチを続けた

学生時代、隣のクラスの子に一目惚れをしてしまいました。とにかく可愛らしい子で話した事もなかったですが、当時、SNSが流行り始めていたのでそこから繋がりにいきました。

一方的に連絡をしていたのですが、相手は少し素っ気ない感じ。しかし、負けじと「学校終わってから遊ぼう」、「映画見に行こう」などしつこく誘っていった結果、ようやくデートまで行きつけました。

一回目のデートでは告白せず、とにかく良い恰好をしてその日は解散しました。するとその夜、初めて相手から「楽しかった。また遊ぼう」と連絡が来ました。

そして二回目のデートの帰り道、告白に成功。彼女からも「あんだけアプローチされたら気になるわ!」と言われました。笑

相手にもよりますが、女性の8割近くは猛アプローチに弱いので(自分調べ笑)、この方法はお勧めです!デートまで持っていけたら、後は自分の腕次第です!

20代前半/自営業/男性

しつこくアタックする

同じ職場の後輩を好きになり、初めは嫌われたらどうしようなど考えて、あまり積極的にはなれませんでしたが、後悔はしたくなかったので、しつこいくらいアプローチをしました。

初めはご飯だけでしたが、色んなところに誘いデートもし、何回かデートを重ねてアタックしたところ、オッケーをもらいました。

当たって砕けろではないですが、人生に後悔したくなければぐいぐい行くべきだと思います。

30代前半/流通・小売系/男性

素直に何回も気持ちを伝えた

振り向いてもらうためには「如何に相手のことが好きか」を素直に何度も伝えたほうが良いと思います。気持ちを伝えることで自分も楽になりますし、相手も「これだけ想ってくれるなら…」と気にしてくれると思います。

実際に初めは「ただの良い人」だったのが、会うたびに気持ちを伝えたことで、相手からも気持ちを伝えてくれるようになりましたし、一緒にいて居心地が良くなりました。

少しでも一緒に居たいなら、気持ちを伝えるのが良いと思います。

30代前半/自営業/男性

とにかくたくさん会って、たくさん話して猛アピールした

とにかくたくさん会って、たくさん話して相手の趣味とかにも合わせたりしました!たくさんプレゼントも贈り、猛アピールしました!

その甲斐あってか、徐々に距離を縮めることができ、お台場デートで告白をしてOKももらえました!

割と長いことアピールしたので、彼女が根負けしたような形とはなりましたが、今はお互い幸せです!

30代前半/サービス系/男性