片思いの男性と電話したい…!女性100人が実践する注意点

片思いをしていると「電話をしたい!声が聴きたい!」と思う事もありますよね。特に会えない時期など、片思い相手との電話が唯一の幸せな時間に感じることも多いはず!

しかし、電話が負担になって欲しくはないからこそ、片思いの男性と電話をする際の注意点やコツ、アドバイスを知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による片思い相手と電話をする際の注意点やアドバイスを体験談と共にご紹介しています。

片思い相手に電話する時の注意点&テクニックランキング

片思い相手に電話する時の注意点&テクニックランキング

まずは、片思い相手に電話する時の注意点&テクニックランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた片思い相手に電話する時の注意点&テクニック』によると、1位は『事前にかけてもいいか確認する』、2位は『相手の都合に合わせること』、3位は『可愛い演出・気楽な雰囲気作り』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた片思い相手に電話する時の注意点&テクニック

女性100人に聞いた片思い相手に電話する時の注意点&テクニック

女性100人に聞いた片思い相手に電話する時の注意点&テクニックでは、1位の『事前にかけてもいいか確認する』が約26.9%、2位の『相手の都合に合わせること』が約24%、3位の『可愛い演出・気楽な雰囲気作り』が約12.9%となっており、1~3位で約63.8%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で片思い相手に電話する時の注意点&テクニックを体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】事前にかけてもいいか確認する

事前にかけてもいいか確認する

いきなり電話を掛けずに一言メッセージを送る

突然電話が掛かってくると、心の準備も出来ないし、その時にしている事の全てを中断しなくてはならず、いきなり割り込まれる感覚があります。

なので、相手の都合を考えて、「今電話してもいい?」と必ずメッセージを送ってから電話をすると良いと思います。

或いはあらかじめ、「今日は何時頃電話したいんだけどいいかな?」と時間の約束を取り付けておけば、食事やお風呂などの予定を調整出来て良いと思います。

自分の都合だけではなく、相手の都合も考えて、優先して、思い遣る気持ちが大切だと思います。

40代後半/IT・通信系/女性

電話していいかの確認をしてから電話する

人それぞれかと思いますが、私は連絡を頻繁にとりたいと思うタイプなので、事前に伝えることは大切ではないかと思います。

そこで、ラインなどをしているときに、電話していいかの確認をしてから電話します。

ラインを長く続けてくれている時点で好意があるかの確認ができるし、疲れているようであれば連絡をやめることもできます。

付き合うまではやはり気を使うべきだと思いますし、こちらも連絡をとる頻度を相手に伝えられる期間だと思います。

30代前半/流通・小売系/女性

相手が今電話できる状況か、このあとの予定は大丈夫かをしっかり確認する

好きな人に電話をするときは、嬉しいという気持ちが大きくなりすぎて、つい自分の感覚で電話をしてしまいがちなので、相手が今電話できる状況か、このあとの予定は大丈夫かをしっかり確認するのがいいと思います。

あとは長くなりすぎてもいけないので、時計を確認しながら電話をするのがいいと思います。

せっかくの機会なので、お互いに楽しい電話にしたいですね。

30代後半/流通・小売系/女性

電話をかける前にラインでいいかどうか聞く

彼に電話をするときは、邪魔にならないように、あらかじめラインを送って「何時ごろに電話するけどいい?」と聞くようにしています。

彼から「いいよ」と連絡があったら、その時間にかけるようにしています。

そうすると彼の邪魔にならないですし、彼に迷惑をかけることなくできるので、私も気持ちよく話ができます。彼の声が聞けるだけで満足です。

50代後半/自営業/女性

「今日電話していい?」と聞いておく!

あらかじめ電話したいと思った日に、今日電話したい旨と可能であれば何時ごろがいいか、事前にLINE等で聞いていました。相手に会えた場合は直接確認するようにしてました。

「何時頃いいよ」と言ってもらえたり、アピールにもなるかと思います。

いきなりかけて相手が出なかった場合、その後かけ直しに迷ったりするので、いつも気をつけていた部分です。

30代前半/専業主婦/女性

電話してもいいかアポを取る

まだ恋人関係ではない場合、電話して出てもらえなかった場合、「嫌われたかな?」と気になってしまうので、事前にアポをとっておいた方が安心です。

私はラインやメールが苦手なので、恋人にはよく電話をかけてしまいますが、あまり長くなりすぎないように緊急の電話でなければ、時間を決めて終わらせるようにしていました。

30代前半/サービス系/女性

先に今からかけても大丈夫か確認する

最初はメールで悩みの相談をしていたのですが、そのうちに直接話したくなって、「電話してもいい?今からかけても、大丈夫?」とメールして、返事が来たらかけてました。

特に用事もないのに、「何気に声が聞きたくなっちゃった」と伝えてましたね(笑)。

電話をすると楽しくて、時間を忘れてしまう程だったので、やっぱり直接話すのはいいなと思います。

30代後半/専業主婦/女性

電話する前にまずメッセージで相手の都合を確認する

彼氏が休みかどうかをまずLINEのメッセージで確認しました。

私は当時、自分から電話をかけるのが怖かったので、彼氏からかけてもらうようにしました。その電話で自分の悩みを打ち明けると、彼がどんどん落ち着かせてくれたので嬉しかったです。

20代前半/大学生/女性

予め相手の状況を聞いておく

彼と付き合う前は、3~4時間平気で話していることもありました。その当時お互い好きな気持ちはあったのですが、電話をすると相手の時間を割いてしまうため、必ず話し合ってから電話をかけるようにしていました。

お互い仕事で忙しくなってからは、メッセージよりも話した方が早い時に電話をしたり、不意に声が聞きたくなったら「5分でいいから声が聞きたい」とおねだりして、相手の迷惑にならないように気をつけています!

社会人カップルは時間に追われている人も多く、それが原因で喧嘩になることもあるので、予め相手の状況を聞いておくといいです!

20代後半/サービス系/女性

電話してもいいかメッセージで先に聞く

いきなりかけても話題がなくて盛り上がらなかったりするから、相手の好きな話題について「電話で話さないか」とメッセージを送るようにしています。

それから「何日の何時ごろに電話しよう」と日時まで決めると、あっちも予定を空けてくれるし、相手の話題だけじゃなくて近況とか他の話とかも自然とできるからいいと思います。

20代前半/流通・小売系/女性

事前に電話することを相手に伝えること

私はシフト制の仕事、彼はフリーランスなので、基本的には私の休みを相手に伝えて、大丈夫そうな日に電話をする約束をしています。

相手の仕事は不定期なので、こちらの都合でかけてしまうと相手は仕事中だったり、忙しかったりする可能性もあったので、急に電話をかけるのはお互いにストレスがかかるかなと思います。

事前に約束をすることで、そういった心配はなくなりますし、デート前のような気分になれます!

30代前半/金融・保険系/女性

事前にきちんと連絡をしておく

好きな人に電話をかける際は、突然かけないことをおすすめします。相手に「自分の都合しか考えない人だ」と思われかねないからです。

もし相手が仕事中であったり、誰かと食事の最中であったりすると、相手の時間を邪魔してしまうことになります。

「電話をしたい」、「声が聞きたい」など、事前にきちんと連絡をしておくと、きちんとしている印象を与えると思います。

20代後半/専業主婦/女性

事前に許可をとってから電話をかける

就活で忙しい頃、遠方の会社説明会に行く事があり、泊まりになる事もあったりしました。

彼とも中々会えないので、時間が出来た時を見計らったり、事前に許可を取って電話をしたりしていました。

近状報告をしたり、声を聞くだけの電話でもありましたが、その時は嬉しく、いつまでも切りたくないような大切な時間でした。

30代前半/専業主婦/女性

【2位】相手の都合に合わせること

相手の都合に合わせること

相手の寝る時間を把握し、切るタイミングを作る

私は学生なので、あまり時間を気にすることなくいつでも電話できますが、相手が社会人で働いていたので、寝る時間を越して電話を続けないようしていました。

いつも寝る時間を聞いていたので、その時間になりそうだったら「もう寝た方がいいね」と言って、いつも切るタイミングを作るようにしています。

また、電話を切る際は「電話ありがとね」、「仕事頑張ってね」などと言うようにしています。

20代前半/大学生/女性

相手の時間を奪う長電話はダメ!

元彼は電話が好きで、毎晩2~3時間電話をしていました。最初の頃は、好きな人と繋がれるということだけで嬉しくて、毎日長電話をしていました。

しかし1ヶ月ほど続けていると、電話の時間が束縛っぽく感じるようになり、窮屈で嫌になって別れてしまいました。

長電話は相手と時間を共有できる反面、通話中はずっと拘束されるので、しんどく感じることもあると思います。

それぞれのカップルにおいてちょうど良い時間の長さはそれぞれですが、電話は短い方がいいと思います!

20代前半/大学生/女性

ダラダラと話さない

一目惚れの男性と徐々に仲良くなり始めた頃にやっとできるようになったのが、電話です。

相手ととにかく話したい気持ちはありましたが、あまり長くダラダラ話していると、どうしても相手は疲れてきてしまいます。

相手が話してくれることに付き合うのは良いですが、自分から無理矢理付き合わせているように感じたときは、「時間大丈夫?」などと配慮を見せましょう。

30代前半/専業主婦/女性

相手の都合のいい時間に電話をかけてあげる

相手の都合のいい時間に電話をかけてあげるのがいいかなと思います。

そして、長時間の電話が嫌な人もいるので、相手の返事をよく聞いて引けるタイミングで電話を切ることが大事だと思います。

特に用事はないけど、どうしても相手の声が聞きたい時には、何らかの用件を見つけて適当に話し、最後に「実は声が聞きたかったから、口実作って電話かけた」と言うのもいいかもしれません。

20代後半/流通・小売系/女性

相手の事情や都合を想像すること

彼と付き合いたての頃、ついつい話が盛り上がり長電話になってしまいがちでした。

ついうとうとしてしまった時、彼が「眠かったら寝ていいよ!遅くまでごめんね」と言ってくれたのがありがたかったですね。

また「ご飯中なら、後ででいいよ!」や「そろそろお風呂の時間じゃない?気にしないで入ってきていいよ!」等、こっちの行動を想像して気を使ってくれてることがとても嬉しかったです。

30代前半/専業主婦/女性

忙しい時間と曜日は避けて仕事が落ちついた頃に連絡する

彼の声が大好きな私は、つい声を聞きたくなり電話をしてしまいます。

でも毎日だと忙しい彼に嫌われてしまうので、迷惑にならずに電話をするには、やはり彼の忙しい時間と曜日は避けて、仕事が落ちついた曜日や時間に連絡するようにしてます。

先にメールで電話していいかを聞いてしまうと、彼は私に気を使い、忙しくてもダメと言えないかもしれません。

そうなると申し訳ないので、時間や曜日を考え、彼が疲れてそうな日には連絡しないようにしてます。

40代前半/IT・通信系/女性

先に相手と「電話に対する捉え方」を確認しておく

私はかなりの頻度で電話をしたい派でした。ちょっと時間が出来たら、特に用は無いのに電話をしてしまいました。

彼にとってはそれが億劫に感じる時もあったようで、電話に出てくれる回数がだんだん少なくなっていき、彼とお別れする際に「電話が多すぎて疲れていた」と打ち明けられました。

先に相手と、「電話に対する捉え方」を確認しておいたら良かったと思いました。

20代後半/サービス系/女性

毎日はかけず相手の時間に合わせること!

遠距離ほど電話は必要不可欠です。しかし急な電話をかけるなど有り得ませんし、毎日かけることもダメです。

週2、3回程度で夜のライン中の隙を見計らって、「今日電話できたりする?」とラインをしていました。

気をつけていたことが、長電話にならないこと。常に「30分だけ電話しよ!」と付け足していました。

相手にとって重くなりすぎず、うまく距離を取ることが非常に大切です。

20代前半/サービス系/女性

相手に気を遣わせないように、ある程度話したらこちらから切り上げる

あまり長電話になると疲れてしまうので、短めに済ませるようにしていました。

相手が疲れていても、疲れたと言いにくいと思いますので、ある程度話が出来たら「そろそろ切るね!楽しかった、ありがとう!」等、こちらから話を切り上げるようにしていました。

また自分ばかりが電話をしたいと言わないようにも気をつけました。中には電話が苦手な人もいたり、押されると冷める方もいるので、一度尋ねたら、次は相手が言うまではメールでという方法をとっていました。

30代後半/医療・福祉系/女性