片思い中の連絡攻略法!男性100人が実践するテクニック集

片思い中に重要となってくるのが「連絡」ですよね!恋人ではない関係だからこそ、電話やメール、LINEなどの連絡ツールをフル活用する方も多いのではないでしょうか?

連絡の内容や頻度が片思いを実らせるかどうかを左右するからこそ、効果的なアプローチの内容や連絡頻度などを知りたい方も多いはず!

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による片思い中の連絡テクニックを体験談と共にご紹介しています。

片思い相手に連絡する際のテクニックランキング

片思い相手に連絡する際のテクニックランキング

まずは、片思い相手に連絡する際のテクニックランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた片思い相手に連絡する際のテクニック』によると、1位は『丁寧・気遣いを意識する』、2位は『しつこくしない』、3位は『こまめに連絡する』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた片思い相手に連絡する際のテクニック

男性100人に聞いた片思い相手に連絡する際のテクニック

男性100人に聞いた片思い相手に連絡する際のテクニックでは、1位の『丁寧・気遣いを意識する』が約24.5%、2位の『しつこくしない』が約21.9%、3位の『こまめに連絡する』が約18.8%となっており、1~3位で約65.2%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で片思い相手に連絡する際のテクニックを体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】丁寧・気遣いを意識する

丁寧・気遣いを意識する

まずは紳士的に接する

片思いの相手にこちらから連絡するとなると、どうしても自己アピールしたくなったり、馴れ馴れしくなったり、必要以外のことも話してしまったりする危険性が高いです。気持ちが安定してないと、あとで後悔するようなことも言うかもしれません。

そういったリスクを避けるためには、仲良くなっていく手順を間違わないことです。

まずは紳士的に接することを意識しましょう。そうすると話す機会が増えるので、だんだんお互い落ち着いて話せるようになっていくと思います。

40代前半/医療・福祉系/男性

絵文字などを使い柔らかい印象を持たせる

職場の同期に片思いしてました。連絡手段は主にSNSだったのですが、このやり取りにはとても気を遣っていました。

例えばプライベートの話をしたい時は、まず仕事などの共通の話題から入り徐々に話題を替えるようにしてました。

文面は柔らかい印象を持たせるように絵文字を活用するとか、一人称は「僕」を使い、尖った言葉は使わないように注意してました。

その他、相手の趣味に関心を持ち、自分も少し挑戦してみたりして、感想を伝えたりわからないことを質問をしたりして盛り上がってました。

20代後半/商社系/男性

明るい話をメインに、できるだけ共通の話題を見つける

基本的には連絡をとりすぎず、放置もしないようにします。明るい話をメインに、暗い話は極力避けるようにしましょう。人の陰口とかは言語道断です。できるだけ共通の話題を見つけるよう心がけることも大切です。

相手の話はよく聞き、かつ自分の意見もしっかりと持つことが重要です。相手の意見に納得出来なくてもを否定はせず、自分の考えは伝えるようにすると印象が良くなると思います。

何気ない共通の会話から始め、仕事や学校のことを話し、徐々にプライベートな事(テレビやスポーツ、趣味など)へ話題を移していけるようにするのがポイントです。

30代後半/不動産・建設系/男性

最初から馴れ馴れしくしない

職場でたまに会っていた年下の女性とお付き合いしました。最初は挨拶する程度でしたが、名刺を渡し、それをキッカケに徐々に仕事の話をするようにしていきました。

最初からガツガツ行くと警戒されてしまうので、メールも敬語で送り、慣れてきたら徐々に友達口調にしました。

メールの回数も最初のうちは週に1度くらいで、親しくなってきたら今日あった事や世間話を送るようにしました。

相手からメールが来るようになったら警戒が解けた証拠なので、イケると思います(笑)。

40代後半/マスコミ系/男性

馴れ馴れしくせずに常に謙虚に関わる

片思い相手はクライアントさんの紹介で知り合った女性で、とても好みのタイプでした。

クライアントさんの紹介ということもあり、馴れ馴れしくせずに常に謙虚に関わるということを意識しました。

常に敬語で「〇〇さん」と呼び、連絡を取っていくうちに徐々に心を開いてくれ、仲良く会話できるようになりました。

距離感のバランスを大切にすることがおすすめです。

20代前半/自営業/男性

【2位】しつこくしない

しつこくしない

用事がない時は連絡しない方がいい

二人の仲がどのくらいなのかにもよりますが、単なるクラスメイト、同僚ぐらいだと、用事がない時は連絡しない方がいいです。私も若い頃は片思いの相手に理由をつけて連絡しようとしてましたが、そういった小細工は相手から見たらバレバレらしいです(笑)。

片思いの相手も含めて「みんなで遊びに行ったりしようか?」なんて話が出るぐらいになってからにしましょう。そうすると、学生なら「今度の遊びの行き先を決めよう」とか「ちょっとあなたの得意科目教えて欲しいんだけど」とか連絡するオフィシャルな口実ができて、緊張せずに自然と連絡できると思います。

40代前半/医療・福祉系/男性

アプローチし過ぎず自然に距離を詰める

自分が意識していたのは、気持ちが前のめりになりすぎないように、アプローチしすぎない事です。

アプローチしすぎると相手に警戒感を与えてしまうので、自然に距離を詰める事を意識していました。

2人での食事やデートよりも、複数で会う機会を多くし、一緒に過ごす時間を長くとり、スムーズに自分をアピールしてました。

20代後半/メーカー系/男性

しつこくしすぎずに適度な距離を保つ

連絡ツールがたくさんあるので、しっかりと日々のラインや何気ない会話を大切にして、コミュニケーションを取り続けることだと思います。

また、振り向いてもらえるように相手の趣味を理解して、一緒に楽しめるようなことをするのが大切だと思います。

ただし、しつこくしすぎずに、たまには引いてみる駆け引きも大切だと思います。

20代後半/大学生/男性

自分を良く見せようとせず用件があるときに必要な内容だけ送る

社内に好きな人がいると毎日会えるのでうれしい反面、もどかしくて仕方なかったです。相手から見れば私は「ただの職場の人」でしかないわけですから、あまりにもグイグイ距離を詰めると怖がられる可能性もありますからね。

なので、連絡を取る際は感情的にならないように気を付けていました。デートのお誘いも「友達をご飯に誘うときに送る内容」程度にしておくことがポイントだと思います。シンプルにご飯に誘うだけ、良く思われようとしない、という感じです。

もちろん連絡の頻度も一緒で、用件があるときに必要な内容だけ送る程度に留めてました。

この作戦が功を奏してか、後にこの女性とお付き合いすることになり、今は同じ苗字になりました!

20代後半/医療・福祉系/男性