失恋から立ち直る方法は?同じ経験を持つ男性100人の対処法

誰でも一度は失恋を経験したことがありますよね。辛くて悲しい期間を過ごしていると、「このまま立ち直れないかもしれない…」と感じることもあるのではないでしょうか?

新しい恋を始めるためにも、失恋を経験した時に立ち直る方法があれば知りたい方も多いはず!

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による失恋をしたときに立ち直る方法を体験談と共にご紹介しています。

失恋から立ち直った方法ランキング

失恋から立ち直った方法ランキング

まずは、失恋から立ち直った方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた失恋から立ち直った方法』によると、1位は『好きなことをする』、2位は『何かに一生懸命になる』、3位は『新しい恋をする・出会いを探す』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた失恋から立ち直った方法

男性100人に聞いた失恋から立ち直った方法

男性100人に聞いた失恋から立ち直った方法では、1位の『好きなことをする』が約25.1%、2位の『何かに一生懸命になる』が約22.4%、3位の『新しい恋をする・出会いを探す』が約18.7%となっており、1~3位で約66.2%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で失恋から立ち直った方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】好きなことをする

好きなことをする

趣味を見つけて没頭する

好きな人が他の男性のところへ行ってしまったと知ってから、「好きな人はその人と幸せになるんだから、自分は自分のことをやろう」と決めました。

何もしていない時間が多いと、好きだった人のことを考えてしまうので、自分が没頭できる趣味を作って自分の時間を充実させることで、悲しいことを考えないようにして立ち直りました。

30代前半/自営業/男性

なるべく楽しい時間を過ごす

失恋して誰も好きでない時は、どうしても好きだった人の事を考えてしまいます。

それを考えなくなったのは、新しい恋をしてからでした。

新しい恋をするのには時間がかかると思うので、その間は集中できる好きな事でなるべく楽しい時間を過ごすこと!楽しんでる自分はキラキラしていて異性から好感をもたれやすいので、チャンスは増えるかもしれません。

失恋はつらいですが、いつか必ず自分のパートナーになってくれる大切な人が現れるので、それまで頑張る気持ちで過ごすと良いと思います。

30代後半/IT・通信系/男性

自分の好きなことに没頭する

何をしても悲しみや嘆きが襲ってくるので、自分の好きな事に没頭する事が大切だと思います。

或いは何か新しい事を始めることで克服するという方法も有効的だと思います。

失恋の事も忘れられて自分のスキルアップにも繋がるので、一石二鳥だと思います。

20代前半/IT・通信系/男性

好きな事に没頭すること!

私はサッカーが好きだったので、失恋してからはとにかくサッカーに打ち込みました!

失恋のショックは大きかったですが、好きなサッカーやフットサルをする事で暇な時間を減らし、なるべくネガティブな思考にならない様にしていました。

その結果、ショックの大きさの割には短い時間で前に向かって進む事ができました!

空白の時間を好きな事で埋めるのは大事だと思います!

30代前半/商社系/男性

自分が大好きなことだけに集中出来る環境を作り出す

まずは異性との交流をなるべく避けて、自分のことだけに集中するようにしました。趣味の野球観戦で熱中するほど応援したりして、自分が大好きなことだけに集中出来る環境を作り出すことにしました。

他の人のことは気にしないで、自分がいかに楽しめるかを考えながら集中していくと、段々と他の事が気にならなくなっていきますし、今を楽しむことに生きがいを感じるようになって自然と忘れました。

30代前半/不動産・建設系/男性

【2位】何かに一生懸命になる

何かに一生懸命になる

何かに集中して暇な時間を作らない

時間があったり暇ができてしまうと、つい考え込んでしまうので、なにかをして隙間ができないように過ごすことが大切かと思います。

何かに集中していれば、その時間は考えても仕方のないことで悩まずに済みますし、さらには新たな楽しみも発見できるかもしれません。

とにかく、暇な時間を作らないようにすることが大切かと思います。

30代前半/公務員・教育系/男性

とにかくたくさんご飯を食べた

大好きだった人に告白した結果、「ごめんなさい」と言われたばかりか、その人との良好な関係まで終わってしまいました。

あまりのショックでご飯は喉を通らなかったんですけど、2日後にはどうにか食べられるようになっていました。

そこで、とにかく大量のご飯を作り、獣のようにずっと食べまくっていました。落ちた体力の回復とか、次の戦いに備えるというよりかは、心に空いた穴をご飯で埋めていく感じでした(笑)

それを1週間以上続けて13キロも太った頃には、その大好きだった人への気持ちは薄れていました。

20代前半/大学生/男性

体を動かすのが一番

私が大失恋したのは28歳のときです。眠れない日々が続き、仕事も手につかない毎日でした。

帰宅後はヘッドフォンで音楽をガンガン鳴らして聞き、ゲームする毎日でしたが、心は折れそうでした。

立ち直ったきっかけは、新しく会社の山岳部に入ったことです。

心が折れている時には体を動かすのが一番です。体を鍛えると心まで鍛えられていくのです。

20代後半/メーカー系/男性

時間が解決すると信じて他の事に没頭する

時間が解決すると信じて、他の事に没頭するしかありません。仕事でも趣味でも、なかなか手をつける気にはなれないと思いますが、無理やりでも始める事です。

そして出来るだけ今の辛い気持ちを話せる人に会いましょう。1人で居ると悶々とするだけですが、人に会って話をする事で気持ちが少し楽になります。

後はしっかりとご飯を食べて寝ることです。

40代後半/流通・小売系/男性

仕事に没頭するためにキャリアに有利な資格を取った

大好きだった恋人に振られてしまった経験があります。そこで仕事に生きようと思い、キャリアアップ、年収アップの為に資格手当がつく国家資格を取ったことがあります。

初めは未練があり引きずっていましたが、資格の勉強をすることでそれに没頭できてかなり集中できました。

また、見事に合格できて、年収がアップしキャリアアップもできたので、うまく立ち直れてとてもポジティブになれました。

20代前半/自営業/男性