失恋して苦しい…同じ経験を持つ男性100人が実践した対処法

失恋をすると何もやる気が起きず苦しいだけの日々が続くこともありますよね。「もう二度と立ち直れない…」と、どん底にいる経験をしている方も多いのではないでしょうか?

どうにかして苦しい日々から抜けだすためにも、失恋が苦しい時でも上手に対処する方法を知りたい方も多いはず。

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による失恋が苦しい時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

失恋して苦しい時の対処法ランキング

失恋して苦しい時の対処法ランキング

まずは、失恋して苦しい時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた失恋して苦しい時の対処法』によると、1位は『楽しい事や自己研鑽に没頭する』、2位は『誰かと分かち合う』、3位は『前向きに解釈する』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた失恋して苦しい時の対処法

男性100人に聞いた失恋して苦しい時の対処法

男性100人に聞いた失恋して苦しい時の対処法では、1位の『楽しい事や自己研鑽に没頭する』が約38.2%、2位の『誰かと分かち合う』が約15%、3位の『前向きに解釈する』が約10.9%となっており、1~3位で約64.1%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で失恋して苦しい時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】楽しい事や自己研鑽に没頭する

楽しい事や自己研鑽に没頭する

とにかく自分の趣味に没頭する!

失恋して辛い時には、とにかく自分の趣味に没頭しました。私はオンラインゲームが趣味なので、空いた時間があればプレイしまくりました。ゲームに集中すれば基本的には忘れられました。

ゲームをしていない時は映画や動画を見ていました。

何もしてない時に考えてしまうと思うので、とにかく何もしていない時間を作らない事が重要だと思います。

20代後半/流通・小売系/男性

大好きなバイクでツーリングに行く

失恋の苦しみはやはり何か気がまぎれることをすることが、私の場合は一番の癒しになります。

なので大好きなバイクでのツーリングが良いと思っています。風が直接体にあたり、バイクのエンジン音がダイレクトに耳に響き、周りの匂いも感じられるなど、体全身で自然を感じながらワインディングを流していると、今まで苦しかった失恋のことがどうでもよく感じられるような不思議な感覚になれます。

あとは好きなアーティストの歌を聴いたり、ライブに行ったりして大きな声を出して応援することもとても良かったです。

40代後半/自営業/男性

異性の事を意識しないくらい、趣味や仕事に没頭する

私は考え込みやすい性格なので、意識するとどんどん深みに嵌まり何もできなくなってしまいます。

なので、ひたすら意識が恋愛に行かないようにします。たとえば、ひたすら仕事を入れまくって、疲れて帰宅したらそのまま寝るような状態を1週間くらい続けたり、同僚や知人を誘って朝まで飲み明かしたり。

また、旅行と写真や動画撮影が趣味なので、人の来ないような場所に行ってボーっと景色を眺めて、星空や朝日、夕日なんかを撮影し、無心になっていると心が和んでいきます。

40代前半/自営業/男性

仕事や趣味のランニングに没頭して忘れる

気をまぎらわせないと思い出して辛くなるので、振り返って考える時間をできるだけ取らないよう、別の事をしてました。

忙しければその事に没頭して考える必要もないし、時間がたてば忘れることも出来、その時のショックも和らいで来ると思います。

他の人に気持ちを持っていくのも楽になりました。

30代前半/サービス系/男性

仕事と趣味に没頭する

失恋をして凄く苦しい時は、自分の趣味に没頭するか、仕事に打ち込むことで忘れるようにしました。

まずは、休日に綺麗な景色を見にドライブに行くなどして、趣味を楽しみました。

仕事では、今まであんまり残業しなかったのですが、失恋を機に残業するようになりました。

お金も貯まりますし、家で一人の時間が少なくなるので、夜に苦しくなることが無くなりました。

20代前半/メーカー系/男性

仕事は最低限やって、あとは遊びまくる

失恋して苦しいときは、仕事中もふとした瞬間に気になってしまうことがあるので、仕事は最低限やって、あとは遊びます。

遊び疲れたら大体忘れていますので、あとは通常通り仕事も私生活も頑張れます。

ただ、仕事を疎かにしてしまうと周りの人に迷惑がかかるので、最低限はちゃんとやります。

オンとオフをしっかりと分けられる人の方が、きっと次に良い出会いがあるはずです!

20代後半/公務員・教育系/男性

【2位】誰かと分かち合う

誰かと分かち合う

誰かに話を聞いてもらう

失恋の苦しさは、何をしても苦しいです。打ち明けられる友人がいる場合、打ち明けたら楽になります。

辛い時は、あがけばあがくほどきついので、誰かに話を聞いてもらうのが一番だと思います。

特に、異性に聞いてもらえたら最高ですね。共感してもらえるだけでも心が穏やかになりました。

昔は昔、親戚のおばちゃんに聞いてもらって楽になった記憶があります(笑)。

40代前半/医療・福祉系/男性

とにかく誰かと関わるようにした

1年間ずっと好きだった人に、勇気を出して告白しましたが、「友達のままで」と言われ、あっさり振られてしまいました。

居酒屋で友達に相談したところ、友達も快く話を聞いてくれ、その日は沢山飲んで忘れることが出来ました。

また、一人で過ごしている時間に、好きだった人の事を考えてしまうので、友達との予定を入れたり、チャット系のアプリなどをやって、とにかく誰かと関わっていました。

そうして日々を過ごしているうちに、段々と好きだった人のことがどうでも良くなって、切り替えていくことができました!

20代後半/医療・福祉系/男性

友人と積極的に遊んだ

大好きだった彼女でしたが、束縛し過ぎてフラれてしまいました。フラれた瞬間からお先真っ暗な思考になり、二十歳にして「人生終わった」と思うほど気力もなくなりました。

楽しかった想い出が頻繁に思い浮かび、泣いてしまって仕事にもならないほどでした。

そんなときに友人から遊びに誘われたんですが、遊び終わったあとなんだか少し楽な気持ちになれたんです。それからというもの、自分から友人を誘うようになり、辛い気持ちが次第に和らいでいくのがわかりました。

フラれた現実は変わらないですけど、少しでも早く自分を取り戻せたので友人には感謝してます。

40代前半/サービス系/男性