失恋して無気力…同じ経験を持つ女性100人が実践した対処法


【3位】何かに没頭・好きな事をしまくる

何かに没頭・好きな事をしまくる

友達と夜遊びしまくる

失恋した後は、友達に話を聞いてもらい、「もっといい男はいっぱいいる!そんなやつ忘れよう!」と励ましてもらいました。

男の傷は男でしか癒せないからと、相席居酒屋やクラブなど、出会いがありそうな場所に出かけていき、お酒を飲んでバカ騒ぎしていました。

色々な人と出会い、男の人を知ることで、「彼の事が好きだったけど、こうして見ると大した男じゃなかったから、うまくいかなくてよかったのかも!」とポジティブに考えることができました。

20代後半/金融・保険系/女性

彼のことを考える暇もないくらい遊ぶ

3年付き合った彼だったので、失恋した時は本当に悲しかったです。毎日泣いて、落ち込みました。

あとは友達と毎日会ってご飯に行き、インスタに楽しい写真をいっぱいあげて、彼のことを考える暇もないくらい遊びました!

その時は本当に悲しくて辛かったです。でも落ち込んだおかげで痩せて、今は新しい彼氏ができて本当に幸せです。元彼が「振るんじゃなかった」と思ってくれてるといいなと思います!

20代後半/医療・福祉系/女性

あえて自分の好きなことに没頭する

失恋して無気力な時は、何もやる気が起こらないのですが、そんなときは自分の好きなことに我を忘れるくらいに没頭して、気持ちの転換を図るようにしています。

私は体を動かすことが好きなので、へとへとになるまで体を動かして、もう無理というところまで自分を追い込んで、体の疲れで眠りに落ちるようにしています。

20代後半/自営業/女性

とにかく恋愛のことは考えず好きなことをする

私はいつも「自分に責任がある」と思い、くよくよしてしまうタイプです。片想いしていた友人に告白して振られたときも、やはり「向こうに気を遣わせてしまって申し訳ない」「告白なんてするべきではなかったのかも」と自分の行動に対して酷く落ち込みました。

これは良くないと考え、まず、恋愛に関わる情報をシャットアウトしました。インターネット上でそれらに関係する情報を調べないのはもちろん、恋愛が描かれたドラマや、マンガなども徹底的に見ないようにしました。

そして友人とくだらない話をしたり、自分の好きなスマホゲームをするなど、とにかく好きなことをたくさんしました。それにより、自分の思考の中に、恋愛のことや告白したことが浮かばないようにしていました。

こうやって過ごしている内に、気付けば心の整理ができたようで、ふと告白のことを思い出しても落ち込まなくなっていました。今ではそれら全てが、良い思い出です。

20代後半/メーカー系/女性

図書館に籠り、恋愛以外の本を読みまくる

失恋すると頭も心も大混乱で、いても立っても居られない状態になります。しばらくは自分を責めたりして、とことん落ち込みます。

少し落ち着いたら、私は図書館に籠り、恋愛以外の本を読みまくります。人間ドラマや旅本、推理本を読んでいると色々な人生模様があって、狭くなっていた心に余裕が生まれました。

失恋と距離を置くことができるし、教養も身につく気がするので、けっこういい方法だなと思っています。

40代前半/メーカー系/女性

とにかく泣いて寝て恋愛映画を観ながらジャンクフードを食べる

好きだった人とお別れするのですから、すぐには前に向くことができません。無理に前向きになろうとしたこともありましたが、私にとっては逆に回復するのに時間がかかった経験があります。

なので、泣いて寝て、映画を観ながらジャンクフードを食べることを自分に許しました。映画を観ている時は彼のことを考える時間も少なくなります。「よくやったよ、私。きっと彼じゃない人が運命の人なんだよ。きっと他の人がいる!」と自分に言ってあげたりしました。

普段食べないジャンクフードもたまに食べると美味しいので、悲しいままですが少しマイナスが緩和できるし、料理を作る気になれないのでそのようにしていました。

30代後半/自営業/女性

何も考えずに1人で没頭できるものをする

失恋をして無気力なときは、気分も落ち込んでやる気が起きないと思います。

なので、何も考えずに1人で没頭できるものをするといいです。だらだらテレビを見たり、自分の好きな映画やドラマ、バラエティー、アニメなど、ただ流してぼーっと見るのが、気分転換になっていいと思います。

30代前半/サービス系/女性

友達と遊びまくる

まず、友達といっぱい遊び、彼のことを考える時間をなくしました。

楽しいことをしているときほど、そのことに夢中になれると思います。彼のことを考えてしまったとしても、「私が幸せになるための踏み台だったんだ」と思うことにします。

そして「絶対に彼より幸せになる」と決めます。先に彼に彼女ができたって、関係ありません!

さらに自分磨きを始めると、どんどん変わっていく自分自身に嬉しくなり、彼のことなんてどうでもよくなります!

20代前半/大学生/女性

泣いてとにかく寝続けて起きている時は動き続ける

2年程つきあった人にふられた時は、とにかく泣いて泣いて疲れたら寝てを2日程しました。ちょうど土日だった為、寝て何も考えなくて良い時間を作りました。

起きている時はとにかく仕事や趣味に打ち込み、彼の事を考えなくて済むようにしていましたが、一息つこうと座った時なんかにふと思い出してしまうことはありました。

そういう時は、職場なら誰でもよいから話しかける、家で1人なら友達に電話をかけたり、オンラインゲームにログインして誰かと話したり遊んだりして気晴らしをしました。

半年くらいでもう思い出しても辛くはなくなり、今はよい思い出として捉えることができるようになりました。

30代後半/自営業/女性

【4位】美味しい物を飲食し、力を蓄える

美味しい物を飲食し、力を蓄える

大好きなビールをとことん楽しむ

ずっと想いを寄せ続けていた大学の先輩が、急きょ海外の大学院へと留学することになりました。

夢を追い求めてきらきらと輝く笑顔で旅立つ先輩を見送ってから、いきなり先輩ロス症候群を発症した私は、大好きなビールをとことん楽しむことにしました!

全国津々浦々の地ビールを飲み比べるなかでビールの知識もつき、楽しみながら心を癒せました。

30代後半/マスコミ系/女性

とにかくおいしいものや食べたいものを食べまくる!

最初は何を食べてもおいしいと感じませんでしたが、新発売の商品を検索してはお店に買いに行くことで、滅入った気持ちを溜めないようになりました。

歩いて買いに行くことで運動にもなるし、新商品のおいしさを発見でき、友達などに共有することで、寂しさや悲しさを紛らわしていきました!

「これ食べてみて〜!」と勧めていくうちに、仲良くできる友達や気になる人も見つかりました。

30代前半/サービス系/女性

ひたすら眠り美味しい物を食べる

失恋した時、辛すぎて現実を受け入れる事が出来ず、本能的な逃避なのか、とても眠くなりひたすら眠り続けました。

後は、とにかく自分が好きな美味しい物を食べました。物を食べて美味しいと感じられるうちは、まだ大丈夫。

美味しい物を食べて、脳が辛い事を錯覚して忘れるよう、とにかく現実からの逃避を心がけるようにしました。

40代前半/サービス系/女性

おいしくて栄養のあるものを何でも食べて寝る

失恋した直後からポジティブな人なんていません。回復に必要な時間も、人それぞれ違うことでしょう。

無気力になることは仕方ないです。ただ「病は気から」という言葉もある通り、身体と心は一体です。気持ちが落ちているときほど、自分の体も大事にしたいものです。

そういう時には、おいしくて栄養のあるものを何でも食べて、寝るだけで大丈夫!これで三大欲求の2つは満たされます(笑)。

あとは時が経つのを待つだけです。

40代前半/専業主婦/女性

美味しいものを沢山食べて心も体も栄養補給!

失恋して無気力になっていた時、ご飯を食べられなくなってしまいました。結婚間近という関係からの別れは本当に辛くて、毎日悲しみに打ちひしがれていました。

そんな私を見かねて、友人がご飯に誘ってくれました。そこで食べたお料理もデザートもとても美味しくて、久しぶりに幸福感を味わうことができました。

その後も美味しいお店にたくさん連れて行ってくれて、その度に心も体も満たされ、いつしか彼のことなんかすっかり忘れてしまいました!

30代前半/IT・通信系/女性

【5位】誰かに話す・慰めてもらう

誰かに話す・慰めてもらう

友達とお酒を飲みに行って、たくさん話を聞いてもらう

大学生の時、生まれて初めて付き合った彼氏に振られ、失恋しました。無気力になって、何も手につかなくなってしまいました。

そこで友達とお酒を飲みに行ってパーッと騒いだり、たくさん話を聞いてもらいました。色々な人に話を聞いてもらううちに、無気力さもなくなってきました!

さらに、デートの時間の代わりにアルバイトのシフトを増やしてもらい、彼のことを考える時間を少なくしました。

20代前半/メーカー系/女性

誰かの優しさに触れる

当時の私は彼しか見えていない状態で、失恋後もなんとかもう一度やり直したくて必死でした。

連絡をとるも見事に打ちのめされ、泣き疲れて部屋から出ると、いつも温かいご飯を用意して待ってくれている母がいました。

なにも言わずに温かい料理を用意してくれるのが、すごくありがたかったです。泣きながらご飯を口にし、母という人の温かさを感じました。

失恋をしても誰か1人でも優さをくれる人がいたことで、すぐに立ち直れました。

30代後半/サービス系/女性

友達や家族と出かけたり、とことん話を聞いてもらう

無気力で引きこもってしまったら立ち直るのも遅くなりますし、新しい出会いも無いので、どんどん外に出て行くのをおすすめします。仲の良い友達や家族に付き合ってもらって出かけたり、とことん話を聞いてもらうと良いと思います。

家で映画を見たりのんびりするのが好きであれば家の中でも良いですが、何か没頭できることを探したら良いと思います。

30代後半/専業主婦/女性

とにかく泣いて友達に延々と話を聞いてもらう

泣いて泣いて、泣きつかれたら寝て、を数週間繰り返しました。起き上がる気力もありませんでしたね。失業中でもあったので、将来の不安も重なって辛かったです。

そんなときに助けになったのは、やっぱり友達の存在でした。

裏切りのような酷い振られ方でしたので、友達としては「あんな男と別れて正解」と言いたかったと思いますが、延々と話を聞いて気持ちに寄り添ってくれて、ただただ慰めてくれました。

40代前半/サービス系/女性

【6位】明るいコンテンツに触れる

明るいコンテンツに触れる

明るい曲を聴く・歌う

失恋をしたときは、とにかく頭の中は好きな人でいっぱいだったので、頭から追い出すために好きな歌を歌って頭を空っぽにしました。

暗い曲や失恋ソングはその時のことを思い出してしまうので、明るい曲を聴いたり歌ったりするほうが気分も上がるため、私には合っていたようです。

当時は高校生だったので、友達とカラオケに行って大きな声で歌ってストレス発散もしました。

そうして月日が経つと、「こんなに落ち込んでばかりいても、元カレは嬉しくないだろう」と考える余裕もできて、吹っ切ることができました。

30代前半/専業主婦/女性

恋愛ゲームをしてイケメンキャラに愛される!

失恋をして無気力になった時は、イケメンキャラクターが出てくる二次元の恋愛ゲームをやっています!イケメンボイスでたくさん愛の言葉をささやいてくれるので、キュンキュンしました。笑

タイプが違うたくさんのキャラクターが登場するので、いろんなパターンの恋愛を楽しむことができます。

ゲームをやった後は、愛されている幸せを感じ取れました!

20代前半/大学生/女性

【7位】もう一度、冷静に考えてみる

もう一度、冷静に考えてみる

本当に一緒にいるべき相手だったか考察してみる

失恋後、ひとりぼっちの帰り道や、暇な休日など、思い返すことは全部彼のことでした。

そんなある日、とある男性に告白されました。彼を忘れられなかった私は断ってしまったのですが、「恋に落ちるってどういうことだっけ?」と思い返すきっかけになりました。

そこで、改めて彼との思い出をなぞってみました。一緒の帰り道、無言でも幸せだったこと。休みの日に行った映画館は、とてもドキドキしたこと。私を振ったとき、彼はただ「ごめん」だけ繰り返し、まるで会話にならなかったこと。

冷静に考えてみると、彼はコミュニケーションが取れない人だったと気づいてからは、また別の恋愛をしようと思えました。「次はよく話す人がいいな」と、前向きに歩き出しました。

20代後半/サービス系/女性

まとめ

女性100人に聞いた失恋して無気力な時の対処法では、1位は『自然に前を向けるまで待つ』、2位は『まずは気持ちを発散する』、3位は『何かに没頭・好きな事をしまくる』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による失恋をして無気力な時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『【男性編】失恋をして無気力な時の対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

失恋して無気力…同じ経験を持つ男性100人が実践した対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年04月04日~04月19日
回答者数:100人