失恋を諦められない…経験がある女性100人が実践した対処法

失恋をしたにも関わらず、「諦められない…」と思う状態になることもありますよね。頭では諦めるべきと分かっていても、ズルズルと引きずってしまって辛い経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか?

新しい恋を始めるためにも、失恋を諦められない時に上手に対処する方法を知りたい方も多いはず!

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による失恋を諦められない時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

失恋したのに諦められない時の対処法ランキング

失恋したのに諦められない時の対処法ランキング

まずは、失恋したのに諦められない時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた失恋したのに諦められない時の対処法』によると、1位は『好きな事などに没頭する』、2位は『気持ちを整理する』、3位は『諦めずに努力し、再度アプローチ』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた失恋したのに諦められない時の対処法

女性100人に聞いた失恋したのに諦められない時の対処法

女性100人に聞いた失恋したのに諦められない時の対処法では、1位の『好きな事などに没頭する』が約21.3%、2位の『気持ちを整理する』が約19.6%、3位の『諦めずに努力し、再度アプローチ』が約16.1%となっており、1~3位で約57.%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で失恋したのに諦められない時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】好きな事などに没頭する

好きな事などに没頭する

暇になる時間を作らないようにスケジュールを詰め込む!

遠距離でもともとまめに連絡を取り合う仲ではありませんでしたが、突然彼氏と連絡が取れなくなりました。

相手は漁師をしていたため、何かあったのかと思って心配していましたが、後日、友人から彼が浮気をしていることを聞かされ、電話でお別れしました。

暇な時間があるとその人のことを考えてしまうので、アルバイトを詰め込み、考える暇を作りませんでした!

20代前半/大学生/女性

インディーズのバンドにハマり、なるべく恋愛については考えない

高校卒業間近に彼から別れを切り出され、納得いかないまま振られました。新しい恋を探そうと思い、紹介してもらったりしましたが、結局彼のことを思い出すだけで逆効果でした。

社会人になってから知り合った営業先のお客様がスピリチュアルな力がある人で、結婚について聞いたところ、「学生時代、すごい好きだった人とするよ」と言われました!

もしかしてと思い、その日の夜にSNSで探し、久しぶりに再会できたのですが、何の進展もなく終わってしまいました。

仕方なくインディーズのバンドにハマり、なるべく恋愛については考えないようにしようと、ライブジャンキーになってました。

30代後半/専業主婦/女性

とにかくアクティブに動きまわる

失恋して諦められない時は、好きなものに没頭したり、友達と遊びに出かけたり、とにかくアクティブに動きまわりました。

夜やふとした時に思い出して泣きたくなったりしてしまうので、疲れるまで体を動かすことで、なにも考えずに寝て新しい考えを持てるようにして解消してました。

そのうち、「あれ?なんでこんなに辛いと思ってたんだろ?」と思えるようになって、前向きに進めました!

20代前半/サービス系/女性

明るい友達と楽しく遊んだり楽しい物を見る

失恋して傷つくのは避けられないと思いますが、できるだけ早く忘れた方がいいです。

そういう時は、明るくて周りをいい方向に引っ張ってくれる友達と遊べると、早く立ち直れるような気がします。

明るい人の傍にいると、嫌な事や辛い事は飛んでいってくれそうな気がします。

そのような友達がいなければ、笑えるような映画とかドラマとか、楽しいものを見るのもいいと思います。

20代後半/専業主婦/女性

思いっきり自分の好きな事をしたあとに出会いの場に行くこと!

失恋の理由が「お付き合いをしていて別れた」のか、「告白して振られた」のかにもよるとは思いますが、個人的にはどちらの場合でもまずは、思いっきり自分の好きな事をしましょう。

美味しいものを食べたり、我慢していたスナック菓子やお酒など飲んでみたり。友人に泣きながら話を聞いてもらったり、ひたすら寝たり、思いっきり好きな事をしてください。

そのあとに出会いの場に行くと、「あー、世の中にはこういう人もいるんだ!」と新たな発見があるはずです。

無理に好きになる必要は全くないのですが、そうこうしているうちに時間が解決してくれるはずです。

30代前半/専業主婦/女性

用事をいっぱい詰め込んで忙しく、しかし楽しく過ごす

1人でいると彼の事を考えては泣き、思い出しては泣きを繰り返してしまうので、とにかく外に出たり友達と旅行の計画を立てて楽しく過ごす事に全力を注ぎました。

用事をいっぱい詰め込んで忙しく過ごすことと、自分磨きをしようと新しい事にチャレンジしたりして楽しく過ごしていると、意外な所で良い出会いがあったりする物です。

20代後半/専業主婦/女性

毎日を充実させることで考えなくて良い状況を作る

失恋したのに諦められない時は、とにかく相手のことを考えないで良いようにしました。

アルバイトやゲーム、友達との予定を作って毎日を充実させることで、考えなくて良い状況を作りました。

学生時代はゲームばかりしていたので、ゲームをしている間は相手を思い出すこともありませんでした。

付き合っている時はゲームを制限されていたので、徐々に「別れてよかったのかも」と思うことができ、すっきりした気持ちでした。

20代前半/専業主婦/女性

相手にダメ出しした後、好きなことをする時間を作る

失恋して諦められない時は、彼のダメな部分を探して、「他にもいい人はいる」と思い込んで、無理やり嫌いになるように自分に言い聞かせて、仕事や遊びに集中していました。

特に効果的だったのは、好きなアイドルやアーティストの映画やLIVEを見ること!思いっきり目の保養をしながら楽しみました!

好きなことをする時間を作ると、自然とその時間は忘れることができました。忘れる時間を多く作っていくと、気持ちも整理しやすくなりました。

30代前半/専業主婦/女性

やりたかったことに片っ端からチャレンジする

とりあえず落ち着くまで失恋ソングを聴き、ひたすら寝て、友達に電話したり実際に会って話を聞いてもらったりしていました。

友達と楽しめる予定を計画したり、欲しいと思っていたものを買ったり、チャレンジしたいと思っていたことを始めたり、そうしているうちに段々と、自分でも気付かないうちに恋愛以外の楽しみを見つけて元の自分に戻れていました。

また、私は「Everything happens for a reason (全ての出来事には意味がある)」と言う言葉を信じています。失恋しても、失恋した相手は自分の運命の人ではなかったと考えたり、その人と恋愛できたことで次の恋愛に生かせる何かを得られたと考えると、すごく気持ちが楽になると思います。

「この失恋も、絶対に自分が将来の運命の人に出会うための過程なんだ」と考えれば、絶対にポジティブになれると思います。

20代前半/サービス系/女性

【2位】気持ちを整理する

気持ちを整理する

あまり考えないようにしていれば時間が解決してくれる

付き合っていた彼氏と別れた時、彼の気持ちが私にもうない事は分かっていました。頭では「別れて正解だし、お互い別々にやりたい事に打ち込んだ方がいい」と分かっていました。

でも好きという気持ちがまだ彼にあり、頭と気持ちがチグハグになって辛かったです。

完全に諦めるのには長い時間がかかりましたが、あまり考えないようにしていれば、時間が解決してくれると思います。

30代後半/専業主婦/女性

思い出の品を全部捨てた!

失恋したのに諦められなかった時は、泣きながら思い出の品を全部捨てました。

本当は捨てずに大事に取っておきたい気持ちもあったのですが、取っておくとやはり見たくなってしまうので心を鬼にして、もらった物やお揃いで買った物、写真など全て捨てました。

また携帯のフォルダにあった写真も全部削除しました。

捨てたり消したりしたばかりの頃はまだまだ忘れられませんでしたが、彼のものが何もない環境に少しずつ慣れ、思い出さなくなってきて、諦められたんだと思っています。

20代後半/マスコミ系/女性

思い出になるようなメールやプレゼントを処分した

どうしても簡単にあきらめることなんてできませんでした。それだけ彼のことが好きだったし、私の生活の大部分を占めるほどだったからです。

だから、なるべく思い出さないようにしていました。思い出になるようなメールは消したり、もらったアクセサリーは手放しました。

それで今はなんとかなっています。

20代後半/専業主婦/女性

気持ちを整理するために出す予定のない彼への手紙を書いてみる

1カ月泣き続けて、水さえものどを通らないときがありました。

友達に会っても、好きだった香港へ1週間旅行に行っても、何をしても寂しさが埋まらず、諦めきれませんでした。

そこで、気持ちを整理するために、出す予定のない彼への手紙を書きました。

そうすることで気持ちが整理でき、10枚ほどの便せんにびっしり書いた手紙を読み返してすっきりしたのを覚えています。

30代後半/マスコミ系/女性

諦めるべき理由と諦めるべきでない理由を書き出してみる!

失恋をしたからといって、本気で愛した人を簡単には諦められませんよね。

そんな時は「諦めるべき理由」と「諦めるべきではない理由」を、思いつくかぎり書き出してみましょう。

例えば、「彼は本気でサッカーをしているから恋は必要ない、だから諦めるべき」や、「彼は私をラブではなくライクだと言ったから可能性がまだあり、諦めるべきではない」といった感じです。

双方向からの理由を書き出して客観視することで、第三者目線にたった冷静な判断ができ、また納得しやすくなりますよ。

30代前半/サービス系/女性

少しでも嫌だった面をノートに書き出す

一年片思いした人に失恋した時は、ほんとに落ち込みました。

泣けば少しはスッキリするので、敢えて泣ける映画を選んで思い切り泣いて、疲れて寝ました。

とはいってもすぐに忘れる事は出来ないので、少しでも嫌だった面をノートに書き出し、「もっといい人はいるな」と自分を納得させたり、後は友達に吐き出して気持ちを溜めないようにしてるうちに、言うことは少なくなりました!

30代後半/サービス系/女性

焦らないで自然体で自分の気持ちと向き合ってみる

大好きだった人を諦めるのは容易ではありません。無理して諦める必要はないと私は思います。

全く同じ一日はありません。違う毎日を過ごしているうちに、徐々に彼との思い出も色褪せていきます。色褪せている時にまた色濃い出会いがあるかもしれません。

焦らないで自然体で自分の気持ちと向き合ってみるのも、次への大事な1歩だと思います。

縁がなかった人との事はいい思い出に変えると、新しい縁が必ず訪れるものですよ!

40代後半/専業主婦/女性

写真とメールは全て消し、なるべく思い出さないようにする

失恋して、もう絶対に可能性がない相手であれば、早く忘れた方が自分も楽になれます。

諦められないのはすごく辛くて体力も使うので、一刻も早く忘れられるように、写真とメールは全て消し、なるべく思い出さないようにすると良いと思います。

一人でいると考えてしまう場合には、友人に付き合ってもらって飲みに行ったり、美味しいものを食べて気を紛らわすなどして楽しむ時間を作りましょう。

30代後半/専業主婦/女性