失恋して悲しい…同じ経験を持つ男性100人が実践した対処法

失恋をすると空しくて悲しいだけの日々が続くこともありますよね。「何をしていても悲しく感じる…」と、どん底にいる経験をしている方も多いのではないでしょうか?

どうにかして悲しい日々から抜けだすためにも、失恋して悲しい時でも上手に対処する方法を知りたい方も多いはず。

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による失恋をして悲しい時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

失恋して悲しい時の対処法ランキング

失恋して悲しい時の対処法ランキング

まずは、失恋して悲しい時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた失恋して悲しい時の対処法』によると、1位は『誰かに寄り添ってもらう』、2位は『没頭できる物をみつけること』、3位は『新しい環境・出会いを求める』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた失恋して悲しい時の対処法

男性100人に聞いた失恋して悲しい時の対処法

男性100人に聞いた失恋して悲しい時の対処法では、1位の『誰かに寄り添ってもらう』が約32%、2位の『没頭できる物をみつけること』が約16.8%、3位の『新しい環境・出会いを求める』が約12.6%となっており、1~3位で約61.4%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で失恋して悲しい時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】誰かに寄り添ってもらう

誰かに寄り添ってもらう

他人との繋がりを持っておく

失恋して悲しい時は、他人と繋がれるアプリをインストールして慰めてもらう事で対処しています!

本当に好きだった人に振られてしまい、悲しくて何をするにも孤独感が付きまとっていました。

しかし僕には友達が多くないので、寂しさを埋める為に友達を作れるアプリをインストールしました。自分の今の気持ち等をリアルタイムで投稿する事ができるのですが、逆にリアルタイムで見てる人も必ずいます。

ある日、歳の近い女性から「お疲れ様でした。頑張ったね。」というコメントがありました。彼女からしたら深い意味はなかったのかもしれませんが、その一言で気持ちが軽くなり、何故か救われた様な気がしました。

人との別れがあるならば、人との出会いもあるんだと前向きになれました。

20代前半/流通・小売系/男性

仲のいい友達に慰めてもらう

私は四度の失恋を経験しております。どれもこれも、時間をかけて関係を築いたうえでの失恋でございます。

相手から振られた当初は、ただただ嘆いてイライラして物に当たったりもしました。

ですがその度に、一番親しい友人が親身に話を聞いてくれました。おかげで立ち直ることも出来ましたし、次の恋に挑戦しようとも思いました。

一番仲がいい友達や親友に話を聞いてもらうことが、気持ちの切り替えなどにも有効なのではないかと思っております。

20代前半/サービス系/男性

友達に愚痴り続ける!

とにかく話を聞いてくれる友達に電話をかけ続けました。同じ話を何度もしてしまいますが、話しているうちにスッキリしてきます。何度も電話された友達は同じ話をされ続け、うんざりだったと思いますが、僕は癒されました(笑)

あとは新しい恋を探すことです。人を失った悲しみは人に埋めてもらいます。合コンに行ったり紹介してもらったり、出会いの場に出まくります!

30代前半/商社系/男性

いろいろな友人と食事に出かけて話を聞いてもらう

失恋して悲しい時は、何人かの友人に連絡をとって、都合がつく人と毎日食事や飲みに出ていました。

とにかく家に一人でいると落ち込んでしまうので、色んな友人を誘いひたすら話を聞いてもらう事で気持ちを落ち着かせていました。

相談する相手によって色んな意見があるので、それを聞いて自分に照らし合わせたりしながら、自分の気持ちに折り合いをつけて諦められるようにしていました。

「自分も苦しいけど、振った相手もきっと苦しい」と考えることで、「お互いが前に進むため」と自分を納得させ、乗り越えることが出来ました。

30代後半/サービス系/男性

誰かに相談する

自分が高校一年生の時に、同じクラスの女の子と付き合っていました。

彼女のことはもちろん大切に思っていたのですが、若かったため、ついつい振り回してしまい、愛想を尽かされ浮気されてしまいました。

なかなかに辛かったので友人に相談したところ、「気の毒だがお前も悪い。次、気を付けな」とバッサリ言われました。

悲しかったですが、友人の意見も尤もだと思い、納得することが出来ました。

20代前半/自営業/男性

人に話して励ましてもらう

人前ではみっともないので、一人の時にとにかく泣いた経験があります。

でも、悲しみは癒えないので、人に話して励ましてもらうと少し気が晴れました。

最初は、思い出がある場所など見たり、通るたびに心が痛むのですが、だんだんそういったことがなくなっていきました。

やがて好きな人ができて、相手に受け入れてもらった時には、もう完全に忘れていました。

40代前半/医療・福祉系/男性

【2位】没頭できる物をみつけること

没頭できる物をみつけること

趣味や仕事に没頭する!

失恋して悲しいときは、夢中になれるものに没頭して取り組むようにしています。

気になる人に告白し振られた時、どうして振られたのだろうとそればかり考えてしまい、何も手につかなくなりました。

しかし、友人に「スマブラ一緒にやろうぜ!」と誘われたのでやってみると、少しずつ夢中になっていき、振られたことよりもゲームのことを考えることが多くなり、自然と気持ちが楽になっていきました。

ゲームに夢中になることで、失恋について考える時間を減らすことができました。

20代前半/大学生/男性

名作アニメを見てストレス発散する!

最初の頃は負の感情しか湧かなかったのですが、名作アニメを見ているとだんだんと心が落ち着いてきて、そちらの方に気を逸らしていれば気持ちが楽になっていきます。

さらに、前向きに新たな道を探すきっかけにもなります。失恋したことにも意味があり、新たな自分を見つけられる気がしてくるので、自分にとって有意義な時間になります。

30代前半/流通・小売系/男性

とにかく目の前の仕事に没頭する!

失恋した時は辛いし悲しいですが、仕事は待ってはくれません。

ひとまず目の前の仕事に必死に取り組み、一つ終われば次の仕事へと次々に取り組んだ結果、昇進が決まり、社内の後輩と付き合う事になりました。

辛いことがあっても目の前のことから逃げ出さず、必死にやれば恋愛に限らず良いことが待っていると思います。

まずは目の前のことに真剣に打ち込みましょう!

30代後半/メーカー系/男性

仕事や趣味に打ち込む

一晩泣いて、次の日からは「自分には当分は仕事だけだ」と思い、仕事に打ち込むことにしました。

家にいると彼女のことを考えてしまうので、休日の日はDIYに励み、何かを制作することにしました。

ホームセンターに足を運んで色んな木材や機材を見て、次は何を作ろうかと考えていたら忘れることができ、結果的に立ち直ることができました。

20代後半/流通・小売系/男性