失恋を乗り越える方法は?経験がある男性100人の対処法

誰であっても失恋を経験すると落ち込みますよね。でも、落ち込んでいる日々を永遠に続けるわけにもいかず、「どうにかして乗り越えたい…!」と思っている方も多いのではないでしょうか?

失恋を乗り越えるためには多少の行動力も必要だからこそ、上手に対処する方法を知りたい方も多いはず!

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による失恋を乗り越える方法を体験談と共にご紹介しています。

失恋を乗り越えた方法ランキング

失恋を乗り越えた方法ランキング

まずは、失恋を乗り越えた方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた失恋を乗り越えた方法』によると、1位は『新しい恋をする』、2位は『何かに打ち込む・ハマる』、3位は『親しい人に相談・一緒に過ごす』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた失恋を乗り越えた方法

男性100人に聞いた失恋を乗り越えた方法

男性100人に聞いた失恋を乗り越えた方法では、1位の『新しい恋をする』が約24.2%、2位の『何かに打ち込む・ハマる』が約18.6%、3位の『親しい人に相談・一緒に過ごす』が約18%となっており、1~3位で約60.8%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で失恋を乗り越えた方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】新しい恋をする

新しい恋をする

吹っ切れるためにも新しい恋をする

私の中学時代は携帯電話がまだそこまで普及していなかったため、学校内での手紙交換をしながら好きな人と仲を深め、念願かなって付き合うことになりました。しかし、2人きりになると緊張してしまい、うまく話すことが出来ず、3週間ほどで振られてしまいました。

簡単には忘れられませんでしたが、彼女は別れてからも普通に話しかけてくれるような人だったので、「好きな人にこれ以上、気を遣わせるのはいけない」と思い、前向きに捉えるようになりました。

また、他の女子から好意を持ってもらえたため、手紙のやり取りをすることによって気が紛れていました。その後、好意を寄せてくれた女子と付き合うことになり、同時期に好きだった彼女に彼氏が出来たので、何かが吹っ切れた感じがしました。

失恋を乗り越えるのには新しい恋をするのがいいと聞きますが、その通りだと思いました。

30代前半/流通・小売系/男性

マッチングアプリでタイプの子とやり取りして気をまぎらわせた

自分から告白しやっと手に入れた可愛い彼女と2年近くも交際を続けていたのに、いきなり振られてしまいました。理由は彼女の浮気でした。

あまりにも大ショックだったので、お酒を飲みながら適当にマッチングアプリをダウンロードしてみました。

そしてタイプだと思う子とマッチし、チャットや電話で楽しく会話ができたので、元カノの事を忘れることが出来ました。

20代前半/大学生/男性

新しい恋人を見つけ、その人を大事にする

6年間付き合って来た彼女と別れました。いろいろなことを共に乗り越えてきた人でしたが、束縛し過ぎてフラれてしまいました。

落ち込んでいる私を見かねた友達がコンパ等に誘ってくれるようになり、ある日クラブで出会った姉御肌の女性に惹かれ、付き合うことになりました。

半年ほど経った頃、彼女から「付き合って半年経つけど、いつまで元カノのことを引きずっているの?」と言われました。彼女とは楽しく付き合っていたつもりでしたが、どこかで元カノのことを引き摺っていたようで、それが彼女にも伝わっていたみたいです。「私は私!元カノは元カノ!いい加減に気づかないと、私まで失っちゃうよ!」と言われた時、衝撃が走りボロボロと泣いてしまいました。

すると彼女はそっと私を抱きしめ、一緒に泣いてくれました。この時、やっと元カノのことを吹っ切れたような気がして、一生彼女を守り大切にしていこうと決めました。それが、今の奥さんです。

40代前半/流通・小売系/男性

他の人を見つける

友達に相談したりはせず、仕事やオフを過ごす中で他の女性と遊んだりして、自然と忘れていきました。

あまり立ち止まって考えたり、悲しい想いに浸り続けるのは時間の無駄ですし、結局、自分のことを誰よりも理解しているのは自分であると思うからです。

今後もそのスタンスでいきたいと思います。

30代前半/公務員・教育系/男性

恋の代償は恋でしか埋めきれない

失恋を乗り越えるには、相手のことを忘れることが一番です。

様々な忘れ方があると思いますが、一番は心にぽっかりあいた隙間(寂しさ)を何かで埋めることです。

とは言え、個人的には恋の代償は恋でしか埋めきれないような感じがします。

40代前半/医療・福祉系/男性

【2位】何かに打ち込む・ハマる

何かに打ち込む・ハマる

とにかく自分の得意なこと(スポーツや読書)に打ち込む

中学2年生から高校3年の冬まで付き合っていた彼女がいましたが、突然別れを切り出されました。かなり仲が良かったので、別れるなんて考えたこともなくて、しばらくは虚無感満載でした。

でもこのままずっと落ち込んでられないと思い、自分が得意なスポーツや好きなことに没頭しました。

そのおかげでいろんな人と関わることができたので、広い世界を見れてよかったかなと思っています。

20代前半/大学生/男性

仕事に没頭して考える時間をなくす

遠距離と価値観の違いが原因でしたが、4年ほど付き合っていた彼女と別れた後は、やはりしばらく引きずりました。

別れた後は、とにかく勉学や仕事にのめり込むようにしていましたね。そうでないと、つい思い出して辛くなってしまうからです。

その後、仕事が忙しいこともあり、考える時間もなく乗り越えられたと思います。

30代前半/自営業/男性

部活にチカラを注ぐ

好きな人に告白をして振られた時は、部活にチカラを注ぎ乗り越えました。

気を紛らわすためにも、「とにかく大会に出られるように頑張ろう!そのためには練習に集中だ!」と決めて打ち込みました。

思うように良い結果を出すことは出来ませんでしたが、そのおかげで失恋を乗り越えることができました。

20代前半/自営業/男性

仕事と自身の目標に没頭する

好きだった女性が他の男性と結婚した時は、これまでに無い喪失感を覚えました。

自分なりに原因を分析すると、恋愛のほかに夢中になれることが無かったことが挙げられたので、仕事や友人関係、自身の人生の目的、目標などを強く大事にするようになりました。

まだ失恋を乗り越えたとは言えませんが、「自分は何の為に生きてるのか?周りの人達にどう貢献できるか?」を軸に生きるように変化しました。

20代後半/IT・通信系/男性