失恋から切り替える方法は?経験がある女性100人の対処法

誰であっても失恋を経験すると落ち込みますよね。でも、落ち込んでいる日々を永遠に続けるわけにもいかず、「どうにかして気持ちを切り替えたい…!」と思っている方も多いのではないでしょうか?

失恋から気持ちを切り替えるためには多少の行動力も必要だからこそ、上手に対処する方法を知りたい方も多いはず!

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による失恋から気持ちを切り替える方法を体験談と共にご紹介しています。

失恋から切り替えた方法ランキング

失恋から切り替えた方法ランキング

まずは、失恋から切り替えた方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた失恋から切り替えた方法』によると、1位は『友達と遊ぶ・分かち合う』、2位は『気が紛れることをする』、3位は『関連品や思い出を捨てる』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた失恋から切り替えた方法

女性100人に聞いた失恋から切り替えた方法

女性100人に聞いた失恋から切り替えた方法では、1位の『友達と遊ぶ・分かち合う』が約23.5%、2位の『気が紛れることをする』が約16.9%、3位の『関連品や思い出を捨てる』が約15.1%となっており、1~3位で約55.5%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で失恋から切り替えた方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】友達と遊ぶ・分かち合う

友達と遊ぶ・分かち合う

友達に話を聞いてもらった!

学生の頃、当時付き合っていた彼に振られてしまいました。

その時は悲しくて辛くて一人で落ち込んでいましたが、友達に連絡して話を聞いてもらいました。

一人でいると暗くなってしまうので、ご飯に誘ってもらったり買い物に行ったり、気分転換になり、少しずつですが元気が出てきました。

おかげで、新たな出会いに向けて早めに行動に移すことができたのかなぁと思います。やはり友達の存在は大きいです。

30代後半/医療・福祉系/女性

つらい気持ちを周囲に伝えまくる

失恋した当初は忘れることなんて出来ないし、同じ職場だったので、顔を合わせない事も不可能で、切り替えなんてできないと思っていました。

でも、そんな気持ちを他の異性や友達、同僚に沢山話して、沢山今の気持ちを言ってたら、逆にスッキリして「1人の人にこんな執着するより、他のいい人をみよう!」といつの間にか気持ちが切り替えられるようになりました!

そしたら、自分磨きや仕事にも自然に集中できるようになり、いつしかすっかり気持ちは晴れてました!

30代前半/医療・福祉系/女性

思いっきり泣いた後、友人と女子会をした

自分が好きだった人に告白をし、振られたときはものすごくショックでした。その時は誰の言葉も響かず、ひたすら家で1人大泣きしました。

泣いて気持ちが少し落ち着いてから、友人と女子会を開き、失恋話を聞いてもらいました。

友人に励ましてもらえたお陰で、気持ちを切り替えようと思うことができ、次の恋に向けて動き出すことができました。

30代前半/専業主婦/女性

他の友人や家族と過ごす時間を増やす

失恋をした後は、いつも相手の事を考えてしまうため、一人で過ごすと落ち込む一方です。そのため、可能な限り他の友人や家族と過ごす時間を増やしました。

また、失恋から立ち直る前から男性と積極的に出会う機会を作り、気持ちが向かなくても、好きな人への気持ちを自分なりにごまかしていたら、いつの間にか忘れることができていました。

仕事中などはつい考えてしまうことが多いので、とにかくいつも以上に必死に忙しくしました。

30代前半/公務員・教育系/女性

できるだけ友達と一緒にいる

初めて好きな人と付き合うことが出来た時、嬉しくて毎日お花畑にいるような感覚でした。ですが、「距離をおこう、お別れしよう」と言われた時は、目の前が真っ暗になりました。

そこからは1人になると楽しかった日々を思い出してしまうので、できるだけ友達と一緒にいました。

すると友達が「彼にお別れしたことを後悔させよう」と作戦を立ててくれ、一緒にダイエットを始めたり、メイクをしたりしました。

途中から彼のことは忘れて、自分磨きが楽しくなったので良かったです!

20代前半/大学生/女性

とにかく友達に話を聞いてもらった

学生の時に出会った社会人の彼は、はじめて自分から好きと思える相手でした。でもなかなか予定が合わせられず、会えても平日の夜ごはんを一緒に食べたり、おうちデートばかりでした。

ある日、急に返信が来なくなり、「自分の予定多すぎて遊ぶ時間ないし別れよう」と言われました。

彼に追いつきたくて、バイトも勉強も必死だったのに、それがわかってもらえなかったのが悲しかったですね。

とにかく友達に話を聞いてもらって、気持ちを切り替えていました。

20代前半/大学生/女性

友達と一緒に賑やかな場所へ行く

大好きな職場の先輩がいましたが、徐々にメールの返信が少なくなり、人づてに彼女ができたと聞きました。社会人一年目の私は遊び方もストレス発散方法も知らず、ひたすら落ち込みました。

何も楽しいことがなくなり、毎日仕事に行くだけの日々が続いていた時、同期の友達がクラブに誘ってくれました。爆音で流れる音楽、おいしいお酒を嗜むうちに、何もかも忘れ、とても楽しかったことを覚えています。

そして「世の中にはこんなにたくさんの人であふれている、色々な人と出会い楽しめばいいんだ」と吹っ切れました。

私を元気づけようと誘ってくれた同期には感謝しています。

30代前半/専業主婦/女性

毎日、友達と遊ぶ

突然のことだったので、理解するまでに時間がかかりました。「いま、会いにゆきます」や「おくりびと」のようなヒューマンドラマで心を穏やかにしようと思い、たくさん観て泣いていました。

その後、私の失恋を知った友人が、毎日夜になると深夜ドライブに誘ってくれて、ふざけた話ばかりして笑わせてくれたので、元気を取り戻すことができました。

かなり前の話ですが、時間と友人はとても大切だなと今でも心から思います。

40代後半/サービス系/女性

できるだけ一人にならないように友人に連れ出してもらう

失恋をした時はとても胸が苦しく、つらい気持ちでいっぱいでした。食欲もなく睡眠も満足にとれず、心身ともにとても弱っておりました。

何もする気が起きませんでしたが、友人がたくさん遊びに誘ってくれました。外出、飲み会、カラオケなど、できるだけ一人にならないように連れ出してもらい、とてもリフレッシュできました。

中でも一番元気になれたのは、ツーリングに連れて行ってもらった時でした。風に当たり、いろいろな景色を見ていたら、暗くなっていた気持ちが前向きになっていきました。

思い出すとまだ辛い思いはありましたが、失恋直後に比べると楽になってきたので、そこからは次に活かすための自分磨きに没頭しました。

自分磨きをしていくうちに自信がつき、次の恋愛に繋がったのでとても良い経験だったと思います。

30代前半/自営業/女性

周りの人に新しい趣味を紹介してもらう

元々の趣味に没頭するのも良いですが、友人など周りの人に新しい趣味を紹介してもらって、今まで知らなかった世界を見るようにしました。

刺激がたくさんあって、自然と失恋のことを考えなくなり、いつのまにか気持ちが切り替えられていました。

環境や状況を変えるには、思い切った行動が必要になると思うので、周りの方を頼ってみると良いです。

30代後半/専業主婦/女性

【2位】気が紛れることをする

気が紛れることをする

頭の中にたくさんの情報を詰め込むこと

失恋をしてなかなか吹っ切ることができないでいる場合、おすすめするのは「なにか別のことを考えること」です。

失恋の痛みを思い出せないくらい他のことで頭がいっぱいになれば、いつの間にか気にしていたことも消えてなくなるからです。

趣味でもいいし仕事に関することでもいいし、とにかく頭の中にたくさんの情報を詰め込むことが大事だと思います。

20代前半/専業主婦/女性

ひとりカラオケでとにかく声を出す

付き合っていた人に振られたとか、告白したが振られたという時は、くよくよせずにさっさと気持ちを切り替えるようにしています。

ひとりカラオケで泣きながら失恋ソングを歌ったり、ひとりライブしたり、シャウト系ですっきりしたりと、とにかく声を出します。

ひとりカラオケなので、誰にも邪魔されることなく、失恋の怒りや悲しみをぶちまけることができて、部屋を出た瞬間、気持ちが切り替わります。

30代前半/専業主婦/女性

思い切って海外留学した!

学生時代、「彼とは長い友人歴を経て彼氏彼女の関係になった」と勘違いしていた私。大学は違うのに毎日デートしてたと思っていたら、別に彼女がいると知って、奈落の底に落ちた気分でした。

髪を染めても、買い物をしても気分が上がらず、周囲を見渡せばカップルばかりの現状が嫌になり、海外留学でイギリスに逃亡しました。

「イケメン外国人と遊んでやるぜ!笑」ぐらいの気持ちで乗り込みましたが、英語でコミュニケーションを取るのは思いのほか大変で、勉強することに必死になって、辛かったことも忘れていました。

自分の夢を見つけることもでき、振り返れば良い経験だと感じてます。

30代前半/流通・小売系/女性

自分が全力で熱中できるものを見つける!

長年、付き合っていた大好きな彼氏に振られた時にはかなり引きずり、落ち込んだ毎日を過ごしていました。少し時間があると元彼のことを思い出し、何をしてもあまり楽しくない状態でした。

ところがある日、テレビで韓国アイドルのステージを見てから、彼らの魅力にハマってしまい、そこから韓国のトレンドやファッション、文化、食について知りたいと思うようになりました。

色々調べ、何度も旅行に行くようになりましたし、大好きなアイドルの話している言葉を理解したいという思いから、韓国語の勉強を開始したり、韓国人の友達つくりをしてみたりと、どんどん積極的になっていき、この頃には元カレのことなど考える暇もないほど毎日が楽しく充実していました。

失恋をしたときには落ち込んだ日々を過ごしがちですが、自分の好きなものを見つけて世界を広げることで、恋愛をしていたときよりも楽しく充実した日々を送れるようになると思います!

20代後半/流通・小売系/女性

ちょっとお値段が高くても美味しいものを食べた

好きになっては行けない立場の人を好きになってしまったので、誰にも思いを伝えずに終わらせました。

その日からちょっとお値段が高くても美味しいものを食べ、「この世にはもっと美味しいものがある。これからは美味しいものを食べたいだけ食べたい時に食べれるぞ!」と前向きに行きました。

多少体重は増えましたが、ダイエットと思いウォーキングやランニングをすると、恋愛のことが頭から消え、体重も減るという個人的にとても良い流れで忘れることが出来ました!

20代前半/サービス系/女性

ミクシィにつらい気持ちを投稿した

大学2年生の時、二つ上のアメリカンフットボール部の先輩と付き合っていましたが、ある日突然「忙しくて、今後会えない」と振られました。

学内で彼を見かける度に、自分の意思とは関係なく自然と涙が溢れてきて、周りに泣いているのを見られないように急いでトイレに駆け込む日もありました。

部活が終わって帰宅し、夜ご飯を食べてから寝るまでの時間が一番苦しかったのを覚えています。ほぼ毎日会っていて、半同棲のような生活だったので、ふと一人になると何をして過ごせばいいのか分からなくなってしまったんです。

もう気持ち的に限界で、mixiで「彼氏にふられ夜の過ごし方を忘れてしまった。どうしたらいいか分からない」と人生で初めて質問を投稿してみたところ、「私もです!」「一緒に女磨いて見返してやりましょう」とたくさんの方から励ましの言葉をもらいました。苦しいのは、私だけじゃないんだ!とわかった時は、不思議なほどにスッと気持ちが楽になりました。

それからは、寝る前に本を読んだり、料理を頑張ったり、自分のために時間を使うことができました。

30代前半/流通・小売系/女性

美味しいお酒と食事を満喫する

大好きな人とお付き合いしたのですが、私の親友との関係が深まってしまったようで失恋しました。親友と彼を同時に失って、狂うほど泣きまくりました。

そんなときに親から食事に誘われたんですが、かなりの高級な食事・お酒を飲んで久しぶりにテンションが上がりました。

そしたらいつの間にか吹っ切れていて、今まで以上に仕事に集中し、かなり上の立場まで行けたので、いろいろな意味で成長できたかなと思っています。

40代前半/流通・小売系/女性