失恋して喪失感…同じ経験を持つ男性100人が実践した対処法

失恋をすると何もやる気が起きず喪失感が続くこともありますよね。「もう何もやる気が起きない…」と、どん底にいる経験をしている方も多いのではないでしょうか?

ずっと喪失感を感じたまま過ごすわけにもいかないからこそ、失恋をして喪失感を感じている時でも上手に対処する方法を知りたい方も多いはず。

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による失恋をして喪失感がある時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

失恋して喪失感がある時の対処法ランキング

失恋して喪失感がある時の対処法ランキング

まずは、失恋して喪失感がある時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた失恋して喪失感がある時の対処法』によると、1位は『何かに没頭し暇な時間を作らない』、2位は『誰かに寄り添ってもらう』、3位は『他に目を向ける・交流を増やす』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた失恋して喪失感がある時の対処法

男性100人に聞いた失恋して喪失感がある時の対処法

男性100人に聞いた失恋して喪失感がある時の対処法では、1位の『何かに没頭し暇な時間を作らない』が約31.3%、2位の『誰かに寄り添ってもらう』が約13.4%、3位の『他に目を向ける・交流を増やす』が約12.9%となっており、1~3位で約57.6%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で失恋して喪失感がある時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】何かに没頭し暇な時間を作らない

何かに没頭し暇な時間を作らない

暇な時間を作らないように仕事や趣味に没頭した

失恋をして心にぽっかりと穴が開いていた時期は、とにかく暇な時間を作らないように仕事や趣味に没頭しました。時間があると、いろいろ後悔や思い出がよぎり、辛い気持ちになるためです。

いつ終わるか分からない暗いトンネルにいる意識でしたが、最終的にそれを抜け出せたのは、新たな出会いがあったからです。

辛くても立ち止まらずに、何か行動を続けることは意味があったと、今では思っています。

30代前半/IT・通信系/男性

なるべく考えないよう他のことをする

失恋をして喪失感を感じていた時は、その相手のことはもちろん、相手のことを連想させる食べ物、ドラマ、小物、あらゆる物を目の付くところから排除しました!

頭の中からも排除すべく、考えないで良いように「用事や仕事を増やして疲れて寝る」という日々を送りました。

それでも夢に出てきたりした日はお手上げですが、徐々に自然と忘れてます。

完全に忘れることは無いですが、気づいた時には傷が癒えていました。

20代後半/サービス系/男性

とにかく趣味に没頭しまくる!

彼女とは毎日、ラインや電話をしていたので、別れた後は喪失感がこの上なく、正直、どうしようか迷ってしまいました。

そこで趣味(自分の場合はダーツ)に没頭しまくりました!

初めて行く場所で趣味を通して仲良くなった方々は、私の恋愛の話をしっかり聞いてくれて、相談にも乗ってくれました。

また、一緒に趣味活(ダーツ)を一緒にしてくれたので、心が軽くなり、次に進もう!という気持ちになりました。

20代前半/大学生/男性

ひたすら仕事をして、その後はジムに行く!

失恋時期の私は、もうこの世の終わりかのようになっていたようで、周りからかなり心配されていました。

そんな自分が嫌になり、今まで以上に仕事をこなして周りからの信頼を得ることで、恋愛をしていたときの幸福感に代えていました。

また、仕事後は一息ついてしまうと思い出してしまう為、ジムで自分を追い込んで、帰ったらすぐに寝てしまえる状態にして彼女のことを考えないようにしていました。

それらのおかげか、仕事では給料が上がり、運動することによって健康にもなれたので、逆に別れて良かったのではと思えるようになりました。

20代前半/大学生/男性

仕事に明け暮れる

失恋というのはすごく残酷だと思います。しかし、失恋をすると、人間的にすごく成長することができると思います。

そういうことは何となく理解していたので、失恋したときは「人間的なレベルが上がったから、次はもっと素敵な出会いがある!」と前向きに考えるように努めました。

しかし、ネガティブな感情が全く出てこないわけではないので、そのような場合は、仕事にひたすら没頭しました。

仕事をしていると、作業内容以外のことを何も考えなくて済むので良かったです。

40代前半/メーカー系/男性

とにかく他のことに打ち込む

失恋をして落ち込んだときは、とにかくそのことを考えないで仕事や趣味、今やるべきこと等に打ち込み、気を他のことに向けることです。

他のことに集中することによって、失恋した事実から目を背けることができ、時間が経てば経つほどその失恋したこと、その相手に対する気持ちが薄れていき、気づいたときにはまた違う恋が始まっています。

30代前半/メーカー系/男性

【2位】誰かに寄り添ってもらう

誰かに寄り添ってもらう

なんでも話せる友達に泣き言を聞いてもらう!

失恋の喪失感についての対処法は、とにかく仲のいい友人に話を聞いてもらう事です!相手のどんなところが好きだったか、告白の時どれだけ緊張したか等、一から十まで話し尽くします。

そんなに失恋相手の話をして未練が蘇るのではないかと思われがちですが、どれだけ相手が好きだったかを全部話すと、意外とスッキリするものです。

友人をその失恋相手だと思って、感情をぶちまけると前に進めるものですよ。

やはり気持ちを誰かに知ってもらう事は大事なんだと思います。

30代前半/商社系/男性

誰か寄り添ってくれる人を探す

度合いにもよりますが、強い喪失感は心の病気にもなりかねません。

だからといって、その喪失感を埋めるために、誰でもいいからお付き合いするというのも失礼な話です。

友人や両親などに寄り添ってもらい、失恋した相手は自分のすべてではないことに気づき始めると、心にエネルギーが戻ってくると思います。

40代前半/医療・福祉系/男性

仲間と一緒にお酒を飲む

失恋をして喪失感を感じていた時は、普段全く飲めないお酒を飲みました。

一人で飲んでも全然すっきりできなかったので、仲間と飲んでいたのですが、こちらのほうが早く忘れるし、新しい出会いもできたかなと思います。

あとは考えすぎないように、趣味や仕事で無理にでも忙しくするのもよいと思います。

40代前半/自営業/男性