失恋して後悔…同じ経験を持つ男性100人が実践した対処法


【3位】自分のために時間やお金を使う

自分のために時間やお金を使う

とにかく読書してビジネススキルを高める

とにかく読書しました!内容は起業や副業といったビジネススキルをとにかく高めるためのものにしました。

「相手が後悔するくらい収入を増やしてやる!」と思い、自分を高めたい一心で読み耽ってました。

おかげで仕事も充実して、着実な成果を出し続けた結果、新しい恋愛に出会いました。

前までの自分だったら出会わなかったタイプであろう素敵な相手で、努力した甲斐がありました。

30代前半/メーカー系/男性

一人旅に出て美味しいものを食したり感動の風景を見る

「あのとき、ああしておけば別れることはなかったのに!」と、後悔先に立たず的なストーリーは人生に付き物ですが、ひとつひとつの辛いことを「この事象は今の自身に必要であり、与えられるべくして与えられている」とポジティブに捉える努力を継続しています。

そういう癖というか訓練を続けていれば、人生の大抵の辛い事象は、決して大きすぎる壁ではないことに気付いてきます。

とりあえず一人旅に出て、美味しいものを食したり感動の風景を見たりして、自身を癒やしましょう。そうしているうちに元気が湧いてくるものです。

30代後半/サービス系/男性

服を買ってカッコよくなり次の恋愛に備える

当たって砕けろで告白してフラれたなら、くよくよしてもしょうがないので、悩む時間がもったいないと思います。

そんな時間があるあるなら仕事してお金を貯めて、次の恋愛に向けて服を買ってかっこよくなれば、誰かいい人が来てくれるはず…(笑)

ポジティブじゃないと恋愛なんてやってけないですよねぇ(笑)

そう思ってたら、いつの間にか彼女ができてました。

30代前半/不動産・建設系/男性

【4位】信頼できる人に打ち明ける

信頼できる人に打ち明ける

仲の良い友人と酒を飲んで騒ぶ!

失恋したときは寂しさを紛らわせるため、仲の良い友人と食事に行ったり、お酒を飲んだりして一人の時間を作らず、楽しい話をひたすらするようにしました。

正直、胃が痛かったり、体がダル重かったりしますが、一人でいるより誰かといたほうが前向きになれるからです。

異性の友達だと、「あわよくば…」と欲求に駆られることもあると思ったので、極力同性の友達に絞りました笑

仲の良い友人と更に仲を深められたのが、むしろ良かったです。その友人から異性の友達を紹介もしてもらえました!

30代前半/金融・保険系/男性

すべてを言葉にして吐き出して聞いてもらう

私は、失恋して後悔している時は、こみ上げてくることをすべて言葉にして吐き出すようにしました。

もし親友がいれば、その親友には申し訳ないのですが、自分が吐き出す言葉を聞いてもらうのがいいかと思います。

深く受け止めてもらわなくてもいいし、単なる相づちや、聞き流してもらうだけでもいいと思います。

後悔は負のモノですから言葉にしてすべて吐き出し、負のモノを空っぽにして新しい恋愛に進みましょう。

30代前半/流通・小売系/男性

誰かに話を聞いてもらう

考えを切り替えることが大切だと思います。失恋後、「あの時、こうしておけば良かったのに」という後悔はつきものです。

「次の恋の糧になる」と考えれば前向きな気持ちになり、いつまでもクヨクヨせずに済みます。

とはいえ、そう簡単に考えを切り替えられるものではありません。

そういう時は誰かに話を聞いてもらうのもよいでしょう。他の人の意見を聞くことで、少しは冷静になれますし、新たな発見などがあるかもしれません。

30代後半/自営業/男性

【5位】前向きに考える

前向きに考える

時間が解決すると開き直る

失恋直後は悲しみのあまり何度も後悔したりして、なかなか忘れる事が出来ないと思います。

とは言え、忘れるために別の異性と付き合うと、あまりいいことにはならないと思うのでオススメはしません。どんなに抑えているつもりでも、別れた相手への未練は新しい恋人に伝わってしまうからです。

これまでの経験上、失恋したその時は引きずってしまいますが、大抵時間が解決します。開き直って、その時が来るまで待ちましょう。

30代前半/流通・小売系/男性

告白できた自分を褒めてあげる

僕は小さい頃から自分に自信がありませんでしたが、好きな人が出来、勇気を出して告白しようという気持ちになりました。しかし見事に振られました。本気でしたから、振られた後は確かに落ち込みましたし、告白した事を後悔しました。

家に帰って布団の中にもぐり現実逃避をしていた時に、昔見たCMを思い出しました。記憶が曖昧で何のCMかは忘れましたが、「想いを伝える事と伝えない事、どちらの後悔が大きいか」と男性が言っていました。それを思い出した時に、心が少しだけ落ち着きました。告白して振られるよりも告白しない方が後悔していたと思ったからです。

その後、僕はネットで「告白して振られるよりも、告白しない方が辛い」という事について沢山検索しました。そしたらブログや有名人の名言集などで「告白しないほうが辛い」と証明できるような言葉を沢山見つけ、僕の心はさらに落ち着きました。

そして最終的には「自分に自信がない僕が女性に告白したんだから、もっと自分を褒めていいのではないか?」という前向きな気持ちになりました。

30代前半/サービス系/男性

【6位】体を動かし、疲れて眠る

体を動かし、疲れて眠る

ひたすら筋トレをして体を酷使して疲れて眠る

まずはささくれた心を静める必要があります。なので一人になるため部屋にこもり、静かに目を閉じ、体を丸めて寝るよう努力します。

それでもどうしても眠りにつけない時はひたすら筋トレをし、体を酷使しました。

疲れ果てた頃には、失恋という事実が完全に頭から消し飛ぶので、暫しの間、眠ります。

しばらくすると思い出すので、忘れるまで体を疲れさせ続けます。

20代前半/メーカー系/男性

たくさん汗をかいて涙も一緒に流して早く寝る!

大好きな人に振られたときは、すべてを失うようでした。

そんな時はひとまず、全力で運動をし、熱いお風呂に入ったあと、サウナでたっぷり汗を流します。その時に一緒に涙も流れますが、汗と一緒に涙を流してすっきりすることで次に向かう準備をします。

失恋したことは確かに思い出したりもしますが、一つの人生経験にもなるし、ネタにもなるので、人生としてはよい経験になったと今でも思います。

30代前半/メーカー系/男性

【7位】悲しみにどっぷり浸る・号泣する

悲しみにどっぷり浸る・号泣する

まずはとにかく泣く事

順調だった期間が長い分、失恋した時のダメージが大きいので堪えますが、まずはとにかく泣く事。これが一番心がスッキリします。

あとは仕事や趣味に打ち込んで、余計な時間を自分に与えない事で、失恋した事を少しでも長く忘れられる様にする事が重要だと思います。

当時は仕事が繁忙期だったこともあり、一ヶ月程度で何とか失恋の痛手からは回復する事が出来ました。

30代後半/自営業/男性

まとめ

男性100人に聞いた失恋して後悔した時の対処法では、1位は『何かに没頭し考える時間を減らす』、2位は『他の相手に目を向ける』、3位は『自分のために時間やお金を使う』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ男性100人による失恋をして後悔している時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『【女性編】失恋をして後悔している時の対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

失恋して後悔…同じ経験を持つ女性100人が実践した対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年03月31日~04月15日
回答者数:100人