妻(嫁)が育児しない…既婚男性100人が実践した対処法とは


【3位】さり気なく促す

さり気なく促す

やって欲しいことをそれとなく伝える

妻に、育児でやって欲しいことをそれとなく伝えることで、能動的に動いてくれるようになりました。

例えば、幼稚園に持っていくものを準備するとき、必要なグッズが揃っていない場合も、「〇〇買っといて!」というような命令形ではなく、「〇〇って、もう買ったの?」と聞くようにしました。

すると妻も嫌な思いをしないのか、「忘れてた!明日買いに行くね」等とスムーズに動いてくれました。

たまに「気づいたんなら、あなたが買ってきてよ」と言われますが、その時は素直に従います。

40代前半/IT・通信系/男性

【4位】具体的にお願いする・頼る

具体的にお願いする・頼る

具体的に何をしてほしいかを伝える

妻が育児をしないときには、具体的に何をしてほしいかを伝えました。「ミルク作って」「オムツ取って」「〇〇(子どもの名前)がママに抱っこして欲しいって」など、して欲しいことを伝えました。

応じてくれたときには、「〇〇してたのにごめんね、助かった!ありがと!」と感謝を伝えてたら、次第に「何したらいい?」と言ってくるようになりました♪

30代前半/医療・福祉系/男性

【5位】褒めておだててその気にさせる

褒めておだててその気にさせる

妻を褒めたり感謝する

妻の育児のおかげで、今は立派に成人している子供が二人おります。仕事で家を空けがちだった私は、あまり育児に関われず感謝しております。

そんな妻ですが、たまに育児を放棄するような態度を示すことがありました。きっとストレスが限界まで溜まっていたんだと思います。

その時には妻を褒めたり感謝する他、私が代わりに育児をし、妻に自由時間をプレゼントすることが効果的でした。

50代後半/流通・小売系/男性

【6位】子供の力を借りる

子供の力を借りる

子供から妻に上手に甘えさせる

妻が育児をしなくなったら、自分が頑張るしかないと思います。子供は可愛いので、子供の事に関した喧嘩はなるべくしないのが私のモットーだからです。

共働きなので妻も家事で大変な時もあると思うので、自分ができる範囲の育児は全力でやっています。

でもやっぱり子供は母親が好きなので、妻に育児をしてもらいたい時は子供から妻に上手に甘えさせて、私が妻の代わりに家事をするなど、ケースバイケースで頑張っています。

40代前半/流通・小売系/男性

【7位】話し合う

話し合う

育児に対してどのようなことが辛いのか聞いてみる

妻が育児に疲れてるなと思ったら、柔らかな口調で「最近子供に対して苛立ったり、疲れてるように見えるけど、大丈夫?」など、育児に対してどのようなことが辛いのか内容を聞きました。

妻曰く、「四六時中一緒だから、自分の時間がなくなって疲れちゃった・・・」とのことでした。そこで、妻に少し自分の時間を持たせてあげられるように、子供を何日か私の実家に預けることにしました(私も日中は仕事があるので)。

我が子と離れれば少し不安になるだろうと思ったので、毎日、子供がどうしているか実家に電話やメール等で確認して妻に報告するなど、フォローもしました。

やがて精神的に落ち着いた妻は、「子供がいる騒がしい日常が幸せだった」と気づき、その後は普段通りの生活に戻りました。

30代前半/自営業/男性

まとめ

男性100人に聞いた妻(嫁)が育児しない時の対処法では、1位は『自分が率先して動く』、2位は『子供との仲を深め嫉妬させる』、3位は『さり気なく促す』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ既婚男性100人による妻(嫁)が育児しない時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『【女性版】旦那が育児しない時の対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

旦那が育児しない…既婚女性100人が実践した対処法とは

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年02月12日~02月27日
回答者数:100人