夫(旦那)が嫌いすぎる…既婚女性100人が実践した対処法とは


【3位】落ち着いて理由や対処法を考える

落ち着いて理由や対処法を考える

さっさと割り切り、「自分が楽しめること」に目を向ける

私にとって、夫は「世界で一番(あるいは2番目)に嫌いな人間です。ああ、このままだったらどうしよう、と悩んだこともありました。

でも、よく考えてみれば、今までに付き合った人たちも、別れた後はどうでも良くなっているので、相手が誰だろうと最終的には「どうでも良くなる」のだと考えました。

嫌いな夫のことを考えるのも嫌なので、「まあ、今よりは悪くならないだろう。こんな夫もどうせ私より先に死ぬ」と思って、「自分が楽しめること」に目を向けることにしています。

40代前半/専業主婦/女性

自分で冷静になる

うちのだんなは、普段から口数が少ない人なんですが、仕事から帰ってきて疲れていると、本当に返事もしてくれません。「聞いてるの?」と聞くとうわの空の返事で、本当に嫌になります。

こっちは真剣に話しているのに、その態度はないでしょ!と思う事が多々あります。

そんな時は話すのはやめて、自分で冷静になるようにしました。

「私が好きで選んだ人だから」と、初心にかえるようにしたら、少し落ちつく事が出来、今は冷静に対処出来るようになり、仲良しですよ。

50代後半/専業主婦/女性

「嫌いという感情があるだけ、少しは相手に「期待」があるマシな状況なんだ」と思ってみる

一度、本当に夫が嫌で嫌でたまらなくなりました。仕事もせずに飲み歩き、家にお金も入れず、私は子育てに追われ・・・本当に「離婚」を考えた時、私の夫に対する感情は「嫌い」を越して「無」になりました。

全く関心もなく、いないものと同然、ある意味イライラもしなくなりました。

その後、夫の仕事が回復、私の極限の状態にも気づき、少し改善されてきて離婚は回避。

それからというもの、「嫌いという感情があるだけ、少しは相手に「期待」があるマシな状況なんだ」と思うようになりました。

40代前半/専業主婦/女性

まずはひとりきりになり、本心を感じ取る

夫が急に怒り出すことがあるんです。よく観察していると、おかしいと思うことが多く、嫌いになりました。

最初は気持ち的に割り切ってしまおうかとも考えましたが、割り切っても辛い結婚生活になるだろうと思えたので、離婚に踏み切ることにしました。

女性が自分を大切にしていないと、ズルズルと引きずられてゆき、いつまでも決断できないと思うので、まずはひとりきりになり、本心を感じ取るようにしましょう!

自分の本音を大切にした決断をするようにしています。

40代前半/マスコミ系/女性

【4位】報いを受けさせる

報いを受けさせる

暫くは夫の食事を作らない

夫の海外転勤に伴い、家族で移住したのですが、ある時、義母から夫に用があるから帰国するように電話があり、夫のみ一時帰国しました。その際、彼は「祖父が危篤」と会社にウソの理由を話して帰国しました。

結局大した用事ではなかったみたいですが、実家でのんびりしている夫から、私と子どものいる海外の赴任先に「今お寿司食べてるよ。日本のお寿司は美味しいよ」という電話があって、「なんだ、この幼稚な自己中野郎は・・・!」と思ったので、夫が戻ってきて暫くは、夫の食事は作りませんでした(笑)

今でも思い出すだけで、イライラします。

50代前半/専業主婦/女性

【5位】なるべく気にせず、受け入れる

なるべく気にせず、受け入れる

理不尽なとき以外は、黙って聞く

旦那は私の連れ子の息子について「あれもできてない、これもできてない」と私にうるさく言います。

「いや、細かいでしょ」と言ったら、「いや、当たり前だから」と言ってきました。

私の息子の悪口を言う人はただでさえ嫌いになるのに、旦那に言われると余計嫌いになります。

その時、息子の肩を持つと余計に頭にくるみたいなので、理不尽なとき以外は、ごめんなさいと黙って聞いてます。

40代後半/専業主婦/女性

【6位】気分転換をする

気分転換をする

実家に帰ったり、プチ旅行をして気分転換を図る

離婚したいくらいに嫌いすぎると思うことは10回以上ありましたが、そういう時には帰れるなら実家に帰って親に甘えます(笑)

親は味方なので、愚痴を聞いてくれてあたたかく迎えてくれるからです。

それができない時にはプチ旅行するのもいいです。ビジネスホテルに1泊するだけでも気分転換できて、気持ちが落ちつきます。

40代前半/自営業/女性

【7位】別の方法でコミュニケーション

別の方法でコミュニケーション

交換日記を始める

つい先日、口喧嘩になり、夫が以前「もう二度と言わない」と約束したはずの言葉を口にした事で、私の怒りは最頂点になり、「もう嫌いだな、無理だな」と思ってしまいました。

でも後日、しっかり夫から謝罪の言葉が聞けて、お互いカッとなるとつい言い過ぎてしまう部分があったり、逆になかなか言えない話を内に秘めていたりすることが多々あるとわかったため、交換日記の提案をしたところ快く引き受けてくれました。

「文章を書くのはあんまり得意じゃない」と言っていた夫が、意外にもしっかりページびっしりと書いてくれて、夫の知らなかった一面に気づくことができたり、ふとした時にノートの内容を思い出して夫に優しく出来たり、今ではすごくプラスになった行動だなと思います。

20代前半/サービス系/女性

まとめ

女性100人に聞いた夫が嫌いすぎる…と悩んだ時の対処法では、1位は『しばし離れる・取り合わない』、2位は『正直な気持ちを言葉や態度に出す』、3位は『落ち着いて理由や対処法を考える』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ既婚女性100人による夫が嫌いすぎる時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『【男性版】妻が嫌いすぎる時の対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

妻(嫁)が嫌いすぎる…既婚男性100人が実践した対処法とは

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年03月31日~04月15日
回答者数:100人