夫(旦那)が無駄遣いばかり…既婚女性100人が実践した対処法とは

【3位】現状を把握させ、危機感を持たす

現状を把握させ、危機感を持たす

通帳を見せ「今、通帳にこれしかないよ」と伝えた

お金の管理は私がしていて、家計簿を付けながらやっています。

夫は物欲が強く、勝手に買ってきたり「あれ欲しい、これ欲しい」と言い出すため、「今、通帳にこれしかないよ」と伝え、「今月はあとこれだけで支払いと生活しなきゃいけないから無理だよね。また今度ね」と言って買うのをやめてもらいます。

そして余裕が出来た時に、一緒になにかご褒美として甘いものなど買ってます。

20代前半/専業主婦/女性

収支の見える化を行い、お互いが家計を把握する

夫は便利な電子マネーやクレジットカードをよく使うのですが、利用明細を把握しておらず、支払い明細が来て驚く事が多々ありました。

今までは私だけが家計管理をしておりましたが、収支の見える化を行い、お互いが家計を把握するようになってから、夫も意識が芽生えたように思います。

また電子マネーに上限設定したところ、更に意識してもらえるようになりました。

30代前半/サービス系/女性

羨ましがったあと、現実を伝える!

株式投資や会社経営など、日頃稼いでくれている夫ですが、時々、無駄なお金を使います。30万円する時計も即決で買ったり。

もちろんご褒美にと思って達成感もあるのでしょうが、現実を伝えないといけないので、私は「いいなー。素敵な時計!でも今月って、塾や習い事にもこれだけかかっているから、私には買えないな・・・」とチクリ。

すると、一応分かってくれるのか、しばらくは爆買いすることはないです。

チクチク攻撃を続けるのが私のつとめですね(笑)

40代前半/マスコミ系/女性

罰金貯金箱を作り、無駄遣いを見える化した

夫はコンビニに寄ったら、欲しいものがなくても「なんとなく500円は使う」というタイプ。ドリンクだけ購入するのは悪いからと、必要のないお菓子や雑誌などを購入し、エコバッグは面倒と言い、毎回買い物袋も購入します。

そこで必要のないもの、買い物袋を購入したら100円の罰金貯金を提案しました。結果、たった2ヶ月で3,000円近く貯まりました。

無駄遣いという目に見えない物を、罰金という形で見える化したことで、夫も「こんなに無駄遣いをしていたのか」と、無駄遣い行為を意識するようになりました。

30代前半/専業主婦/女性

無駄にしている量をお金に換算し、提示してみた

旦那はよくコンビニでペットボトルの飲料を買います。仕事中に飲むものだから、買うことに関しては反対しません。しかし、買って全部飲み切ることなく家に持ち帰り、そのまま放置しています。

また次の日もペットボトルを買い、余して持ち帰り、買っては余すを繰り返しています。もったいないから飲み切るよう伝えても、改善されません。

なので、残して持ち帰ってきたペットボトルを中身を残したまま並べておき、1週間分ためて、残っている量をお金に換算し、旦那に提示してみました。

すると、残している量と金額に驚き、飲み残しもなくなり、たまに水筒を持ち歩くようになりました。

30代前半/専業主婦/女性

通帳や財布を見せて、残りが少ないことを話す

私の夫は子どもの頃からお金を自由に使える環境で育てられてきたので、あまり我慢をすることがありませんでした。

ですが、自分のお金で生活する以上、お金には限度があることを見せるようにしています。

そうじゃないとコンビニでおやつを購入したり、欲しいと思うものを我慢せずに買うので、びっくりしてしまいます。

そんな時に通帳や財布を見せて、残りが少ないことを話すようにしています。

30代後半/流通・小売系/女性

通帳を見せながら、「給料までこれだけだから、節約するよ」と宣言する

旦那にお金を持たせて買い物に行かせると、お菓子やパンなどいらないものまでたくさん買っています。

そういうときは、「もうやめて」と言いますが、それでもたくさん買って来ちゃうときもあります。

その場合は「運動しないで食べ過ぎると糖尿病になるし、痛風もひどくなるよ」と言ってます。

最後は通帳を見せながら、「給料までこれだけだから、節約するよ」と宣言すると、余計なものを買ってこなくなりました。

40代後半/専業主婦/女性

おこづかい帳に使った金額を記入させる

急に夫の身の回りの物がどんどん新しくなったり、私や息子にも色々プレゼントしてくれるようになりました。

聞いてみるとネット通販にハマったらしく、どんどん買い物をしていたようだったので、次から何か買うときには、おこづかい帳に記入して月末に提出するよう言いました。

さすがに使いすぎたのが分かったのか、それ以降は買い物を控えていました。

30代前半/公務員・教育系/女性

「限度を超えたら別れるよ」と伝えておく

夫婦といえども他人同士ですし、男女でお金をかける物が違うのは当たり前なのですが、私から見ると価値の感じられないものに主人がお金を費やしている印象でした。付き合いたての頃は許せたことも、時間とともに嫌になってきます。

そんな時は、相手のことなんて頭に入れないように振る舞うことです。

たとえ同居生活を送っていようと、自分だけが相手に合わせることはやめるようにしています!

あとは、「限度を超えたら別れるよ」と伝えておくのもいいですね。

40代前半/マスコミ系/女性

【4位】うまく誘導する

うまく誘導する

無駄なものを買った分だけ、家の中からいらないものを出す

コンビニエコバッグが有料化されたとき、主人は基本エコバッグを持ち歩かないので、100均でコンビニ専用のビニール袋を買って持たせてみました。しかし全く効果がなく、気がつくとゴミ袋にしてしまっていました。

何回も言っているのに直らないので、こちらが折れてコンビニでの袋購入は可能にしました。

その代わり、無駄なものを買った分だけ、家の中からいらないものを出すように伝えました。

30代後半/専業主婦/女性

自分も同じくらい無駄遣いして、相手が口を出してきた時に反論する

主人は衝動買いが多く、必要ないものばかり買う癖があります。

何度注意しても治ることがなく、どうしようかと考えたときに思いついたのが、私も同じことをして困らせることでした。

案の定、私の無駄遣いを見て口を出してきたので、その時に「自分はどうなの?私のいってること理解できた?」と問うと、何も言えなくなっていました(笑)

それからは主人の無駄遣いもなくなりました。

20代後半/サービス系/女性

満足するまで買わせ、あとで思い知らせる

私の旦那はお菓子やジュース、特に炭酸が大好きです。もうおじさんなのに、未だに自制心や限度を知らず、コンビニなどに行くと「これ買おう!あれも買おう!」と食べられない量を買おうとします。

そして目の前にあるとたくさん食べて、後々、おなかを壊したり、おいしく食べられないときも多いです。

「どうせその量、食べられないでしょ」と何度言っても聞かないので、満足するまで買わせ、食べさせることにしました。

そうすると結局、おなかを壊したりする痛みが少しは残るようで、少しずつ必要な量を考え、買うことができるようになったみたいです。

20代後半/専業主婦/女性

こんなに節約頑張ってます!とアピールし、牽制する

夫は自分のためには、ゲームの課金もたくさんしますし、ペットボトルなどの飲み物もお菓子もいっぱい買います。

しかし私は水出し緑茶などを毎回作ったりするなどして節約してるので、「こんなに節約頑張ってるんだ!」と本人に伝えます。

だからといって特に変わることはないのかもしれませんが、アピールすることは大事だと思っています。

40代前半/自営業/女性

無駄遣いしなければ子供に服が買える等、具体的な例を挙げる

外食や晩酌が大好きな夫です。外食はコロナだからと避けられたとしても、買い物中に何かにつけてはビールをせがんでくるのです。しかも「おつまみも欲しいから」と惣菜やお菓子もねだってきます。正直鬱陶しいくらいです。笑

毎回のことでうんざりしていたので、最近は「ここで無駄遣いをしなかったらどうなるか」を丁寧に伝えることにしました。例えば、「この無駄遣いがなければ子どもに服が買える」や「浮いた分で欲しがってた本が買えるんじゃない?」等、想像しやすいように話をしてみました。これが意外と効いていて、納得して諦めることが増えました。

前までは、頭ごなしに「買わない!」と言っていた為、腑に落ちない部分もあったと思いますが、今では納得して買わないことも増えたし、「子どもにおもちゃを買ってあげたいから」と自分から貯めるようになりました。

言い方一つですが、こんなに変わるなんて思ってもみませんでした。

20代後半/専業主婦/女性

【5位】ストレートに諫める・話し合う

ストレートに諫める・話し合う

「これだけでこんなに出費しているんだよ?」と切実に訴える

私の夫はお金の管理が下手です。同じようなものを何度も買ってくるし、子供にせがまれるといくらでも、なんでも買ってしまいます。

それに、毎日夜のおつまみにコンビニ菓子や乾きものをたくさん買ってきます。1個100円だとしたって、毎日の事となると無駄遣いですよね。

だから、「これだけでこんなに出費しているんだよ?」と切実に訴えます。ガミガミ怒るよりは訴えかけた方が本人に響くかなと。笑

それでもなかなか余計な出費が減らないですが、これからも切実に訴え続けていきます!

30代後半/サービス系/女性

「何でないのか?」と聞き、無駄使いかどうか話をする

私の旦那には、お給料日にとりあえずお小遣いを毎月一定額、渡し「足りなくなったら、言ってね」と伝えます。

足りなくなると、また必要な分を渡すのですが、2週間もしないうちに「ないから」と言われた時は、「何でないのか?」と聞き、無駄使いかどうか話をするようにしました。

あればあるだけもらえると思って使う事があったので、そうしました。

話し合いを設けたことにより、今は無駄使いはしないようになりました。

50代後半/専業主婦/女性

正直に叱る!

夫は知らずに大きな買い物をしてくることがあります。

買っていいか相談してから買うならまだしも、相談なしで無駄使いをしてるとイライラするしムカつきます。

なのでしっかりその時は叱るようにしています。

独り身じゃないことをわかってもらい、無駄使いが徐々に減ってきたので、このまま叱り続けていきたいです。(笑)

20代後半/専業主婦/女性

限度をこえたら注意する

私の主人は、もともとそんなに大金を使う人ではありませんし、家のこともよくしてくれます。

しかし子供のように無駄遣いをすることがあります。

その時はある程度まで我慢して、必要以上に無駄遣いした時は強く言います。

でも、主人のほうが稼いでくれているので、目をつぶることもあります。

40代後半/専業主婦/女性

【6位】行動や使う物等、大本から改める

行動や使う物等、大本から改める

引き出し手数料を浮かすべく、振込先を別の銀行にできないか相談

私の夫は毎回現金をコンビニATMでおろしていて、毎回数百円の引出し手数料を払っています。

夫の言い分としては、利用している銀行の支店が近くにないこと、数百円なのでさほど無駄ではないこと、一回の引出し金額を多めにしているのでそんなに頻繁ではないこと等を理由にしていますが、不要な経費であることは一目瞭然。

そのため、給与の振込先を別の銀行にできないか職場に確認してもらうよう依頼し、利用自体をやめてもらうことにしました。

20代後半/不動産・建設系/女性

毎週の献立を大雑把に決めて紙に書く

夫がこのコロナ禍でリモートワークになったため、日々の料理を担当しています。しかし買い物の時にいつも余計な物を買ってきてしまうため、フードロスが増えたり食費が一気に膨れ上がってしまいました。

そこで、毎週の献立を大雑把に決めて紙に書くことで、買い物は毎日行くのではなく2日に1回、無駄な物はなるべく買わないようになりました。

30代前半/サービス系/女性

【7位】財布を分け、好きにさせる

財布を分け、好きにさせる

財布を別にし、各々が稼いだ分だけ好きなように使う

夫の趣味はまさかの浪費。結婚してから知りました。「金を使うのがストレス発散」「別に買い物じゃなくても、ギャンブルでも何でもいい。とにかく金を使うと、スカッとする」とのこと…。

幸い、まだ子どもはいないので、それを聞いた途端、私は「財布は別にしよう」と提案。

各々が各々の稼いだ分だけ好きなように使うことで、少なくとも私はストレスフリーです。

20代後半/IT・通信系/女性

個人の趣味に使うお金は主人のおこづかいから出すように提案

もともとおこづかい制ですが、そんなにたくさんあげてないのに、主人は趣味の物を「え!?」という金額で購入します。

普段は贅沢するタイプではないので、ちまちま貯めたおこづかいを使っているのかな?とは思いますが、それにしても高額なので驚きます。

主人の稼ぎなので基本的にはスルーしていますが、個人の趣味に使うお金は主人のおこづかいから出すように提案しています。

40代後半/専業主婦/女性

まとめ

女性100人に聞いた夫が無駄遣いする時の対処法では、1位は『一緒に行動・家計簿を共有する』、2位は『自分が管理・必要最小限のみ渡す』、3位は『現状を把握させ、危機感を持たす』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ既婚女性100人による夫が無駄遣いをする時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『【男性版】妻が無駄遣いをする時の対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

妻(嫁)が無駄遣いばかり…既婚男性100人が実践した対処法とは

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年04月06日~04月21日
回答者数:100人