一つのドラマと父の言葉から変わった私の人生!

私が大学一年生だったある日、父からオススメの韓国ドラマがあるから見てみてと言われました。

その頃私は全く韓国に興味がなく、むしろ韓流はおばさんのイメージがあったので嫌でした。

しかし何度もオススメしてくる父だったので仕方なく1話だけ見てあげようという気持ちで見た事がきっかけで私の人生は変わりました。

イメージが一転!韓国が好きに

そのドラマは「私の名前はキムサムスン」というラブコメディのドラマですが、主人公の男性がとてもイケメンで、そしてもう1人の主人公の女性が少しぽっちゃりしていてキャラがとても面白いんです。

 

私は正直メディアだけの想像で韓国はあまり好きな方ではなかったけど、ドラマを見ていくうちに、韓国の文化や言葉、環境の違いにとても関心を持ち始め、その年の夏に友達と韓国旅行へ行きました。

韓国は日本人の韓国客が多いためか日本語を話せる店員が多く、韓国語を全く分からなくても旅行出来ます。この旅行をキッカケに直接現地の人と会話していくうちに、今度は私が韓国語を勉強して韓国語で会話したいなと思い、日本に帰国してすぐに独学で勉強し始めました。

ついに留学!のはずが・・・

勉強していくとだんだん韓国語で会話出来るようになり、実際に韓国で生活がしてみたくなり、三年生の頃に一年間留学を経験しました。

ワクワクで行った韓国なのに、留学して一か月経った頃、ホームシックになり、日本へ帰りたいと愚痴をこぼすようになりました。

 

旅行はその場所、その国の良いところだけを見る機会が多い反面、留学は良いところだけでなく嫌なところも見る機会があります。例えば電車に乗っていると、反日の人に何か言われたりなど、自分が考えてもいなかった事が起こります。

父の言葉で変われた

そういった事が続きホームシックになっていると、お父さんが、韓国でたくさん友達を作ってごらん。留学が楽しくないのは韓国のせいではなく自分が楽しくなくしてる。自分から楽しくしないと。と言われ、そうだ、韓国でたくさん友達を作るとまた変わった世界が見れるんだと思い、そこから私は変わりました。

 

日韓交流に参加するなどして、韓国人の友達が出来、会話も上達してきました。一年後には、ホームシックが嘘だったかのように、泣きながら友達とお別れをしました。今でもその友人達とは連絡を取り合っています。

若い方に伝えたいこと

留学は語学を学ぶためだけではありません。良いところも悪いところも見て感じるかも知れません。韓国に関してはメディアだけの情報で韓国を嫌いな人もいると思います。

しかし実際に韓国へ行くと、少なくとも私の周りの韓国人は日本が大好きです。また日本を離れた事で日本の良さ、家族の暖かさ、自分の生まれ育った環境のありがたさに気づきました。

 

留学を迷っている人がいたら、私は必ず勧めます。現在結婚して来年には子供が生まれますが、もう自分がしたい事は限られています。

若い方、特に10代や20代のみなさんには、今しか出来ない事を今してほしいです。

著者:お山さん

性別:女性

年齢:29歳

九州在住29歳専業主婦、来年第一子誕生予定です。ごく平凡な生活を過ごして来ましたが、大学生の時に韓国が好きなり独学し留学を経験しました。

お役立ち記事を毎日更新!「いいね!」を押してチェック!