32歳からの妊活!不妊症と診断された私が妊娠できるまで

私が結婚をしたのは32歳の時でした。もともと結婚願望はあまりありませんでしたが、子供はいずれ欲しいと思っていました。

30歳を過ぎると周りの友人たちも次々に結婚していき次第に焦るようになりました。しかも女性には出産年齢にタイムリミットがあるため、それを意識し始めてから本格的に婚活を初めて32歳で結婚することができました。

夫の妊娠に対する理解

結婚したらすぐにでも子供が欲しいと思っていましたが、夫はそんなに焦らなくてもいいんじゃない?と言ったスタンスでした。女性には出産のタイムリミットがあることを男性である夫はあまり理解できていなかったのだと思います。

それでも結婚して1年経っても子供が出来なかったら不妊治療を受けようと決めていました。夫にもその思いを伝えると理解を示してくれました。

自分が不妊症だと知る

そして結婚して10ヶ月が経った頃に自宅近くの婦人科で自分が妊娠できる体かを診てもらうことにしました。

それまで婦人科へは子宮ガン検診で行ったくらいでブライダルチェックなども受けたことはありませんでした。婦人科では血液検査や問診などもしてもらいましたが特に異常はないとのことでした。

 

しかし異常がなくても一年間妊娠していないと不妊症と診断されるらしく、自分が不妊症なんだと知った時はショックでした。しかも原因が無いということは妊娠するために何をしたら良いかもわからないので、異常がなくてホッとした反面不安にもなりました。

卵巣年齢という言葉

不妊症の治療としてはまずはタイミング法で様子を見てそれでも妊娠しなかったら人工授精→体外受精にステップアップしていきます。
まずはタイミング法で治療を開始しましたがなかなか成果は出ませんでした。ちょうどその頃引越しが決まって引越し先の近所に不妊治療で有名なクリニックがあることを知りました。これも何かの縁だと思ってそのクリニックに転院することにしました。

 

初めてそのクリニックを訪れると待合室にはたくさんの女性がいて、こんなにも不妊症で悩んでいる人がいるのだと驚きました。クリニックでも血液検査をしましたがそこで初めて卵巣年齢が高いことを聞かされました。当時33歳でしたが、卵巣年齢は42歳でした。これにはさすがにショックを受けました。もうこのまま妊娠できないかもしれないという絶望感に襲われて家に帰って大泣きしました。

前を向いて、今出来ることを

しかし、卵巣年齢が高くても良い卵子を育てれば妊娠できるかもしれないと思って、それからは良い卵子を作るためにさまざまなことを行いました。

私が行ったこと

  • 毎日スクワットを30回
  • 自転車は使わずになるべく歩く
  • 週1回岩盤浴に通う
  • キウイとアーモンドを毎日食べる
  • 寝るときも靴下を履いてとにかく冷えを防ぐ

人工授精で妊娠反応はあったが…

卵巣年齢が高いとわかってからクリニックでは人工授精にステップアップしました。

そして1回目の人工授精で妊娠反応が出ました。妊娠検査薬で陽性の印を見た時は本当に嬉しかったです。しかし、すぐに流産をしてしまいました。調べると初期の流産は珍しく無いようですが私はショックで毎日のように泣きました。

ついに、念願の出産!

でも同時に自分が妊娠できる体であることもわかりました。

ちょうどクリニック通いに疲れた私は少しお休みすることにして、自宅で排卵検査薬を使って自分でタイミングを見て妊活をするようにしました。

すると2回目に妊娠反応が出てとても嬉しかったです。

今回は陽性反応が続いてついに私も母親になることができました。

著者:たかは

性別:女性

年齢:37歳

37歳の専業主婦で3歳半の息子がいます。

お役立ち記事を毎日更新!「いいね!」を押してチェック!