変わった読み方の名前の私だから分かるメリットとデメリット

私の名前はキラキラネームではないけど、普通の漢字で『清子』と書いて『さやこ』と読むような、ちょっと探さないとわからない読み方の名前なのです。
ただ漢字の辞典とかで調べると、普通にその漢字の読み方として載っているんですよね。

 

名前の由来としては、父方祖母が孫の一人に『清子』という字の名前を付けたいと言ったことから始まったそうで、偶然にも母方祖父の母(私の曾祖母に当たる人)が『清子』を『さやこ』と読む名前だったこともあり決まりました。由来としてはちゃんとしたものでした。

難しい読み方の名前のメリット

自分が難しい読み方の名前というのは、メリットとしては、漢字に興味を持つのが早かったです。
そして名前とは関係ないでしょうが、私はなぜか子供の頃から歴史が好きなので、難しい名前の武将とか平安時代の貴族の女性とか、かなり簡単に覚えるんですよね。

 

親しみを感じると言っては変ですが、小学生の頃から源三位頼政や、悪源太義平など、すらすら読めていました。

難しい読み方の名前のデメリット

デメリットとしては、学校時代の春の新学期、自己紹介でいちいち名前を言うのが面倒でした。
中学以上になり、科目ごとに別の教師に読み方を説明するのがしんどくなって黙っていると、お節介なクラスメートにイライラした感じで怒られて注意されるのも、なんか嫌でしたね。

それと、私はいじめられっ子だったのですが、私の名前にいちゃもんを付けてくる人は、必ず私をいじめるというか、今でいうマウンティングしてくることにだんだんと気が付きました。

 

それは大人になってからもでして、自己紹介をするとそんな風に読めるのかと言われたので、「実は祖母が~祖父が~曾祖母が~」という名前の由来の話を丁寧にすると、気取っているように受け取られ余計に嫌われた経験もありました。

どこか由緒のある家柄の出だとでも思って感心してくれるのならいいのですが、こちらはそんな意図で話したのではないし、勝手にそう思われて嫌われてしまいました。
若い頃は自分が悪いと考えることも多く、どうしたらいいかわからないと悩んだこともありました。

 

極めつけは、なんと母方の叔父に、「そんな読み方あるのか?」と言われたことです。
「あんたの祖母の名前やがな!!」と言いたかったけど、この叔父はいわゆる昔の頑固な正確な方なので、本当のことを言っても仕方ないかと黙っていました。母に言うと呆れてましたね。

難しい読み方の名前の私が伝えたいこと

ということで、難しい読み方は面倒なだけで、あまりメリットはないと言っていいのではと思います。(笑)

たとえ両親や家族が一生懸命に考えて付けた名前だとしても、子供がその意味や名前に愛着を持つまでには結構時間が掛かるものです。

特に子供の頃の繊細な時期は、名前で友達やクラスメイトからいじられるというのは精神的にもつらい経験となってしまいますよ。

 

姓名判断の本を見たときも難しい読み方は子供に良くないと書いてあり、それを見たときは嫌でしたが、今はちょっと納得しています。

著者:A子

性別:女性

年齢:48歳

私は歴史が好きです。明治維新の頃の外国人から見た日本というのが特に興味があります。手作りケーキとかも好きです。他にも趣味は多いです。

お役立ち記事を毎日更新!「いいね!」を押してチェック!