誕生日に婚約破棄!?本当に結婚したいなら焦らないこと

私は29歳の誕生日に婚約破棄されて、その後付き合った人と交際3か月でプロポーズされ結婚。というまるでジェットコースターのような経験をしました。

 

今回はこんな経験をしてスピード結婚した私だからこそわかることを教えたいと思います。

結婚に焦っている方、本当に結婚相手が今付き合っている方でいいのか不安に思っている方は是非読んでみてくださいね。

アラサーの悩み=結婚・出産

現在アラサーの女性の中での悩みといったら「結婚・出産」が思いつくと思います。

全ての人とはいいませんが、ほとんどの女性が意識する悩みではないでしょうか。

 

私は、今の主人に出会うまでは、とにかく結婚がしたかったです。
「結婚ができるなら誰でも良い!!」と親友に言っていたぐらいです。(笑)

結婚はスタート

29歳の誕生日にディズニーランドで私を振った彼のことは、今思えば少しも好きではありませんでした。

もちろん好きか嫌いかで言えば好きになりますが、当時は結婚したい焦りから「本当に好きな人」と一緒にならなければいけないところ、「結婚できる人」と一緒に居てしまっていました。

 

結婚とはゴールではありません。
その時の私は人生のゴールは「結婚」だと疑っていませんでした。
しかし、結婚はスタートです。
結婚をして、さまざまな話し合いをしなければいけないし、体の相性だってよくなければ、子供だって産むことが出来ないかもしれません。

婚約破棄された人とは絶対そのようなしっかりした話し合いはできないと思いました。
理由は簡単です「本当に好きではなかったから」

好きでないと人は相手を思いやる気持ちは当然少なくなります。

もしあのまま結婚していたら、間違いなく離婚してバツがついていたな。と振り返ってみるとそう思います。

焦らず、好きな人を探す

同じ価値観の人で、とても好きで相性がいい人なんて、いないかもしれないと思っていませんか?

 

探せばいるんです!
私もいないと思っていましたが、今の主人はまさに私の理想の相手です。そして、そんな理想の相手と30歳までに結婚できた理由はずばり年齢です。
30歳にもなると男性も結婚がしたいと思う人が増えてきます。
その一番の理由は「周りが結婚しだしたから」です。
私は、タイミングが良かったの一言ですが、去年は主人の会社の結婚ピークで私の知っている人は全員結婚しました。

 

会社の雰囲気やカラーにもよると思いますが、落ち着いた大手の企業でしっかりとしている人なら30歳前後でしっかり考えてくれると思います。
なので私は今の主人に一回も結婚したいなんて言ったことがありません。

結婚したかった私が結婚という言葉を彼に言わなかったことが、結果的に彼を焦らせたりプレッシャーを与えないことに繋がり、結婚が出来るという不思議な結果になりました。

 

あなたが結婚したいと思っているなら、彼の職場の状況や周りの友達の状況を把握すると良いかもしれませんよ!

男性は口には出さないだけで結婚を考えている

私がこの経験を通して学んだことは、結婚を男性も考えるということ。

女性のように口には出しませんが、男性も結婚については絶対考えています。

 

どうしても結婚に焦ってしまうと、付き合っている相手に「結婚」というワードを出して相手にプレッシャーを与えてしまいますし、逆に早く結婚したいという気持ちから、本当に好きではない人と結婚をしてしまう方が結構いらっしゃいます。

これはどちらも逆効果になってしまいます。

 

大切なことは好きな人と一緒にいること。お互いにその気持ちがあれば自然と結婚の流れになるのではないでしょうか。

著者:しまこ

性別:女性

年齢:30歳

ジェットコースターのような経験をしたけど、今では笑い話です。

お役立ち記事を毎日更新!「いいね!」を押してチェック!