自分のことを上手に伝えられない人へ!私が変われたきっかけ

私は小さい頃から自分のことや自分の気持ちを上手に伝えることが出来ません。
そのせいか生活している中でいくつか問題もありました。

 

今では自分のことをちゃんと伝えたいと思う人に、上手に伝えることが出来るようになってきました。

今回は私の経験をもとに、どのように自分自身のことを伝えることが出来るようになったのかをご紹介していきたいと思います。

人に聞けない、小さいことも伝えることが出来ない私

アルバイトをはじめたばかりの頃って、分からないことってたくさんありますよね。
教えてもらっても分からないこともあります。
そんな時は人に聞かないといけないのですが、なんだか聞けず。
結局仕事がうまくいかず、3ヶ月でやめてしまいました。

 

大学生になって、彼氏ができました。
伝えたいことってたくさんありますよね。
今の気持ちとか、デート中なら何を食べたい!とかどこに行きたい!とか。
1対1だからこそ、話さなければならないこととか。
私は友達との遊ぶ約束とか、今何をしているよ!とか、そんな小さなことが伝えられません。

気持ちを伝えないとお互いが辛い

人に気持ちを伝えることは、人間関係を築く中ではとっても大切なことです。
自分の気持ちを伝えなくても、相手の話を聞くことはできます。
それで信頼を得ることはできますが、自分の中にストレスがたまっていきますよね。

 

しかしそのストレスすら、人に話すことができずに自分の中で抱え込んでしまう。
そんな生活をしては、毎日が辛いだけです。

 

特に恋愛関係で気持ちを伝えられないのはたくさん損をしてしまいます。
私も自分のことを話せないせいで、彼氏をなにかと不安にしてしまうことがありました。
そのせいで喧嘩をすることもありますし、自分のことを話せないといいことってありません。

私が自分の気持ちを伝えることが出来るようになったきっかけ

最近は少しずつですが、自分の気持ちを伝えられるようになりました。
大学生の頃に付き合った彼氏と同棲することになり、彼との生活が、いい意味で慣れてきたからです。

 

自分を受け入れてくれる人がいることの安心感。
私がこれまで人に気持ちを伝えられなかったのは、「嫌われたらどうしよう…」という不安があったからだと気づきました。
絶対的に味方で居てくれる人ができたからこそ、私は安心して、自分の気持ちを伝えられるようになりました。

怖くても慣れていくしかない

私は彼がきっかけを与えてくれましたが、きっかけは彼氏や彼女など恋愛関係だけじゃなく、家族や友達、そういった人たちとの関係をどう築いてきたかに関係してくるのだと思います。

 

自分の気持ちを伝えるのが苦手な人は、これまで自分の気持ち、自分の素の部分を出したことがありますか?
自分の気持ちや、素の部分を出したことによって嫌われたり、避けられたり、そういったマイナスなことがありませんでしたか?

 

自分の気持ちをどう受け取るかは、人それぞれです。
あなたの気持ちを受け入れてくれる人は、きっといますよ。
だから、ちょっと怖くても、人に自分の気持ちを少しでもいいから伝えること。
そうやって慣れていくしかないんです。

 

ですが慣れることは、悪い面も持ち合わせています。
慣れたから、自分の気持ちを伝えなくても分かるだろう、といった気持ちです。
言わなくても分かることも、慣れてくればありますが、だからといって口で伝えることを怠ってはいけません。
口で伝えないと、どうしても分からないこともありますからね。

 

上手な言葉じゃなくてもいいんです。
勇気を持って、自分の気持ちを、一言だけでも、口に出してみてくださいね。

著者:はる

性別:女性

年齢:25歳

20代のフリーターをしています。最近彼氏と同棲をはじめて、幸せいっぱいの毎日を送っています。

お役立ち記事を毎日更新!「いいね!」を押してチェック!