子育ての最強法則!?私が見つけた子育ての秘訣とは

私には5歳になる息子がいます。
もちろん子育ては初めてですので、試行錯誤をしながらここまでやってきました。

以前の私は、息子に新しいことを教える時、自分の子どもの頃はどうだったかを考えてみるということが経験から得た子育ての法則でした。

自分の子供の頃がどうだったか想像すると、子どもの気持ちや難しく感じていることが想像しやすくなります。

 

これはもしかしたら、物凄い発見だと密かに思っていました。(笑)
ですから、妻にも偉そうに「やっぱオレの子どもだから考えてることは同じなんだよ!」と言って、胸を張っておりました。

法則が通用しない!?

しかし、先日これが全く通用しない出来事がありました。

 

息子に、自転車を買ってあげていたのですが、5歳になるのに、未だに補助付きです。
私は5歳になる頃には、補助無しに乗っていましたし、息子の友だちも補助なしを乗っているそうです。
これはいかんと思い、早速補助を外して、息子と練習を始めました。

 

私が初めて補助無しに乗った時に教えてもらったことは、ただ一つ、思いっきり漕ぐことでした。
乱暴な教えですが、自転車はタイヤの遠心力で、姿勢を安定させるので、理に適っています。
私はその方法で難なく乗れるようになり、自転車は簡単だなというのが、私の認識でした。

 

息子に念のため、ヘルメットとプロテクターを着けさせ、言いました。
「ペダルを思いっきり漕ぐ。それで簡単に乗れるから」

息子は言われた通り、自転車を思いっきり漕ぎました。
しかし、簡単に乗れるはずが、全然乗れません。
バランスが取れず、1m行く度に止まります。
私は困りました。私の中に対策や教える事がありません。

ふと、気が付いた

とりあえずドラマであるように、荷台を掴んでバランスをとる練習をさせようと思いましたが、肝心の荷台がありません。
身体を支えるとバランスをとる訓練にならないので、
どうしようか迷い、仕方なく横からハンドルの真ん中と肩を支えてやることにしました。

その時に気付きました。
肩に物凄い力が入っていたのです。

 

確認のため、一人で乗せてみると、肩に力が入り過ぎていて、ハンドルのバランスを取れないのが原因だと分かりました。

肩に手を置いてあげると、息子は安心したのか力が抜けて、バランスが取れるようになりました。
息子を支えながら、並走すること十数回、ようやく乗れるようになりました。
疲れましたが、何とも言えない達成感でした。

子育てには法則も近道もない

私がこれまでに見つけた子育ての法則は、万能ではありませんでした。
しかし、発見しました。

困ったとき、その時は泥臭く子どもと一緒に努力するしかないということです。
子育てに近道はないと学びました。

 

ウチに帰り、自転車の顛末を妻に教えると、妻は言いました。
「私の子どもでもあるから。私、自転車が乗れなくて苦労したのよ」と。
子育ては夫婦でやるものだということも学びました。

著者:ぐろわら

性別:男性

年齢:42歳

結婚8年目、パパ歴五年目です。

お役立ち記事を毎日更新!「いいね!」を押してチェック!