結婚相手は元既婚者!彼を選んだ私が考える幸せの形とは

私は来年結婚を控えています。

結婚相手はなんと10歳年上の元既婚者。

賛否両論あるかもしれませんが、私は迷わず彼を選びました。

 

そんな私が結婚に対して考えること、幸せについて思うことを書きたいと思います。

10歳年上で元既婚者の婚約者

彼は10歳年上で、以前結婚していて子供もいました。
家庭内でストレスを抱えていたため、離婚して今私と同棲しています。
彼はよく言います、結婚は墓場だと、と。

 

そんなことを考えている彼でも、私と結婚することを選んでくれました。
お前なら大丈夫だから、と言ってくれましたが、私は彼の期待に沿った安心や安定を提供することができるのでしょうか。

結婚って何だろう

そもそも結婚とはなんなのだろうと、最近考えます。
経済的なメリットは大きいですよね。
でも生活自体は、今と何が変わるわけでもなく、私の苗字が変わるだけ。
家族になるということは、どういうことなのでしょうか。

 

家族って、いつも居て当たり前の存在ですよね。
でも、当たり前だと思って受け止めてしまうと、気づけなくなってしまうこともあると思います。
私は、これまで彼が既婚者だったこともあり、できないことがたくさんありました。

 

同棲はもちろん、普通のこともできませんでした。
一緒にゆっくりご飯を食べること、仕事に行くとき玄関で見送って、帰りは出迎えること、一緒にゆっくり眠って、彼を起こすこと。
休みの日にはお買い物に行ったり、お部屋でだらだらしたり。
これまで、こんなことができなかったんです。

 

でも今はこんなことができるようになって、とっても幸せです。
しかし、家族になってこれが当たり前だと思ってしまうようになったら、これを幸せと感じられなくなるのでしょうか。

事実婚と結婚

彼の両親は、事実婚です。
戸籍上結婚はしていません。
しかし、彼の両親はとっても仲が良くて、それは彼も常に話してくれます。

どんな理由で結婚をしなかったのかは分かりませんが、そんな関係性なら、結婚をしようがしまいが関係ないのだと思います。

 

私たちはどんな理由で結婚しようとしているのでしょうか。
やはり経済的な部分が大きいのでしょうね。
世間一般的に、結婚は当たり前ですが、みんなどんな気持ちで結婚を決めるのでしょうか。
あまり考えずに結婚した結果が、彼の前の家庭のようになってしまうのかと、たまに思います。

当たり前の生活を幸せと感じることが結婚

家族になって当たり前の存在になったからといって、その生活を妥協したり幸せを感じられなくなったら終わりだと思います。
私は彼と結婚していない今も、結婚した後も、この生活を続けていきたいですし、この幸せを幸せだと感じていきたいです。

 

当たり前のことが当たり前にできなかった期間があったからこそ、私たちはこの生活をおざなりにしてはいけません。

結婚の形は人それぞれだと思いますが、私にとっての結婚や幸せとは「当たり前の生活を幸せと感じることが出来ること」だと思います。

著者:はる

性別:女性

年齢:20歳

20歳のフリーターです。最近彼氏と同棲をはじめました。ギターが趣味です。

お役立ち記事を毎日更新!「いいね!」を押してチェック!